明日から使える!うざい上司の特徴と対処法

人にはどうしても気が合わない人、うざったいと思う人が必ずいますよね。
そんな人とは付き合わなければ良い!と思いたいところですが、そうもうまくいかないのが世の常。
よりによって”上司”という立場の人がうざい場合はたまったものではありませんよね。

そんなうざい上司に悩めるあなたに、その特徴と対処法を紹介していきます!

うざい上司の特徴と対処法を抑えれば、怖いことは何もありません。それでは行きましょう!

気分屋

何事も自分の気分で判断するので、どんな人でもときには嫌な思いをします。
非常に扱いにくく、これがまた上司という逆らえない立場だと本当にめんどくさいですよね。

私は自社のウェブメディアの編集を担当していたのですが、記事の画像を選定したとき、上司の機嫌が良い場合「いいね!センスあるね!」と言われますが、機嫌が悪いと「それダサいよね。もう少しマシなの作れないの?」と言われました。

どっちだよ!泣

その後どの辺がダサいと思いますか?って聞き直すと、「なんだろー、とりあえずダサい!直してね!」と。

とにかく流そう!

「ごめんなさい」「そうですね」「気をつけます」など何でもよいです。
このタイプの上司は気分屋なので、機嫌が悪いときは流し続けることでいずれ元に戻ります
そういう人なのだなと割り切って付き合いましょう。

指示・物言いが抽象的

○○さん、「こないだ言ったアレ、頼むよ!」
こないだっていつ!?アレって何!?って思いますよね。
このように具体的な指示を出さず、抽象的に物を言う上司は厄介ですよね。

さらにその上に「もう忘れたのか?」とか言われると究極にうざっ!となりますね。

「忘れるも何も…まず具体的に言えよ。」と思いますよね。

具体的に聞き返そう!

例えば、「アレとは○○のことでしょうか?」と聞き返すと、通常の場合はイエス・ノーで答えてくれます。
「そんなのもわからないの?」とけんか腰の上司はめったにいませんが、いた場合はこの人は仕事ができない人なんだなと割り切りましょう。

小馬鹿にしてくる

小馬鹿にしてくる上司の特徴として、部下を見下しているケースがあります。

友人と話していても、これは典型的なうざいあるあるのようです。

「○○って本当に鈍臭いよなぁ」
「これだから女は〜」
といったことを平気で言ってくるあたり、無神経というか、性格が悪いというか…

仲間を作ろう!

放っておこうとしても、こっちが1人だと付け上がるだけなので、ぜひ仲間を作りましょう。
小馬鹿にしてくるということは、自分を下に見ているということ。
ひとりで細々としていると余計になめられ、馬鹿にする対象となります。仲間を作り、堂々としていましょう!

貧乏ゆすり・独り言が激しい

気になって集中できなくなるこのタイプ。

しかも他の特徴と異なり、本人には悪気がないので指摘しにくいのもまた厄介なり。

心配する形で注意しよう!

面と向かって言ったら反感を食らうこともあるので、「貧乏ゆすりとか独り言が最近多いですが、何かあったんですか?」「落ち着きがないので心配です。私でよければお話聞きましょうか?」と心配の声をかけてあげましょう。注意されたらイラッとすることも、心配という形に変えて聞くだけで伝わり方が変わるものですよ!

説教くさい

何かにつけて呼びつけては説教を繰り返す、という上司。

そういう上司に限って、どうでも良い細かいことをツベコベと言ってくる傾向があります。

強気で切り替えそう!

「わかりました」「ごめんなさい」「気をつけます」を言うのも疲れたら、「何か御用ですか?取り急ぎやらなければいけない仕事があるのですが。」と強気で切り替えしましょう。

また普段から職場で仲間を作っておくと、強気で返しても逆上することはなくなります。
仲間がいると、周りにも反感を食らうので、説教をしにくくなります。

(もちろん、自分が悪いときに怒られるのを避けてはいけません。)

空気が読めない

筆者は来客中や皆がいる前で上司から「こないだの件、上手くいかなかったみたいだな。次は頼むよ!」と言われたことがあります。

たしかに言っていることは正しいけど、「今それを言うタイミングじゃないでしょ…」と思いますよね。

まずは謝り、そのあとに想いを伝えよう!

このように時と場の空気が読めない上司に対しては「ごめんなさい、以後気をつけます。ですが、皆の前で言われると恥ずかしいので、以後個別にお願いします。」とキッパリお願いしましょう。
きちんと謝った上で、嫌だということを伝える。
これがポイントです!

以上が前半です。
後半では、自慢が多い、イラ立ちを物に当たる、アルハラ、セクハラといった上司への対処法をご紹介します!

annoying-boss2