本当の優しさとは?相手の優しさを見抜くための6つのポイント

結婚相手の条件のひとつに「優しい男性」を求める女性も多いはず。

でも、優しさって何でしょうか?
気が利くこと?甘い言葉をかけてくれること?おごってくれること?

本当の優しさって一体何でしょう?
今回は、結婚する前に考えてほしい「本当の優しさ」について書いてみました。

彼の優しさは、果たして本物なのでしょうか?

風邪を引いたときの相手の対応はどう?

健やかなるときも病めるときも。
いつでも元気いっばいとはいかないのが人間であり、人生です。
むしろ、病めるとき、本当に困っているときに何をしてくれるのか、それによって相手の優しさが見えると思いませんか!?

ということで「風邪のときの対応」を例に見てみましょう!

あなたは風邪をひいて寝込んでいます。
独り暮らしで実家は遠く、世話をしに来てくれる人はいません。食欲はまったくないわけではないけど、台所に立てる状態ではなく、冷蔵庫の中はほぼ空状態。

こんなとき、優しい男性ならどうする?
6つの行動パターンから、本当の優しさについて考えてみましょう。
(男性はあなたの状況を知っていて、「いずれは結婚を考えている関係」と想定します。)

①「体調管理がなってない」とあなたを責める

・モラハラ(笑)

・結婚したら、体調を崩すことも寝込むことも許されず、苦労しそう…

・正論攻めはもううんざり…相手の気持ちに寄り添うこと<原因追及 ありえない!

モラハラは論外という意見が大多数ですね!
女性にとって、泣きっ面に蜂をされると一気に冷めるとか。
本当の優しさを兼ね備えているとは言えなそうですね。

②花だけを持って見舞いに訪れる

・THE・役立たず。

・「彼女に花を買うオレ」が好きなだけの役立たず君。(いまどき花持ってくるやつなんていないだろうけど・・・笑)

・自分では優しいつもりであり、どこが悪いのか言っても理解できなそう…かなり厄介そうですね(笑)
これも本当に優しいとは言えませんよね。
相手が何をして欲しいのか聞いてみる、など相手の気持ちに応えてあげるのが優しさなのでは?

③連絡すらよこさない

・ちょっと冷たすぎ・・・?

・ただ気が利かないだけかもしれないし、下手に気を使いすぎてるのかもしれない。けど、冷たいイメージはありますね。

・理由は何であれ彼女の状態を知りながら何も行動に移さない、移せない時点でアウト!

知っていて行動に移さないのは冷たすぎ、という意見が多数でした。
行動力がないと優しいとは言えなそうですね。

④「見舞いに行こうか?」と言う。悪いと思って一応断ると、「来てほしいときにはいつでも言えよ」と言ってひき下がる。

・惜しい!普段ならともかく、ある意味非常時なのに、あなたに聞いてから自分の行動を決めようとしていちゃダメ!

・「あなたが心配」という気持ちより「あなたにどう思われるか」という気持ちのほうが勝ってしまっている、そんな感じがします…

・本当は来てほしいに決まってるやん!と女性なら思いますよね。鈍感、惜しい!笑

これは鈍感パターンの典型ですね(笑)
悪くはないんだけど、良くもない。どちらにせよ、本当の優しさとは程遠そうです!

⑤当たり前のように見舞いにやってきて手料理やらあれこれ世話を焼く。あなたが眠りにつくまでそばにいると言いながら、そのまま眠ってしまう。

・うつしたら申し訳ないから、きちんと帰ってほしい!けど、気持ちはうれしいです。

・男らしいし、行動力があって良いと思う!

・とても頑張っているけど、ちょっと押しつけがましいかも?

こちらは賛成多数でした!
行動力、誠実さを評価する方も多いのですね。

一方で、少数派ですが押しつけがましいという意見も?

⑥果物やデザートなどを持って、見舞いに。黙々と片付けや洗濯をして、終わったらさっさと帰る。作りおきのシチューも。

・風邪のときに大変な片付けや洗濯を代わってくれるのは本当に助かります。

・本当に必要なことをしてくれるあたり、優しさが垣間見えますね!

・ただただ彼女に回復してもらうことだけを考えている。素晴らしいです!

9割以上の方が素晴らしいとコメント。
必要なことを見極める力、大変なことこそ代行してくれること、行動力に溢れていること、など、理想の優しい男性像に限りなく近いことを匂わせますね!

結論!本当の優しさとは?

さまざまな意見が出ましたが、それでは”本物”はどう見分けるべきなのでしょうか?
今回は以下4点を上げたいと思います。

1自分のためでなく、相手のためになれるか

上の例にもあった通りで、相手にとって本当に必要なことを察することができるかです。

女性は花や見舞いの言葉ではなく、洗濯や掃除など自分で行うのが大変なことを代行してくれるのが嬉しいのですね!
自分軸ではなく相手軸で考えられるのは優しさの証拠でしょう。

2口だけでなく、行動できるか

思っていても行動できないと意味がありません。
相手は何かしてほしいと思っているけど、あなたは行動しない。
本当に優しいのならば、行動するはずですよね!

損得勘定で行動・非行動を決めている場合はなおさら優しいとは言えません!

3ときにも厳しいことも言えるか

大切なのは、甘いことばかり言わずダメだと思ったことはきちんとダメと言えることです。

人間だれしも間違います。
しかし、間違ったときに正してくれる人はなかなかいません。
自ら嫌われ役を買うようなマネをしたがらないのが普通なのですから。

「仕方ないよ」の一言で済ますがちなところに、「それはダメだよ!」と、本当にあなたのためを思って叱ってくれる人こそ、価値があるのではないでしょうか?

4誰にでも同じ態度で接しているかどう

あなたや友達に対して優しいのはある意味当たり前ですよね。

しかし、店員や自分の親に対してはきちんとした態度をとれていますか?
店員は一度きりの関係だし、親は基本的に厄介な存在です。
しかし、そんな得にはならない相手にもきちんとした態度をとれるかどうかで、本当の人格が出ます。

誰に対しても敬意を持って接することができるのはなかなかできることではありません。
そんな彼なら、損得勘定であなたに優しくするorしないを決めないでしょう。
もちろん子どもに対してもそうですね!

最後に

いかがでしょうか?
彼氏ならまだしも、結婚となると、相手が本当の優しさを持ち合わせているかをよく確認するのが必要になりますね。
未来の子どものためにも。

これまでの人生よりも長い時間を共にするパートナーです。
ぜひ、慎重になって選んでみてください。

もちろんあなたも、相手に優しさを与えることも忘れずに!