「物を介さないサービスを」安井美緒さんがキャビンアテンダントとして働く理由とは?

大手航空会社で働く安井美緒さんにインタビュー!

インタビュー企画第三弾!今回はCA(キャビンアテンダント)として活躍する安井美緒さんにその魅力を聞いてみました!いまだ学生の間で大人気な客室乗務職。女子学生必見のインタビュー記事です!どうぞ!

まず現在のお仕事について教えてください。

voice3

航空会社でCA(キャビンアテンダント)の仕事をしています。仕事内容には、主に飛行機に乗るときの保安業務とサービス業務のふたつがあります。保安業務ではドアの操作であったり、シートベルトの着用サインがついているときや離着陸時の自分の区分内にいるお客様の安全が保たれているかを確認しています。サービス業務では飲み物や毛布を提供したり、お客様と会話をしています。その他にも、例えば還暦を迎えたお客様がいたら、メッセージと飴などを詰めた箱をプレゼントしたり、臨機応変にサービスを提供しています。

企業を選ぶ上で重視したことはなんですか?

   専門性

接客の面での専門性を高めたいという思いでCAを選びました。接客業に魅力を感じたきっかけは、学生時代に無印良品での物販のアルバイトをしていたことです。その中でも、モノを介さないサービスに興味を持ちました。いわゆる、物販ではないサービスですね。自分がお客様自身のお話を伺って、モノを差し上げるから喜んでいただくのではなくて、自分との会話を楽しんだ結果、「じゃあこれを買います。」と言っていただけることの方がうれしかったです。それからモノを介さずにサービスだけで何かできることはないかと考えたときに、客室乗務職はサービスを自分の力だけで差し上げることができるので、魅力を感じました。

まとめますと、一般的な物販でのサービス業ではなくて、モノを介さない、形のないサービスを提供できる接客業としてCAを選びました。

   国際性

みなさんもご存知の通り、CAは英語を使う仕事でもあって、基本的にはTOEIC600点以上という条件が私たちのときには設けられていました。私は大学在学中に短期ですが2回留学をして、ヨーロッパの文化や芸術を学びました。その中で意識的に英語使うことで英語力を高めることができました。昔から英語が好きで、英会話スクールに通っていましたし、明治学院大学を選んだ理由も英語に特化した大学だったためです。英語を使って何かをするということに楽しさを感じていたので、その経験を仕事でも生かしたいと思い、企業を見ていました。

後に乗ることになる国際線はもちろんのこと、国内線でもお客様と英語で話す機会は多いですね。さらに国際線に乗れば、自分が海外に行くこともできます。海外で様々な国の文化に触れることのできることは、この仕事のもうひとつの魅力だと思います。その点で、非常に国際性のある仕事だと言うことができますね。

   成長

弊社では周りを見て動くことのできる人材を求められていて、そういった方々が多いとわかった上であえて就職しました。視野を広く持ち、周りを見ながら行動する力を身につけたいと思っています。尊敬する先輩方と一緒に働くことで自分を磨き上げられると思うとワクワクしました。

またこれから先の話になるのですが、仮に仕事をやめて母親になったときに、子どもの参考となるような素敵な人になりたいです。自立しつつも、子どもや夫など周りを気遣える人が目標ですね。まだわかりませんが(笑)弊社には見た目だけでなく、内面から美しい人が本当に多く、日々刺激を受けます。

内面も外見も綺麗な、職場の先輩のような素敵な人になりたい思います。

女性としての悩みとどう向き合って企業を選びましたか?

voice3 (3)

私の職は基本的に転勤がなく、だいたい羽田か成田です。私は就職活動時に関東圏内で、かつ自宅から通える範囲でしか見ていなかったので、その辺は大丈夫でしたね。また産休育休などの福利厚生の部分も、やはり女性の職業なのでしっかりしていました。実際に産休育休を取ったモデルプランを詳しく見せてもらうことができて、きちんと取れるかどうかの確認もできました。

しかし、体力を非常に使う仕事で、かつ不規則なので、確実に帰宅できる日もあればそうでない日もありますよね()いきなりステイになる可能性もあることは承知していました。

仕事と結婚を秤にかけたときに私は仕事を重視しましたね。プライベートを捨ててでも、この仕事につきたいという思いが強く、仕事をしている間は仕事を一所懸命頑張り、結婚するとなったときに考えようかなと、、、、まあ少し甘い考えなんですけど()

なので、今は割り切って頑張ろうと思います。ただ、現に結婚してからも復職している方もけっこういるので、戻れる環境がきちんとあるのは大きいですね。

これからどんなお仕事をしたいですか?

voice3

自分で考えたことを自らお客様に伝えて、お客様の心が動くようなサービスを提供したいです。

その段階をクリアしたら、今度は英語力を高め国際線の資格を取り、国内外を両立して飛べるようになるのが、2,3年以内の目標です。

同時に、機内アナウンスの資格もとりたいです。機内アナウンスは各自が勉強して資格を取るものなので、自分でその勉強も頑張らないとなりません。機内アナウンスも、早く任されるようになりたいですね。

最後に女子大学生への応援メッセージをお願いします。

voice3

「自分が楽しく働くイメージを持つべきです。」

私が一番大切にしてることは人への思いやりです。職場内での思いやりがすごく感じられて、そこから生まれるチームワークは強いです。私は自分自身も周りも思いやりを持ち、チームワークを発揮して働いている姿をイメージできたので今の会社に入社しました。

なのでみなさんにも、どんな道に進むにしてもそこで自分が楽しく働くイメージを持ってもらいたいです。すごく単純な理由かもしれませんが、自分が想像できないと絶対に行動はできないものなので。自分が仕事をする姿を想像できるかどうかで決めてもらいたいと思っています!