Icon search 36px

明るめ|インナーカラー×ボブ3選!

①ネイビーブルー×ホワイト

明るめのネイビーブルーは、ホワイトのインナーカラーと合わせることで、ツートンのおしゃれなヘアカラーが完成します。ブラック系カラーとホワイト系カラー、双極を成す二色を大胆に組み合わせて、人気のモノトーンカラーを楽しみましょう。

ただ、完璧な黒髪と白ではなく、くすませたようなネイビーブルーとくすみホワイトを合わせるのが、この髪色を楽しむ上でのポイントです。

落ち着いた色味同士の組み合わせなら、違和感なくおしゃれを自然に楽しむことができますよ。トレンドのキーワードでもある「くすみ」を意識して、ベースカラーとインナーカラーの組み合わせを楽しんでください。

②ホワイト×パープル

ホワイトのベースカラーにさりげなくパープルを取り入れる、明るめカラー同士のインナースタイルもおすすめです。通常インナーカラーというと、暗めのベースカラーに明るめのインナーを取り入れるのが一般的と思われがちですが、明るめカラー同士のものはまた違った魅力があります。外ハネスタイリングで目立たせましょう。

③ネイビーブラック×ホワイト

ネイビーブラックの落ち着いたトーンには、イエローホワイトの可愛いインナーカラーを合わせてみましょう。ネイビーブラック自体が明るめの艶のあるカラーリングなので、イエローホワイトとのなじみがよく、全体的に明るい雰囲気の髪色を楽しむことができます。外ハネスタイリングでクールに決めましょう。

以下の関連記事には、青のインナーカラーについての紹介があります。透明感を演出してくれる青のインナーカラーで、あなたもおしゃれを楽しみませんか?似合うベースの色と参考スタイルの例もあるので、インナーカラー初心者さんでも安心です。髪の毛の表面に大胆に青を取り入れるのが難しくても、インナーなら簡単です。

関連記事

青のインナーカラーで透明感を演出!似合うベースの色と参考スタイル例をご紹介!

青のインナーカラーはクールでミステリアスな雰囲気に仕上がります。ベース

Small thumb colorimetry 1119826 1280

暗め|インナーカラー×ボブ3選!

①ブラック×ベージュブラウン

黒髪に暗めのベージュブラウンを合わせると、落ち着いた雰囲気のヘアスタイルに仕上がります。入れ方もポイントで、耳のあたりからベージュブラウンがのぞくようにカラーリングするのがおすすめです。程よくチラリと見えるベージュブラウンがおしゃれで、主張し過ぎないので万人受けも狙える、自然派なスタイルです。

初めてインナーカラーをするというあなたにもぴったりなアレンジです。ベース、インナーカラー、どちらも暗めのスタイルというのはそう多くありませんが、ブラックとブラウンなど、落ち着いた色味同士なら、違和感なく楽しむことができます。ボブの長さが、洗練された雰囲気を強調してくれますよ。

②イエローベージュ×ブラウン

イエローベージュの柔らかみのあるヘアカラーは、落ち着いたシアーブラウンと合わせるのがおすすめです。どちらも肌馴染みの良いカラーなので、似合う色がわからないという人にも、ぴったりです。アレンジなしでおしゃれに見えるインナーカラーなら、ベースが暗めヘアでも重たく見えません。

可愛いイエローベージュのインナーカラーで、いつもの茶髪にアクセントを加えてみませんか?ベースのカラーとインナーカラーを同系色でまとめるのがポイントで、統一感が出ておしゃれに仕上がりますよ。

③鮮やかグリーンカラー

鮮やかなグリーンカラーは、インナーカラーだからこそ大胆に取り入れることのできるトーンです。髪の毛全体にグリーンを取り入れるのはハードルが高くても、部分的に取り入れるだけなら、気軽に楽しめますよね。暗めの黒髪と組み合わせれば、どんなに派手な色味も、楽しみやすいでしょう。

パーマをあてず、ストレートのスタイリングでも、インナーカラーが入るだけで可愛く見えるので、毎朝のスタイリングをなるべく楽にしたいというあなたにもぴったりです。

前髪あり|インナーカラー×ボブ3選!

①グレー×ホワイト

グレーのベースにホワイトカラーのインナーを合わせると、クールな印象のツートンヘアが完成します。イヤリングカラーといって、耳元の髪の毛のみに明るめのカラーを取り入れたこのスタイルは、大人っぽく見せることができておすすめです。寒色同士で組み合わせるのがポイントで、統一感のある雰囲気に仕上げられます。

前髪は、シースルーバングなど、軽くて透明感のあるものと合わせるのがおしゃれです。前髪ありのヘアが好きなあなたは、ぜひ挑戦してみてください。前髪ありだとボブが重たく見えてしまうと思い込んでいるあなたも、シースルーバングと寒色系の組み合わせなら、おしゃれを存分に楽しめるのではないでしょうか。

②黒髪ボブ×くすみイエローベージュ

ぱっつん黒髪のボブには、イエローベージュのインナーカラーを大胆に取り入れるのがおすすめです。くすませたような色味なら、トレンド感を出すことができるので、個性を取り入れつつ、流行を追うことができます。ポイントは、顔のサイドの毛は、黒を残しておくことです。

顔横の毛をイエローベージュに染めてしまうと、輪郭によっては、顔が大きく見えてしまうことがあります。顔の横の触角のような長めの毛は、ベースの黒にしておくと良いでしょう。

インナーカラーは、サイドから後ろ髪までに入れるのがおすすめです。また、ぱっつんなど前髪ありの髪型の場合、前髪の部分にもインナーカラーを入れるのがおすすめです。前髪に入れておくことによって、アレンジをしなくてもおしゃれに見せることができるので、スタイリングいらずで楽チンです。

③ミッドナイトブルー

ミッドナイトブルーのインナーカラーは、黒髪と合わせてダークトーンのヘアカラーを楽しみましょう。黒と濃い青の組み合わせは、落ち着いていておしゃれです。サイドにさりげなく取り入れることで、ハーフアップにした時に目立つようにするのがトレンドです。

はっきりとわかるような入れ方もありますが、黒にネイビーなど、近しいダークな色味同士でインナーカラースタイルを楽しむときは、あえて目立たないような入れ方をするのがおしゃれです。ぱっつんなどの前髪ありスタイルで、モードな雰囲気に仕上げるのがおすすめですよ。

前髪なし|インナーカラー×ボブ3選!

①イヤリングピンク

イヤリングのように、耳元に少しだけ色を取り入れたカラーリングアレンジなら、ピンクなど派手な色でも目立ちすぎません。明るめのカラーは、控えめに楽しむのがコツです。黒や茶髪など、落ち着いた暗めのヘアカラーと合わせて、ピンクをさりげなく楽しみましょう。

髪の毛全体の毛先を軽く外ハネにアレンジして、元気な雰囲気に仕上げるのがおすすめです。前髪なしでも、色味とスタイリングの方法によっては、可愛い雰囲気に仕上げられます。

むしろ、前髪ありだと重たくなってしまいがちな暖色系のカラーを程よく可愛い髪型に取り入れるにあたって、前髪なしのアレンジはぴったりなのです。見せ方を意識しながら、前髪あり、なし、それぞれのアレンジを楽しんでくださいね。

②こめかみピンク

こめかみに鮮やかなピンクを取り入れたヘアカラーも、前髪なしだとクールで嫌味なく仕上がります。可愛いイメージの強いピンクですが、原色に近いカラーリングを選ぶと、可愛いイメージよりもロックなイメージの方が強くなります。クールにピンクを楽しみたいあなたにぴったりです。

入れ方ひとつとっても、こめかみの下半分に取り入れることで、個性が強くなりすぎないので、トレンド感を保ちながらおしゃれに仕上げることができるでしょう。同じ色でも彩度や入れ方ひとつでイメージは異なるので、色々なアレンジを試してみてください。

③裾ブルー

裾の部分を重点的に染め上げたインナーカラーは、通常のインナーカラーの入れ方とは一味違って、個性的な雰囲気を持たせるのにぴったりです。明るいブルーのインナーカラーで、茶髪をすっきりと爽やかに見せましょう。重たくなってしまいがちなボブヘアも、明るめブルーのインナーカラーなら、ぬけ感たっぷりに見えます。

サイドは多めに、後ろ髪は少なめに入れるのも、ポイントです。全体にしっかりと色を入れてしまうと、目立ちすぎてしまう恐れがあります。しかし、サイドの部分を重点的に染める入れ方なら、独自性を発揮しつつも、控えめにインナーカラーを引き立てることができます。

ボブへのインナーカラーの可愛い入れ方は?

①こめかみ・サイド

サングラスをかけた女性

インナーカラーと入れる場所として一般的なのは、こめかみやサイド部分ではないでしょうか。この部分にインナーカラーを入れると、さりげなく可愛い雰囲気に仕上げることができます。どこに入れるか悩んだら、まずはサイドの髪の毛に、インナーカラーを取り入れてみましょう。失敗のない部位なので、初心者向けです。

②後ろ髪

バックスタイル

インナーカラーを入れるおすすめはもう一箇所あります。それが、後ろ髪です。後ろ髪にインナーカラーを入れると、バックスタイルが豪華に見えるので、とにかく目立たせたいあなたにおすすめです。暗めのカラーも、バックスタイルならしっかり主張してくれます。可愛いインナーを大胆に取り入れてみましょう。

次の関連記事には、ブリーチなしでも映える、インナーカラーの人気色が紹介されています。黒や茶髪ベースにおすすめな色の紹介もあるのできっと参考になるでしょう。インナーカラーを楽しみたいけれど、髪の毛のダメージが気になるというあなたは必見です。ブリーチなしのインナーカラーで賢くおしゃれをしましょう。

関連記事

ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色18選!黒・茶ベースにおすすめな色も!

ブリーチなしでも映える髪色を試してみませんか?この記事では、ブリーチな

Small thumb shutterstock 72942013

インナーカラーボブでおしゃれしよう

ボブヘアとインナーカラーの組み合わせは、入れ方や暗め、明るめなどのトーン次第で、大きく表情を変えます。アレンジなしでも可愛く見えるインナーカラーのヘアスタイルで、新たなおしゃれを楽しみましょう。控えめなカラーはもちろん、派手なカラーも取り入れやすいインナーカラーで、髪色の表現の幅を広げてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード