Icon search 36px


黒髪ベース|ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色3選!

①黒髪×暗めピンク

暗めピンクのインナーカラーはブリーチなしでも再現できる人気色なので、ぜひ試してみてください。ピンクというと明るめのカラーなので、ブリーチなしではできないと思っている人も多いかもしれませんが、実際には綺麗に入れることができます。ベースが黒髪だと、ピンクとの相性が良いので、髪色としての完成度も高いです。

アレンジをせずにストレートのままでもオシャレに見せてくれるインナーカラーは、カラーリングしてからもパーマを当てる必要がないので、髪の毛に余分なダメージを与えることがありません。とにかくダメージを減らしたいと考える、ブリーチなしのインナーカラーを試したいあなたにはぴったりなカラーリングです。

②黒髪インナー明るめイエロー

インナーイエローの髪色は、黒髪との相性が良く、明るい印象に仕上がります。ブリーチなしでも鮮やかな黄色に仕上げることができるので、個性的なカラーを諦めていたという人は必見です。全体にまばらにインナーを入れることで、アクセントカラーとして引き立ってくれるでしょう。

色落ちしても汚くならない黒髪ベースの色は、忙しくて髪の毛のメンテナンスができないという人にもおすすめです。外ハネのシンプルなスタイリングで、清潔感あふれる雰囲気に仕上げられるので、ぜひ試してみてください。

③地毛ブラック×ピンク

落ち着いた黒髪には、淡いピンクのインナーカラーを取り入れることによって、ガーリーで可愛らしい雰囲気のヘアスタイルを楽しみましょう。ピンクはインナーカラーの中でも特に人気色ですが、地毛によく馴染んでくれる色でもあります。

明るめのピンクは、桜のようなライトな発色のものを選ぶことで、重たくなってしまいがちなロングの黒髪をオシャレで軽やかに見せてくれます。地毛にちょっとしたアクセントを加えたいというあなたは、ぜひチャレンジしてみましょう。

次の関連記事には、ブリーチなしでできる髪の毛の明るさの限界やメリットについてまとめられています。おすすめの髪色の紹介もあるので、ブリーチなしの髪色を楽しみたいあなたは必見です。ブリーチなしのハイライトカラーのみならず、ブリーチなしでできるベースカラーをチェックしておけば、選択肢がより広がりますよ。

関連記事

ブリーチなしの明るさの限界やメリットとは?おすすめの髪色も!

ブリーチなしで様々なヘアカラーが楽しめるとうれしいですよね。ブリーチな

Small thumb shutterstock 437756851

茶髪ベース|ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色3選!


①深みピンクレッド

茶髪ベースに深みのあるピンクレッドのインナーカラーは、目立ちすぎることがないのにインパクトがあるので、程よいおしゃれを楽しみたいあなたにぴったりです。地毛に近い茶髪にピンクレッドはよくマッチするので、ぜひ試してみてください。地毛が茶色ががっている人にもおすすめですよ。

暗めのピンクレッドでも、茶髪に合わせるとよく目立つので、ブリーチなしでもインナーカラーをフルに楽しむことができます。普段は清楚な茶髪ヘアで、たまにヘアアレンジを加えてインナーカラーを際立たせるということもできるので、色々な楽しみ方ができる、茶髪とピンクレッドの組み合わせを取り入れてみてくださいね。

②グリーンカラー

茶髪にグリーンのインナーカラーは、一見マッチしないように思えるかもしれませんが、実は相性の良い組み合わせです。いつものブラウンカラーをミステリアスに表現してくれるので、ちょっぴり個性的な茶髪にしたいという人にぴったりです。

ツヤ感の感じられるグリーンカラーは、髪の毛を綺麗に見せたいという人にもおすすめですよ。ミディアムヘアの毛先がまとまるようにスタイリングすると、髪の毛に光が集まって美しく見えます。色落ちの過程も汚くなりません。

③濃淡ブラウン

濃度の違う二つのトーンの茶髪を組み合わせるという、斬新なヘアスタイルもあります。ブリーチなしで、濃淡を表現できるので、髪の毛にダメージを与えることもありません。インナーカラーというと、つい派手な色を取り入れるイメージしがちですが、このように、ナチュラルなカラー同士を組み合わせる方法もあるのです。

ストレートでスタイリングするだけでも、ツートンのカラーだとおしゃれに見えます。インナーが見えても派手すぎる印象にならないので、大人の女性にぴったりです。セルフでも綺麗に染められる上、色落ちもおしゃれです。

アッシュベース|ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色3選!

①アッシュ×ブルーグリーン


アッシュ系のカラーリングにブルーグリーンインナーの組み合わせは、とにかくクールなイメージに仕上げたい時にオススメです。暗めのカラー同士の組み合わせですが、くすみがかっているカラーリングはトレンド感を感じさせるので、地味にはなりません。暗めのカラーをインパクトたっぷりに楽しみたい時にぴったりです。

アッシュ系のカラーは単体でもおしゃれですが、ブルーグリーンのインナーカラーを合わせることで、より素敵に仕上がります。色落ちもしづらいので、なかなかメンテナンスができないという人にもぴったりですよ。くすみがかった色味には、同じくくすんだトーンのカラーを合わせて、似た色味同士で統一感を持たせましょう。

②マットアッシュ×カーキアッシュ

マットなアッシュヘアに、カーキアッシュをインナーカラーとして取り入れた上級者カラーは、地毛の色からかなり離れていますが、ノンブリーチで再現できます。くすみがかった色同士を組み合わせるインナーカラーは、こなれ感があっておしゃれです。スタイリングはラフでも、クールに仕上がります。

色落ちする過程が綺麗なアッシュヘアは、染めたてだけでなく、色の変化を楽しむこともできます。一度のカラーで色々な楽しみ方をしたいあなたは必見です。

③アッシュ×レインボー

アッシュ系の髪色には、レインボーのインナーカラーを取り入れて、挑戦的なヘアカラーにチャレンジしてみませんか?これまでにないようなレインボーのインナーカラーは、他の人と差をつけてインパクトを持たせることができます。

一つ一つは明るめのカラーではありますが、細く筋で入れることで、悪めだちすることはありません。地毛に近い色のベースに合わせると、より自然に馴染んでくれるのでおすすめです。色落ちは早いですが、限定的に、イベントごとなどでインパクトのある髪色にしたいという人にはぴったりですよ。

グレーベース|ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色3選!

①ミルクティーグレージュ×ブルー

ミルクティーグレージュの髪色には、ブルーがよく合います。どちらもクールな印象を与えるカラーリングなので、スマートな雰囲気にイメージチェンジしたいときにぴったりです。モードなファッションが好きな人にも似合うので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

暗めのベースカラーは、インナーカラーを隠した状態だと学校やオフィスにもマッチします。さらに、色落ちはゆっくりなので、メンテナンスを頻繁に行う必要がなく、非常に楽です。


②グレージュ

グレーのベースカラーにベージュのヘアカラーをプラスすると、落ち着きの中に柔らかい印象の感じられるヘアスタイルが完成します。黒髪に近いグレーがベースなので、色落ちはほとんどありません。明るめのベージュが、ブリーチなしで作れるなんて驚きですよね。

②アッシュグレー×ブルー

アッシュグレーの髪色には、落ち着いたブルーを取り入れてみましょう。シンプルに二色でまとめたツートンカラーは、凛とした表情を与えてくれますよ。地毛に馴染むブルーのカラーリングで、スマートにおしゃれを楽しみましょう。

インナーカラー寒色|ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色3選!

①暗めブルー

暗めブルーのインナーカラーは、アッシュブラックの髪色と合わせるのがおすすめです。どちらも色落ちしづらい色味である上、アッシュブラックは限りなく地毛に近い色なので、普段はナチュラルな髪色として通すことができ、汎用性が高いですよ。

②濃淡グレー

濃淡の違うグレー同士を組み合わせると、他のインナーカラーとはちょっぴり違った表情の髪色に仕上がります。同じ色味の明るさを調整することによって作ったインナーカラーは、とにかく違和感がありません。暗めのグレーと明るめのグレー、それぞれの良さを楽しみましょう。

③くすみパープル

くすみがかったパープルのインナーカラーは、柔らかみのあるブラウンと合わせるのがおすすめです。パープルは明るめの色味ですが、明るめのブラウンと合わせることで、違和感なく楽しめます。明るめブラウンは、ブリーチなしでもできる、限りなく金に近い髪色で、おしゃれですよ。

インナーカラー暖色|ブリーチなしでも映えるインナーカラー人気色3選!

①くすみベージュ

くすみベージュのインナーカラーは、茶髪と合わせるのがおすすめです。何度か重ねて色を入れることで、ブリーチなしでも明るいインナーカラーに仕上げることができます。茶髪にベージュの組み合わせなら、どちらも暗めの色味なので、目立ちすぎることもありません。

②ブラックレッド

落ち着いたブラックカラーの髪色には、さりげなくレッドを取り入れて、ホットな髪色を楽しみましょう。ブラックとレッドが程よく重なり合う髪色は、個性的すぎずおしゃれです。外ハネのスタイリングと合わせ、ナチュラルに楽しむのがポイントです。

③柔らかピンク

柔らかみの感じられるピンクは、ブラウン系のベースカラーと合わせることで、フェミニンで優しい色合いの髪色を楽しみましょう。どちらも暖色系のカラーなので、馴染みやすく、どんな人にも似合います。

初めてインナーカラーを楽しむという初心者の人にもおすすめですよ。いつもの茶髪に、気軽にピンクをプラスしてみませんか?きっと良いイメージチェンジになりますよ。

ブリーチなしでも映えるインナーカラーを楽しもう!

ブリーチなしでも、綺麗なインナーカラースタイルを作ることは可能です。インナーカラーするには必ずブリーチしなくてはならない、などということはありません。

既存の概念は捨てて、ブリーチなしでも可愛い、人気色のインナーカラーを楽しみましょう。ベースカラーとインナーカラーの組み合わせを色々と試しながら、あなた好みの髪色を見つけてくださいね!


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード