Icon search 36px

おすすめ|インナーカラー×ミディアム3選

①アッシュ×ウォームベージュ

人気のアッシュ系ベースに、ウォームベージュのインナーカラーで外国人風のスタイルが完成します。全体的に明るめのカラーですが、はっきりとした色味が入っていないため、初心者さんにもおすすめです。大人っぽく、アンニュイな雰囲気になります。

②ピンクブラウン×パープル

控えめなパープルですが、襟足の光に当た部分は発色が良く見えますね。インナーカラー初心者さんは、外側とインナーのカラーに差を出しすぎないようにすると、失敗しにくいですよ。また、アレンジは面倒!苦手!という方は、パーマをかけてしまうのも手です。パーマによってインナーカラーが自然に表面に出てきます。

シルバーグレー×ピアスカラー

耳周りのみインナーカラーを入れるイヤリングカラーにすると、初心者でも挑戦しやすくなります。カラーを入れる範囲が狭いので、思い切ってハイトーンカラーを入れるのもおすすめですよ。ワンポイントアクセントができておしゃれです。

黒髪|インナーカラー×ミディアム4選

①黒髪×ネイビー

黒髪とネイビーの組み合わせはクールでかっこよく仕上がるので、大人の女性にも人気です。特に、ベースがアッシュ系の黒髪の方に馴染みやすいカラーです。透明感を重視したい方やブルベさんにもおすすめのスタイルです。

②黒髪×パープル

黒髪×パープルは、ぐっと女性らしさとおしゃれ度がアップするスタイルになります。青みのパープルなのでお肌の透明感もアップします。明るめパープルと黒髪のコントラストが映えて、とてもきれいですね。明るめでもくすみカラーをチョイスすると黒髪にも馴染みますよ。

③黒髪×グレーアッシュ

グレーカラーは黒髪と合わせると、抜け感のあるおしゃれなモノトーンスタイルになります。派手な色が入っていない分、コーディネトの邪魔にもなりません。しっかりブリーチは必要ですが、インナーのみなのでダメージは最小限に抑えることができます。色持ちをよくするためパールグレーを入れているそうです。

④黒髪×ベージュ

黒髪と明るめベージュのコントラストがきれいなスタイルです。カジュアルでモードなイメージになります。ブラウンに近い色味なので、挑戦しやすいカラーです。いつも黒髪でイメチェンしたい方におすすめです。真っ黒も素敵ですが、インナーカラーを入れると軽さと抜け感が出ます。

黒髪と相性のいいインナーカラーだけを紹介した記事もあります。レングス別のおすすめの入れかたについてもまとめてありますので参考にしてみてください。

関連記事

黒髪にこそ似合うおすすめインナーカラー15選!レングス別の入れ方もチェック!

黒髪に似合うインナーカラーで、オシャレを楽しみませんか?この記事では、

Small thumb %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%98%e3%82%a2%e9%bb%92%e9%ab%aa%e5%b7%bb%e9%ab%aa

茶髪|インナーカラー×ミディアム4選

①茶髪×ミルクティーベージュ

ベースの茶髪と同系色のインナーカラーを組み合わせたスタイルです。同系色のインナーカラーにすることで派手になりすぎず、失敗も防ぐことができます。メイクやファッション次第で、かわいい系にもかっこいい系にも対応できそうな万能カラーです。

②茶髪×ダークネイビー

黒髪とネイビーの組み合わせと比べると、茶髪ベースは柔らかいイメージになります。また、ネイビーが大人っぽいおしゃれな雰囲気もプラスしてくれますよ。ベースのカラーより暗い色をインナーに入れると、顔が引き締まって小顔効果も期待できます。

③茶髪×くすみピンク

くすみ感がおしゃれなピンクのインナーカラーです。真っ黒なベースと明るいピンクを合わせると、少し奇抜なイメージになりそうですが、茶髪ベースで合わせると柔らかい雰囲気になります。大人の女性にこそ挑戦してほしいおすすめの組み合わせです。ハーフアップなどのアレンジもおすすめです。

④茶髪×オレンジ

オレンジのインナーカラーは夏におすすめです。茶髪のハイライト感覚で、パーマや巻き髪にすると更に立体感が生まれます。黒髪より茶髪の方が似合いますよ。同じオレンジでも黄みや赤みの加減でイメージが変わるので

オレンジ系のインナーカラーが気になった方はこちらの記事も参考にしてみてください。茶髪だけでなく、黒髪との合わせ方についてもご紹介しています。

関連記事

オレンジ系のインナーカラーでおしゃれに!黒・茶髪との組合わせやアレンジをご紹介!

オレンジのインナーカラーは人気のある色です。今回は、黒髪と組み合わせた

Small thumb %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89

控えめ|インナーカラー×ミディアム4選

①控えめ×モーブピンク

黒髪に控えめなモーブピンクのインナーカラーが大人っぽいスタイルです。インナーカラーを入れる範囲を狭くして、黒髪との境目もナチュラルなのでチャレンジしやすそうですね。どこかミステリアスで目を引く組み合わせのカラーです。結んでしまえばオフィスでも目立ちにくいですよ。

②控えめ×ネイビー

ナチュラルな茶髪ベースに、ほんのりネイビーのインナーカラーです。毛先の一部に控えめにインナーカラーを入れることで、オフィスでもOKなスタイルになります。ネイビーがクールで聡明なイメージです。パッと見て、黒髪?ネイビー?どっちなの?と思わせるような控えめだけど目を引くスタイルです。

③控えめ×極細ベージュ

細くメッシュ状にベージュのインナーカラーを入れています。黒髪とのコントラストがあり目立ちますが、極細にさり気なく入っているので派手感は抑えられています。大人っぽく外人風なスタイルになっていますね。カラーの範囲が狭いので、ショートやボブヘアよりも長めのミディアムさんのほうが合います。

④控えめ×アッシュベージュ

黒髪ベースに、ウルフカットから見えるインナーカラーがとってもおしゃれです。ラベンダーベージュというカラーもかわいいですね。重たく見えがちな黒髪もほんの少し見えるインナーカラーのおかげで軽やかになります。ミディアムならではのウルフカットも参考にしたいですね。

オフィスでもバレない、黒髪ベースの控えめなインナーカラーだけをまとめた記事もあります。色味だけでなく、入れ方のポイントもご紹介しています。通勤・休日スタイルの参考にしてみてください。

関連記事

オフィスOK!黒髪でもバレないインナーカラー15選!目立たないレングス別入れ方も

オフィスでもOKなインナーカラーで、バレずにおしゃれを楽しみませんか?

Small thumb %e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc6

明るめ|インナーカラー×ミディアム4選

①明るめ×ピンクアッシュ

ハイトーン派におすすめなのがピンクアッシュです。くすんだピンクと合わせると、かわいくなりすぎず明るくおしゃれなスタイルになります。ストレートのままでも、アレンジしても映えますよ。色白さんにおすすめのスタイルです。

ピンクのインナーカラーが気になったらこちらの記事もおすすめです。明るめ、暗めのスタイルを10選厳選しています。ピンクはインナーカラーの中でも人気が高いので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ピンクのインナーカラーが似合うベース10選!明るめ暗めで印象が違うピンクを攻略!

ピンクのインナーカラーは可愛くてガーリーな印象がありますよね。しかし、

Small thumb %e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b82

②明るめ×スカイブルー

夏におすすめのスカイブルーのインナーカラーはいかがですか?こんなに鮮やかなカラーに挑戦できるのも、インナーカラーのメリットです。明るめのブルーなので、クールすぎず柔らかい印象になります。前髪なしのかきあげスタイルと外ハネで大人カジュアルなアレンジも参考にしたいですね。

③明るめ×ピンクパープル

黒髪のベースにピンクパープルのインナーカラーです。暗めのベースに、インナーは明るいピンクとパープルがミックスされています。特に制限のない方はインナーカラーを入れる範囲も広めに入れて、カラーも2色ミックスするのもおすすめです。巻き髪にすることで、よりボリュームと立体感がアップしますよ。

④明るめ×ラベンダー

明るいラベンダーのインナーカラーです。かわいらしいカラーですが、アッシュのベースが抜け感と大人っぽい雰囲気にしてくれます。ラベンダーカラーは肌の血色感と、透明感を引き出してくれるおすすめの万能カラーです。明るく、大人かわいいイメージにしたい方におすすめです。

ラベンダーカラーが気になったら、大人っぽく仕上がるアッシュ系もおすすめです。こちらの記事でアッシュ系のインナーカラーについて詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

アッシュ系インナーカラーの人気色12選!黒・茶ベースに似合う色って?

アッシュ系のインナーカラーは、おしゃれに仕上がると人気です。ベースカラ

Small thumb %e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc

アレンジ|インナーカラー×ミディアム4選

①インナーカラー×ロープ編み

ベージュのインナーカラーにロープ編みをあわせたアレンジです。二本の毛束をとってねじっていくだけなので、簡単ですよ。ハーフアップにすると、インナーカラーが表面に出て目立ちます。毛先は外ハネにすると今っぽくなります。リボンモチーフのアクセサリーと合わせると、カジュアルなカラーもかわいらしくなります。

②インナーカラー×ポニーテール

レッドブラウン系のインナーカラースタイルを、ポニーテールにしたアレンジです。アップにすることでインナーカラーが目立ちます。サイドの三つ編みにもカラーが混じっていてかわいいですね。いつものポニーテールもぐっとおしゃれになります。後れ毛をとって巻いていることで、更に手の込んだアレンジに見えます。

③インナーカラー×お団子

黒髪×ミルクティベージュにポイントでパープルが入ったおしゃれなカラーです。高めの位置でお団子にしたアレンジです。ゆるめのお団子ヘアで、前髪や顔周りの後れ毛を残していることで女性らしさもあります。アップにすることでインナーカラーが目立っていますよね。お団子は女性だけでなく、男性ウケもいいですよ。

④インナーカラー×パーティー

結婚式などのお呼ばれスタイルにもインナーカラーをしているとアクセントになるんです。肩くらいの長さがあれば、ミディアムでもこんなアレンジができます。オレンジベージュのインナーカラーのおかげで、存在感があります。着物や浴衣などの和装にもおすすめの華やかなヘアアレンジです。

インナーカラーでアレンジも最大限に楽しもう!

髪の毛で遊んでいる女性たち

初心者さんにも挑戦しやすいインナーカラーと、ミディアムでもできるアレンジについてご紹介しました。カラーは継続して入れることで定着が良くなったり、人によってカラーの出かたも変わってきます。自分にあったインナーカラーを作り出していくのも楽しいですよ。

学校や職場にバレそう…と悩んでいる方も、入れ方によっては隠すことも可能なので美容師さんに相談してみてください。アレンジ方法もたくさんご紹介しましたので、ぜひ参考にしてインナーカラーを思いっきり楽しみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード