Icon search 36px

女性編|水色が好きな人の心理5選!

心理①向上心を高く持ちたい

向上心

水色が好きな女性の心理として、向上心を高く持ちたいというものがありますよ。水色は、見ていると冷静な気分になる色です。感情だけで物事を判断せず、落ち着いた判断力を授けてくれるでしょう。水色を好むのは、これまでの自分より一歩大人になりたい、という心理の表れなのですよ。

心理②高い社交性を持ちたい

社交性

水色のアイテムや服が好きな心理として、高いコミュニケーション能力を持ちたい、というものがあります。水色は視野を広げ、多様な価値観を受け止める心を作り出してくれる色です。また水色は海を連想させるため、自然とおおらかな気持ちになるでしょう。

たくさんの意見をおおらかな気持ちで受け入れ、うまくコミュニケーションを取りたいという思いから、水色を好むようになるのですよ。水色の服や物を身につけている女性には、積極的に話しかけてみるといいでしょう。

心理③想像力を磨きたい

想像

自分の想像力を磨きたい!というのも、水色を好む女性心理の一つです。水色は、流れる水や空をイメージさせる色です。見ていると視野が広くなり、常識から解き放たれますよ。一般常識に縛られず、自由な想像力を養いたいという心理が読み取れますね。

心理④前向きになりたい

前向き

前向きになりたいという気持ちも、水色の服や物を好む女性心理の一つです。水色は寒色系の色ですが、どこか温かみを感じる色味ですよね。水色を見ていると、自然と心が明るくなってきます。水色が好きな女性は、この前向きになれるという効果を求めているのです。

また水色は、ネガティブな性格な人ではなく、元々明るい人が好む色でもあります。今よりももっと明るい性格になりたい、これまでよりもポジティブな思考を持ちたい!という心理の表れですよ。

心理⑤自分の道を歩みたい

自己

水色の服や物が好きな心理に、他人に流されることなく自分の道を歩みたい、という意味もありますよ。他人から何かを指示されたり、やることを指定されることを苦手としています。自分の意思通り歩んでいきたいと考え、誰かからの指図は極力受けません。

その一方で、他人との関係に波風を立てたくないとも考えています。そのため、他人からのアドバイスには快く返事を返すでしょう。しかしその通りに動くことはなく、我が道を行こうとしますよ。自尊心やプライドが高く、自分を信じて疑わないという心理が読み取れますね。

男性編|水色が好きな人の心理5選!

心理①高い判断力を持ちたい

判断

水色を好む男性は、高い判断力を持ちたいと考えていますよ。水色などの寒色系のカラーは、心を落ち着かせて平穏な気持ちを取り戻してくれる色だとされています。大きな判断を下さなければいけない時も、慌てず冷静に対処することができるのです。

そのため水色を好む男性は、「どのような場面でも高い判断力を維持したい」と無意識に考えている可能性が高いでしょう。また、周りから「判断力の高い男性だ」と思われたい、という心理もありますよ。

心理②自己プロデュースをしたい

プロデュース

うまく自己プロデュースをしたい!というのも、水色を好む男性心理でしょう。特に、服やズボン、カバンなど、普段身につけるアイテムを水色にしている男性に多い心理状態です。深い青やグレー、ブラックなどの色味と比べ、水色は明るく派手な色味ですよね。そのため、男性が着こなすには工夫が必要です。

水色を好む男性は、「水色のファッションアイテムをうまく着こなし、自分をプロデュースしたい」と考えているのですよ。おしゃれの意識が高く、自分に自信がある男性に多く見られる心理状態でしょう。

心理③若々しくありたい

若い

水色を好む男性は、若々しい人でありたいという心理の持ち主ですよ。こちらも、水色の服を好んで着る男性によく見られる心理状態です。水色は、清潔感があってフレッシュな色味ですよね。そのため水色の服を着ると、実年齢よりも若く見られるのです。

年齢を感じさせない若々しさが欲しい、という心理が読み取れるでしょう。よく水色の服やファッションアイテムを身につけている男性に、「若く見えますね」と声をかけてあげると喜ばれますよ。

心理④相手の警戒を解きたい

リラックス

水色を好む男性は、周りの人の警戒心を薄めたいという心理を持っています。特に、体格が良かったり顔が強面であったりと、初対面の人に距離を置かれがちな男性に多い心理です。水色の服を着ることで自分の雰囲気を柔らかくし、相手を萎縮させずに話がしたい、と考えていますよ。

心理⑤直感力を磨きたい

直感

水色を好む人の心理として、直感力を磨きたいというものもありますよ。水色は、インスピレーションを高めることができる色味だとされています。直感力をアップさせ、正しい判断をしようと考えているのです。

水色が好きな人のイメージとは?

イメージ①変化を好む

水

水色を好む人のイメージとして、変化することを好む、というものがあるでしょう。水色は、水や空を連想させる色です。水や空は変化が多く、常に動きがありますよね。そのため、水色からは「変化を望んでいる」「変わることを恐れない」という意味があるのです。

イメージ②洗練されている

洗練

水色が持つイメージとして、洗練されているという意味もありますよ。水色は、自然界の一部に存在している色味です。汚れのない、研ぎ澄まされた状態を連想させる色ですよ。また水色は、人の心を冷静にさせてくれます。余裕を感じさせる水色には、「洗練」という言葉がピッタリですね。

イメージ③繊細

繊細な女性

水色には、「繊細」というイメージもあるとされています。水色は寒色系のカラーです。情熱や元気をイメージさせる暖色とは違い、エネルギーが内側に向かっている様を連想させます。少し触れると傷ついてしまうという印象から、繊細だというイメージを持つのですね。

イメージ④冷静沈着

冷静

水色には、冷静沈着という意味・イメージもありますよ。派手さのない水色は、見ていると落ち着いてきますよね。そのため、水色には「冷静に物事を判断する」という意味があるのです。水色の服やアイテムを身につけることで、周りの人に冷静さを感じてもらえるでしょう。

水色が与える効果4選!

効果①開放的になれる

開放

水色が与える効果として、「開放感」がありますよ。水色を見ていると、心の緊張が解けて体も心も軽くなってきますよね。気持ちのモヤが晴れ、清々しい気分になるでしょう。

精神的に追い込まれている時でも、水色を見ることで開放的な気分になれますよ。行き詰まっている時や、悩み事がある時などは、水色のものを周りに置いてみると良いでしょう。

効果②集中力が高まる

集中

水色には、見ている人の集中力を高める効果もあると言われています。仕事や勉強をする場所に水色の物を置くと、作業の効率が格段にアップするというデータも出ていますよ。長時間の作業でも集中し続けられる色なのです。

また水色には、見ている人のストレスを和らげる効果もあります。イライラが溜まらないことも、集中力が上がる要因の一つでしょう。長時間ストレスを溜めずに作業がしたい!という時は、是非水色のものを近くに置いてみてください。

効果③気持ちが落ち着く

落ち着く

気持ちがリラックスするというのも、水色が与えてくれる効果の一つですよ。水色を眺めていると、副交感神経が優位になります。自然と心が落ち着き、気分を落ち着かせてくれますよ。ベッドの近くや天井などに水色を取り入れることで、安眠に効果的だともされています。

効果④前向きになれる

前向き

水色の効果として、前向きな気持ちになれる、というものもありますよ。水色は、心にある迷いを洗い流してくれる色です。眺めていると、これまでの悩みや苦労を忘れ、心をスッキリと整理することができるのです。意識はしていなくても、気持ちがポジティブになっていきますよ。

水色が好きな人の性格とは?

①内向的

内向的な女性

水色を好む人の性格として、内向的というものがあるでしょう。表立って自分の主張をすることは、ほとんどありません。自分の意見よりも、他人の主張を優先させようとします。非常に思いやりが強く、周りのことをよく観察している人ですよ。おとなしいだけではなく、相手に安心感を与えられる人です。

②上品

上品

水色を好む人の性格として、上品というものもありますよ。上品な性格は、特に女性に当てはまるとされています。水色は、凛とした雰囲気がある色味ですよね。水色に高貴なイメージを持っている女性も多いです。

水色を好んでいる女性は、そのような水色のイメージに相応しく、品格のある女性になろうとしていますよ。そのため水色が好きな人には、上品な性格の人が多いのです。

③強さを持っている

強い

水色が好きな人の性格として、強さを持っているというものもあるでしょう。水色には、自分の意思を大切にするという意味があります。他人を立てつつも、自分の本質は曲げない強さを持つ人が多いでしょう。

④高い自尊心を持っている

プライド

水色を好む人の性格には、高い自尊心を持つタイプも多いようです。水色は、クールな冷静さを意味する色です。そのイメージのように、自分の行動や意見に自信を持っている人が多いですよ。また上下関係を気にする人も多く、下の立場の人には厳しく接することもあります。フランクなタイプとはあまり相性が良くありません。

水色が好きな人の心理やイメージを知りましょう!

水色を好んで選ぶ人の心理は、男性・女性によって異なります。また、水色がもたらす効果やイメージにも、たくさんの種類があるとされています。今回紹介した項目を参考に、水色を好む意味を考えてみてくださいね。

またこちらに、服の色から読み取れる心理について解説された記事を載せておきます。白やピンク、青、赤など、服の色別に見る意味の違いなどがまとめられていますよ。服の色からわかる心理が気になる方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

服の色から分かるその人の心理9選|白い服/ピンクの服/青い服/赤い服

普段何気なく選んでいる服の色はその時の心理状態を表しています。選ぶ色に

Small thumb shutterstock 640143919

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード