Icon search 36px

食事が好きな人|空腹なのに食べるのが面倒くさいと感じる心理5選!

心理①片付けが面倒

片付け

食べるのが面倒に感じるのは、後片付けをやりたくない心理が働いています。食べることが好きなので、料理を作ることも好きなのですが、食器や調理道具を洗うのが嫌いなタイプが多いです。美味しく食べた後に、なるべく動きたくないので、そもそも食べることも面倒に感じるというわけですね。

特に冬の寒い時期は、洗い物をすると冷たい水を使うこともあるので、余計に面倒に感じるのです。このようなタイプの人は、洗い物を少しでも減らすために使い捨ての紙皿などを使用することも多いです。

心理②食事を残すのがもったいない

残す

食べるのが面倒な人の中には、食べることは好きだけど「残してしまうのがもったいない」と考える人もいます。少食で食べたくても食べきらず、残してしまうことに罪悪感を感じているのです。残すくらいなら、いっそのこと食べない方が良いと考えてしまうのですね。

心理③他人と食べる速さが合わない

スピード

食事が好きでも残してしまう人の心理に、食べるスピードを他人と合わせられないことを嫌がるというのもあります。自分の食事ペースが遅く、他の人に待ってもらうことを申し訳なく思うのです。他人を待たせることに抵抗を感じるので、食べることも面倒になってしまうのです。

このようなタイプの人は、誰かと食べるのではなく、一人で黙々と食べることが好きな人が多いです。もし、食べるのが遅い人と一緒に食事をする機会があれば、「気にせず、自分のペースで食べていいよ」と伝えましょう。

心理④料理が苦手

料理

食事が好きでも食べるのが面倒な人に最も多いのが、そもそも料理が苦手で作りたくないという人です。特に一人暮らしの男性に多い心理でしょう。料理が苦手な人は、食べたいものがあっても、どんな食材を用意すればいいか、調理の方法などがわかりません。そのため、料理をする前の買い物など準備も嫌がるのです。

準備をするのも、料理を作るのも面倒なので、食べないでおこうかと考えてしまいます。そのため食事を摂る場合でも、コンビニの弁当やインスタント食品など、手軽に食べられるものばかりになりやすいです。

心理⑤一人で食事をしたくない

寂しい

食事が好きでも食べるのが面倒に感じる人の中に、一人で食べたくない人もいます。人一倍寂しがりやなので、誰かと食事しないと落ち着きません。そのため一人で食事をしなくてはいけない場面になると、途端に食べるのを嫌がります。

食事が嫌いな人|空腹なのに食べるのが面倒くさいと感じる心理5選!

心理①食べること自体に興味がない

興味なし

食事が嫌いで食べるのが面倒な人の心理として、そもそも食べることにあまり興味がないというものがあります。「食べることに興味がない人がいるの?」とびっくりする人も多いですが、実際にそのような考えの人もいます。食べることに興味がないので、お腹が空いたと思うことも少ないのです。

お腹が空いたと感じないので、他の人に比べて食べる回数も少なくなります。このような状態が長期間続くと、数少ない食事さえも面倒に感じてしまうのですね。

心理②食事にトラウマがある

トラウマ

食事が嫌いで食べることが面倒な人には、食事に何らかしらのトラウマがある人も多いです。子供の頃、食事中に両親が喧嘩していたり、マナーなどで怒られることが多かったなど、辛い経験が多いと食事を楽しい行為と思えないのです。食事をとると、過去のトラウマが蘇り、食べることをなるべく避けようとするのですね。

心理③噛むことが面倒

噛む

食事が嫌いで、食べるのが面倒くさい人の中には、噛むことを面倒に感じている人もいます。虫歯など、健康な歯を持ってない人に多く、食べ物を歯でよく噛むことが面倒になってしまうです。

心理④他人に食べる姿を見られたくない

いや

食事が嫌いで食べるのが面倒な人の心理の中で、最も多いのが「食べるところを他人に見られたくない」です。食べているところを他人に見せるのが恥ずかしいのですね。食べるときに音がクチャクチャ鳴る、箸の持ち方が悪いなどと誰かに指摘された人に多い心理です。食べ方にコンプレックスを持っているのでしょう。

食べるところを他人に見られたら、変な食べ方をしていると思われるのではないかと恐怖心を抱いているのです。そのため、弁当を食べる際にもなるべく人気のない場所へ行き、一人で食べることが多いようです。

心理⑤他にやりたいことがある

仕事

食事が苦手で食べるのが面倒な人の中には、食事よりもやりたいことを優先したいと考える人もいますよ。特に子供に多いです。ゲームなどの遊びに熱中すると、遊びを優先したいので食べるのが面倒になるのです。子供の時は、大人が注意して強制的に食べさせることができても、大人になったら注意してくれる人はいません。

注意をする人が周囲にいないので、食事以外のやりたいことを優先してしまい、食事もしっかりと取らなくなります。このような状態が長い間続くと、食べることそのものが次第に面倒になってしまうのですね。

食べるのが面倒だからと食事を抜いてしまうデメリットとは?

デメリット①太ってしまう

体重

食事を抜く大きなデメリットに、太りやすくことが挙げられます。ご飯を規則正しい時間に食べないと、間食としてお菓子などを食べることが増えます。空腹時にお菓子などカロリーが高いものを摂取すると、身体はちょっとした飢餓状態なので、多くの栄養を取り込もうとするのです。

すると、食べる量が少なくても太る原因となってしまいます。太ると見た目も気になるだけではなく、生活習慣病などの原因にもなりやすいです。バランスの良いご飯を、決まった時間に摂ることを心がけた方が良いでしょう。

デメリット②頭が回らなくなる

頭痛

食べるのが面倒で、食事を抜くと頭が働かなくなるというデメリットがあります。脳に必要な栄養が不足するためです。仕事などあらゆる作業で、思考回路が十分に機能せず、効率が下がってしまうでしょう。

デメリット③基礎代謝が低下する

低下

空腹でも食事を抜くデメリットに、基礎代謝が大きく低下してしまうということもありますよ。カロリーを摂取しないと、基礎代謝が低下してしまい、エネルギーをあまり消費しない体質になります。代謝が低下すると、脂肪が燃えにくい身体になるので、かえって肥満の原因にもなります。

デメリット④肌のハリが失われる

肌

ご飯を摂らないデメリットには、肌のハリが失われてしまうこともあります。ご飯が面倒だからと、スープや栄養ドリンク、水など限られたものを摂取する人に多いですよ。肌の弾力が落ちてたるみが目立つようになり、老けて見られることが増えてしまうでしょう。

食べるのが面倒くさい心理を克服する方法とは?

①軽く運動をする

ジョギング

食べるのが面倒くさい心理を克服する有効な方法は、軽い運動をすることです。運動することで、身体のエネルギーが活発になり、空腹感も湧いてきます。空腹になれば、食べたいという気持ちが出てきますよ。

②入浴をする

お風呂

ご飯を食べるのが面倒くさい心理克服方法には、お風呂に入ることもありますよ。シャワーで済ませるのではなく、湯船にしっかりと浸かるとより効果的です。お風呂にしっかりと入ると、想像以上にカロリーを多く消費し、痩せる効果もあります。自然とお腹も空くので、ご飯が食べたくなりますよ。

③他人を一緒に食事をする

他人

食べるのが面倒くさい心理の克服に、誰かと一緒に食事をするという方法を取る人もいます。相手が何かご飯を食べていたら、自分も何かを食べなければという雰囲気になりますよね。そうすると食べるのが面倒という心理を自然に克服できますよ。

④食事のみに集中する

集中

食べるのが面倒な人は、食べることだけに集中するという克服方法がありますよ。特に普段仕事で忙しく、作業をしながら食べる人におすすめの方法です。ご飯を食べることだけに専念すると、食感や食材の味を新しく感じ、食べることが楽しくなりますよ。

⑤嫌いな物は食べないようにする

嫌い

食べるのが面倒な心理を克服する方法に、嫌いなものはなるべく避けるという方法もあります。誰だって嫌いなものを食べるのは、楽しくないものです。嫌いなものを食べようと無理に食べると、食べるのが面倒になりやすいですよね。嫌いなものは無理に食べずに、食事を楽しみましょう。

食べるのが面倒くさくなる原因とは?

原因①好き嫌いが多いから

好き嫌い

食べるのが面倒くさくなる原因に、好き嫌いが多いということがあります。特に嫌いなものが多い人は、嫌いなものを避けて食べることが面倒になりやすいです。嫌いなものを避けようとすると、時間もかかってしまい、食べるのも面倒だと感じてしまうのですね。

原因②仕事が忙しい

仕事

食べるのが面倒と感じる大きな原因として、仕事が忙しいということが挙げられます。食事をする時間があれば、たとえ空腹でもその分仕事をした方が良いと考えてしまうのです。

原因③ストレスがたまっている

ストレス

ストレスがたまっていることも、空腹でも食べるのが面倒と感じる原因になります。ストレスがあると、食べてストレスを発散しようとする人も多いですが、逆に食欲が湧かない人もいます。食べることにも、それなりにエネルギーを消費します。ストレスが食べるためのエネルギーを使うことを邪魔するのですね。

原因④食事を義務だと考えている

義務

食べるのが面倒だと感じる原因の中に、食事を義務だと考えてしまうことがあります。義務になるとやる気が無くなってしまいますよね。こう考える人は、幼少期に「必ずご飯を食べなさい」としつけられた人が多いです。

食べるのが面倒くさいと感じる心理を知って克服しましょう!

食べるのが面倒くさいと感じる心理や克服方法を紹介しました。しっかりと食べることで、健康的な身体を作れます。今回の記事を参考にして、空腹時はしっかりと食べる習慣を身につけてくださいね。

またこちらに、カレーが無性に食べたくなる時の心理がまとめられた記事を載せておきます。毎日カレーが食べたくなる意味や、身体の状態などが解説されていますよ。是非こちらの記事も併せて読んでみてくださいね。

関連記事

カレーを無性に食べたい心理の意味5選|毎日食べたい時はどんな状態?

カレーを無性に食べたいと思う時はありませんか?他のお料理に比べてカレー

Small thumb shutterstock 518547550

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード