Icon search 36px
あなたは20代になった今、どんな恋愛をしていますか? そろそろ結婚も意識し始める頃だと思いますが、素敵なハッピーウェディングを叶えるためには“恋愛力”を高めることがとても重要です。 そこで今回は、恋愛力アップのポイントをご紹介したいと思います。まだ結婚を意識していない人でも、素敵な恋愛をするためには大切なことばかりなので、ぜひ参考にしてみてください◎

恋愛力をアップさせる4つのポイント

1.“好き”という感情を大事にする

lovepower-up2 あなたは、中学・高校時代のあの純粋な気持ちを忘れかけてしまってはいませんか?そう、“好き”という恋愛において最も基本的かつ大切な感情です。 20代の女性というのは、その外見の美しさから、何もしなくても多くの男性から自然とアプローチをされるものです。特に社会に出たばかりの女性は、男性上司からチヤホヤされることが多いでしょう。そのため、「別にそんなに好きなわけではないけど、しばらく彼氏いないし…」なんて軽い気持ちで男性と付き合ってしまうことがあるかもしれません。 しかし、好きではない男性と付き合うのは時間の浪費です。もちろん、付き合っているうちに本当に好きになることもあるかもしれませんが、そうでないならば早い段階で見切りをつけた方がお互いのためになるでしょう。 ◎“好き”という感情を大事にできる女性は幸せになれます。なぜなら、ただその人を想うだけで幸せになれる、仕事も頑張れる、そして相手の男性もその純粋なあなたの姿に自然と惹かれていくからです。恋愛とは結局のところ、そういうものなのです。

2.愛されるではなく、愛する人になる

「好きな相手から愛されたい」。あなたを含め、多くの女性が思うことでしょう。 では、愛されるためにどうすれば良いのか?答えは簡単です。相手を心から愛することです。 この時、「自分はこんなにも愛しているのに、あなたは全然愛してくれない。もっと愛してほしい」なんてことを相手に直接伝えてはいけません。なぜなら、これはあなたの一方的な押し付けであるため、相手の男性は不愉快に感じてしまうからです。 ◎あなたが心から愛すことができれば、相手も必ず愛してくれます。自分のことしか考えない一方的な恋愛ではなく、相手のことを思いやって与える恋愛というものをするようにしましょう!

3.男性の態度を見る

lovepower-up4 男性は、口でごまかすことはできても、態度ではごまかせない生き物です。そのため、彼が本当に自分のことを愛してくれているのかを確認する時には、言葉ではなく態度を見てみましょう。 恋愛に不慣れな20代女性は、「愛してる」という言葉だけで満足してしまいがちです。しかし、相手の行動に目を向けてみると、「最近会う頻度が減った気がする」「連絡を取れないことも多くなった」など浮気を疑うような不審な点が出てくるかもしれません。気をつけましょう。 また、まだ片思いの段階において、好きな男性が自分のことをどう思っているのかを知りたい時にも、態度を見るという方法は有効です。「好き」という言葉は言われていなくても、行動には“好き”というサインが表れているかもしれませんよ! ◎男性の態度を見ることは恋愛力アップのポイントの一つです。男性というのは、本当に女性のことを愛しているのであれば、誠実な対応を示すものです。逆に、好きでもない女性に対しては、時間やお金、労力を費やすなんてことはありえません。

4.失恋を前向きにとらえる

本気の恋であるほど、別れた時の悲しみはとても大きいです。振られてしまったのであればなおさら。気持ちの整理がつかず、何も手につかなくなるかもしれません。 しかし、失恋してみて初めて、自分を客観的に見ることができるようになります。「○○は上手くいった」「△△は私のダメなところなんだろうな」「どうして彼の××を受け入れられなかったのだろう」といったように、冷静に振り返ることができるのです。幸せの絶頂期であれば、このようなことは少しも考えないですよね。 ◎失恋から学べることはたくさんあります。ただ泣いて悲しんで終わりでは、その先の恋愛もずっと上手くいかないままです。ひとまず落ち着いたなら、自分を客観的に見てみることで、次の恋愛につながる良いヒントを見つけられるかもしれませんよ。

おわりに

lovepower-up3 いかかでしたか? 恋愛力をアップさせるポイントは4つ。 1.“好き”という感情を大事にする 2.愛されるではなく、愛する人になる 3.男性の態度を見る 4.失恋を前向きにとらえる これらをちょっと意識するだけで、あなたの恋愛は大きく変わるはずです。 幸せな結婚に向けて、今のうちに恋愛力をアップさせておきませんか?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード