Icon search 36px

いじめっこの特徴7選

いじめっこの特徴・原因①自信がない

自信のない女性

いじめっこの特徴や原因1つ目は「自信がない」ことです。いじめっこといわれる子供は動きが活発なことが多く、自信がないとは思えないという方もいると思いますが、実はいじめるのには自分の自信がないことを隠すために行っていることがあります。

また、活発で自信がないように思える行動も自信がないことを悟られないように無意識的に行っている場合もあります。いじめっこはあまり関わりたくない存在ですが、実は暗い性格だったりします。

いじめっこの特徴・原因②愛情不足

ハート

いじめっこの特徴や原因2つ目は「愛情不足」です。いじめっこは親からや大人から愛情を受けないで育つ場合や愛情を感じることができず、愛情不足の方が多くいます。なぜ、愛情不足の方はいじめをするのかといいますと、愛情不足で嫉妬していたり、認めて欲しいという心理です。

いじめっこはいじめをすることで、愛情を受け取れると思ったり、認めてもらえるような気がしてしまい人をいじめます。愛情不足が原因で人をいじめるのは許されない最低な行為ですが、実はいじめっこ自身にもメンタル的な問題を抱えていることがあります。

いじめっこの特徴・原因③自分より劣った人間が嫌い

怒る女性

いじめっこの特徴や原因3つ目は「自分より劣った人間が嫌い」です。自分より劣った人間がいると見ているだけでイライラしてしまったり、鬱陶しいと思いいじめをしてしまいます。いじめっこがいじめを行う理由は身勝手ものばかりです。

いじめっこの特徴・原因④親とのコミュニケーションがない

コミュニケーション不足

いじめっこの特徴や原因4つ目は「親とのコミュニケーションがない」ことです。親とのコミュニケーションが取っていないことだけがいじめっこになる特徴ではありませんが、親とのコミュニケーション不足が原因で寂しい感情や認めて欲しい感情が人をいじめる行動へ変わっていきます。

いじめっこの特徴・原因⑤支配欲

支配欲

いじめっこの特徴や原因5つ目は「支配欲」です。いじめっこになる人は支配欲が強い特徴があり、自分よりもしたと思っている人を支配して自分の思い通りにさせたい、言うことを聞かせたいと思うようになり、反発する人や思い通りに動かない人のこといじめます。

いじめっこの特徴・原因⑥自分より弱い人を選ぶ

悲しむ女性

いじめっこの特徴や原因6つ目は「自分よりも弱い人を選ぶ」ことです。いじめっ子に共通している特徴は自分よりも強い人を選ぶことはなく、自分よりも弱い人を的にします。いじめっ子は自分よりも弱い人を選ぶことで、簡単にいじめることができたり、反発がないので恐れることなくいじめることが出来るからです。

いじめっこの特徴・原因⑦目立ちたい

目立つ女性

いじめっこの特徴や原因7つ目は「目立ちたい」からです。いじめっこがいじめるのには様々な理由がありますが、いじめっこは目立ちたいという理由からいじめをすることもあります。いじめっこは簡単に目立てる方法を探します。そして、簡単に目立つことが出来るのがいじめをすることです。

いじめは嫌がらせをすることで誰の目に留まります。そして、誰かに見られるという経験をすることで、もっと多くの人の目に留まりたいと考えるようになり、過激ないじめや目立つようないじめを行います。いじめっこが目立ちたいという欲求を満たすためにいじめをするのは小学生までの方に多く見られる特別です。

いじめっこの親の特徴とは?

いじめっこの親の特徴①子供の話を聞かない

悲しむ子供

いじめっこの親の特徴1つ目は「子供と話を聞かない、話をしない」ことです。いじめっこがいじめをする特徴に上げたように、いじめっこの親はコミュニケーションを取りません。いじめっこの親はコミュニケーションを取らないこともありますが、取っているつもりになっているだけで全く話をしていないことがあります。

また、子供との話も一方的に用件を突きつけるだけという場合もあります。親子のコミュニケーションはとても重要なのもであり、特に小さいお子さんになればなおの事です。

いじめっこの親の特徴②自分の子供が正しいと思っている

親子

いじめっこの親の特徴2つ目は「自分のこともが正しいと思っている」事です。いじめっ子の親に多く共通するのが、自分の子供はいじめをしていないと勘違いをして、いじめに関して認めないことです。また、いじめっこの酷い親はいじめをしているのではなく、いじめられていると勘違いする親もいます。

いじめが無くならない要因にはこうした親の対応が悪いことが原因となっていることもあります。いじめをする子供がいじめを続けるのは親の行動の甘さを利用して親を盾にしています。その為親から怒られることがないと分かっているのでいじめを止めることはありません。

いじめっこの親の特徴③被害者面

被害者意識

いじめっこの親の特徴3つ目は「被害者面」です。上記でもご紹介した通り、いじめっ子の親は実際に人をいじめているのにも関わらず、自分の子供が実はいじめられているのではないかと疑い被害者面をします。被害者面をすることによって話を逸らしたり、はぐらかしたりもします。

いじめっこの親の特徴④自己主張が激しい

取り乱す女性

いじめっこの親の特徴4つ目は「自己主張が激しい」ことです。いじめっ子の親は自己主張が激しい方が多くいます。大人同士で話す時も自分の話をしたり、自分が中心でいなくてはいけません。自己主張の激しい性格を見ている子供は自然と似てくるため子供も自己主張の激しい性格に育ちます。

いじめっこの親の特徴⑤親同士から嫌われている

女性

いじめっこの親の特徴5つ目は「親同士から嫌われる」ことです。いじめっ子の親は同級生の親からだけでなく、大人としてなじめるむことができず、親から嫌われることがあります。いじめっ子の親が子供の同級生の親から嫌われる理由としては自己主張の激しいことや被害者面をする事も原因となっています。

いじめっ子の親の特徴⑥子供に向き合わない

向き合わない女性

いじめっこの親の特徴6つ目は「子供と向き合わない」ことです。いじめっ子の親は子供と向き合い話し合うことや、子供が抱えている問題を一緒に解決したりアドレスをすることはありません。いじめっこの親は子供の問題に関わることじゃないと考えていますので、いじめが起きても子供同士の解決や関わらないことを望みます。

いじめっこの心理は?

いじめる子供の心理①見て欲しい

めがね

いじめる子供の心理1つ目は「見て欲しい」ことです。いじめっこは愛情不足や自己主張の激しい性格によって見て欲しいという気持ちが人一倍強くなります。その結果簡単い注目を浴びることのできるいじめをして周りから視線を集めて、見られたいという欲求を満たします。

いじめる子供の心理②劣等感

劣等感を感じる

いじめる子供の心理2つ目は「劣等感」です。特定に人をいじめるいじめっこは劣等感を感じやすい性格で、自分よりも優れていると思う人に劣等感を抱きいじめることによって自分よりも下に落とそうと考えたり、いじめることによって自分よりも優れた人の上に立てたような気分となります。

いじめる子供の心理③嫉妬心

嫉妬の気持ち

いじめる子供の心理3つ目は「嫉妬心」です。いじめをする子供は嫉妬心が強いことがあります。自分よりも優れている人や自分よりも待遇をよくして貰えている人に嫉妬心を燃やし、いじめをします。いじめをすることで自分よりも劣った人と思い込めたり見下せるので、劣等感を感じる人をいじめます。

いじめる子供の心理④過去にいじめられた経験

いじめ

いじめる子供の心理4つ目は「過去にいじめを受けた経験」があることです。過去にいじめを受けた経験がある人が実はいじめをするということもあります。いじめを受けると嫌な思い出から人にはいじめはしないと思うようになることが普通なのですが、復讐心やストレスをいじめることで発散することがあります。

過去にいじめられた経験を持つ方がいじめをするのは、過去にいじめた来た人への復讐が多くあります。いじめをしてきた人よりも立場が上になった時やいじめをする人が怖いと感じなくなった時に今までされてきたことを返すようにいじめを繰り返します。

いじめる子供の心理⑤1番でないとダメ

自分中心な女性

いじめる子供の心理5つ目は「1番でないとダメ」です。いじめる子供によくあるのが、甘やかされて育った結果1番でないと許されないと考えたり、1番になることが当たり前と思うので、自分よりも上に立つ人間が許せなくなりいじめを行います。

いじめる子供の心理⑥自分を守る

女性の後ろ姿

いじめる子供の心理6つ目は「自分を守る」ことです。自分を守る為になぜいじめをするのかと疑問になる方もいると思いますが、いじめをすることで、周りからいじめられず自分を守ることができます。その為自分がいじめの標的とならないようにいじめをします。

子どものいじめの対処法|いじめられている場合は?

子どものいじめの対処法|いじめられている場合①安全な場所に居させる

部屋

子どもがいじめられている場合の対処法1つ目は「安全な場所に居させる」ことです。学校でいじめを受けている場合は、学校を一時的に休ませて、安全な場所で休養を取ることをしましょう。また、もし自宅を知られ嫌がらせを受けるようであれば、いじめっ子が知らない場所に居させることが重要です。

子どものいじめの対処法|いじめられている場合②相手の親と話し合う

話し合い

子どもがいじめられている場合の対処法2つ目は「いじめっ子の親と話し合う」ことです。いじめっ子の親がまともに話を聞くことが出来、状況を適切に判断できる親であれば、親同士が話し合い解決することがおすすめです。ただし、まともに話をっくことが出来る親の場合だけで、話のきけない親なら避けましょう。

子どものいじめの対処法|いじめられている場合③コミュニケーションを取る

仲の良い親子

子どもがいじめられている場合の対処法3つ目は「コミュニケーションを取る」ことです。いじめを受けている子供は親にいじめの事実を隠そうとします。いじめの事実を聞かなければなぜいじめに合っているのかや、本当にいじめられているのかが分かりません。

いじめを受けている場合もしっかりと子供と向き合い話し合うことが需要となっていきます。よくあるのが子供が話したくないなら追及はしないという考えですが、いじめられている場合は自ら話し出すことがないので、そう言った追及をせず自ら話し出すのを待つのは危険ですので、絶対に避けましょう。

子どものいじめの対処法|いじめている場合は?

子どものいじめの対処法|いじめている場合①話を聞く

小さいこどもと親

子どもがいじめている場合の対処法1つ目は「話を聞く」ことです。いじめをしているのは何かしらの原因があります。いじめをするのは子供同士のトラブルだけではありません。いじめは親の教育方法が大きく関わっていることもありますので、しっかりと話を聞きくことをおすすめします。

子どものいじめの対処法|いじめている場合②親の教育に問題がないか考える

考える女性

子どもがいじめている場合の対処法2つ目は「親の教育に問題がないか考える」ことです。子供がいじめをしているのが分かると親は頭ごなしに説教しますが、子供を説教する前に一度自分の教育方針に問題がないかを考えましょう。子供のいじめは子供同士の問題ではなく、親の教育も関わっていることを覚えておきましょう。

子どものいじめの対処法|いじめている場合③休ませる

ベッドルーム

子どもがいじめている場合の対処法3つ目は「休ませる」ことです。いじめをする子供は学校を休ませましょう。学校に行き続けることによっていじめを受ける人はいじめられます。ですので、いじめをする根を断つという意味でもいじめをする子供は学校を休ませ、その間に解決しましょう。

子どものいじめの対処法|いじめている場合④病院へ

病院

子どもがいじめている場合の対処法4つ目は「病院へ」行くことです。いじめをする子供は何か問題を抱えていることもあります。特にストレスが原因でいじめをしていることもありますので、いじめをする子供に何度言ってもいじめをやめない場合は病院へ連れて行くことをおすすめします。

子どものいじめの対処法|いじめている場合⑤言葉使いを教える

子供に読み聞かせる母親

子どもがいじめている場合の対処法5つ目は「言葉使いを教える」ことです。いじめをする人が全てのいじめの発端というワケではありません。言葉使いが悪く友人と不仲になりいじめをすることもあります。言葉を正しく使えることによっていじめを無くすことが出来るかも知れません。

いじめっこの心理を知ろう

笑ながら指をさす

いじめっ子がなぜいじめをするのかやいじめっこやいじめっこの親の特徴は参考になったでしょうか。いじめっこがいじめるのはわがままや自己中心的だけではありません。親の教育も大きく関わってきます。子供のいじめは子供同士のトラブルと思う方もいますが、実は親の教育も関わっています。いじめは親子で解決しましょう。

関連記事

子離れできない親の特徴10選!依存する心理や子離れする方法・対処法も

子離れできない親の特徴・心理を知っているでしょうか。主に母親や姑に当て

Small thumb shutterstock 523930069

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード