Icon search 36px

キレやすい人の性格8選【男性編】

キレる人やキレやすい男性の性格①プライドが高い

険しい顔をする男性

キレる人やキレやすい男性の性格の1つ目は、『プライドが高い』です。プライドが高い人は、周囲の人たちのことを自分よりも下に見る傾向があります。周囲の人たちは自分にとっての足手まとい、という気持ちがあるのです。プライドが高い人は自分の足を引っ張られることを嫌う為、その可能性があるとすぐに怒るのです。

キレる人やキレやすい男性の性格②自己評価が高すぎる

背を向けている男性

キレる人やキレやすい男性の性格の2つ目は、『自己評価が高すぎる』です。自己評価が高い人は、「自分が間違うはずがない」と思い込んでいます。周囲の人たちが間違っている、と思っているのです。その為、間違いを指摘されたりすると、簡単に怒ります。自分の間違いを受け入れることができないのです。

キレる人やキレやすい男性の性格③自分の得を重視する

得をして喜ぶ男性

キレる人やキレやすい男性の性格の3つ目は、『自分の得を重視する』です。自分が得になるように考えて行動しています。損をするのは絶対に嫌だと思っています。周囲の人たちが損をしてでも、自分だけが得をすればよい、という考え方の持ち主なのです。その為、自分が損になりそうになると大激怒します。

このタイプの人は、周囲の人たちを踏み台にすることは何とも思っていません。自分だけが得をすれば、それで満足なのです。自分と同じように周囲の人たちも得をする、ということに対してもあまり積極的ではない傾向があります。

キレる人やキレやすい男性の性格④自分の立場を守る気持ちが強い

上司から褒められる男性

キレる人やキレやすい男性の性格の4つ目は、『自分の立場を守る気持ちが強い』です。自分が誰かの下になるのは、あまり好きではありません。どちらかと言うと、自分が一番上に立って周囲の人たちに指示を出す、という立場に就きたいと思っています。その為、自分の立場を守ることに関しては、かなり必死になります。

自分の立場が脅かされそうになると、怒りをあらわにします。自分を引きずり降ろそうとしていると認識し、敵意を抱くこともあるでしょう。誰かに見下ろされるのは我慢ならない為、自分の立場に大変執着するのです。

キレる人やキレやすい男性の性格⑤論破されると簡単に折れる

ソファに座って話し合う二人

キレる人やキレやすい男性の性格の5つ目は、『論破されると簡単に折れる』です。このタイプの人は、メンタル面はあまり強くありません。虚勢を張っているだけです。また知識や経験も、周囲の人たちが思っているほど方法でもありませんし、幅も深さもあまりありません。その為、本人の意見にはたくさんの穴があります。

勢いだけで相手を押し切ろうとする傾向がある為、冷静に論破されると簡単に折れてしまいます。知識や経験が大変豊富な人には、太刀打ちできないのです。また、一度論破されると、その人には二度と近づこうとしません。更に論破されるのが怖いからです。

キレる人やキレやすい男性の性格⑥周囲の人たちからの評価を気にする

仲間に囲まれる男性

キレる人やキレやすい男性の性格の6つ目は、『周囲の人たちからの評価を気にする』です。このタイプの人は、意外と小心者です。怒りをあらわにするのは、単に虚勢を張っているだけです。メンタル面は大変弱い為、周囲の人たちからの評価を大変気にしています。ただ、そんな自分を周囲の人たちに知られたくないのです。

キレる人やキレやすい男性の性格⑦事前連絡を強く求める

文字を書こうとしている男性

キレる人やキレやすい男性の性格の7つ目は、『事前連絡を求める』です。自分の知らないところで勝手に物事を進められてしまうのは、あまり好みません。自分が蔑ろにされた、と思います。プライドが高いという性格の特徴もある為、蔑ろにされることは大変嫌います。その為、必ず周囲に事前連絡を求める傾向があります。

キレる人やキレやすい男性の性格⑧完璧主義者

黒いネクタイをしている男性

キレる人やキレやすい男性の性格の8つ目は、『完璧主義者』です。このタイプの人は、些細なミスも許してくれません。ミスは大罪だと思っているのです。本人の仕事ぶりは完璧です。ただ、そのクオリティを周囲の人たちにも強く求めます。その為、些細なミスに対しても大変敏感で、大激怒で相手を責める傾向があります。

キレやすい人の性格8選【女性編】

キレる人やキレやすい女性の性格①思い通りにしたがる

腕組みをしている女性

キレる人やキレやすい女性の性格の1つ目は、『思い通りにしたがる』です。このタイプの人は独自のルールがあります。そのルールに従って仕事を進めることが、絶対の条件になっています。本人にとっては、自分で作り出したマイルールに沿って進める方がわかりやすいのです。そのルールを守ることを、周囲に強く求めます。

もっと簡単で効率的な方法があっても、それを受け入れることはなかなかしないでしょう。自分が作り出したマイルールの方が、自分にとってはわかりやすいからです。その為、そのマイルールに沿って進められていないと、大変怒ってやり直しを要求するケースもあります。

キレる人やキレやすい女性の性格②意外とドライな一面がある

髪をかき上げる女性

キレる人やキレやすい女性の性格の2つ目は、『意外とドライな一面がある』です。このタイプの人は、瞬間湯沸かし器のような一面を持っています。大激怒しますが、一度怒るとあとは普通なのです。怒りが持続するということは、ほとんどありません。その瞬間だけ大激怒すれば、本人はそれですっきりしているのです。

その為、5分前に大激怒した相手に笑いながら話し掛ける、というケースも多くあります。慣れていない人は驚くこともあるでしょう。本人は、先ほど大激怒したことをもう気にしていないのです。その瞬間で終わっているからです。そういう面では大変ドライな一面があります。

キレる人やキレやすい女性の性格③けなされることを嫌う

怒鳴り合う二人

キレる人やキレやすい女性の性格の3つ目は、『けなされること嫌う』です。自分がとてもかわいいタイプの人なので、周囲の人たちから悪く言われることは大変嫌います。また、自分のことを悪く言っている人を見つけることも、大変得意としています。そのような人に対しては、他の人以上にキレやすくなります。

キレる人やキレやすい女性の性格④細かいことにこだわる

忙しい女性

キレる人やキレやすい女性の性格の4つ目は、『細かいことにこだわる』です。他の人が気にならないようなことに、大変こだわります。そして、そのこだわっている部分がきちんとできていないと、怒りをあらわにして相手を責めることもあります。本人にとってはその部分が、とても重要だと思っているのです。

これは、言い換えるならそれだけ細かいところまでよく見ている、ということです。他の人なら見落としてしまうような部分も、大変注意深く見ています。その為、仕事に関しては完璧にこなします。ミスや失敗はほとんどないでしょう。

キレる人やキレやすい女性の性格⑤人によって態度を変える

髪を一つにまとめた女性

キレる人やキレやすい女性の性格の5つ目は、『人によって態度を変える』です。これは、「媚びへつらう」という意味ではありません。頭脳的に自分では敵わないと思った人に対しては何も言わない、ということです。多くの人が間違いを指摘すると、ほぼ確実にかみついてきます。ですが、敵わない相手にはかみつきません。

このタイプの人は、媚びへつらうということはあまり得意ではありません。ただ、自分がまけることは嫌いな為、最初から勝てないと思っている相手に対しては、怒りをあらわにすることがありません。そのような点では、相手をよく見ていると言えるでしょう。

キレる人やキレやすい女性の性格⑥ストレスを溜めやすい

眉間を抑える女性

キレる人やキレやすい女性の性格の6つ目は、『ストレスを溜めやすい』です。細かなことが気になる分、ストレスは大変溜めやすい性格と言えるでしょう。また、このタイプの人はストレスを溜めやすい性格をしていますが、ストレスを発散させることはあまり得意ではありません。どんどん溜め込んでしまう傾向があります。

ストレスを溜めるという行為には、限界があります。その限界を超えると大変なことになります。限界を超えた時の症状について興味がある方は、こちらをご覧下さい。

関連記事

ストレスが限界を超えるとどうなる?起こり得る症状とストレス発散法

そのストレス、限界を超えると大変なことになることをご存知ですか? 仕事

Thumb no image

キレる人やキレやすい女性の性格⑦感情の起伏が激しい

怒る女性

キレる人やキレやすい女性の性格の7つ目は、『感情の起伏が激しい』です。これは先ほどご紹介した「ストレスを溜めやすい」が原因になっています。ストレスを発散させることはあまり得意ではない為、溜まりすぎたストレスが感情の起伏となって発散されているのです。キレやすいというのも、この性格が原因と言えます。

キレる人やキレやすい女性の性格⑧謝らない

拒否する女性

キレる人やキレやすい女性の性格の8つ目は、『謝らない』です。自分は絶対に間違うわけがない、と思っているからです。もし本当に自分が間違っていたとしても、その間違いを認めることはあまりないでしょう。自分以外の外的要因でそのようになった、と考えます。自分に非があったわけではない、と思っているのです。

キレやすい度の診断方法は?

キレやすい度の診断方法①ストレス解消法の数

芝生に寝転ぶ女性

キレやすい度の診断方法の1つ目は、『ストレス解消法の数』です。生きている限り、何らかのストレスは溜まります。ストレスを感じないようにするのではなく、そのストレスをいかに上手に解消するかが大切です。自分なりのストレス解消法をほとんど持っていない人は、ストレスが溜まる一方なので、高いと言えるでしょう。

キレやすい度の診断方法②キャパシティの自覚度

マルチタスクをする男性

キレやすい度の診断方法の2つ目は、『キャパシティの自覚度』です。人にはそれぞれ異なったキャパシティがあります。そのキャパシティを超えた量の仕事や問題を抱え込んでしまうと、それらがストレスになります。自分のキャパシティをしっかり把握できていない人は多く抱え込む傾向がある為、キレやすくなります。

キレやすい人の周囲からの印象は?

すぐ怒る人や短気な人の周囲からの印象①扱いにくい

睨む女性

すぐ怒る人や短気な人の周囲からの印象の1つ目は、『扱いにくい』です。すぐ怒る人や短気な人は、一度怒りを爆発させるとすっきりします。ですが、周囲の人たちはそんな風に割り切れるのものではありません。穏便に話をしたくてもタイミングがわかりにくい為、扱いにくい人だと思っていることが多くあります。

すぐ怒る人や短気な人の周囲からの印象②かかわりたくない

無視する女性

すぐ怒る人や短気な人の周囲からの印象の2つ目は、『かかわりたくない』です。怒られて喜ぶ人は、あまり多くないでしょう。不愉快な思いをしたくない、と思っています。ですが、こちらが穏便に話しかけても怒りだすことがあります。そのような思いをするくらいならかかわりたくない、と思っている人はかなり多くいます。

すぐ怒る人や短気な人の周囲からの印象③忙しそう

パソコンを使う人

すぐ怒る人や短気な人の周囲からの印象の3つ目は、『忙しそう』です。このタイプの人は、いつもたくさんの仕事を抱えています。もしかすると、休憩時間も仕事をしていたり、連日残業をしていたりもするでしょう。そのような状況を周囲の人たちはよく見ています。その為、「いつも忙しそうな人」と思っている人もいます。

キレやすい性格の改善方法6選

すぐ怒る・キレやすい性格を治す方法①自覚する

自分を見つめる女性

すぐ怒る性格やキレやすい性格を治す方法の1つ目は、『自覚する』です。まずは、自分がすぐに怒る性格やキレやすい性格である、ということを自覚しましょう。これは性格の問題です。性格は、自覚して本気で「治そう」と思わない限り、そう簡単には改善されません。自分で自分の性格を自覚することが、改善の第一歩です。

すぐ怒る・キレやすい性格を治す方法②原因を知る

考える女性

すぐ怒る性格やキレやすい性格を治す方法の2つ目は、『原因を知る』です。自分の性格を自覚できたら、今度は原因を知りましょう。原因もなく、怒りの感情が湧き上がってくるということはありません。必ず、何らかの原因があります。その原因を解明して根本を解決しない限り、性格を治すことは難しいと言えるでしょう。

すぐ怒る・キレやすい性格を治す方法③自分のキャパシティを把握する

働く女性

すぐ怒る性格やキレやすい性格を治す方法の3つ目は、『自分のキャパシティを把握する』です。人にはそれぞれキャパシティがあります。自分のキャパシティ以上の仕事や問題を抱え込むと、それがストレスとなって怒りの感情が湧き上がりやすくなります。自分のキャパシティを正しく把握し、見合った量を引き受けましょう。

すぐ怒る・キレやすい性格を治す方法④睡眠時間を増やす

眠る男性

すぐ怒る性格やキレやすい性格を治す方法の4つ目は、『睡眠時間を増やす』です。睡眠時間が少ないと、感情のコントロールが難しくなります。また、自分にとって最善の判断もできなくなる為、不愉快な出来事が多くなります。不愉快な出来事は怒りを生み出します。睡眠時間を増やして、思考の働きを良くしましょう。

すぐ怒る・キレやすい性格を治す方法⑤趣味を見つける

サーフィンをする男性

すぐ怒る性格やキレやすい性格を治す方法の5つ目は、『趣味を見つける』です。あなたなりの趣味を見つけましょう。「楽しい」と感じられることを探してください。趣味に打ち込むことは、ストレス発散になります。ストレスが発散されれば感情のコントロールもできるようになり、すぐ怒る性格も改善されていくでしょう。

すぐ怒る・キレやすい性格を治す方法⑥「ま、いいか」を口癖にする

のんびりする女性

すぐ怒る性格やキレやすい性格を治す方法の6つ目は、『「ま、いいか」を口癖にする』です。思い通りにいかなくてイライラしてきたら、はっきり声に出して「ま、いいか」と言ってみてください。すると、心にゆとりができてイライラが収まります。「ま、いいか」を口癖にすることで、怒りやすい性格も治っていくでしょう。

キレやすい人の見抜き方は?

すぐ怒る人やキレやすい人の見抜き方①口角が下がっている

こめかみを抑える女性

すぐ怒る人やキレやすい人の見抜き方の1つ目は、『口角が下がっている』です。口角が下がっている人は、それだけストレスや怒りの感情が溜まっている人です。上手に自分の中で解消できていないのです。また、感情のコントロールが苦手なサインでもあります。口角が下がっている場合は、その可能性が高くなります。

すぐ怒る人やキレやすい人の見抜き方②眉間にしわが寄っている

眉間にしわを寄せた女性

すぐ怒る人やキレやすい人の見抜き方の2つ目は、『眉間にしわが寄っている』です。眉間にしわが寄るのも、1つ目でご紹介した「口角が下がっている」と同じ理由です。ストレスや怒りの感情がかなり溜まっているのです。もしかすると、爆発寸前かもしれません。口角と同様に、眉間も合わせて注目してみると良いでしょう。

すぐ怒る人やキレやすい人の見抜き方③ため息が多い

目がうつろな女性

すぐ怒る人やキレやすい人の見抜き方の3つ目は、『ため息が多い』です。ため息が多いのは、ストレスが溜まっているサインです。怒りでストレスを発散させたい気持ちを無理やり抑えると、それはため息となって外へ出ていきます。怒りを抑え込んでいることで、ストレスも2倍になっている可能性がある、ということです。

キレやすい人との上手な付き合い方は?

怒鳴る・キレやすい人との上手な付き合い方①関わらない

無視する男性

怒鳴る人やキレやすい人との上手な付き合い方の1つ目は、『関わらない』です。このタイプの人は、こちらがどれだけ穏やかに接しても怒りの感情をぶつけてくることがあります。あなたが不愉快な経験をするだけになることも多い為、関わりあいにならなくても良いのなら、関わらないようにした方が良いでしょう。

怒鳴る・キレやすい人との上手な付き合い方②適当に聞き流す

一方的に話しをする女性

怒鳴る人やキレやすい人との上手な付き合い方の2つ目は、『適当に聞き流す』です。このタイプの人の怒りは、瞬間湯沸かし器のようなものです。怒りの感情をあらわにして発する言葉に、意味はありません。言った後で本人が忘れている、という可能性も高くなります。大人な対応ができるのなら、適当に聞き流しましょう。

キレやすい人はそれだけ自分に無理をさせている人

電卓を使う人

キレやすい人は、それだけ自分に無理をさせている人です。ただ、自分で自分に無理をさせている、という自覚はあまりありません。また、自分がキレやすいという自覚もないかもしれません。もし、はっきり言える立場にあるのなら、本人の為にも教えてあげると良いかもしれません。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード