Icon search 36px

電話をかけてくる男性の心理5選

電話をかけてくる男性の心理①話したい

歩きスマホをする男性

電話をかけてくる男性の心理一つ目は、話したいというものです。男性は、相手の女性と話したくて電話をかけるのです。プライベートな時間を使って話したいと思うくらいですから、好意を持たれていると考えて間違いありません。

電話をかけてくる男性の心理②暇つぶしがしたい

電話をする男性

電話をかけてくる男性の心理二つ目は、暇つぶしがしたいというものです。ただ暇だからという理由だけで電話をかける男性もいます。この時の男性は、相手が誰でも良いと考えていることがほとんどです。自分の暇な時間を解消してくれるなら、同性でも異性でも構わないと思っています。

電話をかけてくる男性の心理③仲良くなりたい

男性の後ろ姿

電話をかけてくる男性の心理三つ目は、仲良くなりたいというものです。相手の女性と仲良くなりたいという理由で電話をかける男性もいます。仲良くなるにも色々な方法がありますが、電話をかけるのが最も手っ取り早いためです。直接会って話すことが難しくても、電話なら色々なしがらみから解放されることができます。

夜遅い時間でも、二人の時間が許す限りは話すことができるでしょう。また、周りの目が気になるという人でも電話なら何も考える必要はありません。人と仲良くなる上において通話は欠かせないものなのです。

電話をかけてくる男性の心理④寂しい

スマホをいじる手

電話をかけてくる男性の心理四つ目は、寂しいというものです。一人でいる寂しい時間に耐えることができなくなって電話をかける男性もいます。一人で過ごすのは虚しいものですが、電話で他人と時間を共有するだけで心は和らぐものです。特に寂しがり屋な男性は、手当たり次第に電話をかける習性を持っています。

以下に関連記事として、酔って電話してくる人の心理についてまとめられているものがあります。寂しいと言いながらお酒に酔っ払った状態で電話をかけてくる人は何を考えているのでしょうか。この記事を読めば、その心理がわかるはずです。酒に酔って電話をかけてくる男性の心理が知りたいあなたは必見です。

関連記事

酔って電話してくる人の心理10選!酔っ払い相手への対処法5選も

酔っている方から電話が突然掛かってきたという経験がある方はいませんか。

Small thumb shutterstock 1058844371

電話をかけてくる男性の心理⑤好きな人からも電話をしてほしい

スマホを見る人

電話をかけてくる男性の心理五つ目は、好きな人からも電話をしてほしいというものです。いつも電話をかけてくる男性は、相手のことが好きで、たまには電話を自主的にかけてきてほしいと考えています。自分から電話をかける頻度を高くすることで、通話を習慣化させて相手が電話したいと思うようになるのを待っているのです。

長電話に付き合ってくれる男性の心理5選

長電話に付き合ってくれる男性の心理①相手のことを知りたい

電話する女性

長電話に付き合ってくれる男性の心理一つ目は、相手のことを知りたいというものです。長電話をすることによって、確実に相手との距離は縮まることとなります。多くの会話をすることで、これまで知らなかった相手の側面に気づくこともできるでしょう。つまり男性が長電話に付き合ってくれるのは、相手に興味があるからです。

長電話に付き合ってくれる男性の心理②彼氏になりたい

楽しそうな男性

長電話に付き合ってくれる男性の心理二つ目は、彼氏になりたいというものです。付き合いたい女性がいると、男性はなんとかしてその心を射止めようとします。そのために、長電話に付き合うことによって自分の懐の深さをアピールすることがあります。興味のない話でも熱心に聞くことによって好意をアピールするのです。

長電話に付き合ってくれる男性の心理③相手の時間を多く占有したい

くつろぐ男性

長電話に付き合ってくれる男性の心理三つ目は、相手の時間を多く占有したいというものです。男性は女性のプライベートの時間を長く自分が占有することによって特別感を味わおうとする傾向にあります。限られた時間を自分に多く咲いてくれることは、男性にとって嬉しくもあり誇らしいことでもあるのです。

長電話に付き合ってくれる男性の心理④好きな人から電話がきて嬉しい

電話をする女性

長電話に付き合ってくれる男性の心理四つ目は、好きな人から電話がきて嬉しいというものです。男性にとって好きな人から電話がくるというのはこの上なく嬉しいことです。そんなチャンスがあれば、たとえ忙しくても電話を切ろうとはせず、長電話に付き合おうとするでしょう。つまり長電話に付き合うのは脈ありだからです。

いくら次の日に予定があろうと、好きな人から電話がきた限りは何とかして長電話を続けようとするものでしょう。普段は長電話をしないという男性でも、好きな人から電話がきた場合は例外です。それをなんとかして恋のチャンスにつなげようとするのも不思議なことではないでしょう。

長電話に付き合ってくれる男性の心理⑤寝る前など一人の時間を共有したい

くつろいでいる男性

長電話に付き合ってくれる男性の心理五つ目は、寝る前など一人の時間を共有したいというものです。寝る前というのは、どこか孤独感を感じる時間帯です。ベッドに入ってからしばらく寝ることができないという人もいます。そこで電話をすることによって暇つぶしになる上、だれかと繋がっているという安心感を得られるのです。

それが目的で、寝る前の長電話に付き合おうとする男性は多く存在します。男性でも孤独感を強く感じやすい人はいますし、どこか心細くなることもあるものです。そこで暇つぶしがてら通話をすることは、精神の安寧を得ることにつながります。

電話中の男性の脈ありサイン5選

電話中の男性の脈ありサイン①切りたがらない

笑顔の女性

電話中の男性の脈ありサイン一つ目は、切りたがらないということです。男性が相手の女性に脈ありの場合、電話を切ろうとしません。できる限り通話を続けていたいというのが、男性の正直な気持ちです。そのため、好きな人との電話は、相手から申し出られない限り切ることなく続けようとするでしょう。

電話中の男性の脈ありサイン②他の人とは電話しない

笑顔の女性

電話中の男性の脈ありサイン二つ目は、他の人とは電話しないということです。男性が気になる女性と電話をするとき、相手に対して特別であるということを伝えようとします。わざわざ「ほかの人とは電話をしない」ということをアピールしようとすることもあるでしょう。

普段ほかの人と電話をすることなどないというような発言が彼から聞かれたら、それは脈ありのサインだと思ってほぼ間違いありません。この嬉しい発言が聞かれたときは、恋のチャンスだと言えます。

電話中の男性の脈ありサイン③付き合ってないのによく話を聞いてくれる

黄色いバスと男性

電話中の男性の脈ありサイン三つ目は、付き合ってないのによく話を聞いてくれるということです。男性は脈ありの女性の話だと積極的に聞こうとします。普段は他人に興味のない男性でも、相手が好きな場合は別です。話を聞くことで好意があるというアピールや話を聞くことのできる男性であるというアピールにしようとします。

電話中の男性の脈ありサイン④自慢話をしてくる

パソコンを見る女性

電話中の男性の脈ありサイン四つ目は、自慢話をしてくるということです。男性は脈ありの女性に対し、自分のできるところ、すごいところをアピールしようとします。そのために、なんでもない電話での会話の最中に自慢話を織り交ぜることがあります。自慢話をすることによって、相手に好きになってもらおうとしているのです。

電話中の男性の脈ありサイン⑤寝る前に電話をかけてきてよく喋る

楽しそうにする女性

電話中の男性の脈ありサイン五つ目は、寝る前に電話をかけてきてよく喋るということです。寝る前に電話をかけてくるということは、それだけあなたのことが気になっているという証拠です。どちらかが寝落ちするまで通話することで、まるで恋人のような気分に浸れるでしょう。

また、寝る前に電話をかけてきて言葉数が多く積極的に話を続けようとするのは、間違いなく脈ありのサインとみてよいでしょう。口では単なる寝る前の暇つぶしと言っていたとしても、その実は好意のサインであると考えられます。

以下に関連記事として、電話で緊張をしなくなるコツと実践方法についてまとめられているものがあります。男性と電話をする際、どうしても緊張をしてしまうというあなたは必見です。これを読むことによって、好きな男性とも緊張することなくいつもどおりの自分で話すことができるようになるでしょう。

関連記事

電話で緊張しなくなる5つのコツと実践法

慣れないうちは、緊張からこんな惨めな電話を繰り返してしまい、私って社会

Thumb no image

電話が嫌いな男性の心理は?

電話が嫌いな男性の心理①誤解が生じるから

不満そうな女性

電話が嫌いな男性の心理一つ目は、誤解が生じるからです。直接会って話す場合は相手の表情なども見えるため、誤解が生じにくくなります。しかし、電話だと相手との間に誤解が生まれてしまう可能性が高くなります。思っていることと別の伝わり方をしてしまうことで、相手との関係が悪化してしまうのは悲しいことです。

電話が嫌いな男性の心理②暇つぶし以外ではただ時間が奪われるから

コーヒーを飲む男性

電話が嫌いな男性の心理二つ目は、暇つぶし以外ではただ時間が奪われるからです。メールと違って電話は、貴重な一人の時間が奪われてしまうこととなります。一定時間を削られることに耐えられないという男性は、電話をしようとは思えないでしょう。特に忙しい人にとって他人と電話をするのは好ましいことではありません。

好きな人と電話で話す時に気をつけたいことは?

好きな人と電話で話す時に気をつけたいこと①相手の迷惑でないかどうか

スマホをいじる女性

好きな人と電話で話す時に気をつけたいこと一つ目は、相手の迷惑でないかどうかです。まず、電話をする時間帯が迷惑ではないかどうか、いつまでも切らないことが相手にとって負担になってしまっていないかどうかを確かめましょう。何も言わなくても、相手が迷惑に思っている可能性は考えられるものです。

好きな人と電話で話す時に気をつけたいこと②自分の話ばかりしない

電話をしながら歩く女性

好きな人と電話で話す時に気をつけたいこと二つ目は、自分の話ばかりしないようにすることです。自分の話ばかりする人は、相手に良い印象を持たれません。自己顕示欲が強いのだと敬遠されてしまうことにもなるでしょう。そうなってしまわないよう、好きな人と電話で話すときは自分の話は控えめにしておきましょう。

電話をかけてくる男性の心理を知ろう!

電話をかけてくる男性が何を考えているのか分からなかったという人も、この記事を読むことで理解ができたのではないでしょうか。自分によく電話をかけてくる男性が暇つぶしなどのうちどの心理から行動に出ているのか推測を立てることで、これから相手とどのように付き合っていくべきかを考えることもできるでしょう。

例えば、好きな人から電話をかけてくることから自分に脈ありであることが確認できたなら、これからより積極的になって付き合うことを目指すのみです。電話をかけてくる男性の心理を知って、これからの人付き合いに役立ててくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード