Icon search 36px

食事に誘う男性心理16選

食事に誘う男性心理①関係性を発展させたい

食事する2人

食事に誘う男性心理の1つ目は、関係性を発展させたいという気持ちです。今よりも意中の女性と深い関係性を築きたいと考える場合、会話ができない映画や、アルコールで真面目な話をしても信用してもらえない飲みよりも、食事に誘おうとします。それは本当の自分のままで相手と真剣な話をする機会を持ちたいと思うからです。

食事に誘う男性心理②男女関係のスタート地点に立ちたいと思っている

デートする2人

食事に誘う男性心理の2つ目は、男女関係のスタート地点に立ちたいと思っていることです。男性は女性を2人きりの食事に誘い、それがOKであれば男女関係のスタート地点に立てると思っている場合が多く、そこからより深い関係に発展させたいと思うものなのです。そのため「まずは食事に」という気持ちで異性を誘います。

食事に誘う男性心理③恋愛関係に発展させたい

ハートのカップル

食事に誘う男性心理の3つ目は、恋愛関係に発展させたいという気持ちです。好きな女性と恋愛関係に発展させたいと思った時に男性はどうすれば恋愛関係になれるかということを真剣に考えますが、その一つの有効な手段として食事に誘うことを考えます。美味しいものを食べながら話をすることで人はより親密になれるのです。

ちなみに女性としては、男性がどのような気持ちで食事に誘ってくるのかをしっかり把握しておきたいものです。下記の関連記事は付き合う前に食事をはじめとしたデートに誘う男性心理が詳しく紹介されているおすすめの内容です。デートに誘われる前に読んでみてください。

関連記事

付き合う前のデートの男性心理10選!初デート中や告白前の男心は?

初デート中や告白前の男心が知りたくありませんか?この記事では、付き合う

Small thumb shutterstock 249649327

食事に誘う男性心理④相手のことをもっと知りたい

話しをする2人

食事に誘う男性心理の4つ目は、相手のことをもっと知りたいという気持ちです。相手に対して好意がある時に、少しでも多く相手のことを知りたいと考えた時に、自分の聞きたいことを聞きやすい2人きりの食事に誘おうと考えるものなのです。

食事に誘う男性心理⑤2人きりの会話から映画等共通の趣味や話題を探りたい

映画を観る2人

食事に誘う男性心理の5つ目は、2人きりの会話から映画等共通の趣味や話題を探りたいという気持ちです。食事に誘い、共通の趣味や相手が好きなことを探り出すことで、相手を次のデートに誘いやすくなります。2人の時間が長いほど、恋愛に発展させるチャンスは多くなるものです。

食事に誘う男性心理⑥食事の後飲みにも繋げてその後の展開も期待している

バーの風景

食事に誘う男性心理の6つ目は、食事の後飲みにも繋げてその後の展開も期待しているという気持ちです。男性が食事を誘う時には下心がある場合も少なくありません。特に食事の後に飲みに誘い、その後の展開を期待している男性もいますので食事に誘われた時には相手により隙を見せないよう意識することが大切です。

食事に誘う男性心理⑦相手に好意を持って欲しい

カフェの女性

食事に誘う男性心理の7つ目は、相手に好意を持って欲しいという気持ちです。食事に誘う男性は、食事で自分のことを色々とアピールしながら相手に好感を持って欲しいと思っています。よくしゃべり、相手の話を聞かない男は敬遠されるものですが、承認欲の強い男性は食事に誘う時にこういう欲求を持つ傾向にあります。

食事に誘う男性心理⑧好きな人と長く同じ時間を過ごしたい

仲のいいカップル

食事に誘う男性心理の8つ目は好きな人と長く同じ時間を過ごしたいという気持ちです。本当に相手のことが好きであれば、好きな人と一緒にいるだけで幸せだと思うものです。そのため、相手との時間を共有するきっかけにするために食事に誘うのです。食事に誘う場合の男性心理には、少なからずこの要素が常に含まれています。

食事に誘う男性心理⑨好きな人と良好なコミュニケーションを持ちたい

振り返る女性

食事に誘う男性心理の9つ目は、好きな人と良好なコミュニケーションを持ちたいという気持ちです。食事では日常生活と違うコミュニケーションをとることができますし、はじめての2人きりの食事では初々しい空気の中でコミュニケーションをとることができます。

食事に誘う男性心理⑩好意のある相手と2人きりの時間を持ちたい

食事の風景

食事に誘う男性心理の10個目は、好意のある相手と2人きりの時間を持ちたいという気持ちです。映画等でも2人きりにはなれますが、食事であれば個室をとれば本当に2人だけの空間にいることもできます。また他のデートに比べれば女性もOKしやすい内容であると言えます。

食事に誘う男性心理⑪気の合う人と楽しい時間を過ごしたい

2人での仕事

食事に誘う男性心理の11個目は、気の合う人と楽しい時間を過ごしたいという気持ちです。男性が食事に誘う場合に、恋愛感情がない場合もあります。ただしその場合でも少なからず相手には好意はあるので、親しみを持っている相手と楽しい時間を過ごしたいと思い、食事に誘うケースもあるのです。

食事に誘う男性心理⑫好きな相手との思い出を作りたい

2人のカップル

食事に誘う男性心理の12個目は、好きな相手との思い出を作りたいという気持ちです。普段行かないような高級レストランや、普段行かない相手との食事はそれ自体が思い出になりますし、一緒に行った相手が好きな人であれば、当然特別な思い出になるものです。

食事に誘う男性心理⑬自分の存在をアピールしたい

笑顔の女性

食事に誘う男性心理の13個目は、自分の存在をアピールしたいという気持ちです。相手が自分のことをまったく意識していないなと感じるような状況である場合、まずは相手に自分のことを意識して欲しいという欲求があるものです。そういった場合に相手に存在をアピールしようとして、食事に誘うのです。

食事に誘う男性心理⑭相手に特別な存在だと認識させたい

笑顔の女性

食事に誘う男性心理の14個目は、相手に特別な存在だと認識させたいという気持ちです。男性から見れば、自分と2人きりで食事に行く女性は特別な存在であり、相手に対してもそう思って欲しいという心理が、食事に誘う時には芽生えているものなのです。

食事に誘う男性心理⑮異性に対して恰好つけたい

2人での仕事

食事に誘う男性心理の15個目は、異性に対して恰好つけたいという気持ちです。食事では高い店に誘うだけでも自分の経済力をアピールすることになりますし、食事のシーンで相手をエスコートするこで恰好つけることもできます。

食事に誘う男性心理⑯日頃から寂しいと思っている

寂しがる男性

食事に誘う男性心理の16個目は、日頃から寂しいと思っている気持ちです。日頃から寂しいと思っている状況では、その寂しさを埋めるために食事に誘おうと思うこともあります。

そもそも恋人が欲しいという気持ちにも、寂しさが潜んでいることも少なくありません。食事に誘う深層心理には寂しさが潜んでいる可能性が高いと言えます。

食事に誘われた時の女性心理は?

食事に誘われる時の女性心理①食事だけならいいと思っている

レジの風景

食事に誘われる時の女性心理の1つ目は、食事だけならいいと思っている気持ちです。まず理解しておきたいのは、男性と女性が2人で食事に行く時に、それぞれの気持ちに非常に温度差があることです。男性は女性との恋愛関係への発展を願って食事をしようとしますが、女性はあくまでもただ食事に行くだけ、という認識です。

もちろん状況によって違うこともありますし、また個人差もあるのですが基本的に男性は食事に対して期待し過ぎる心理傾向にあり、逆に女性は非常に冷静に食事に臨む傾向にあります。ただし女性側も相手の男性のことを慕っている場合にはこの限りではありません。もちろん女性も前のめりな気持ちで食事に臨むことになります。

食事に誘われる時の女性心理②デートや飲みなど先はないと思っている

2人での仕事

食事に誘われる時の女性心理の2つ目は、デートや飲みなど先はないと思っていることです。基本的に男性も女性も相手に対して恋愛感情があれば、食事の後もお互いに時間を一緒に過ごしたいと感じて飲みなどに行くことになりますが、そういった気持ちがなければ基本的にその先はありません。

男性が女性から食事に誘われることがあれば、お酒が嫌い・飲めないなどの特段の事情がない限りその後の飲みにOKする可能性は高いのですが、逆に女性は基本的に相手に一定以上の感情がなければ勘違いされるのが嫌で、一緒に時間を過ごすのも嫌なので飲みにはOKしません。

ただし、特別しゃべるのが好きな女性で、相手が誰でもいいからとにかくしゃべりたい、などという場合には食事や飲みの種別に関係なくOKし、相手に対してマシンガンのようにしゃべり続けることになります。このようなイレギュラーもありますが、基本的に女性の方が飲みにはOKしづらいものだと認識しておきましょう。

食事に誘われる時の女性心理③脈がある場合は女性からの提案が多い

笑顔の女性

食事に誘われる時の女性心理の3つ目は、脈がある場合は女性からの提案が多いことです。昔であれば女性は待つものだという傾向が強かったのですが「草食系男子」という言葉が出てくるようになってから女性からアプローチをすることも増えました。そのため脈がある場合には女性から食事に誘うことが多くなっています。

もちろん恋愛は駆け引きなので女性が気のある男性からの食事への誘いを待っていることも少なくありませんが、女性から誘うことも多くなっています。男性の場合はちょっと好きな場合に軽い気持ちで食事に誘うことも少なくありませんが、女性が食事に誘う場合には脈がある可能性が男性から誘う場合よりも高い傾向にあります。

食事以外で女性を誘う男性心理は?

食事以外で女性を誘う男性心理①映画の場合は2人きりの時間の共有が目的

映画館の風景

食事以外で女性を誘う男性心理の1つ目は、映画の場合は2人きりの時間の共有が目的です。食事の場合は相手と必ず何か話をしなければなりませんが、映画の場合は特に会話をしなくても2人で過ごすことができ、時間も過ぎていくことになります。口下手な人が、好意のある異性と時間を共有するのに映画はうってつけなのです。

そのため、男性側の心理としては「相手に気はあるけれども、告白まではちょっとな」と思っているような段階でも映画は誘いやすく、また女性も好きな作品や気になる作品を見に行くだけなのでOKしやすい傾向にあります。映画は比較的下心や計算なく恋愛の初期の段階からお互いに気を許しやすいデート方法であると言えます。

食事以外で女性を誘う男性心理②飲みへの誘いは食事よりも気軽に考えている

サングリアの風景

食事以外で女性を誘う男性心理の2つ目は、飲みへの誘いは食事よりも気軽に考えている傾向があります。例えば高級レストランに改まって食事に誘う場合にはその食事というイベントに対して男性は特別な意味を持たせようとしていますが、ちょっと居酒屋に飲みに行く場合や、バーに飲みに誘う場合には意味合いが違ってきます。

食事の場合は恋愛関係を発展させるためのデートという認識が強いイベントですが、それに対して飲みは相手とコミュニケーションをとりたい、といった軽いものである場合が少なくありません。

そのため、男性からの飲みだけの誘いの場合は、気がない場合に隙を見せないなどの気構えは必要ですが、気軽に受けて問題ないことが多いものなのです。ただし、露骨に先を見据えて計算高く飲みに誘うような危ない男性も世の中にはいるので、注意が必要です。

男性が食事に誘う女性の特徴は?

男性が食事に誘う女性の特徴①今後絡みが増えてくる好意のある女性

笑顔の女性

男性が食事に誘う女性の特徴の1つ目は、今後絡みが増えてくる好意のある女性です。まず男性は好意のない女性を食事に誘おうとは思いません。特に2人きりの食事に誘う場合には、相手に何らかの好意がある場合に限られてきます。

稀にビジネス色が明白に強い会食もありますが、逆に男女2人にならないよう気を遣う場合も少なくありません。例えば、女性の社長を会食に招待する場合には、こちら側が男性1人にならないようにしたり、逆にこちら側が1人であれば相手方が2人以上にするなどの配慮をする場合が珍しくありません。

そのため、もしもどのような状況であっても男女2人きりの食事に女性が誘われるという状況は、その食事については好意の表れであり、また恋愛感情が0ではなく、少しでも脈ありであることを示していると言っても過言ではありません。邪推は厳禁ですが、男性側がこちら側に何らの好意があると認識しておきましょう。

男性が食事に誘う女性の特徴②恋愛関係に発展したいと願う女性

カフェの女性

男性が食事に誘う女性の特徴の2つ目は、恋愛関係に発展したいと願う女性です。男性が「もしかしたら脈があるかも」「もしかしたら自分に対して好意を抱いてくれているかも」と思ったら食事に誘うことが少なくありません。男性自身が相手の女性に好意があっても、脈なしだと思う状況で食事に誘う可能性は低くなります。

男性に誘われた時の対処法は?

男性に誘われた時の対処法①嫌な相手の場合は食事だけだと念を押す

拒否する女性

男性に誘われた時の対処法の1つ目は、嫌な相手の場合は食事だけだと念を押すことです。もちろん本当に嫌なら食事自体お断りすればいいのですが、どうしても食事は断れないような状況や関係性も想定されます。そのような場合に男性から食事に誘われてしまった場合には、食事だけであることに念を押しましょう。

また、危険を感じるような場合には「私はお酒が飲めないので」「9時までには家に帰らないといけないので」といった形で、2次会以降を拒否する旨も伝えておくと良いでしょう。

男性に誘われた時の対処法②「他には誰を誘おうか?」と切り出してみる

振り向く女性

男性に誘われた時の対処法の2つ目は、「他には誰を誘おうか?」と切り出してみることです。2人きりの食事である場合と、何人かで食事に行く場合には雰囲気も会話の内容も大きく変わってきます。そのため、このように切り出して2人きりの食事を回避することで、相手がデートだという認識を持つことを回避できます。

女性から男性を食事に誘う方法は?

女性から男性を食事に誘う方法①2人きりで提案し無理なら切り替える

紳士的な男性

女性から男性を食事に誘う方法の1つ目は、2人きりで提案し無理なら切り替えることです。男性が女性を誘うよりも、女性が男性を誘う方が成功率は高いと言えるのですが、それでも日頃から相手との関係性が築けていないと断られることもあります。

そのため最初は気軽に「良かったら2人で食事でもどうですか?」と提案をしつつ相手が難色を示すような状況であれば「あ、だったらみんなでいきましょうか」と明るく切り替えると相手も安心し、その後の展開に期待を持つこともできます。道が閉ざされないよう切り替えも準備して誘うのがベターです。

女性から男性を食事に誘う方法②急に当日誘う

談話する会社員

女性から男性を食事に誘う方法の2つ目は、急に当日誘うことです。女性側からすると、普段2人きりで食事に行かない人から急に当日食事に誘われるというのは抵抗があるものですが、男性は女性に比べるとそういうことに抵抗がありません。

そのため「今日この後用事ある?」と聞き予定がない旨を確認できたら「良かったら食事に行かない?」と切り出してみると、身構えつつ食事に誘うよりも成功率が高くなります。相手もびっくりして断るタイミングを失ってしまうのです。女性から男性に対しては、このような誘い方も有効です。

食事からデートに繋げる方法は?

食事からデートに繋げる方法①映画等共通の趣味を模索し盛り上げておく

映画の風景

食事からデートに繋げる方法の1つ目は、映画等共通の趣味を模索し盛り上げておくことです。食事からデートに繋げる場合、相手もそれを期待しているような状況や関係性であればいいのですが、そういう関係性に至っていない場合には共通の趣味をリサーチしておくことが大切です。

その中でも映画は様々な作品があり、好きな作品や俳優女優など、共通点を見出しやすくなっています。事前にそういう話で盛り上がっておくことで、デートに繋げやすくなりますので、この点は意識しておきましょう。

食事からデートに繋げる方法②友達の協力を仰ぐ

大学生たちの風景

食事からデートに繋げる方法の2つ目は、友達の協力を仰ぐことです。共通の友達がいるなら、その友達の協力を仰ぐことでデートに繋げやすくなります。例えば相手に自分のことをプッシュしてもらったり、最初は一緒に食事やデートをしつつ、2人きりの状態を作ってもらうようなことも可能です。

食事に誘う男性心理を理解してコミュニケーションに役立てよう!

食事に誘う男性心理は、女性に対する何らかの好意が基本になります。そのため、相手が嫌な男性じゃなければ誘いに乗ることで美味しい食事や楽しい時間が期待できます。ここで紹介した男性心理や、嫌な時の対応方法などを今後の男性とのコミュニケーションに活用し、恋愛やデートを楽しむのに役立ててもらえたらと思います!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード