Icon search 36px

ライバル視する人の心理・理由5選!

ライバル視する人の心理と理由①誰にも負けたくない

睨む男性

ライバル視する人の心理と理由一つ目は、誰にも負けたくないからです。他人をすぐにライバル視する人は、負けたくないという気持ちが強い傾向にあります。どんな相手にも負けたくないという強い気持ちを持っているため、周りにいる人全員がライバルに見えるのです。

ライバル視する人の心理と理由②自分を成長させたい

睨み合う

ライバル視する人の心理と理由二つ目は、自分を成長させたいからです。自分自身を成長させたいという向上心の強い人は、他人をライバルとして意識することによって、より上を目指そうとします。周りの人のことをライバルとして認識することで、自分をより大きく成長させることができるのです。

ライバル視する人の心理と理由③人が活躍しているのを見ると悔しい

落ち込む人

ライバル視する人の心理と理由三つ目は、人が活躍しているのを見ると悔しいからです。他人が活躍している様子を見ると、「良いな」という羨望の眼差しを向けることになるでしょう。ライバル視しやすい人は、ここからさらに悔しいという感情を持つようになるのです。この感情こそが、ライバル心を燃やすカギとなります。

ライバル視する人の心理と理由④何事も競争だと思っている

格差

ライバル視する人の心理と理由四つ目は、何事も競争だと思っているからです。他人をライバル視しがちな人は、何事も競争であると考えています。相手と競争しようと決めたわけではなくても、勝手に勝負を始めてしまうこともあります。彼らにとっては全てが負けられない戦いなのです。

ライバル視する人の心理と理由⑤置いていかれないか不安

走る人

ライバル視する人の心理と理由五つ目は、置いていかれないか不安だというものです。他人をライバル視する人は、周りに置いていかれないか常に不安を感じています。自分だけが取り残されてしまうのが嫌で、他人を敵視することによって自分もそこに必死に食らいつこうとしているのです。

ライバル視しやすい男の特徴は?

ライバル視しやすい男の特徴①向上心がある

飛び越える

ライバル視しやすい男の特徴一つ目は、向上心があるということです。他人をライバル視しやすい人は、強い向上心を持っています。目標を持ってそれに向かって努力をすることが苦ではないくらい、自分を高めたいという気持ちが誰よりも強いのです。

ライバル視しやすい男の特徴②プライドが高い

腕組みする

ライバル視しやすい男の特徴二つ目は、プライドが高いということです。他人をライバル視しやすい人はプライドが高く、自分が負けることを許せないと思っています。そのため、相手が意識していなくとも勝負心を抱くこととなるのです。

以下に関連記事として、男女別のプライドが高い人の特徴についてまとめられているものがあります。ライバル視しやすい男性の特徴の一つでもあるプライドが高いという点について、この記事を読めばその原因や心理がわかること間違いなしです。自分にもプライドが高い要素は見受けられないかチェックしてみましょう。

関連記事

【男女別】プライドが高い人の特徴10選|性格や心理・高すぎる原因も

プライドが高い人は扱いにくいと思っていませんか?ここではそんなプライド

Small thumb shutterstock 1156720144

ライバル視しやすい男の特徴③仕事ができる

お金を数える

ライバル視しやすい男の特徴三つ目は、仕事ができるということです。他人をライバル視しやすい人は、向上心を強く持っていて成果を残しやすいタイプです。そのため、他人よりも仕事ができる傾向にあります。社会に出て成功するタイプと言えるでしょう。

ライバル視しやすい男の特徴④情熱的

握手する人

ライバル視しやすい男の特徴四つ目は、情熱的であるということです。他人をライバル視しやすい人は、情熱的でどんなことにも力を抜きません。そんな熱いところこそが、燃えるような闘争心につながっているのです。

ライバル視しやすい男の特徴⑤情に厚い

歩く人たち

ライバル視しやすい男の特徴五つ目は、情に厚いということです。他人をライバル視しやすい男性は、情に厚い傾向にあります。相手をライバル視しているとはいえ、どこか友情のようなものも感じていて、戦友のような眼差しを向けていることでしょう。根は悪い人ではないのが彼らの特徴です。

ライバル視しやすい女の特徴は?

ライバル視しやすい女の特徴①ストイック

クールな人

ライバル視しやすい女の特徴一つ目は、ストイックであるということです。ストイックに目標に向かって突き進むことのできる強い女性は、他人をライバル視する傾向にあります。特に同じように頑張っている相手をみると、負けたくないという気持ちが強く働くのです。

ライバル視しやすい女の特徴②勝気が強い

強そうな人

ライバル視しやすい女の特徴二つ目は、勝気が強いということです。他人をライバル視しやすい女性は、勝気が強く他人に勝ちたいという気持ちを強くもっている傾向にあります。そのため、相手に負けまいと努力し続けることができるのです。

以下に関連記事として、負けず嫌いの性格についてまとめられているものがあります。ライバル視しやすい女性の特徴の一つでもある負けず嫌いという一面について、これを読めば長所や短所なども丸わかりです。負けず嫌いの性格を知ることで、彼女たちとどう向き合っていけば良いのか判明することでしょう。

関連記事

負けず嫌いの性格11選!意味や長所や短所・女性との付き合い方も

仕事場や友人の中に負けず嫌いな人がいませんか?負けず嫌いな人ってそもそ

Small thumb shutterstock 405858694

男がライバル視する瞬間とは?

男がライバル視する瞬間①相手が自分よりも優れている時

仕事する人

男がライバル視する瞬間一つ目は、相手が自分よりも優れている時です。相手の方が自分よりも優れていることを感じたとき、男性には悔しいという感情とともに、闘争心が湧き上がってきます。その事実を認めたくないと思うあまり、ライバルとして強烈に意識することとなるのです。

男がライバル視する瞬間②他人が目立っているのを見たとき

握手

男がライバル視する瞬間二つ目は、他人が目立っているのを見たときです。目立ちたがりな男性にとって、他人が自分を差し置いて目立っていることは許せない状況です。そんな状況を目の当たりにしたとき、男性はひとたびライバル心を燃やして相手に執着します。

女がライバル視する瞬間とは?

女がライバル視する瞬間①抜けそうで抜けないとき

笑顔で握手

女がライバル視する瞬間一つ目は、相手のことを抜けそうで抜けないときです。追い越せそうで追い越せない敵は、ライバル視する人にとって張り合いの出る相手です。もう少しで追い抜かせそうなのに、と思うと、彼女たちはライバル心をさらに燃やして相手を出し抜こうと考えるようになります。

女がライバル視する瞬間②他人が相手を褒めているのを聞いた時

仕事する女性

女がライバル視する瞬間二つ目は、他人が相手を褒めているのを聞いた時です。他人が相手のことを褒めているのを聞くと、女性は闘争心を燃やすようになります。相手と自分とはどう違うのだろう、と嫉妬交じりにライバル視するようになるのです。

ライバル視される男女の特徴は?

ライバル視されやすい男女の特徴①他人より秀でている

綺麗な人

ライバル視されやすい男女の特徴一つ目は、他人より秀でているということです。他人が見たときに羨ましいと感じるような要素がなくては、ライバル視されることにはなりません。負けたくないという気持ちが沸いてくるほど羨ましくなるような側面があるから、ライバル心を燃やされやすいのです。

ライバル視されやすい男女の特徴②向上心がある

階段

ライバル視されやすい男女の特徴二つ目は、向上心があるということです。向上心をもって物事に取り組むことのできる人だからこそ、周りからライバル視されるようになるのです。ライバル視する側にとって、相手に向上心があるのとそうでないのとでは、全くもって張り合いが変わってくるでしょう。

ライバル視されやすい男女が勝手にライバル心を抱かれて困ることは?

勝手にライバル心を抱かれて困ること①ライバル視されると仲良くなれない

悩む人

勝手にライバル心を抱かれて困ること一つ目は、ライバル視されると仲良くなれないということです。ライバル視されやすい人は、相手にライバル心を燃やされてしまうと、友達として仲良くすることは難しくなってしまいます。こちらはただ相手と仲良くしたいだけなのにと思うと、なんとも言えない気持ちになることでしょう。

勝手にライバル心を抱かれて困ること②アピールがうざい

喧嘩

勝手にライバル心を抱かれて困ること二つ目は、アピールがうざいということです。自分のことをライバル視してくる相手を見ていると、競争心を煽ろうとあの手この手でアピールをしてくるのがうざったく感じるでしょう。勝負をする気などないライバル心を燃やされやすい人からすると、迷惑であるほかありません。

勝手にライバル心を抱かれて困ること③真似される

憂鬱な人

勝手にライバル心を抱かれて困ること三つ目は、真似されるということです。他人をライバル視する人は、相手のことを真似することがあります。ライバル視される人を見て自分もああなりたいという気持ちを持っている彼らは、近づことして言動や見た目を真似るのです。真似をされる側でそれを不快に感じる人は多いでしょう。

ライバル視しやすい男女に対抗心を燃やされた時の対処法は?

対抗心を燃やされた時の対処法①適当に受け流す

逃げる人

対抗心を燃やされた時の対処法一つ目は、適当に受け流すことです。ライバル視されやすいことを面倒に感じるのであれば、思い切って適当に受け流してしまいましょう。相手には悪いような気になるかもしれませんが、勝負をする気がないのに無理矢理受けて立つ必要はありません。

対抗心を燃やされた時の対処法②追いつけないところまで上り詰める

会議

対抗心を燃やされた時の対処法二つ目は、追いつけないところまで上り詰めることです。対抗心を燃やされてしまった時は、相手が自分に追いつけない遥か上まで上り詰めてしまうのも一つの方法です。ライバル心を燃やされやすい人が相手の手の届かない位置まで来ることができたら、相手はもうライバル視しなくなるはずです。

ライバル視する人の心理を知って上手に付き合おう!

周りにライバル視してくる人がいると、どうして良いものか困ってしまうでしょう。そんな時はこの記事を読むことで、ライバル視する人の心理や特徴について押さえておいてください。彼らがどのような心理からライバル心を抱いているのか知ることができたら、上手な接し方も見つかるはずです。

相手のライバル心に乗っかって自分も上を目指すのもよし、面倒だからと適当に受け流してしまうのもよし、ライバル視してくる人とは自分なりの向き合い方で接してみてください。彼らに必要以上に悩まされてしまうことのないようにしてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード