Icon search 36px




「えいと」と読む男の子の名前について!漢字一覧も

「えいと」という名前のイメージ

想像する女性

「えいと」という名前のイメージについてご紹介します。この名前は「おしゃれ」「スマートでかっこいい」というイメージを強く与えてくれます。英語の「8」の読み方を元にしているので、「8」が持つ幸運なイメージと、漢数字の「八」の末広がりで幸せなイメージも持つ名前です。

「えいと」と読む漢字!ランキングTOP10

階段をのぼる女性

「えいと」と読む漢字のランキングを、込められた意味とともにご紹介します。同じ「えいと」という読み方でも、漢字によって与える印象やイメージ、込められた願いは違ってきます。「えいと」という名前によく使われる字にはどのような意味があるのか、知識を持って名付けることが重要です。

    「えいと」と読む男の子の名前によく使われる漢字ランキング

  • 10位「詠斗」…文学の才能を持った豊かな人に
  • 9位「瑛翔」…高い目標に向かって努力できる人に
  • 8位「永斗」…周囲の人間に恵まれた人生を送るように
  • 7位「鋭仁」…人より秀でていながら思いやりを忘れない人に
  • 6位「映斗」…芸術の才能に恵まれた人に
  • 5位「永人」…頭が切れ、何事も行動で示すことができる人に
  • 4位「瑛人」…光り輝く個性を持った人に
  • 3位「栄都」…勢いがあり、周りに人が絶えない人材に
  • 2位「英斗」…多種多様な才能を発揮する優れた人材に
  • 1位「瑛斗」…意思をしっかりと持ち、努力し続ける事ができる人に

また、男の子の名前として「えいと」と同じような人気を誇る名前についての記事を載せておきます。他の名前も知りたい!という方は是非参考にしてみてください。

関連記事

男の子の名前|「ゆいと」と読む漢字190選!意味・イメージは?名付け/一覧

「ゆいと」と読む男の子の名前を名付けたいという方も多いのではないでしょ

Small thumb shutterstock 447066424

「瑛」を使った「えいと」と読む男の子の名前

「瑛」の由来や意味・イメージ:美しく輝いている

考える男女

「瑛」の由来・イメージについてご紹介します。この漢字は「輝いている」「綺麗」「美しい」といった意味を持つ「英」という漢字と、玉といういう意味の「王」が組み合わせられてできた漢字です。こういった由来から「美しく輝いている石・玉」というイメージがあります。

また「瑛」という漢字は12画なので、「どんな状況にも対応できる柔軟力を持っている」という意味も持ちます。直感的な判断が求められる分野で活躍するというイメージがついている漢字とも言えますね。

「瑛」を名前につける時の願い・思い:純粋で真っ直ぐな人に育ってほしい

願いを込める女性

「瑛」を名前につける時の願い・思いについてご紹介します。「美しい玉」から連想し、「純粋な心を持ち、人を癒やすことができる人に」「気品があり、光る個性を持った人に」「光り輝く未来を歩めるように」といった願いを込めることができます。まっすぐに育ってほしいという思いが伝わってきますね。

「瑛」を使い「えいと」と読む男の子の名前・漢字一覧 

美しい石

「瑛」を使った「えいと」と読む男の子の名前・漢字一覧をご紹介します。後ろにつける漢字によって、「輝いてほしい分野」を願うこともできます。何に秀でた人に育ってほしいか考え、後ろの字を決めると良いでしょう。

「瑛」を使った「えいと」と読む漢字

瑛豊 瑛杜 瑛仁 瑛飛
瑛心 瑛大 瑛冬 瑛和

「栄」を使った「えいと」と読む男の子の名前



「栄」の由来や意味・イメージ:明るく勢いがある

賑やかさ

「栄」の由来・イメージについてご紹介します。「栄」という漢字は、燃え盛る火・たいまつを組み合わせることからできたと言われています。赤々と燃えている炎が由来となっていることから、「明るい」「勢いがある」というイメージが強い漢字です。

また「さかえる」と読むことから、周りに人が絶えず賑やかなイメージも持つ漢字です。楽しさ、笑顔、華々しさも表現することができる漢字だと言えるでしょう。

「栄」を名前につける時の願い・思い:輝くような人に育ってほしい

笑う男女

「栄」を名前につける時の願い・思いについてご紹介します。「栄」は燃え盛る火が由来となっている漢字ですので、そこから連想し、「生き生きと輝く人になるように」「勢いがあり、さかんに光り輝く人に」「周りの人々に恵まれた、幸せな人生であるように」という願いを込めることができます。

「栄」を使い「えいと」と読む男の子の名前・漢字一覧 

賑やかな人々

「栄」を使った「えいと」と読む男の子の名前・漢字一覧をご紹介します。名前に明るく華やかな印象を持たせたいときは、この「栄」の字を使うことをおすすめします。

「栄」を使った「えいと」と読む漢字

栄一 栄采 栄絃 栄生人
栄愛 栄都 栄富 栄翔

「映」を使った「えいと」と読む男の子の名前

「映」の由来や意味・イメージ:眩しく輝くようなイメージ

太陽

「映」の由来・イメージについてご紹介します。「映」という漢字は、太陽の象徴である「日」と「央」の象形文字からできた漢字です。「央」は「首枷を着けられている人」を表しており、本来「真ん中」という意味を持つのですが、ここでは「もりあがる」という意味で使われています。

「日」と「央」の文字の意味から、「他の方面から光を受けることによって、そのものが持つ色がはっきりと盛り上がって見える」という意味になりました。光が反射して輝いている様子から、眩しく照り輝いているイメージがある漢字です。

「映」を名前につける時の願い・思い:輝く個性・才能に恵まれた人に

目立つ男性

「映」を名前につける時の願い・思いについてご紹介します。「映」という漢字のイメージから、「きらめくような才能に恵まれた人に」「キラキラと輝き、注目されるような人に」「周りの人を明るく照らすことのできるような輝きを持った人に」「芸術の才能に恵まれた人に」という願いを込めることができます。

「映」を使い「えいと」と読む男の子の名前・漢字一覧 

芸術

「映」を使って「えいと」と読む男の子の名前・漢字一覧をご紹介します。「映」の漢字は、「映像」などの言葉から芸術的な才能を願うこともできる漢字です。音楽や美術などの芸術分野に特化した人になってほしいとの願いを込める際は、是非「映」の字を使ってください。



「映」を使った「えいと」と読む漢字

映一十 映友 映土 映兎
映利 映依人 映斗 映音

知的なイメージ・印象のする「えいと」と読む男の子の名前

知的なイメージ・印象を与える漢字①「叡」

知的な男性

知的なイメージ・印象を与える漢字の1例目として「叡」をご紹介します。「叡」という漢字には、「物事・事柄の本質を深く理解し、見通す」という意味があります。奥深い知識や、何かを深く追求するというイメージから、知的な印象を与えることができる漢字だと言えるでしょう。

「特定の分野に特化した、本質を理解する人に育ってほしい」「すぐに投げ出さず、物事をとことん突き詰められる人になってほしい」といった願いを込めることができる漢字だと言えるでしょう。

知的なイメージ・印象を与える漢字②「鋭」

笑顔の男性

知的なイメージ・印象を与える漢字の2例目として「鋭」をご紹介します。これは本来は「するどい」という意味を持ちます。「鋭い」というイメージから「頭が切れる」「頭の回転がはやい」といった意味合いを持つようになったと言われています。

また、鋭の右側が「開く」という意味の「八」と「人」を表す「兄」で出来ていることから、「人が服を脱ぐ」という意味をもちます。その意味が派生し、「頭一つ抜ける」「人よりも優れている」といった意味を持つようになったと言われています。人よりも秀でた賢さを表すことができる漢字です。

知的なイメージ・印象を与える漢字③「英」

美しい花

知的なイメージ・印象を与える漢字3例目として「英」をご紹介します。「英」は本来「美しい花」という意味を持っています。その意味から「優れている」「秀でている」という意味を持ったと言われています。何かに秀でた、優秀な人材を連想させることのできる漢字です。

知的なイメージのする「えいと」と読む名前・漢字一覧 

パソコンを打つ男性

知的なイメージを持つ「えいと」と読む名前・漢字一覧をご紹介します。知的で優秀な男の子に育ってほしいとの願いを込める場合は、是非こういった漢字を使ってみてください。

知的なイメージ・印象を与える「えいと」と読む漢字

鋭人 鋭十 鋭一 叡仁
叡仁 叡人 叡友 英都
英音 英翔 英人 鋭利

力強いイメージ・印象のする「えいと」と読む男の子の名前

力強いイメージ・印象を与える漢字①「兜」

武士の銅像

力強いイメージ・印象を与える漢字として「兜」をご紹介します。「と」と読むことができる字ですが、元々の読みは「かぶと」であり、人が頭を守るためにつける防具を表します。武士が着けていたことや5月5日の端午の節句で飾られることからも、男の子らしい力強さをイメージさせることができるでしょう。

力強いイメージ・印象を与える漢字②「哉」



議論する男性2人

力強いイメージ・印象を与える漢字として「哉」をご紹介します。この漢字は「えい」の他に「や」とも読み、感嘆の感情を表すときに使われることの多い言葉です。そのことから「反対の意見や疑問を相手にぶつけることのできる、強い意思を持った人になってほしいとの願いを込めることができる漢字です。

力強いイメージ・印象を与える漢字③「翔」

空を翔ぶ鳥

力強いイメージ・印象を与える漢字として「翔」をご紹介します。この漢字は「と」と読み、人名漢字の中でも高い人気を誇っている字です。「自由に飛び回る」イメージから「高い目標に立ち向かえる強さ」「のびのびとしたたくましさ」「行動力があり、周囲から頼られる強い存在」といった印象を与えることができる漢字です。

力強いイメージのする「えいと」と読む名前・漢字一覧

強い恐竜

力強いイメージのする「えいと」と読む名前・漢字一覧をご紹介します。力強く芯のある子、困難に立ち向かえる子に育ってほしいとの願いを込めるときは、ご紹介した漢字を使ってみてください。

力強いイメージ・印象を与える「えいと」と読む漢字

英兜 映兜 栄兜 哉人
哉仁 哉音 映翔 栄翔

「えいと」と読む漢字で名前に使わない方が良い漢字

「えいと」と名付ける時使わない方が良い漢字①「止」

止める

「えいと」と名付ける時に使わない方が良い漢字として「止」があります。これは「と」と読むことができる字です。この漢字には「その場に留まる」「活動をやめる」という意味があります。これからどんどんと成長し続ける子どもの名前としてはふさわしくない漢字でしょう。

「えいと」と名付ける時使わない方が良い漢字②「影」

暗い男性

「えいと」と名付ける時に使わない方が良い漢字として「影」があります。これは「えい」と読むことのできる漢字ですが、「かげ」という読み方もできます。光に遮られてできる暗い場所というマイナスのイメージを持つ漢字です。明るいイメージは持たない漢字なので、名前にはあまりふさわしくない漢字といえるでしょう。

「えいと」と名付ける時使わない方が良い漢字③「拽」

落ち込む男性

「えいと」と名付ける時に使わない方が良い漢字として「拽」があります。この漢字は「投げる」「ほうりなげる」または「引きずる」という意味を持つ漢字です。「投げる」という意味には温かさはありませんし、「引きずる」という意味には前に進むイメージがありません。子供の名前にはふさわしくない字でしょう。

大人気の「えいと」という名前 使用する漢字で個性を表現しましょう!

「えいと」という名前は、響きのスマートさから近年人気が出ている名前です。もしかすると、読み方が被ってしまう場合もあるかもしれません。ですが、「えい」にも「と」にも様々な漢字を使うことができます。使用する漢字で個性を表現し、「どんな子に育ってほしいか」の願いを込めてあげるようにしましょう!



商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード