Icon search 36px

セリアの裾上げテープの種類は?

種類①裾上げテープ

裁縫をする人

セリアで売られている裾上げテープの1つ目は商品名もそのまま「裾上げテープ」です。カラーもオーソドックスな黒からベージュと数種類の取り扱いがあります。耐久性もあり、洗濯しても大丈夫です。注意するべき点はスカートなど薄地用テープの為、デニムなどの厚手の衣服の裾上げには向かないという事です。

また、裾上げテープを使って裾上げをした場合、表側から見えないとはいえ服の裏側にテープが見えている状態になるので「服の裏であっても綺麗でないとイヤ!」という方にはお勧めできません。反対に「服の裏側なのでテープが見えても構わない」「仕上がりよりも強度を優先したい」方におすすめの商品です。

種類②布用両面テープ

カラフルテープ

2つ目のセリアで買える裾上げテープは「布用両面テープ」です。布用両面テープ透明な両面テープで、服の裾を折り返した間に挟んで使用します。布用両面テープは裾上げテープと違って、服の裏側からでもテープが見えないので仕上がりにこだわりたい方におすすめの商品です。

注意するべき点は耐久性に優れているとは言い難いので、洗濯したりすると取れてしまう可能性が裾上げテープよりも高いということです。手縫いで裾上げをする時の仮止めとして使用したり、カラフルなワンピースなど裾上げテープでは対応できない色の服の裾上げをしたい場合にはとても重宝するテープです。

種類③布用接着剤

お手軽接着剤

3つ目のセリアで買える裾上げテープは「布用接着剤」です。布用接着剤は貼りつけた後に洗濯しても大丈夫なので安心して使うことができます。またどちらかと言えば洋服のお直しというよりもバッグの取っ手を付けるなど、ある程度力が加わる部分に使用されることが想定されている商品なので耐久性にも優れています。

注意しなければいけない点は薄手の生地に使用するとシミになり、表からでもわかってしまうことがあるという点です。どちらかと言えばチノパンなど厚手の生地に使用するのが向いている商品です。しかしその点を気を付ければ針や糸はもちろん、アイロン接着もいらないのでとても手軽に裾上げができるますね。

セリアの裾上げテープの特徴

特徴①種類が多いので服によってテープを使い分けられる

色々な服

セリアで買える裾上げテープは他の100均で買えるテープよりも種類が多いことが特徴です。「裾上げテープ」のみに絞ってもスタンダードな「裾上げテープ」の他にストレッチ生地に対応している「裾上げテープ伸縮タイプ」、幅の広い「幅広裾上げテープ」と3種類から選ぶことができます。

それぞれワンピースなど薄地の物には「裾上げテープ」、ジャージやスポーツウエアには「裾上げテープ伸縮タイプ」、厚手の物には「幅広裾上げテープ」を選ぶことで綺麗でしっかりとした裾上げをすることができるでしょう。セリアのみでここまで商品を選ぶことができるのはありがたいですね。

特徴②セリアの裾上げテープは他の100均のテープよりも強い

ジーンズにぴったり

セリアで売られている裾上げテープは他の100均と比べて仕上がりの強さがしっかりとしているという特徴があります。特に他の100均で買った裾上げテープで裾上げをしたあと選択したらテープが外れてしまったが、セリアのテープは外れないと評価がとても高いようです。

また、洗濯のみでなくドライクリーニングも可能なためお家で洗濯するのが難しい服の裾上げをすることも可能です。せっかく裾上げをしたのに洗ったらテープが外れてやり直しということはできることなら避けたいので強度がしっかりとしているのはとてもありがたいですね。

特徴③他の100均の裾上げテープよりも容量が少ない

比較される豚

セリアでは1.2メートル入りの裾上げテープが売られています。これだけあればスラックス1本分程度の裾上げが可能です。しかし他の100均では2.4メートル入りの裾上げテープが売られているのでセリアの裾上げテープは他の100均と比べて容量が少ないと言えるでしょう。

セリアの裾上げテープは内容量は少ないですが、先ほど挙げたように強度がしっかりとしているなどメリットも多いです。なのでそれほどに容量がなくても1度裾上げをしたらしばらくは直す必要がなくなります。よって大量の裾上げをしたい場合などを除けばそれほどのデメリットではないかもしれませんね。

特徴④裾上げテープは洗濯可能

洗濯機と洗濯物

セリアをはじめとした100均の裾上げテープは洗濯することもできて、とても使い勝手の良い商品といえます。特にセリアの裾上げテープならば種類も豊富な上に他の100均よりも耐久性に優れているので裾上げテープを買うならばセリアをおすすめします。

特徴⑤布用両面テープは水に弱いのが特徴

要注意

セリアで売られている裾上げテープと布用接着剤は水に濡らしてもテープが外れにくいですが、布用両面テープは水にそこまで強くないのでこれを使う場合には注意が必要です。それでもセリアの人気商品の1つでもあるので仮止めや応急処置のために1つ持っていても損はありません。

セリアの裾上げテープの使い方は?

裾上げテープの使い方

綺麗なテープ

セリアの裾上げテープの使い方としては通常の裾上げテープと同じです。最初に裾上げをしたい長さを折り、アイロンをかけます。次に裾上げテープを裾上げをしたい周囲の長さよりも少し長めに切り、糊部分に水を付けたら濡らしたテープの糊部分を下にして折り目にかぶせるように置きます。

次にテープがずれないように注意してアイロンを押し付けます。この時体重をアイロンに乗せるようするのがポイントです。また通常のアイロンがけをするようにアイロンを滑らせるのではなく少しずつアイロンの位置ををずらしましょう。全ての部分にアイロンを当て終えたら服を表返して全体にアイロンをかけて完成です。

布用両面テープの使い方

裁縫道具

布用両面テープの使い方は裾上げテープとあまり変わりはありません。最初に裾上げしたい部分を折りアイロンをかけます。次に布用両面テープ切って、折った裾のポケットになった部分に挟み込みます。最後にもう一度折り目を付けるようにアイロンをかけて完成です。

布用両面テープは普通の裾上げテープのように水を必要としません。なのでよりお手軽に裾上げをすることができます。しかしそれほどの強度はないので、両面テープ加工をして、さらに裾をまつり縫いするなどをしないと洗濯した際にテープが取れてしまうことがあります。

布用接着剤の使い方

アトリエ

布用接着剤の使い方はこれまでの裾上げテープの中でも一番手軽です。裾上げしたい部分をアイロンがけして折り目を付けて、接着剤を付けて乾かすのみとなります。裾上げしたい幅がしっかりとわかっている場合はアイロンすら不要です。また、耐久性にも優れているので普通に着脱する程度ならば問題なく使用できるでしょう。

さらに強度を上げたい場合は当て布をしてアイロンをかけることでより早く乾く上に糊がしっかりと効いてくれます。ドライクリーニングに出すことも可能で家に1つあると重宝するかもしれません。注意したいのは薄手の生地に使うとシミができてしまうという点なので、春夏物のスカートなどには適しません。

セリアの裾上げテープを使う時の注意点

片面タイプか両面タイプか確かめてから使う

しっかり確認

セリアに限らず100均の裾上げテープを使う際に注意する点の1つめは両面タイプと片面タイプがあるの、目的に合ったタイプの裾上げテープを使う必要があるということです。例えばきれいに仕上げたいのに片面タイプの裾上げテープを選んでしまうと、裏側とはいえテープが見えてしまうので満足のいく仕上がりになりません。

慌ててすぐに剥がすのはNG

ショックを受ける女性

次の注意点は裾上げをしている際に意外と多い裾上げをしたけれど真っすぐにならなかったなどの失敗したときの注意です。失敗してしまったからと言って慌てて裾上げテープを剥がすしてしまうと衣服に糊が残ってしまったり、最悪破れてしまうという事態になります。

このような事態を避ける為にも裾上げする長さとテープを付ける場所をしっかりと決めてから貼りつける作業に移りましょう。フリーハンドは絶対にNGです。

失敗したときの裾上げテープの取り方

裾上げテープの基本の取り方

工作

裾上げテープを剥がしたい場合、力任せに剥がすのではなく熱を加えることでスムーズにテープを剥がすことができます。最初にテープ部分に当て布をしてアイロンを当てます。この時スチーム機能を使って裾上げテープに水分を含ませるようにします。

裾上げテープの糊は熱によって溶けて貼りつくので、再度熱を加えることで固まっていた糊が溶けて接着が緩みます。糊が溶けて緩んだら静かに裾上げテープを剥がします。アイロンを使用しない方法としては40度くらいのお湯につける方法、ドライヤーを使う方法などがありますが、全て糊を溶かしてテープを剥がすやり方です。

服地を傷めない裾上げテープの取り方

洋服と毛糸玉

熱を加えて裾上げテープを剥がす他に服地を傷めないポイントとしていっぺんにテープを剥がすのではなく少しずつ慎重に剥がすというコツがあります。熱を加えたとしてもどうしても冷えてしまえば糊は固まってしまいます。そこに無理な力を加えるとせっかくの洋服を傷めてしまう可能性もあります。

そうならないためにも接着部分は少しずつ温めてゆっくりと丁寧に剥がしましょう。何度も温める手間を惜しまないことが綺麗に裾上げテープを外すコツです。また、温め方も服地に合った方法で熱を加えましょう。服地に合わない方法だとテープは剥がせても服地のそのものの縮みなどトラブルになってしまうこともあります。

服にテープのべたべたが残ってしまった時の取り方

便利アイテム

裾上げテープを剥がすことはできたけれども、服にテープの糊が残ってしまってべたべたするという経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。実はこの糊も捨てても良い布とアイロンの2つがあれば取ることができます。

まずは布に水を含ませて糊のべたつきが残る部分にかぶせます。その上からアイロンを押し当てると、べたつきを服から当て布に移すことができます。ただし一度で糊のべたつきを綺麗にすることはできないので水を含ませてアイロンを当てる作業を何度も繰り返します。

セリアの裾上げテープで裾上げは簡単にできる

カラフルな布と糸

洋服のお直し工房などに依頼すると約1000円程度費用がかかってしまう裾上げですが、セリアの裾上げテープを使うことでそのコストを100円で済ませることができます。また裁縫が苦手な方でも簡単に使うことができるので、これから裾上げの際にはセリアの裾上げテープを上手に活用していけると良いですね。

関連記事

100均バッグのリメイクアレンジ12選!カバンの骨/ダイソー/セリア

100均バッグのリメイク・アレンジを12個紹介していきます。ダイソー・

Small thumb shutterstock 1262944666

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード