Icon search 36px

前向きな意味のかっこいい三字熟語4選

①金字塔(きんじとう)

ピラミッド

ピラミッドを意味する「金字塔」は、後世に残る立派な業績や、偉大な作品などに対して使われることもあります。スポーツなどでも使われることがあるため、意味を知っている人も多く、チームのスローガンや座右の銘として掲げられることもあります。

「金」という漢字が入っていることで、かっこいい粋な雰囲気が漂う言葉になっています。難しい漢字が使われていない、書きやすく読みやすいという点も魅力的です。

②向上心(こうじょうしん)

空

座右の銘として使われることもある「向上心」は、現状に満足することなく、さらに上を目指して努力する心を意味する三字熟語です。部活や仕事、勉強など、幅広いシーンで求められる心構えでもあり、スローガンとして掲げられることも多いですよ。

簡単な漢字のみで構成されている言葉なので、子供でも覚えやすく、意味を理解しやすいです。常に上を目指すのは難しいことではありますが、大人も子供も心に留めておきたい言葉ですね。

③集大成(しゅうたいせい)

卒業

多くのものを1つにまとめることを意味する「集大成」は、長年の努力や活動を結実させたものを表します。学校生活の締めくくりや、仕事などのプロジェクトの成果の見せ場などで使われることの多い言葉です。

長年の成果を見せる場面で、「集大成」という言葉を聞くと気持ちが引き締まります。クールで粋な印象を与える響きも素敵ですね。

④新天地(しんてんち)

街

「新天地」は、漢字の意味の通り、新しく活躍する場所や新しい世界のことを表す三字熟語です。前向きな気持ちになれるような、清涼感のあるクールな響きが魅力的な、かっこいい言葉ですよ。

新しい環境で物事を進めることは、時に不安も付きまといます。でも「新天地」で頑張ろうと思えると、不思議とやる気が湧いてきますよ。

強い意味のかっこいい三字熟語5選

①阿修羅(あしゅら)

寺

強い神というイメージが強い「阿修羅」は、闘争を好む古代インドの神々のことを指します。邪神や鬼神とも言われ、アニメやゲームなどでも悪役として登場することが多いので、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

阿修羅像というと怒った顔を思い浮かべがちですが、よくみると怒りの中にどこか悲しさも感じる表情をしています。阿修羅にまつわる神話には奥深い物語があり、惹きつけられるものがありますよ。

②下剋上(げこくじょう)

闘い

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード