Icon search 36px

難しいことわざ|有名な慣用句5選

①一姫二太郎

幼い姉と弟

有名でも難しいことわざに、「一姫二太郎」があります。このことわざの本来の意味は、一人目の子供は娘で、二人目の子供が息子だと育てやすくて一番だという意味です。ところが、娘一人に息子二人が理想だという意味に誤解されています。このように有名なことわざでも、意味がとりにくいことが往々にしてあります。

②有象無象

悪役の雑魚キャラ

「有象無象」という慣用句も、有名ながら難しいものです。取るに足らない群衆に対しての批判として使われる慣用句ですが、仏教でこの世のあらゆるものを意味する「有相無相」に由来します。ちなみに英語での「有象無象」の表現は、「烏合の衆」とも訳される「the ragtag and bobtail」です。

③同じ穴の狢

穴から出てきた2匹の狸

難しいことわざには、「同じ穴の狢」という有名な言い回しもあります。一見無関係に見える物事同士が、実際には同類であることの表現です。「狢」という漢字は「むじな」と読み、アナグマを意味します。狸や狐は一つの穴に住みつき、人を化かすことから、似た者同士の悪玉を表現することわざになっているのです。

④敷居が高い

本に突っぷす女性

「敷居が高い」もまた、有名ながら難しいことわざですよね。従来の意味は、「相手への不義理があったために、顔を合わせにくい」です。しかし最近では、「高尚で近寄りがたい」の意味も慣用として認められています。英語では、○○しにくいの意味の「It’s hard to do」で表現するのが一般的です。

⑤割れ鍋に綴じ蓋

中年の夫婦

有名なことわざには、「割れ鍋に綴じ蓋」という言い回しもあります。誰にでも夫婦としてふさわしい相手がいることの例えで、欠点のある人間を割れた鍋とつぎはぎのある鍋になぞらえています。そして英語の表現にも、「Every Jack has his Jill」という同じ意味を持つことわざがあります。

難しいことわざ|人気の慣用句5選

①快刀乱麻を断つ

抜き身の日本刀

難しいことわざのうちで、とりわけ人気がある表現といえば「快刀乱麻を断つ」です。複雑な問題を一瞬にして解決するかっこいい様を表現していて、座右の銘にもピッタリの有名な言い回しです。なお「To cut the Gordian knot」という同じ意味の英語のことわざもあり、これも座右の銘に使えます。

②閑古鳥が鳴く

留まっているカッコウ

難しいことわざには、「閑古鳥が鳴く」という、響きで人気があるものもあります。商売がいまいちなことの例えとしてあまりにも有名な表現です。「閑古鳥」とはカッコウのことで、その鳴き声のもの寂しさが由来です。なお英語では、「to in a slump of a business」の様に意訳します。

③人口に膾炙する

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード