Icon search 36px

東京8月の気温・天気は?最高・最低気温も

東京8月の天気について!気温は?

夏のイベント

2018年の8月の東京は、14日ほど晴れの日がありました。しかし、雷を伴う雨の日も3日ほどあり、少し不安定な8月だったと言えるでしょう。また、2018年の夏は猛暑で8月の平均気温は28.1度とかなり高く、熱中症対策が必要不可欠な月となりました。

東京8月の最高・最低・平均気温について!

涼しくなれそうな飲み物

2018年の東京8月の最高気温は37.3度で、最低気温は18.3度、平均気温は28.1度でした。2018年は猛暑で、最高気温が30度を超える日がなんと25日ほどありました。また、下旬にいくに連れて涼しくなることもなく、ずっと暑い日が続いていました。

降水量の合計は86.5mmで、5番目に降水量が少ない月でした。しかし、8月は雷を伴う雨が降ることも決して珍しくはないので、念の為雨具があると安心できますね。

東京の8月気温・降水量

(2018年データ) 8月上旬 8月中旬 8月下旬
平均気温(℃) 28.3℃ 26.8℃ 28.8℃
降水量(mm) 49.5mm 22mm 26mm
最高気温(℃) 32.7℃ 31.1℃ 33.5℃
最低気温(℃) 25.0℃ 23.3℃ 25.3℃

以下関連記事では、気温30度の服装をたっぷり25選紹介しています。他にも、コーデのポイントなども紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

夏の気温30度の服装25選!最低・最高気温レディースコーデも

夏の気温30度の日には、涼しいだけでなく、爽やかさや涼しげな印象の服装

Small thumb shutterstock 442156837

東京8月の服装選びのポイント3つ!上旬/中旬/下旬

上旬編|服装選びポイント①リネン素材で見た目も涼しく

東京の8月の服装選びのポイント1つ目は、「リネン素材で見た目も涼しく」です。8月の中でも上旬は特に暑くなる傾向がありますよね。2018年の8月上旬で一番気温の上った日はなんと37度もありました。2019年の8月も猛暑にならないとは言い切れません。

そこで、リネン素材を使ったシャツやワンピースなどのアイテムを取り入れた服装にしてみましょう。リネン素材は吸水性に優れ、さらに吸った水分を発散させてくれます。暑い8月の東京にはぴったりの素材ですね。

中旬編|服装選びポイント②シースルーブラウスで紫外線対策

東京の8月の服装選びのポイント2つ目は、「シースルーブラウスで紫外線対策」です。8月は気温が高いのはもちろんですが、紫外線もとても強くなります。

シースルー素材のブラウスを取り入れることによって、暑さ対策はもちろん、紫外線対策にもなります。見た目もかわいらしくおしゃれなものが多いので、8月中旬はもちろん上旬、下旬にも着られる万能アイテムです。

下旬編|服装選びポイント③ワンピースで過ごしやすく快適に

東京の8月の服装選びのポイント3つ目は、「ワンピースで過ごしやすく快適に」です。汗をかきやすい8月の東京。ボトムスにピッタリしたスキニーデニムなどのデニム類を履くと動きづらいですよね。

そこで、軽い素材のワンピースを取り入れてみましょう。快適に過ごせますし、リネン素材のワンピースなら汗もきちんと吸収し発散してくれますよ。

上旬編|東京8月の服装・レディースコーデ6選

上旬編|東京8月の服装①リネン素材×ワイドパンツ

東京の8月上旬の服装1つ目は、「リネン素材×ワイドパンツ」です。リネン素材を使ったミントグリーンのワイドパンツを取り入れたファッションは、軽やかな着心地とその色合いがとっても夏らしく、おしゃれで素敵なコーデですね。着ている本人はもちろん、周りの人たちまで涼しくしてくれるような爽やかコーデです。

上旬編|東京8月の服装②ギンガムチェック×ワンピース

東京の8月上旬の服装2つ目は、「ギンガムチェック×ワンピース」です。Aラインのシルエットがとても素敵で上品なかわいい服装ですね。パフになっているスリーブも女性らしく、東京の夏にはぴったりですね。足元はスニーカーでカジュアルに決めるもよし、ハイヒールできれいめに決めても良しですね。

上旬編|東京8月の服装③カットソー×チノパン

東京の8月上旬の服装3つ目は、「カットソー×チノパン」のコーデです。全体的に緩めのシルエットでカジュアルな装いですよね。チノパンもぴったりとしたスキニータイプではなく、ワイドタイプのものを取り入れているので夏でも汗でベタつきにくく過ごしやすく快適なボトムスです。

上旬編|東京8月の服装④ウエストマークスリットワンピ

東京の8月上旬の服装4つ目は、「ウエストマークスリットワンピ」のコーデです。柔らかく動きやすいとされているとろみ素材を使っており、スリットが入っているので見た目も涼し気ですね。ウエストにベルトが付いているのでスタイルアップ効果も抜群です。

上旬編|東京8月の服装⑤ショーパン×カットソー

東京の8月上旬の服装5つ目は、「ショーパン×カットソー」のコーデです。「夏といえばショートパンツ」という方も多いのではないでしょうか?シンプルなコーデですが、いつの時代に着用してもカジュアルに、おしゃれに決まるこの組み合わせ。動きやすい格好でもあるので、テーマパークに行くときにもオススメですよ。

上旬編|東京8月の服装⑥グレーカットソー×カーキスカート

東京の8月上旬の服装6つ目は、「グレーカットソー×カーキスカート」のコーデです。ミリタリー風のコーデで、カジュアルな装いで素敵ですね。キャップがポイントになっていておしゃれです。しかし、グレーのカットソーは汗染みが目立ちやすいカラーなので、汗の対策はしっかりとしたいですね。

中旬編|東京8月の服装・レディースコーデ6選

中旬編|東京8月の服装①ノースリーブ×シフォンプリーツスカート

東京の8月中旬の服装1つ目は、「ノースリーブ×シフォンプリーツスカート」のコーデです。東京の8月中旬のファッションには、軽くて涼しく着られるシフォンプリーツスカートはぴったりですよね。ブルーの色合いも、上品で夏らしいですね。足元にトレンドのメタリックシューズを合わせているのもおしゃれです。

中旬編|東京8月の服装②ショーパン×フロントスリットワンピ

東京の8月中旬の服装2つ目は、「ショーパン×フロントスリットワンピ」のコーデです。フロントが大きく開いたホワイトワンピがガーリーでとっても可愛らしいですね。シンプルなワンピースなので、中に履いているストライプのショートパンツがよく映えています。

中旬編|東京8月の服装③シースルーブラウス×スカート

東京の8月中旬の服装3つ目は、「シースルーブラウス×スカート」のコーデです。8月の東京の紫外線はとても強いです。「日焼け止めはばっちり塗ったけれどそれでも不安」という方に、シースルー素材の服装はとてもオススメです。見た目のファッション性が高いのはもちろん、日よけとしても活躍してくれますよ。

中旬編|東京8月の服装④ボーダーワンピ×ロングカーデ

東京の8月中旬の服装4つ目は、「ボーダーワンピ×ロングカーデ」のコーデです。こちらも紫外線が気になるという方にはとてもオススメなコーデです。中はストレッチがきいたぴったりワンピでセクシーに、屋外に出るときはガウンを羽織って紫外線対策を。ホワイトとブラックで統一されているのでファッション性も高いです。

中旬編|東京8月の服装⑤アメリカンコーデ

東京の8月中旬の服装5つ目は、「アメリカンコーデ」です。「夏は派手なファッションを楽しみたい」という方も多くいますよね。星条旗柄のスカートはそんな方にぴったりのアイテムです。ふんわりとしたスカートなので、トップスにピッタリとしたキャミソールをもってくる事によって、バランスよく仕上がっています。

中旬編|東京8月の服装⑥シースルーガウンを使ったコーデ

東京の8月中旬の服装6つ目は、「シースルーガウンを使ったコーデ」です。東京の8月にぴったりなシースルー素材。ブラウスで取り入れるのももちろん可愛らしいですが、ガウンでも良いですね。ボヘミアンに決めるもよしガーリーに決めるもよしの万能アイテムですね。水着の上に羽織ってもかわいいですよ。

下旬編|東京8月の服装・レディースコーデ6選

下旬編|東京8月の服装①ノースリーブワンピを使ったコーデ

東京の8月下旬の服装1つ目は、「ノースリーブワンピを使ったコーデ」です。下旬になってもまだまだあつい東京の8月。そんな東京の8月に、ノースリーブのワンピはマストアイテムです。動きやすく過ごしやすいのはもちろん、スリットワンピの下に異素材のスカートをもってくることによってよりおしゃれに決まっています。

下旬編|東京8月の服装②オフショルデニムワンピを使ったコーデ

東京の8月下旬の服装2つ目は、「オフショルデニムワンピを使ったコーデ」です。「ガーリーすぎる服装は苦手」という方におすすめなのがデニムワンピです。ガーリーなシルエットのワンピースでも、デニム素材で程よくカジュアルダウンしてくれます。トレンドのオフショルを取り入れたデザインでオシャレ度アップですね。

下旬編|東京8月の服装③総柄ワンピースコーデ

東京の8月下旬の服装3つ目は、「総柄ワンピースコーデ」です。薄く軽い素材の総柄ワンピースがなんとも個性的で可愛らしいですね。東京の夏にもぴったりなつば広の麦わら帽と合わせて、リゾートっぽさがにじみ出ている素敵なファッションです。東京に旅行に行く際はぜひ真似してみてはいかがでしょうか。

下旬編|東京8月の服装④お呼ばれワンピースコーデ

東京の8月下旬の服装4つ目は、「お呼ばれワンピースコーデ」です。フェミニンで可愛らしいこちらのワンピース。パーティーなどのちょっとしたお呼ばれにも着ていけそうな雰囲気ですね。ウエストブルーの大きなリボンのおかげで、ウエストがきゅっと引き締まっておりスタイルアップ効果も期待できそうです。

下旬編|東京8月の服装⑤フリルショートパンツを使ったフェミニンコーデ

東京の8月下旬の服装5つ目は、「フリルショートパンツを使ったフェミニンコーデ」です。フリルショートパンツ×シースルーブラウスで見た目が可愛らしいのはもちろん、過ごしやすさも抜群なコーデです。黒のアイテムが多いですが、トップスの素材が軽いので重たく見えなくバランスも良いですよね。

下旬編|東京8月の服装⑥ドットプリーツスカートを使ったカジュアルコーデ

東京の8月下旬の服装6つ目は、「ドットプリーツスカートを使ったカジュアルコーデ」です。流行り廃れのないドッドは、いつの時代に着用してもおしゃれに決まりますよね。夏らしい素材のバッグや、トレンドのスリッポンを取り入れておしゃれなカジュアルコーデに仕上がっています。

シチュエーション別!東京8月の服装・レディースコーデ3選

デート|東京8月の服装①リボンキャップを使ったフェミニンコーデ

東京の8月の服装1つ目は、「リボンキャップを使ったフェミニンコーデ」です。全体はホワイトでシンプルなコーデですが、その分リボンキャップの可愛らしさがとても引き立っていますね。パンツスタイルで天気が良い夏の日によく合う爽やかな色合いが素敵な、デートにぴったりのコーデです。

ディズニーランド|東京8月の服装②動きやすさ重視のショートパンツコーデ

東京の8月の服装2つ目は、「動きやすさ重視のショートパンツコーデ」です。ディズニーランドと言ったらやはりアトラクションですよね。ショートパンツで東京の暑い気温も乗り切れますし、足元はスニーカーで歩きやすくディズニーランドにはぴったりのコーデです。

女子会|東京8月の服装③オールインワンコーデ

東京の8月の服装3つ目は、「オールインワンコーデ」です。オールインワンというとカジュアルなイメージがありますが、こちらはシルエットや素材が女性らしく、とってもきれいめに着用できるオールインワンです。足元にハイヒールのシューズを選ぶことによって、さらに女性らしさが上がっていますね。

コーデ別!東京8月の服装・レディースファッション3選

大人コーデ|東京8月の服装①ワンピースを使ったきれいめファッション

コーデ別東京の8月の服装1つ目は、「ワンピースを使ったきれいめファッション」です。シンプルなワンピースですが、キュッとしまったウエストラインとタイトスカートのおかげで大人っぽい仕上がりになっていますね。ワンピースがシンプルな分、大ぶりのアクセサリーを取り入れても大人かわいくきまりますよ。

カジュアル|東京8月の服装②リネン素材のトップスを使ったファッション

コーデ別東京の8月の服装2つ目は、「リネン素材のトップスを使ったファッション」です。8月の東京の気温に最適なリネン素材×デニムのカジュアルなコーデですが、トップスのカラーをホワイトにすることによって、清潔感も感じられるファッションです。襟がVネックになっているので、女性らしさも感じられますよね。

シンプル|東京8月の服装③マスタードカラーを使ったシンプルファッション

コーデ別東京の8月の服装3つ目は、「マスタードカラーを使ったシンプルファッション」です。トレンドであるマスタードカラーのスカートが可愛らしいこちらのコーデ。全体的にシンプルですが、マスタードカラーを取り入れていることによってパッと目をひくものがありますよね。

東京の8月に必須アイテムは?NGアイテムも

東京の8月レディースファッションに必須アイテム①リネンシャツ

東京の8月のレディースファッションに必須アイテム1つ目は、「リネンシャツ」です。吸水性に優れ、発散もしてくれるリネンシャツは東京の8月を過ごすのに必要不可欠なアイテムです。リネン素材のものなら5分丈や7分丈のものでも涼しく快適に着用できるので、日焼け対策にもなりますよ。

東京の8月レディースファッションに必須アイテム②スニーカー

東京の8月のレディースファッションに必須アイテム2つ目は、「スニーカー」です。東京の8月はとんでもなく暑くなる日も少なくはありませんよね。そんな日に、長時間ハイヒールで歩き続けていると普段以上に体力を消耗してしまいます。スニーカーを一足持ち歩いておけば、いざ歩けなくなったときに活躍してくれますよ。

東京の8月レディースファッションにNGアイテム|ロングのレインブーツ

東京の8月のレディースファッションにNGなアイテムは「ロングのレインブーツ」です。東京の8月は雨が降る日もちらほらとありますが、そんなときにロングのレインブーツを履いてしまうと、足が蒸れてしまいますよね。雨が降った日の外出には、ショート丈やミディ丈のレインブーツを履いて行くようにしましょう。

8月の東京をかわいい服装で楽しもう

いかがでしたでしょうか。2018年のデータを見ても分かる通り、近年の東京の夏は想像以上に暑いです。シースルー素材やリネン素材のアイテムを上手に活用しながら、かわいいファッションを楽しみましょう。熱中症対策も忘れずにするようにしましょうね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード