Icon search 36px

京都7月の服装選びのポイントは?天気・気温も

京都7月の服装選びのポイント:涼しい服装を心掛ける

涼しい服装

京都7月の服装選びのポイントは、涼しい服装を心掛けることです。京都の7月の気温は、30度以上になることも多いので、リネン素材などの通気性に優れる服などを利用しましょう。また、半袖やノースリーブトップスを中心にコーディネートし、キャップやハットなどの帽子や日傘なども使うのがおすすめです。

京都7月の天気は?去年は晴れが多かった!

京都

去年(2018年)の京都7月の天気は、晴れが多かったです。また、次に多かったのが10日程度の曇りで、6日程度あった雨の日が最も少なかったと言えます。京都7月の天気は晴れの日が多いですが、ゲリラ豪雨なども多いので、7月に京都旅行や京都観光へ出掛ける方は念のために折り畳み傘を持っていると安心です。

京都7月の最高・最低・平均気温について!

京都

去年(2018年)の京都7月の最高気温は7月中旬の39.8度で、最低気温は7月上旬の22.1度でした。また、平均気温は29.8度で、降水量は2018年の京都の中で番2番目に多かったです。

京都の7月気温・降水量

(2018年データ) 7月上旬 7月中旬 7月下旬
平均気温 27.0 31.3 30.9
降水量 342.5 0.0 26.0
最高気温 35.9 39.8 38.7
最低気温 22.1 24.1 25.0

上旬編|京都7月の服装・レディースコーデ6選

上旬編|京都7月の服装①Vネックジレコーデ

京都7月上旬の服装1つ目は、Vネックジレコーデです。黒のクルーネックノースリーブカットソーに、黒スキニーを合わせています。ベージュのVネックジレを重ね着し、ブラウンのフラットレザーサンダルを合わせた服装です。サンダルカラーに合わせてブラウンバッグを組み合わせた、京都7月上旬にも似合う着こなしです。

上旬編|京都7月の服装②五分袖タイトロングワンピースコーデ

京都7月上旬の服装2つ目は、五分袖タイトロングワンピースコーデです。黒のVネックワンピースは、バルーンスリーブの五分袖やタイトシルエットがトレンド感をプラスしています。ストローショルダーバッグをプラスし、ビーチサンダルを合わせた京都7月上旬にも似合う涼しげな黒ワンピースコーデです。

上旬編|京都7月の服装③ベージュオールインワンコーデ

京都7月上旬の服装3つ目は、ベージュオールインワンコーデです。背中がVネックデザインになったベージュオールインは、背中のリボンデザインがキュートな印象を加えています。ブラウンのフラットサンダルやクリア素材のブラウンハンドルがコーデに大人っぽさを加えている服装です。ベージュ&ブラウンでまとめています。

上旬編|京都7月の服装④ハイウエストワイドデニムコーデ

京都7月上旬の服装4つ目は、ハイウエストワイドデニムコーデです。白のUネックタンクトップを、ハイウエストのワイドデニムをインしています。白の膝下丈ジレをレイヤードし、オープントゥサンダルをプラスした服装です。京都7月上旬にも似合う着こなしは、縦長ベージュバッグもクールです。

上旬編|京都7月の服装⑤五分袖花柄マキシワンピースコーデ

京都7月上旬の服装5つ目は、五分袖花柄マキシワンピースコーデです。Vネックの五分袖花柄マキシワンピースをシンプルに着こなしています。ブラウンのフラットサンダルをプラスし、黒のショルダーバッグを合わせた服装です。京都7月上旬にもマッチする着こなしは、バッグに茶色を使ってもキュートな印象に仕上がります。

上旬編|京都7月の服装⑥ストライプ柄プリーツマキシスカートコーデ

京都7月上旬の服装6つ目は、ストライプ柄プリーツマキシスカートコーデです。ノースリーブの黒モックネックトップスを、リボンベルト付きのストライプ柄プリーツマキシスカートに入れています。オープントゥのストラップサンダルや黒ショルダーバッグをプラスした涼しげな印象の服装は、スカートカラーもかわいいです。

中旬編|京都7月の服装・レディースコーデ6選

中旬編|京都7月の服装①白ノースリーブカットソーコーデ

京都7月中旬の服装1つ目は、白ノースリーブカットソーです。白のノースリーブカットソーを、ハイウエストデニムにインしています。京都7月中旬のコーデにも合うビーチサンダルをプラスし、ショルダーバッグでシックな印象を足したデニムスタイルです。ポニーテールの髪型も涼しげで、爽やかな印象に仕上がっています。

中旬編|京都7月の服装②シースルーマキシスカート重ね着コーデ

京都7月中旬の服装2つ目は、シースルーマキシスカート重ね着コーデです。黒のノースリーブワンピースに、透け感のあるネイビープリーツマキシスカートをレイヤードしています。黒のフラットサンダルをプラスした服装は、京都7月中旬にもぴったりな着こなしです。大人の女性にも似合う、エレガントな夏コーデです。

中旬編|京都7月の服装③白ワンピースコーデ

京都7月中旬の服装3つ目は、白ワンピースコーデです。フレンチスリーブの白ワンピースは、タイトシルエットやマキシ丈デザインがエレガントな印象を加えています。白のフラットサンダルやクラッチバッグ、ビッグピアスをプラスし、服・小物類もホワイトカラーでまとめた京都7月中旬にも似合う着こなしです。

中旬編|京都7月の服装④ピンクベージュVネックトップスコーデ

京都7月中旬の服装4つ目は、ピンクベージュVネックトップスコーデです。Vネック&ノースリーブのピンクベージュトップスに、フロントスリット入りの黒スキニーを合わせています。白のフラットサンダルやレザートートバッグを合わせた、京都7月中旬にもマッチする着こなしです。色の組み合わせ方もシックです。

中旬編|京都7月の服装⑤ノースリーブマキシワンピースコーデ

京都7月中旬の服装5つ目は、ノースリーブマキシワンピースコーデです。フレアシルエットのノースリーブマキシワンピースを主役にしています。黒の編み上げフラットサンダルやレザーショルダーバッグを合わせて、フレアワンピースを大人っぽく着こなしたコーデです。京都7月中旬にもぴったりなワンピーススタイルです。

中旬編|京都7月の服装⑥ハイウエストワイドパンツコーデ

京都7月中旬の服装6つ目は、ハイウエストワイドパンツコーデです。首つまりの黒ノースリーブトップスを、白のハイウエストワイドパンツにインしています。ベルトリボンを少しサイドで結び、ブラウンのストロートートバッグを合わせた服装です。京都7月中旬の暑い日にも似合う着こなしは、サンダルもマッチしています。

下旬編|京都7月の服装・レディースコーデ6選

下旬編|京都7月の服装①花柄キャミソールワンピースコーデ

京都7月下旬の服装1つ目は、花柄キャミソールワンピースコーデです。マキシ丈の花柄キャミソールワンピースは、背中が少し開いた大人かわいいデザインで、コーデに涼しげな印象を加えています。また、京都7月下旬の夏日にもぴったりなキャミソールデザインで、グレーハットやシルバーサンダルもマッチしている服装です。

下旬編|京都7月の服装②黒スキニーコーデ

京都7月下旬の服装2つ目は、黒スキニーコーデです。ベージュの七分袖トップスに、フロントスリット入りの黒スキニーを合わせています。ビーチサンダルやストロートートバッグを合わせた、京都7月下旬にもマッチする着こなしです。スキニーのスリットデザインが、シンプルコーデに旬な印象を足しています。

下旬編|京都7月の服装③ベージュセットアップコーデ

京都7月下旬の服装3つ目は、ベージュセットアップコーデです。センターボタン付きベージュノースリーブトップスを、ベージュのハイウエストワイドパンツのフロントインしています。ブラウンのフラットサンダルやネットバッグを合わせて、グラデーションカラーでまとめた着こなしです。

下旬編|京都7月の服装④ベージュキャップコーデ

京都7月下旬の服装4つ目は、ベージュキャップコーデです。ノースリーブのブラウンカットソーを、ハイウエストのベージュフレアマキシスカートにインしています。黒スニーカーに合わせて、黒ショルダーバッグを加えた大人カジュアルコーデです。京都7月下旬にも合う、落ち着きを感じるキャップスタイルを作っています。

下旬編|京都7月の服装⑤ボタニカル柄白ワンピースコーデ

京都7月下旬の服装5つ目は、ボタニカル柄白ワンピースコーデです。開襟デザインの半袖マキシシャツワンピースは、ホワイトカラーにボタニカル柄が黒で描かれています。ビーチサンダルやストロートートバッグを合わせた、京都7月下旬の暑さの厳しい日やデート服にもおすすめな爽やかワンピースコーデです。

下旬編|京都7月の服装⑥ハイウエストテーパードパンツコーデ

京都7月下旬の服装6つ目は、ハイウエストテーパードパンツコーデです。グレーのノースリーブトップスを、白のハイウエストテーパードパンツにインしています。ベージュのフラットサンダルやストロートートバッグをプラスした京都7月下旬にも似合う服装です。

京都7月の人気観光スポットランキングTOP5

第5位!7月京都旅行の観光スポット:保津川ラフティング

観光スポット

7月京都旅行の観光スポット第5位は、保津川ラフティングです。保津川ラフティングは、渓谷の絶景を楽しみながらゴムボートで川を下ります。また、途中には流れが急な場所もありスリル満点で、暑い夏ならではの人気観光スポットです。また、船に乗ってゆっくりと川下りを楽しめる保津川下りも人気があります。

第4位!7月京都旅行の観光スポット:賀茂御祖神社

観光スポット

7月京都旅行の観光スポット第4位は、賀茂御祖神社です。賀茂御祖神社は下鴨神社とも呼ばれおり、世界遺産に登録されています。また、例年土用の丑の日の前後5日間に渡り、夕方~夜にかけて御手洗祭が行われています。御手洗祭は、御手洗川に膝までつかり、無病息災を祈る行事です。

第3位!7月京都旅行の観光スポット:高台寺

観光スポット

7月京都旅行の観光スポット第3位は、高台寺です。高台寺は、豊臣秀吉の妻「ねね」が夫を弔うために建立したことでも知られています。また、例年7月7・8日には七夕会が開催されており、境内に短冊が付いた約5メートルの笹が20本程度立てられている点も見所です。七夕会の期間中はライトアップも実施されています。

第2位!7月京都旅行の観光スポット:貴船神社

観光スポット

7月京都旅行の観光スポット第2位は、貴船神社です。貴船神社は、貴船神社の総本社で、水の神様が祀られています。また、例年7月7日に貴船の水祭りや七夕神事が実施されており、期間中は夜間ライトアップされた美しい景色も人気です。さらに、参道の石段に連なる朱塗りの灯篭は、幻想的な印象を与えてくれます。

第1位!7月京都旅行の観光スポット:祇園祭

観光スポット

7月京都旅行の観光スポット第1位は、祇園祭です。日本三大まつりの1つである祇園祭は、7月1日~7月末まで長く楽しめ、八坂神社と山鉾町が主催しています。また、17日・24日は豪華な山車32基が京都の中心街を巡る「山鉾巡行」です。山鉾巡行は、ユネスコの無形文化遺産に登録されており祇園祭のハイライトです。

京都旅行を7月に計画している方は、貯金も計画的に実践している方も多いのではないでしょうか。下記記事では、社会人一年目の貯金事情や少ない給与でもコツコツ貯める方法などについて紹介しています。貯金が苦手な方や社会人一年目の貯金事情をチェックしたい方なども、ぜひ下記記事をご覧ください。

関連記事

解剖!社会人一年目の貯金事情。少ない給与でもコツコツ貯める方法とは?

この不安定なご時世で、大切になってくるのが「貯金」。 耳が痛い!社会人

Thumb no image

京都旅行におすすめの着物レンタル店3選!

京都旅行におすすめ着物レンタル店①京都着物レンタル夢館

着物

京都旅行におすすめ着物レンタル店1つ目は、京都着物レンタル夢館です。京都着物レンタル夢館は、15年以上続く老舗店で、2千枚以上の着物から選べる3,500円の手ぶらで利用できるプランなどもあります。また、カップルプランやプロのカメラマンに観光スポットで着物姿を撮影してもらうプランなども利用可能です。

京都旅行におすすめ着物レンタル店②京てまり

着物

京都旅行におすすめ着物レンタル店2つ目は、京てまりです。京てまりは、絹100%の高級着物のレンタルが楽しめます。また、着付け代・小物代を含み5千円(税込)で利用可能です。さらに、1時間に3組までの予約となっており、ゆっくりと着物を選択できます。男性着物の取扱いもあり、ペア利用も人気です。

京都旅行におすすめ着物レンタル店③レンタルきもの岡本

着物

京都旅行におすすめ着物レンタル店3つ目は、レンタルきもの岡本です。レンタルきもの岡本は、京都に6店舗あり、荷物の預かりや翌日返却も無料で利用できます。また、手ぶらで着物レンタルが可能で、着付け代を含む3千円のプランなども人気です。さらに、学割プランなどもあり、ヘアセットが5百円で利用できます。

京都の7月に必須アイテムは?NGアイテムも

京都の7月に必須アイテム①ワンピース

京都の7月に必須アイテム1つ目は、ワンピースです。半袖ワンピースやノースリーブワンピースは、通気性にも優れる夏らしいアイテムと言えます。また、仕事・プライベート・デートなど、幅広いシーンで活躍する人気アイテムです。京都の7月の服装では、着物レンタルだけでなく涼しい浴衣レンタルなども活用しましょう。

京都の7月に必須アイテム②サンダル

京都の7月に必須アイテム2つ目は、サンダルです。京都の7月は厳しい暑さになり、足も沢山汗をかきます。足元を涼しくするには、オープントゥのサンダルなどがおすすめです。また、カジュアルコーデにビーチサンダルをプラスした服装もトレンドと言えます。京都旅行の際は、歩きやすいサンダルを履くのがおすすめです。

京都の7月にNGアイテム:コート

京都の7月にNGアイテムは、コートです。京都の7月の朝晩には、長袖トップスを重ね着したくなる肌寒い日もあります。しかし、春・秋・冬用のコートは、京都の7月に着用するのには向いていません。コートをコーデに取り入れたい場合は、コート感覚で着用できるシャツワンピースなどを使うのがおすすめです。

京都7月下旬に合う服装を楽しもう

京都7月には、本格的な夏が始まります。7月に京都旅行へ出かける方は、涼しげな服装を心掛け、熱中症などにも注意しましょう。また、帽子やサングラスなどもコーデにプラスするのがおすすめです。上記で紹介した観光スポットなどを参考にしながら、お気に入りの服装で7月の京都をより一層楽しんでください。

7月の休日に京都へ出掛けた社会人の中には、明日からうざい上司にまた出会うと気落ちしている方もいるのではないでしょうか。そこで、うざい上司の特徴や対処法について下記記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。いつも、うざい上司の対処に困っている・悩んでいる方なども必見の内容です。

関連記事

明日から使える!うざい上司の特徴と対処法

人にはどうしても気が合わない人、うざったいと思う人が必ずいますよね。

Thumb no image

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード