Icon search 36px
三度の飯よりセックス。そんな猿のように性欲が強い男性に会ったことはありませんか? ・会ったら必ずホテルか彼の部屋に ・一晩で何度も求められる ・浮気されたことがある 「あっ、私のことだ!」と思ったあなた。あなたは、そんな性欲の強い男性の特徴をいくつ知っていますか?

性欲の強い男性の特徴

身体面の特徴

・末端部位が大きくなる

末端と聞いて真っ先に男性のアレを思い出した方も多いでしょうが、アレだけではありません。 他にも鼻が大きくなる・顎が発達し、面長になる・薬指が人差し指よりも長くなるという傾向が見られます。 胎児の段階で男性ホルモンであるテストステロンを多く浴びることで、これらの身体部位の発達が変わってくるようです。

・髭が濃く、頭髪が薄い

テストステロンが多い場合には、体毛が濃くなります。そのため、髭やすね毛、脇毛、指毛など至るところの体毛が濃い男性は性欲が強い傾向があるようです。 あれ?どうして頭髪は薄いの?と気になる方もいるでしょう。実は頭髪だけは女性ホルモンが多い方が量が多くなるのです(女性の方が髪が長いし、伸びるのも早いですよね。)エロいから禿げているというわけではないようですね。

・体格が良い

テストステロンは骨格を発達させ、筋肉を増強します。男らしいガッチリとした体格の方はテストステロンの分泌が多く、さらに性欲が強くなります。 女性から見ても、Tシャツから見えたひょろっとした頼りない腕よりも、筋肉で引き締まった腕を見た方がドキッとしますよね。 テストステロンが多く、筋肉質で強そうな男性を見ると、守ってくれそうという女性の本能が働くようです。

心理面の特徴

・ボディタッチ・スキンシップが好き

ボディタッチは何も女性だけでなく、同性の友人などの体に触れたがります。また、それと同様にコミュニケーションの一環としてのスキンシップを好む傾向も見られます。 ゲイの男性が性欲が強いのも、スキンシップが好きだからなのですね。

・女性を目で追う

性欲が強い男性はとにかく一度目についた女性を一瞬ではなくその後も目で追ってしまいます。 「お前しか見えないよ」と言いつつ、彼女や妻以外の女性を目で追っているケースもしばしば。理性では制御できない、女性をハンティングする本能なのでしょうか。 ちなみに筆者は、喧嘩したとき彼の目を睨めつけたら目を逸らし、視線の先を追ったところ女性の姿があって思いきりビンタした経験があります(笑)

・良く食べる

性欲と食欲は正比例します。女性を他の男から守るためには、たくさん食べて強くならなければならないのです。また、普段からエネルギーの消費量が多いため、おなかが減りやすいこともあるでしょう。 相手の性欲を試すには、おしゃれではない店で一緒にご飯を食べると良いでしょう。牛丼屋や定食屋、ファミレスなどでガツガツ食べる男性は該当するかも。

・収集癖

食欲や性欲が旺盛な男性は物欲も旺盛なことがあります。さらに、それがコレクションのようにある一点に偏る収集癖なことも。 マンガやカード、CDなどのコレクションを聞いてみたり、彼の部屋に行ったときにこっそりチェックしてみてはいかがでしょうか?

さっきから出てくる“テストステロン”って何?

究極のモテフェロモン

テストステロンは女性を本能的に惹きつける唯一の物質で、”モテフェロモン” ともよばれています。例えば、ダンディでかっこいい!と思う中年の男性っていますよね。通常、中年のオッサンと言えば「キモい・汚い・臭い(3K)」というイメージがあります。それでもこの「オジサン」たちがモテるのは、テストステロンの分泌が他の男性よりも旺盛だからです。 一般にテストステロンが多い男性は性欲が強いです。テストステロンが多く、性欲の強い男性と女性が近づくとセックスが起こり、子孫が生まれるのです。 生きている人類の使命は”子孫を残すこと”。モテる男が”ヤリチン”と化すのも、生物学的に見るとなんら不思議なことではないようです。

テストステロンのモテ効果

テストステロンのモテ効果は大きくわけて2つあります。 ①女性の嗅覚を刺激する匂いを発する ②顔つき体つきが良くなる ②の方も生物学的に考えてみると簡単で、弱肉強食の生物の世界でメスが生き残っていくには、強いオスに守られることが必要です。そのため、顔つき体つきがよく強く(厳密には強そうな)守ってくれそうな男がモテるわけです。 学生時代にヤンキーや番長のような男が妙にモテたのも、テストステロンの分泌が多く、男らしく強いからなのですね。

おわりに

いかがでしょうか? 今回は性欲の強い男性の特徴やその原因について紹介しました。 大切なのは相性。セックスが好きで、毎晩でもしたい!という方は上記にあげた特徴を参考に該当する男性を選べばいいし、まったりした付き合いを望む方はその逆を選べば良いのです。 あなたの好みはどんな男性ですか?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード