Icon search 36px




「あ、はい」が口癖の人の心理5選!

①失礼なことを言わないようにしたい

黙る女性

「あ、はい」が口癖になっている人は、失礼なことを言わないようにしたいという心理を抱いています。このタイプは「あ」と言う間に、「相手に不快な思いをさせたくない」「失礼のないようにしなきゃ」など色々なことを考えています。

自分の発言で周りの空気を変えたくないと考えて、言いたいことを飲み込み「はい」と返事をしているのです。相手に失礼のないように…と考えるタイプは、非常に繊細な性格であることが多いですよ。

②自分の考えがうまく伝わるか不安

不安になる女性

自分の考えがうまく伝わるか不安に思い、すぐに「はい」と答えずに「あ」と一言入れている可能性も高いです。「あ」と一拍入れている間に、「自分の意図はきちんと伝わるだろうか」「誤解を招かないか」と考えているのです。

考えが伝わるか不安に思うタイプは、自分の気持ちよりも相手を優先する性格であることが多いといわれています。小さなことも気にしてしまうためストレスを溜めやすく、精神的に不安定になったり体調を崩したりしやすいのが特徴です。

③相手の意見に不満を持っている

拒否する女性

「あ、はい」と返事をする心理として、相手の意見に不満があることが考えられます。本心では相手が言った意見に納得していないけれど、立場上前向きな返答をするしかないような状況です。

すぐに「はい」と返事をすると自分が賛成しているように捉えられてしまうため、「あ」と間をおいて不満を伝えようとしています。不服そうな顔つきで「あ、はい」と返事をされたのであれば、あなたの意見に不満を持っている可能性が高いです。

④注意を引きたい

注目されたい人

周囲の注意を引くために、わざと「あ、はい」と返事をしているとも考えられます。返事をする前に「あ」と一言挟むことにより、相手は「本心では何か別のことを考えているのでは」と思います。コミュニケーションが苦手な人はなかなか自己主張できないため、「あ」と言葉を発して周りを引きつけようとしているのです。



⑤自分の意見に自信が持てない

会議をする人達

「あ、はい」と返事をする人の心理として、自分の意見に自信がないというものがあります。これは複数人で話をしていたり、職場の会議を行なっていたりする時に多い心理状態です。すぐに「はい」と返事をすると、自分の意見に自信を持っているような印象を与える可能性が高いです。

周りがどう思うか気にしているため、「あ」と一言挟んで自分の意見を濁そうとしています。周囲の様子を伺いながら意見を言う人は、受け身な性格で誰かに引っ張ってもらおうとするタイプが多いです。

「あ、はい」が口癖の人の特徴とは?

「あ、はい」が口癖の人には、いくつかの共通する特徴があるといわれています。一体どんな特徴があるのかまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

①繊細な性格

頭を抱える女性

「あ、はい」が口癖になっている人の特徴として、繊細な性格であることが挙げられます。繊細な性格の人は、「周りが自分をどう思うか」「相手に不快な思いをさせていないか」を過剰に気にする傾向があります。

相手がどう受け取るかを気にかけているため、すぐに「はい」と返事をするのを躊躇してしまうのです。そのため返事をする前に時間を稼ごうとして、無意識に「あ」と言ってしまいます。

またこちらに、繊細な人の性格について紹介されている記事を載せておきます。「繊細」の意味やデリケートになる原因、向いている仕事などが詳しくまとめられていますよ。繊細な人の性格や原因について知りたいのなら、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

繊細な人の性格11選!意味やデリケートな原因・向いている仕事も

繊細な人は、どういう性格をしているのでしょうか。この記事では、繊細な人

Small thumb shutterstock 654143656

②緊張しやすい

緊張する人

「あ、はい」が口癖になっている人は、緊張しやすい性格である可能性が高いです。緊張しやすい人は、他人とのコミュニケーションにも強いプレッシャーを感じます。急に相手に話しかけられるとしどろもどろになってしまい、言葉に詰まって「あ」と言うのです。



③コミュニケーションが苦手

そっぽをむく女性

コミュニケーションが苦手というのも、「あ、はい」が口癖になっている人の特徴です。他人とのコミュニケーションが苦手な人は、あまり周囲と関わらないようにしようと考える傾向があります。最低限のやり取りだけで済ませようと思っているので、「あ、はい」と素っ気なく返答しているのです。

④臆病な性格

うずくまる人

「あ、はい」が口癖になっている人は、臆病な性格の持ち主だといわれています。このタイプは一言返事をするだけでも、心の準備をする時間を作ろうとします。「あ」をつけることで自分が発言しやすい空気を作り、返事をするタイミングを伺っているのです。

⑤頭の回転が速い

考える女性

「あ、はい」が口癖になっている人は、頭の回転が速いとも考えられます。「あ」と言っている間に様々なことを考えて、次に何を言うべきか思案しているのです。短い時間に自分が言うべきことをまとめられるため、かなり頭が切れるタイプだといえます。

「あ、はい」が口癖の人の周りからの印象とは?

「あ、はい」が口癖の人は、周りからどのように思われているのか気になりませんか?こちらの段落では、「あ、はい」が口癖の人が周りからどんな印象を持たれているのか解説します。ついつい「あ、はい」と言ってしまう人は、目を通してみてください。

①何も考えていないように見える

ぼんやりする女性

「あ、はい」が口癖になっている人は、何も考えていないように見られることが多いです。前向きに返答をしていないような印象を与えるため、「この人は考えなしに発言しているんだな」と思われてしまいます。特に仕事の場で「あ、はい」と言うと、マイナスイメージを与えてしまうでしょう。

②消極的



内向的な女性

消極的に見えるというのも、「あ、はい」が口癖の人への印象の一つです。すぐに返答をしないと「この人は積極性がない」と思われ、内向的で自分から動かない人だと思われてしまいますよ。やる気がないように見られるので、大きな仕事を任されなかったり昇進が遅かったりすることが多いです。

③自信なさげ

不安そうな女性

「あ、はい」が口癖の人への印象として、自信なさげに見えるというものが挙げられます。普段から「あ」と一言付け足す人は、オドオドと不安気な様子であることが多いです。

自分の意見に自信が持てないために、「あ」とつけて話しているのだと思われてしまいますよ。友人同士での会話であれば良いですが、仕事では悪い印象を与えてしまいかねないので注意してください。

「あ、はい」という口癖を直す方法

あなたの周りに、「あ、はい」と言ってしまうのに悩んでいる方や、口癖を直したいと考えている人はいませんか?そんな方のためにこちらでは、「あ、はい」という口癖を直す方法についてご紹介します。口癖を直したいと思っている方が周りにいるなら、ぜひアドバイスをしてあげてください。

①ゆっくりと返事をするように伝える

会話する女性

「あ、はい」と言ってしまう癖を直したいのなら、ゆっくり返事をするようにアドバイスをしてください。「あ、はい」という口癖は、返答しようと焦ったときに出ることが多いです。相手のことを気にしすぎず、一呼吸置いてから自分のペースで話をするように声をかけましょう。

②「あ、はい」と言うタイミングを伝える

発言する

口癖を改善するには、「あ、はい」と言ってしまうタイミングを伝えることが大切です。どんなときに「あ、はい」という口癖が出ているのか把握しておけば、いつどんな場面で気をつけるべきかわかります。口癖が出やすいタイミングを教えて注意を払うよう伝えれば、直る可能性が高まりますよ。

③物事を気楽に考えるように伝える

リラックスする人

物事を気楽に考えるようにアドバイスをすれば、「あ、はい」という口癖が改善されていくと考えられます。「あ、はい」が口癖になっている人は、相手がどう思うか不安になったり緊張したりして会話に詰まりがちです。どんな返事をしても大丈夫だと伝えてあげれば、「あ、はい」と言う回数が減っていくでしょう。

④心の中で「あ」と言うようにアドバイスする

ハートを持つ女性

「あ、はい」という口癖を直したい人には、心の中で「あ」と言うようアドバイスをしてあげてください。人によっては「あ」と一言挟んでテンポを掴み、話しやすいようにペースを作っていることもあります。「あ」と口には出さず心の中で呟くように伝えれば、相手のペースを崩すことなく会話を進められるでしょう。

「あ、はい」が口癖の人への対処法

「あ、はい」が口癖になっており、それに気づいていない人にはどのように対応すれば良いのでしょうか。以下の段落では、「あ、はい」と言う相手への対処法についてご紹介します。「あ、はい」が口癖の人が周りにいるのなら、ぜひこちらの対処法を参考にしてみてください。

①口癖になっていると伝える

指摘する

「あ、はい」を言う人への対処法として、口癖になっているのを伝えるという方法があります。特にビジネスの場では「あ、はい」という返答が失礼になる可能性があるため、きちんと指導してあげた方が良いです。相手のストレスにならないよう、「口癖を直していこう」とやんわりと伝えてあげましょう。

②返事を急かさない

会話する2人

「あ、はい」が口癖の人に対しては、返事を急かさないように気をつけてください。「あ、はい」が口癖になっている人は、傷つきやすく繊細な性格の持ち主であることが多いです。

すぐに返事をするようにプレッシャーをかけると、相手を緊張させてしまいさらに返答が遅くなる恐れがあります。相手の返答をゆっくりと待つようにすれば、緊張が緩和されて口癖が直っていく可能性が高いですよ。あまり緊張をさせず、気楽に会話ができるような環境を作ってあげてください。

「あ、はい」と言ってしまう心理を理解しよう!

「あ、はい」が口癖になっているのには、「人に失礼にならないようにしたい」「相手に不快な思いをさせたくない」などの心理が働いています。「あ、はい」と言ってしまう心理を知っておけば、適切に対処できるのでぜひ参考にしてみてくださいね。



商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事