Icon search 36px

繊細の意味は?

繊細(デリケート)の意味①心が敏感で感じやすいこと

繊細

繊細(デリケート)の意味の1つ目は、「心が敏感で感じやすいこと」です。繊細とは、同じ刺激を受けても他の人より強く反応してしまい、すぐに動揺してしまう人のことをいいます。この言葉は、精神的なことだけではなく、体質的なことにも使われています。他の人より体調を崩しやすいので無理しないように気をつけましょう

繊細(デリケート)の意味②ほっそりとしていて優美なこと

繊細

繊細(デリケート)の意味の2つ目は、「ほっそりとしていて優美なこと」です。優美とは、上品で美しいという意味があります。例えば、繊細な建造物というふうに使います。英語では、delicate(デリケート)やsensitive(センシティブ)といいます。

1人の時間を大切にすること、感受性が強い、驚異的な記憶力があるなど、繊細な人の特徴と、天才な人の特徴と似たものがあります。他にも、天才の特徴・性格15選、天才の顔の共通点・凡人との違いや、天才型の人との付き合い方についても書いてあるので、興味がある人は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

天才の特徴・性格15選!顔の共通点・凡人との違いや天才型の付き合い方も

この記事では、天才の特徴や性格について詳しくお伝えします。天才型と呼ば

Small thumb shutterstock 276803912

繊細な性格の原因は?

繊細(デリケート)な性格の原因①幼少期の親との関係

繊細

繊細な性格の原因の1つ目は、幼少期に親に十分に甘えられなかったことにあります。親に十分に甘えられなかった人は、他人に愛情を求めます。これを承認欲求といいます。親からもらえる無償の愛情は他人からは得ることができないので苦しむ傾向にあります。これを解消するには趣味や仕事に楽しみを見つけることです。

繊細(デリケート)な性格の原因②自己肯定感がなく自分に自信がない

繊細

繊細(デリケート)な性格の原因の2つ目は、自己肯定感が低く、自分に自信がないことです。色々なことを悩んでしまう繊細な性格の人は、自信をつけることは難しいですが、自分に何ができるのかを考えて、好きなことや得意なことを見つけることが大事です。その得意な事を続けることで、少しずつ自信がついていきます。 

ストレスを我慢していると体に影響が出てきます。病気になってしまうと治るのが遅くなってしまうこともあります。繊細な人は、ストレスを貯めやすいので、スポーツや入浴、睡眠を取ることや、腹式呼吸をすることなど、下記の記事を参考に、ストレス発散方法を学んで、ストレスが限界を超える前に対策を取っていきましょう。

関連記事

ストレスが限界を超えるとどうなる?起こり得る症状とストレス発散法

そのストレス、限界を超えると大変なことになることをご存知ですか? 仕事

Thumb no image

繊細な人の性格の特徴11選

繊細な人の性格の特徴①ゆっくり深く多角的に考えられる

繊細

繊細な人の特徴の1つ目は、「ゆっくり深く多角的に考えられる」です。繊細な性格の人は、1つの物事についてたくさんの異なる観点からとらえることができます。それもあって、ほかの人よりも物事をじっくり考える時間が必要になるのです。その代わり、よく考えることによって独創的な発言をすることや行動ができるのです。

繊細な人の性格の特徴②感受性が強い

繊細

繊細な性格の特徴の2つ目は、「感受性が強い」です。感受性の意味は、外的の刺激や印象を受け入れる能力のことです。感受性が強いと、周囲の事が気になり、それによって体調が悪くなったり、相手の感情によって自分の感情をも左右されてしまいます。とても難しいですが自分と相手の間に境界線を引けるようにしましょう。 

天才肌とも言われる右脳人間は、感情が豊かで、想像や妄想が得意、芸術性が高い、思いを言葉で伝えるのが苦手であるなど、繊細な人の特徴と似たものがあります。右脳人間の特徴・性格7選と、右脳人間に合う仕事や右脳、左脳タイプがわかる診断方法も書いてあるので、興味がある人は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

右脳人間の特徴・性格7選!合う仕事や左脳タイプとの診断方法も

天才肌とも言われる「右脳人間」には、どんな特徴や性格があるのか気になり

Small thumb shutterstock 744193162

繊細な人の性格の特徴③芸術的なものに惹かれる

芸術

繊細な人の性格の特徴の3つ目は「芸術的なものに惹かれる」です。繊細な人は芸術的なものが好きな人が多いようです。芸術に触れると感動して胸がいっぱいになったり心が癒されたりします。このように芸術に触れ、それで、何らかの感情が動き自分の創作活動に生かしていく人もいます。自分の表現方法を探していきましょう。

繊細な人の性格の特徴④思いやりがある

思いやり

繊細な人の性格の特徴の4つ目は、「思いやりがある」ことです。繊細な人は、相手が、どのように思っているのかをすぐに察知することができます。そのため、共感性が強く、思いやりをもって人に接することができます。人に安心感を与えることができるので、人に好かれやすいでしょう。特に、女性はその傾向が強いようです。

繊細な人の性格の特徴⑤物事に深く集中することができる

集中

繊細な人の性格の特徴の5つ目は、「物事に深く集中することができる」です。繊細な人は、物事に深く集中することで素晴らしいものを作り出すことができますが、デメリットとして、物事に深く集中しすぎると周りが見えなくなってしまうことがあります。周囲の人の行動にも気を配ることで、誤解されずに済むようになります。

繊細な人の性格の特徴⑥一度に多くの情報を吸収できる

情報

繊細な人の性格の特徴の6つ目は、「一度に多くの情報を吸収できる」です。繊細な人は、物事の細かいところまで感じ取ることができ、受け取った情報は、心の奥深くまで届きます。大いなる空想力と、物事を、いきいきと思い描く想像力を備えていて、外界から得た情報を元に、さまざまな思考や、空想を広げることができます。

繊細な人の性格の特徴⑦想像力が豊かで内的生活が充実している

充実

繊細な人の性格の特徴の7つ目は、「想像力が豊かで、内面生活が充実している」です。繊細な人は、インスピレーションや想像力に富み、生き生きとした空想力をもっていて、その特徴をうまく自分で昇華できれば、大きな価値を得ることができます。また、一つだけではなく、複数の分野にまたがって創作活動をする人もいます。

繊細な人の性格の特徴⑧誠実で責任感がある

繊細

繊細な人の性格の特徴の8つ目は「誠実で責任感がある」です。繊細な人は、仕事や生活でも、失敗することを嫌い、誠実で責任感がある真面目な性格をしています。この性格の人は、職場ではとても信頼されます。周囲で不穏な空気を感じ取ると、どうにかしようと思い頑張りすぎてしまうことがあるので気をつけていきましょう。

繊細な人の性格の特徴⑨共感力が高く気配り上手

気配り

繊細な人の性格の特徴の9つ目は、「共感力が高く気配り上手」です。繊細な人は、他人に感情移入することができる優しい性格をもっています。相手の苦しみを、ひとごとであるととらえることができず、家に帰ってからも考えてしまう傾向にあるので、人にかかわる仕事をする人は、自分自身を、十分にいたわる必要があります。

繊細な人は、人から好かれるために、いつも努力をしています。助け合いの精神があることや、ポジティブ思考である、優しいことなど、人から好かれる特徴を知れば、もっと気楽に人と接することができるようになるかもしれません。下記の記事では、人から好かれる人の特徴10選をご紹介しているので参考にしてみてください。

関連記事

人から好かれる人の特徴10選!好かれたい人向け人に好かれる方法6選も

あなたは人に好かれる人でしょうか?世の中には人に好かれる人と好かれない

Small thumb shutterstock 444923386

繊細な人の性格の特徴⑩とても慎重で危機管理能力が高い

慎重

繊細な人の性格の特徴の10つ目は「とても慎重で危機管理能力が高い」です。繊細な人は、物事に足を踏み入れる前にその状況について綿密に考えます。この能力のおかげで、失敗したり、不運に巻き込まれたりせずに済みます。一方で、起こりうる可能性についていつまでも考えてしまい行動が遅くなってしまうことがあります。

繊細な人の性格の特徴⑪音やにおいなどの微細な違いも察知できる

音

繊細な人の性格の特徴の11つ目は、「音やにおいなどの微細な違いも察知できる」です。不快なにおいや、音、視界に入ってくるものなどを気にせずにはいられません。自分が選んだわけでない情報が、ひどく気になりいらただしく思うことや他の人が普通だと感じる音も、神経のバランスを崩す不快な騒音になることもあります。

繊細な人の性格に向いてる仕事は?

繊細な性格の人に向いている仕事①芸術的な仕事

芸術

繊細な性格の人に向いている仕事の1つ目は、「芸術的な仕事」です。芸術的な仕事は、自分の創造性や、感性を生かせる仕事なので、向いていると感じる人が多いです。想像したものを形にすることの喜びを感じられます。普通の人が気がつかないような心の深い部分や、不明瞭で言葉にできないデリケートな部分を表現できます。

繊細な性格の人に向いている仕事②職人・技術職

職人

繊細な人の性格に向いている仕事の2つ目は、「職人や技術職」です。うるさい環境が苦手な繊細な人も、静かな環境で黙々と仕事をすることができますし、頭で想像していたものが形になることも嬉しく感じます。繊細な人は、物事を長く続けることが得意なので、職人になるため厳しい修行をすることにも耐えることができます。

繊細な性格の人に向いている仕事③動物や植物に関する仕事

動物

繊細な人の性格に向いている仕事3つ目は、「動物や植物に関する仕事」です。可愛い動物や、きれいな植物に関する仕事は、人間と関わらずにいられるので心理的なストレスから逃れ、リラックスして仕事をすることができます。動物は人間と違い、裏表がなく感情がわかりやすいので、動物に接していると楽に感じれるようです。

繊細な性格の人に向いている仕事④料理人

料理

繊細な人に向いている仕事の4つ目は、「料理人」です。料理人は、料理を作ることで、創意工夫ができ、インスピレーションからアイディアを出してそれを生かすことができるので生き生きとして働くことができます。美味しい料理を作ること、そして、それを人から感謝されることでやりがいをもって楽しく働くことができます。

繊細な性格の人に向いている仕事⑤フリーランス

フリーランス

繊細な人に向いている仕事の5つ目は「フリーランス」です。人間関係の煩わしさがなくなり自分の生活リズムに合わせて働けるのでストレスも減ります。繊細な人は一人で集中して仕事に取り組むことが好きな人が多いです。ライターや翻訳家など多数の分野があるので色々探してみましょう。副業から始めてみることもできます。

繊細な人の性格に向いてない仕事は?

繊細な人の性格に向いてない仕事①接客業

接客

繊細でデリケートな人の性格に向いてない仕事の1つ目は、「接客業」です。接客業は、お客様によって臨機応変に対応していかなければなりません。色々なところに気を配ることが苦手で、失敗をしてしまうことがあるので、繊細な性格の人には、接客業は向いていないです。同じ接客業でも、裏方なら自分らしく働けるでしょう。

繊細な性格の人に向いていない仕事②営業職

営業

繊細な性格の人に向いていない仕事の2つ目は、「営業職」です。営業職は、急な予定変更があったり、突発的な出来事が多いです。もともと、人と争うのが苦手な繊細な人は営業成績を人と競う仕事は、気に病んでしまいストレスが多くなってしまうことがあるので、繊細な性格の人には営業職には向いていないことが多いです。 

繊細な性格の人に向いていない仕事③事務職

事務

繊細な性格の人に向いていない仕事の3つ目は、「事務職」です。良くも悪くも社内の雰囲気を感じ取ってしまうので、逃げ場がないと辛い思いをすることが多いです。また仕事と電話対応、そして来客対応を同時進行して進めなければならないので周りを見渡すことが苦手である繊細な人には、事務職は向いてないことが多いです。

繊細な性格の人と上手に付き合う方法は?

心が繊細な性格の人(女性)と上手に付き合う方法①積極的に声をかける

声をかける

繊細(デリケート)な性格の女性と上手に付き合う方法の1つ目は「積極的に声をかける」ことです。繊細な女性は、人から嫌われることが怖くて人見知りをしてしまうのでなかなか自分から人に声をかけるきっかけをもつことができません。繊細な女性と上手に付き合うには、こちらから積極的に声をかけてあげることが大切です。

心が繊細な性格の人(女性)と上手に付き合う方法②意見を否定しない

意見

繊細な性格の女性と上手に付き合う方法の2つ目は「意見を否定しない」です。繊細な女性の意見を否定したり頭ごなしに怒ったりすると傷つきやすいです。意見を否定されると後々までその言葉を引きずってしまいます。繊細な女性と上手に付き合うには、意見を否定せずに優しい言い方で接する事ができるように心がけましょう。

心が繊細な性格の人(女性)と上手に付き合う方法③無理に誘わない

繊細

繊細な性格の女性と上手に付き合う方法の3つ目は「無理に誘わない」ことです。繊細な女性は、誘いを断ってしまって相手に嫌われてたらどうしようかと考えてしまったり、普段から体調が悪くなることが多く、当日具合が悪くなってしまうことがあります。繊細な女性と上手に付き合うには、無理には誘わないようにしましょう。

繊細な人は、細かいことが気になり、ネガティブになってしまいます。そうなってしまった時には、なかなか回復できず困ってしまいますよね。下記は、ポジティブな人の特徴・性格16選の記事です。考え方を前向きにする方法が、書いてあるので、暗くなってしまった時には、この記事を参考にして、考え方を変えてみましょう。

関連記事

ポジティブな人の特徴・性格16選!考え方を前向きにする方法とは?

あなたはポジティブな人でしょうか?また、あなたの周りにポジティブな人は

Small thumb shutterstock 766335889

繊細な性格を受け入れて自分らしく生きよう

繊細な性格についての記事でしたがいかがでしたか。繊細な人の特徴に当てはまったという人もいるのではないでしょうか。繊細で生きづらさを感じている人は、たくさんいると思います。HSP(とても敏感な人)に向けての本も多く発売されています。それらを参考にして繊細な自分を受け入れて自分らしく生きていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード