Icon search 36px

気温16度の服装を選ぶ時のポイントは?

気温16度のレディースコーデの服装選びのポイント①気温変化用のアウター

気温16度のレディースコーデの服装選びのポイント1つ目は、気温変化に備えるためのアウターの取り入れ方です。朝晩の気温差や、天候の変化による冷え込みなども激しい季節の変わり目に当たる気温16度の季節には、体温調整しやすいアウターの取り入れ方が重要です。

気温16度のレディースコーデの服装選びのポイント②素材や色で季節感

春服

気温16度のレディースコーデの服装選びのポイント2つ目は、服装の素材や色の選び方でコーディネートに季節感を取り入れることです。気温16度の季節は、3月下旬や4月上旬などの春の始まりや、10月~11月の秋口にあたります。

ちょうどお花見の季節を思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、夜などはやや冷え込みを感じやすいですよね。しかし、冬の服装では日中はやや暑く、また季節感もなく重たい印象になりがちではないでしょうか。秋で言えば紅葉の季節も同様ですよね。

そんな季節の変わり目の気温16度の服装選びでは、朝晩の防寒にも気をつけつつ、服装の素材や色の選び方で季節感を演出するのがおすすめです。

晴れの日|春の気温16度の服装4選

春の気温16度の服装①春の定番トップスなボーダートップス

気温16度の、春の晴れの日コーデにおすすめな服装1つ目は、春の定番トップスなボーダートップスを取り入れたコーディネートです。カットソー素材や薄手のニットなどトップスの素材を問わずに、軽やかさが出しやすいのがボーダー柄トップスの魅力です。

パンツにもスカートにも合わせやすく、デニムジャケットやトレンチコートなどの春に便利なアウターにも合わせやすいので、着まわししやすいですよね。

春の気温16度の服装②花柄や綺麗色などの厚手ブラウス

気温16度の、春の晴れの日コーデにおすすめな服装2つ目は、花柄や綺麗色などの春らしいデザインモチーフの厚手ブラウスです。ニットカーディガンやデニムジャケットなどのアウターの中に重ね着しても、華やかな印象に仕上がりますね。

春の気温16度の服装③チェックや花柄などのデザインフレアスカート

気温16度の、春の晴れの日コーデにおすすめな服装3つ目は、チェックや花柄などのデザインフレアスカートを取り入れたコーディネートです。最高気温や最低気温に合わせてブラウスに合わせてもニットに合わせても女性らしく仕上がるフレアスカートですが、春には柄物を取り入れるのがおすすめです。

春の気温16度の服装④春ムード満載な花柄ワンピース

気温16度の、春の晴れの日コーデにおすすめな服装4つ目は、春ムード満載な花柄ワンピースを取り入れたコーディネートです。最低気温16度など春のうららかな気候を感じる季節には、春らしさのある花柄ワンピースがおすすめです。

また、カーディガンやジャケットを合わせれば、少しひんやりとする最高気温16度の春の日コーデにも着まわしできますね。服装選びの難しい気温16度の春デートにもおすすめです。

雨・曇りの日|春の気温16度の服装4選

雨|春の気温16度の服装①重たい印象を感じさせない淡色ニット

気温16度の、春の雨の日コーデにおすすめな服装1つ目は、重たい印象を感じさせない淡色ニットを取り入れたコーディネートです。春といえど雨の日は少しひんやりと感じることもあるので、トップスにはニットを取り入れるのもおすすめです。

しかし、ニットの色選び次第では冬っぽい印象になってしまうので、春コーデでは顔まわりの印象が明るいホワイトやベージュ、ペールピンクやアイスブルーなど淡色ニットがおすすめです。

雨|春の気温16度の服装②季節の変わり目に最適なデニムジャケット

気温16度の、春の雨の日コーデにおすすめな服装2つ目は、季節の変わり目に最適なデニムジャケットを取り入れたコーディネートです。春の定番アウターとしてメンズにもレディースにも人気のデニムジャケットは、雨の冷え込みを感じる日にも最適です。

春らしい軽やかさはキープしつつ、雨で体が冷えてしまうのを防いでくれます。季節の変わり目には、アウター選びをしっかりしないと、風邪をひきやすいので注意が必要です。特に春は三寒四温で雨も多く、日々の気温変化が激しいですよね。

デニムジャケットは、パーカーなどと重ね着したりトレンチコートの下に着たりと着こなしを応用しやすいのも、人気の理由の一つです。

曇り|春の気温16度の服装①軽やかな春色のレディースジャケット

気温16度の、春の曇りの日コーデにおすすめな服装1つ目は、軽やかな春色のレディースジャケットを取り入れたコーディネートです。日差しがないので体感温度が低い、春の曇りの日の服装では、春らしい明るさを感じられる色合いのアウターがおすすめです。

曇り|春の気温16度の服装②季節感を取り入れやすい差し色パンプス

気温16度の、春の曇りの日コーデにおすすめな服装2つ目は、季節感を取り入れやすい差し色パンプスを取り入れたコーディネートです。日差しがなくやや肌寒い気温16度の曇りの日には、少し防寒性のある着こなしになりがちですよね。

しかし、差し色になるような綺麗な色のパンプスを合わせれば、春らしい季節感をキープしたレディースコーデに仕上げることができますね。

晴れの日|秋の気温16度の服装4選

秋の気温16度の服装①厚手の長袖ブラウス

気温16度の、秋の晴れの日コーデにおすすめな服装1つ目は、厚手の長袖ブラウスを取り入れたコーディネートです。夏の服装では肌寒く、冬の服装では重たい印象になりがちな秋口などの気温16度の気候には、重ね着もしやすい厚手の長袖ブラウスがおすすめです。

秋の気温16度の服装②ニットワンピース

気温16度の、秋の晴れの日コーデにおすすめな服装2つ目は、ニットワンピースです。季節感満点なニットワンピースは、一枚で着たり、デニムやレギンスと合わせてチュニック使いしたりと、意外にも着まわししやすいですよね。秋のデートコーデにもおすすめです。

秋の気温16度の服装③羽織りものとしても便利なフランネルシャツ

気温16度の、秋の晴れの日コーデにおすすめな服装3つ目は、羽織りものとしても便利なフランネルシャツを使ったコーディネートです。日差しの暖かな日中にはライトアウター感覚で羽織りものとしても使え、少し肌寒く感じる夜などにはニットやカーディガンと重ね着したりと、着まわししやすいのが魅力です。

秋の気温16度の服装④季節感を出しやすいツイードやウールジャケット

気温16度の、秋の晴れの日コーデにおすすめな服装4つ目は、季節感を出しやすいツイードやウール素材のジャケットを取り入れたコーディネートです。デニムに合わせて綺麗めカジュアルに仕上げるのもおすすめです。曇りの日などやや肌寒い日には中にパーカーを重ね着したり、着まわししやすいのも魅力です。

雨・曇りの日|秋の気温16度の服装4選

雨|秋の気温16度の服装①コーディガンなどニットアウター

気温16度の、秋の雨の日コーデにおすすめな服装1つ目は、コーディガンなどニットアウターを使ったコーディネートです。編み柄やニットの厚みで秋らしい季節感を出しやすく、冷え込みやすい雨の日にもおすすめです。また、湿気で蒸し暑く感じることもないので、おすすめです。

雨|秋の気温16度の服装②防寒に最適なトレンチコートとブーツコーデ

気温16度の、秋の雨の日コーデにおすすめな服装2つ目は、防寒に最適なトレンチコートとブーツを取り入れたコーディネートです。最低気温16度前後などの冷え込みを感じる雨の日には、しっかりと防寒できるトレンチコートとブーツを取り入れるのがおすすめです。これから秋本番に向けて気温低下が始まる秋口に最適です。

曇り|秋の気温16度の服装①優しげなニットの風合いのざっくりセーター

気温16度の、秋の曇りの日コーデにおすすめな服装1つ目は、ざっくりセーターを取り入れたコーディネートです。パンツにもスカートにも合わせやすく、ニットの風合いが優しげで、秋のレディースコーデの定番アイテムになりつつありますよね。中に着るインナー次第でアウターなしでも体温調整がしやすいのも特徴です。

曇り|秋の気温16度の服装②防風性にも優れたライダースジャケット

気温16度の、秋の曇りの日コーデにおすすめな服装2つ目は、防風性にも優れたライダースジャケットを取り入れたコーディネートです。日差しがないのでひんやりと感じがちな気温16度の曇りの日には、秋の定番アウターのライダースジャケットが大活躍してくれます。

気温16度の服装選びは、天候によってアイテム選びにも気をつけましょう。以下の記事でご紹介している、気温15度の春や秋の服装選びについても、合わせてチェックしてみて下さいね。

関連記事

春・秋の気温15度の服装24選!最低・最高気温レディースコーデも

気温15度の服装はどのようにコーデするのが正解なのでしょうか。同じ15

Small thumb shutterstock 517327711

最高気温16度の服装・レディースコーデ5選

最高気温16度の服装①パンツもスカートも着まわしやすいダンガリーシャツ

最高気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装1つ目は、パンツにもスカートにも着まわしやすいダンガリーシャツです。厚みもあるので、肌寒く感じずに季節の変わり目のカジュアルなレディースコーデにおすすめです。

最高気温16度の服装②コート未満なライトアウターにガウンワンピース

最高気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装2つ目は、コート未満なライトアウターにも便利なガウンワンピースです。一着でワンピースとしても着ることができ、デニムと合わせてチュニックとしても使えて人気のガウンワンピースは、軽く羽織れるロングカーディガン感覚でガウン使いもおすすめです。

最高気温16度の服装③ジャケットやブルゾンなどのショート丈アウター

最高気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装3つ目は、ジャケットやブルゾンなどのショート丈アウターを使ったコーディネートです。日中は暖かく感じるものの、朝晩などはひんやりと感じることもある最高気温16度の気候では、昼間に脱いだ時にかさばらないショート丈アウターが便利ですね。

最高気温16度の服装④薄手のコート×大判ストール

最高気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装4つ目は、薄手のコートと大判ストールを取り入れたコーディネートです。最高気温16度の気候は、朝晩にはまだまだコートも必要と感じる場合も多いですよね。

しかし厚手コートなど冬物のアウターだと気温の高い日中には季節感が出にくい場合には、コートを脱いで大判ストールをアウターがわりにも使える服装がおすすめです。

最高気温16度の服装⑤ソックス次第で季節感を調整しやすいスニーカー

最高気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装5つ目は、ソックス次第で季節感を調整しやすいスニーカーを取り入れた服装です。最高気温16度の気候は、朝晩などは意外に冷え込みやすいのでタイツやソックスを合わせたり、春らしさを出したい時には素足に合わせた着こなしなど応用しやすくおすすめです。

最低気温16度の服装・レディースコーデ3選

最低気温16度の服装①重ね着など着まわししやすい長袖カットソー

最低気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装1つ目は、重ね着など着まわししやすい長袖カットソーを使ったコーディネートです。半袖では朝晩に少し肌寒いと感じる最低気温16度の季節には、カットソー素材の長袖のトップスがおすすめです。重ね着もしやすいので、着まわししやすいのも魅力です。

最低気温16度の服装②爽やかコーデに最適な白シャツコーデ

最低気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装2つ目は、爽やかコーデに最適な白シャツコーデです。春らしい軽やかな着こなしや、秋口などにも着まわししやすいのが魅力です。カーディガンやライトアウターなどを重ね着しても、重たい印象にならないのでおすすめです。

最低気温16度の服装③レギンスコーデなど応用しやすいシャツワンピース

最低気温16度の気候におすすめなレディースコーデの服装3つ目は、レギンスコーデなど応用しやすいシャツワンピースを使ったコーディネートです。インナーの重ね着や、レギンスやデニムなどのボトムスの合わせ方次第で気温変化にも対応しやすいのが魅力です。

最低気温16度の気候は、最高気温18度前後になることもあるので、以下でご紹介している、ご紹介している春や秋の気温18度の服装についての記事も参考にしてみて下さいね。

関連記事

春・秋の気温18度の服装24選!最低・最高気温レディースコーデも

春や秋の気温18度の日には、どんな服装を選ぶと快適に過ごせるのでしょう

Small thumb shutterstock 152574335

気温16度の時の必須アイテムは?NGアイテムも

気温16度の時の必須アイテム①体温調整しやすいカーディガン

気温16度の時のレディースコーデの必須アイテム1つ目は、気温変化の激しい季節の変わり目にも体温調整しやすいカーディガンです。カーディガンの厚みやケーブルニットなどの編み柄で秋らしい季節感を出したり、春らしいコーディネートの差し色にもおすすめです。

気温16度の時の必須アイテム②気温変化に対応しやすいマフラーやストール

気温16度の時のレディースコーデの必須アイテム2つ目は、気温変化に対応しやすいマフラーやストールです。朝晩の冷え込みやまだまだ風の冷たさも気になる日には、首元を温めるだけで体感温度は変わります。春や秋など気温16度の外出時には鞄に1枚入れておくと便利ですよ。

特に大判なマフラーやストールは、コートやアウターが少し暑いと感じる時にはライトアウター感覚でも使用できますよね。また、スカートなどで足元が少し寒いと感じる時にブランケット感覚でも使えるので、便利ですよね。

気温16度の時の必須アイテム③春や秋の朝晩の気温変化にはライトアウター

気温16度の時のレディースコーデの必須アイテム3つ目は、ライトアウターです。気温16度の季節は春や秋など、朝晩の気温変化などが激しいのでコート未満なライトアウターがおすすめです。冬っぽい重たい印象にならずに、防寒もできるので、春や秋の季節感をキープできますね。

気温16度の時のNGアイテム①タートルネックセーター

気温16度の時のレディースコーデのNGアイテム1つ目は、タートルネックセーターです。朝晩の気温変化や、雨の日や曇りの日の冷え込みなど、肌寒く感じることもある気温16度の季節では、薄手のニットやざっくりセーターなどもまだまだ活躍してくれますよね。

しかし、気温変化が激しい季節なので、襟元が暖かいタートルネックセーターは不向きと言えるでしょう。暑いと感じた時に調整がしづらいので、気温16度の季節には丸首やVネック、ボートネックなどのデザインのものがおすすめです。

気温16度の時のNGアイテム②オフショルダーのトップスやワンピース

気温16度の時のレディースコーデのNGアイテム2つ目は、オフショルダーのトップスやワンピースです。女性らしいデコルテの露出で春のデートコーデなどにも着たいオフショルダーのトップスやワンピースですが、カーディガンなどのアウターの袖が通しづらいので、気温変化の激しい季節の変わり目には不向きと言えます。

季節の変わり目の気温16度は行楽日和だからこそ服装選びが重要

お花見や紅葉の時期の前後の季節に当たる気温16度の頃は、行楽日和で四季を感じるお出かけなども楽しい季節ですよね。しかし、季節の変わり目だからこそ、最低気温や最高気温、天候の変化に合わせた服装選びが重要です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード