Icon search 36px

絵が上手い人の性格10選

絵が上手い人の性格①生まれつき想像力が豊か

想像する女性

絵が上手い人の性格の1つ目は、生まれつき想像力が豊かだということです。1つの情報から導き出せる結論の数が多く、自分で自由に想像を広げることができます。絵においても、真っ白な紙の上にどんな絵を描いていくのかを自分で想像することができますので、色々なバリエーションの絵を生み出しやすいです。

絵が上手い人の性格②感受性が豊か

笑顔の女性

絵が上手い人の性格の2つ目は、感受性が豊かだということです。いくら想像力が豊かでも、その入り口となる感受性のアンテナが狭ければ活かせませんよね。生きる上で必要の無いもからでも多くの感想を抱くことができ、それを作品に昇華することができます。感受性と想像力を磨けるイベントも好きです。

絵が上手い人の性格③ナイーブで傷付きやすい

ストレスを感じる女性

絵が上手い人の性格の3つ目は、ナイーブで傷付きやすいということです。芸術家は往々にして心が繊細であることが多く、他人のちょっとした言動にもすぐに落ち込んでしまいます。顔ではニコニコしているものの内心では深い傷を持っていることも多く、そのギャップが時折滲み出ることがあります。

絵が上手い人の性格④心がピュア

笑顔の女性

絵が上手い人の性格の4つ目は、心がピュアだということです。傷付きやすい反面、感動や喜びも純粋に受け取ることができます。喜怒哀楽が激しいタイプとは限りませんが、心の中では様々な感情を感じて自分の中で消化しています。人からされたことへの感謝は忘れませんし、少し親切にされただけで心から嬉しいと思います。

絵が上手い人の性格⑤人をよく観察している

笑顔の女性

絵が上手い人の性格の5つ目は、人をよく観察していることです。人の姿勢や表情などをよく観察して、そしてそれを記憶して情報を絵に活かすことができます。絵を描く時に、頭の中に記憶した人たちの情報を思い浮かべることで、記憶の光景をなぞるように絵に起こすことができるのです。

絵が上手い人の性格⑥二面性がある

二面性のある女性

絵が上手い人の性格の6つ目は、二面性があることです。表面的には温和なタイプだったとしても、内面では全く違う感情を抱いていることがあります。絵が上手い人や芸術家タイプの人は色々な性格の自分を持っていて、そのギャップが絵に表されることも多く、繊細であることにも影響しています。

絵が上手い人の性格⑦プライドが高すぎない

笑顔の女性

絵が上手い人の性格の7つ目は、プライドが高すぎないということです。プライドが高すぎないことで人の上手な絵を見ても嫌になってしまうことなく、ポジティブな闘争心が生まれて上達しやすくなります。またプライドが高すぎないことで「上手な人を真似る」ということができるのは大きな利点となります。

絵が上手い人の性格⑧探究心が強い

仕事をする女性

絵が上手い人の性格の8つ目は、探究心が強いことです。絵が上手い人はとても多くの絵を描き続けています。その度に「もっと上手くなりたい」「色んな絵をかけるようになりたい」という思いが強くなり、見識を深めたがります。絵に関する好奇心と探究心が強いことで、より高い技術を求めるのです。

絵が上手い人の性格⑨忍耐力がある

努力をする女性

絵が上手い人の性格の9つ目は、忍耐力があることです。絵を1枚完成させるためには長い時間が必要です。一見すぐ描いたように見える絵でも実は何時間もかけられていることもあります。1つの作品に向かい合う忍耐力を持っている人が仕上げることが出来、仕上げた絵の数だけ実力も伸びていくのです。

絵が上手い人の性格⑩集中力が高い

働く女性

絵が上手い人の性格の10つ目は、集中力が高いことです。これも忍耐力と同じく、1枚の絵を完成させるために必要な要素となります。絵だけに集中できている時間が長いほどに絵の上手さのレベルも上がっていきますから、集中力を持っている人はそれだけスキルが伸びる速度も早く上手さに直結します。

絵が上手い人はモテる?魅力は?

絵の才能があったり上手い人の魅力①ミステリアスな一面がありモテる

ミステリアスな女性

絵の才能があったり上手い人の魅力の1つ目は、ミステリアスな一面がありモテるということです。絵の才能がある人はどこか掴み所の無いような魅力を持っている人が多いです。これは芸術家としての才能のある人の多くに共通します。「もっとこの人のことを知りたい」と思わせるだけのミステリアスさがモテる要因になります。

絵の才能があったり上手い人の魅力②自分の世界観を持っていてモテる

笑顔の女性

絵の才能があったり上手い人の魅力の2つ目は、自分の世界観を持っていてモテるということです。絵の才能がある人や上手い人には、自分だけのイメージの世界があります。そこで自由に想像力を働かせ、新たな絵の世界を模索しています。これは周囲が二面性を感じる由縁でもあり、個性を感じさせモテる要因となります。

絵の才能があったり上手い人の魅力③コミュニケーション手段が多くてモテる

母親と子供

絵の才能があったり上手い人の魅力の3つ目は、コミュニケーション手段が多くてモテるということです。絵の才能があるというだけで、世界中で通用するコミュニケーション手段が増えます。言葉が通じなくても人を感動させられる能力を持っているということがモテる要因にも繋がると言えるでしょう。

絵が上手い人と下手な人の違いは?

脳など絵が上手い人と下手な人の違い①作品が人目に出ることを恐れない

ペンキを塗られた壁

脳など絵が上手い人と下手な人の違いの1つ目は、作品が人目に出ることを恐れないということです。上手い人は、下手な頃からどんどん作品を人目に出します。ですがいつまでも下手な人は「いつか上手くなったら出そう」と思いながらも、臆病さが勝って出せずにいます。

脳など絵が上手い人と下手な人の違い②絵が上手い人は右脳が強いことが多い

笑顔の女性

脳など絵が上手い人と下手な人の違いの2つ目は、絵が上手い人は右脳が強いことが多いということです。言語や計算力を司る左脳よりも、想像力や感情を司る右脳が発達していることで絵が上手くなりやすいと言われます。

脳など絵が上手い人と下手な人の違い③得意な角度以外も描いている

ペンキを塗られた壁

脳など絵が上手い人と下手な人の違いの3つ目は、得意な角度以外も描いていることです。下手な人はいつも同じ角度や表情の絵しか描きません。ですが上手な人は苦手な構図もあえて取り入れたり、バストアップに絞らず全身を描くなどして全体的なスキルアップを図ります。

脳など絵が上手い人と下手な人の違い④絵が習慣化している

絵の道具

脳など絵が上手い人と下手な人の違いの4つ目は、絵が習慣化していることです。毎日の食事やお風呂などと一緒の感覚で「絵を描く」ということが習慣化している人は上手になりやすいです。絵を描くことにイベント性を感じているうちは、まだ習慣化していないので上手になるスピードは遅いでしょう。

脳など絵が上手い人と下手な人の違い⑤共通点を嫌がらない

花を描く女性

脳など絵が上手い人と下手な人の違いの5つ目は、共通点を嫌がらないということです。例えば上手な人の場合、人気のイラストレーターと自分の絵に共通点を見つけたとしたら、その点を素直に喜びながら自分のスキルを伸ばしていくことができます。ですが下手な人はなまじプライドが高いのでこれを嫌がります。

「人と被らない絵を描きたい」という思いが先行してしまっているので、自分の個性を消してまで「人とは違う絵」であることのこだわってしまいます。自分の長所を長所として認められない人は、なかなか上手にはなれないでしょう。

また絵が上手くなるためには、人からのアドバイスを素直に受け取れることも重要です。そこで「素直な人」の特徴を纏めた記事をご紹介します!こちらもぜひご参考くださいね。

関連記事

素直な人の特徴・性格13選!意味や素直すぎる人に向いてる仕事も

あなたの周りには素直な人はいませんか?素直な人の特徴や性格についてまと

Small thumb shutterstock 416229289

絵が上手くなる方法5選

絵が上手い人になる方法①世間に作品を出す

パソコンを見る女性

絵が上手い人になる方法の1つ目は、世間に作品を出すことです。今はSNSで気軽に作品を発信することができますから、下手だのを気にせずにどんどん出していきましょう。辛いコメントが付くこともあるかもしれませんが、人から評価を貰えることで技術向上のきっかけになります。

絵が上手い人になる方法②上手い人のやり方を見る

絵を描く女性

絵が上手い人になる方法の2つ目は、上手い人のやり方を見ることです。動画サイトを中心として、完成した絵ができるまでのステップを細かく後悔している人も多いです。まずは上手な人のやり方を真似して力を付けて、自分のオリジナリティはその後で発揮していくのが良いでしょう。

絵が上手い人になる方法③基礎を飛ばさない

退屈そうな女性

絵が上手い人になる方法の3つ目は、基礎を飛ばさないことです。料理と一緒で、下手な初心者ほど難しい技術を一気に取得しようとします。ですがまずは基礎が付いていないことにはその技術は活かせません。骨格や構図などの基礎的な知識と技術を軽視せずに学ぶことで、後から応用力を付けやすくしましょう。

絵が上手い人になる方法④必ず完成させる

絵を描く男性

絵が上手い人になる方法の4つ目は、必ず完成させることです。当たり前のようで非常に重要なポイントですよ。絵は完成した枚数だけ上手くなります!途中で納得行かなくても「最後まで仕上げる」ことはあなたの力に繋がります。忍耐力も付けますし、苦手なパーツを描く技術も上がります。

絵が上手い人になる方法⑤毎日描く

絵の道具

絵が上手い人になる方法の5つ目は、毎日描くことです。スポーツのトレーニングなどと一緒で、毎日少しずつ続けていくことで確実に進歩していきます。少しずつ絵を仕上げる速度も早くなってきますので、毎日コツコツ続けることで力が付いてくるのを実感できるでしょう。

絵が上手い人についてもっと知ろう!

いかがでしたか?絵が上手い人の特徴や性格をご紹介しました!極論、どのような性格の人でも絵が上手い人は上手いです。ですが絵の上達には「忍耐力」「集中力」「想像力」と共通するいくつかの能力が必要である、ということは覚えておきましょう!素敵な絵を描けるように頑張ってくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード