Icon search 36px

瞬き(まばたき)の回数が多い人の心理5選|大人の男女の場合は?

瞬きの回数が多い人の心理|大人の男女の場合①緊張している状態

面接を受けている女性

瞬きの回数が多い人の心理のうち、大人の男女の場合1つ目は、緊張している状態が考えられます。就職の面接を受けている時や人前で発表する時など、人は緊張すると手に冷や汗をかいたり、瞬きの回数が増えることがあります。「失敗したらどうしよう!」という恐怖を感じているので、なんとか自分を落ち着かせたいのです。

採用の面接や大事な発表が終わって緊張状態から解放されると、パチパチする瞬きの回数は少しずつ落ち着いていきます。大事な場面ではどうしても極度の緊張から、無意識に瞬きの回数が増えてしまうだけなのです。

瞬きの回数が多い人の心理|大人の男女の場合②気まずい雰囲気だから

喧嘩しているカップル

瞬きの回数が多い人の心理のうち、大人の男女の場合2つ目は、気まずい雰囲気だからという場合が考えられます。相手に対して傷付けるような発言をしてしまった時や怒らせてしまった時などに、居心地が悪く気まずい状態になっているのです。「機嫌が悪そうだけど、怒らせちゃったかな?どうしよう」と困惑しているのです。

相手との間に微妙な空気が流れていて、本当はその場から離れたい気持ちが働いています。しかし、逃げたらもっと怒られそうなので、逃げられないような気まずい状況なのです。気持ちがソワソワしてどうも落ち着かない状況になっています。居ても立っても居られないため、瞬きの回数がどんどん増えてしまうのです。

瞬きの回数が多い人の心理|大人の男女の場合③好きな人の前でドキドキする

胸を抑える女性

瞬きの回数が多い人の心理のうち、大人の男女の場合3つ目は、好きな人の前でドキドキしていることが考えられます。好きな人と会った時には、つい胸が高まってドキドキしてしまいます。気分が高揚すると心拍数だけではなく瞬きの回数も多くなるのです。会った時に必ず瞬きを多くする人は、自分に好意を持っているのです。

頬を赤らめながら目をパチクリしていたり、笑顔が引きつりながら瞬きしていたら好きすぎて緊張しているのです。会う回数が増えて一緒にいる時間が増えていけば、ドキドキすることが減っていくので自然と瞬きの回数も減っていきます。

瞬きの回数が多い人の心理|大人の男女の場合④隠し事をしている

下を向く男性

瞬きの回数が多い人の心理のうち、大人の男女の場合4つ目は、隠し事をしていることが考えられます。彼氏が浮気をしているのではないか疑って問い詰めている時に彼氏が瞬きの回数が急に増えた場合には、嘘をついている可能性があります。「やばい、浮気がバレたら彼女に怒られる!」と思って焦っているのです。

浮気や本当のことがバレないように、嘘をついてごまかす時に瞬きの回数が多くなります。彼氏はうまく口では浮気をしていないと嘘をついて隠しているつもりでも、動揺していることを完全には隠しきれないのです。

瞬きの回数が多い人の心理|大人の男女の場合⑤可愛く見せようとしている

可愛い笑顔の女性

瞬きの回数が多い人の心理のうち、大人の男女の場合5つ目は、自分のことを可愛く見せようとしていることが考えられます。女性が目をパチパチとさせている時には、目をもっと大きく見せたい、キュートな自分をアピールしたいと思っています。男性に自分のことを好きになってもらいたいから、目をパチクリするのです。

わざとらしく目をパチパチと瞬きしてくる女性は、男性のことが好きなのです。「あなたに甘えたい、可愛い私をデートに誘って!」と瞬きをして熱い視線を注いでくるのです。また「目にゴミが入って痛い」と言って、瞬きをしながら顔を近づけてくる場合には、相手に自分のことを見つめて欲しい気持ちが隠されています。

瞬き(まばたき)の回数が多い人の心理3選|子供の場合は?

まばたきの回数が多い人の心理|子供の場合①何かしら不安を感じている

親の喧嘩を聞きたくない子供

まばたきの回数が多い人の心理のうち、子供の場合1つ目は、何かしら不安を感じていることが考えられます。両親が喧嘩をしていたり、保育園に通い始めて慣れていない場合など、子供が不安を抱えている時に瞬きの回数が増えることがあります。不安な気持ちを言葉ではまだ上手に表現ができないため、瞬きとして現れるのです。

まばたきの回数が多い人の心理|子供の場合②もっと甘えたい気持ち

ママにべったりの女の子

まばたきの回数が多い人の心理のうち、子供の場合2つ目は、もっと甘えたい気持ちが考えられます。子供は親や家族の愛情をたっぷりと受けたい甘えん坊です。そのため、下に妹や弟ができたり親が仕事で忙しかったりなど、愛情が足りないと感じた時に瞬きの回数が増えることがあります。もっと自分を構って欲しいのです。

下の子を妊娠出産してあまり手をかけられなくなった、仕事が忙しくて保育園に迎えにいく時間が遅くなったなど、環境や心境の変化に子供はとても敏感です。もし瞬きの回数が増えるような愛情不足を感じさせてしまう心当たりがあれば、子供をぎゅっと抱きしめて愛情をたっぷり注いであげましょう。

まばたきの回数が多い人の心理|子供の場合③怒られて傷ついている

しょんぼりする男の子

まばたきの回数が多い人の心理のうち子供の場合3つ目は、怒られて傷ついている場合があります。いたずらをしたり、悪いことをして怒られた場合などに、子供は反省していないようで実は傷ついていることがあります。繊細でデリケートな心を持った子供は、キツく叱られると傷ついてしまい瞬きの回数が多くなります。

子供は深く傷ついていることを口でうまく表現できないため、目をパチパチとして瞬きに現れてしまうのです。子供にキツく怒ってしまった場合やしつけが厳しい時には、子供の瞬きの回数を減らすために少し叱り方を見直してみることがおすすめです。

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間5選

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間①緊張感が高まっている時

オフィスを歩くビジネスマン

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間1つ目は、緊張感が高まっている時に瞬きの回数が増えることがあります。仕事で大事なプレゼンをする時や採用試験を受ける時など、重要な場面で人は瞬きの回数が増えることがあります。緊張がピークに達すると落ち着かないので、なんとかコントロールしたいという気持ちがあるのです。

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間②物事に集中している時

パソコンを見つめる男性

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間2つ目は、物事に集中している時に瞬きの回数が増えることがあります。頭の中で考えを巡らしている時に、目をパチクリとさせて瞬きをたくさんしてしまうのです。「この案件はどうしたら良くなるだろうか、なんか良い解決方法はないだろうか」などと思い悩んでじっくり考えているのです。

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間③好きな人と視線が合った瞬間

視線が合う二人

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間3つ目は、好きな人と視線が合った瞬間にまばたきの回数が増えることがあります。「あの人は素敵だな」と思ってついつい見惚れていると、相手も視線に気づいて目があってしまった時にドキッとしてしまいます。好きな人の視線にドキドキして、とっさにたくさん瞬きをしてしまうのです。

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間④嘘をついている時

抱き合いながら携帯を見る二人

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間4つ目は、嘘をついている時には瞬きの回数が増える傾向があります。食事に誘っても予定があって行けないと断る人が瞬きをしている場合には、嘘をついて断っている可能性があります。本当は予定がないけれど、一緒に食事に行くのはあまり乗り気じゃないから嘘をついているのです。

また一瞬、断ろうかどうか心の中で迷っている場合にも瞬きの回数が異常に増えることがあります。食事やデートなどに誘った時に相手の瞬きの回数が急に増えているとしたら、相手は迷惑な気持ちで困っており正直乗り気ではないのです。

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間⑤目を酷使している時

メガネを外す男性

瞬き(まばたき)の回数が増える瞬間5つ目は、目を酷使している時には瞬きの回数が増えてしまいます。ずっとパソコンで仕事をしていたりゲームをして目を使いすぎた時には、目が疲れて瞬きが増えることがあります。パソコンの画面などを見すぎていたために、目の血流が悪くなっていたり目が乾燥してしまっているのです。

目をちょっと使いすぎてしまったと思った時には、目を休ませてあげましょう。そうすることで、目の疲れも取れて瞬きの回数が少なくなります。

目をパチパチする癖は他人から見てどう思われてる?気になるもの?

目をパチパチする癖は他人にどう思われているか①目が痛いのか気になる

辛そうにする女性

目をパチパチする癖は他人からどう思われているのか1つ目は、目が痛いのかと気になります。目をパチパチとさせて瞬きを多くしている人がいたら、目にゴミが入ったりコンタクトレンズがずれてしまって目が痛いのかもしれないと思います。友人や同僚だったら「目にゴミが入ったの?目が痛いの?」と声をかけてしまいます。

目をパチパチする癖は他人にどう思われているか②何かあったのか心配になる

心配している男性

目をパチパチする癖は他人からどう思われているのか2つ目は、何かあったのかと心配になることがあります。目を必要以上にパチパチとさせて瞬きをたくさんしている人を見たら、「緊張しているのかな?何かショッキングな出来事や嫌なことでもあったのかな?」と気になって心配してしまいます。

瞬きの回数がすごく多くなっているということは、その人がひどく動揺している状態で精神が不安定なのだと思ってしまうからなのです。

目をパチパチする癖は他人にどう思われているか③好きな人なら可愛いと思う

顔を近づける男性

目をパチパチする癖は他人からどう思われているのか3つ目は、好きな人なら可愛いと思う場合が考えられます。好きな女性が目をパチパチとして見つめてきたら、「甘えてくれているな、可愛い子だな」と男性は思ってしまいます。女性が可愛く見せたくて、自分に好意を持って見つめてくれていることがわかるからなのです。

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方は?

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方①ストレスを溜めないようにする

コーヒーを飲む女性

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方1つ目は、ストレスを溜めないようにすることが大切です。緊張状態や気まずい雰囲気から瞬きの回数が多くなっていまいますので、なるべく緊張したり嫌な気持ちにならないように心がけましょう。暖かい飲み物を飲んでリラックスしたり、気分転換をしてストレスを発散させることが大事です。

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方②目を温めて目の疲れをほぐす

アイマスクをする女性

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方2つ目は、目を温めて目の疲れをほぐす方法があります。目を酷使している場合には、目をホットタオルなどで温めて血流をよくしてあげましょう。また、仕事中には目の周りをマッサージすることで目の疲れを緩和してあげることが大事です。目を労わることで瞬きの回数も減っていくからです。

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方③こまめに鏡を見たり目薬を使う

鏡を見ている女性

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方3つ目は、こまめに鏡を見たり目薬を使う方法がおすすめです。鏡を自分の近くに置いて何度か鏡を見ることで、自分が瞬きをしすぎていないかを常にチェックすることができます。また、目薬をさして目の状態をチェックして、瞬きをあまりしすぎないように意識を向けることが大切です。

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方④楽しいことを考えるようにする

笑顔で外に立つ女性

瞬き(まばたき)が多い癖の直し方4つ目は、楽しいことを考えるようにすることが大切です。いつもネガティブになりがちな人は瞬きを多くしてしまいます。そのため、自分の好きなことや嬉しかったことを思い出してハッピーな気持ちになるようにしましょう。瞬きの原因になる緊張や不安を吹き飛ばすことが重要なのです。

まばたきの回数が多い人の気持ちを理解しよう!

寄り添う男女

ここまで瞬きの回数が多い人の心理について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?緊張している時や困惑している時だけではなく、嘘をついている時にも瞬きが増えてしまうことがわかりました。また、好きな気持ちや可愛く見せたい気持ちが働いて目をパチパチさせることもわかりましたね。

今回お伝えした瞬きの回数が多い人の心理について以外にも、目を見開く心理について男女別で説明した記事や、目を見て話せない心理について詳しく説明した記事もありましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

目を見開く心理11選|男性/女性別・大きくする癖がある人の特徴・怖い

今回お伝えするのは目を見開く男性と女性の心理です。目を大きくする癖のあ

Small thumb shutterstock 1155881812

関連記事

目を見て話せない心理10選!男性・女性別の人と合わせられない原因も

今回お伝えするのは、目を見て話せない男性や女性の心理と原因です。異性と

Small thumb shutterstock 510914092

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード