Icon search 36px




「しゅん」と読む男の子の名前について!漢字一覧も

「しゅん」という名前のイメージ

何かをイメージする女性

「しゅん」という名前のイメージ1つ目は、シンプルです。最近ではいわゆるキラキラネームのような、読み方が難しい名前もありますが、「しゅん」と読む名前はかなりシンプルで、良い意味で無難な名前だといえます。

「しゅん」という名前のイメージ2つ目は、フレッシュです。何となく「しゅん」と聞くと、「旬」の漢字が思い浮かぶ方が多いかもしれません。初々しくフレッシュな印象があるのも納得がいきますよね。

「しゅん」と読む漢字!ランキングTOP10

エレベーターの階数(数字)ボタン

「しゅん」と読む漢字ランキングを10位から順番に紹介していきます。やはり「しゅん」の響きは、漢字1文字にぴったり合うことがよく分かります。もちろん下記のランキングの漢字を参考にして、ほかの漢字と組み合わせて「しゅん」と読む名前を名付けるのもおすすめですよ。

    「しゅん」と読む漢字ランキングTOP10

  • 第10位:洵(誰からも愛され周りを愛する人に)
  • 第9位:春(あたたかく活発な人に)
  • 第8位:竣(努力を惜しまず何事も達成できる人に)
  • 第7位:峻(どんな困難にも立ち向かえる人に)
  • 第6位:俊(頭の回転が速く機敏な人に)
  • 第5位:瞬(今を大切に生きられる人に)
  • 第4位:旬(いつまでもフレッシュな人に)
  • 第3位:舜(立派で尊敬される心を持つ人に)
  • 第2位:隼(どんな時も素早く対応ができる人に)
  • 第1位:駿(爽やかでスピード感がある人に)

「駿」を使った「しゅん」と読む男の子の名前

「駿」の由来・意味・イメージは?

馬の銅像

「駿」の漢字の由来は【馬の象形】と【頭が良い人の象形】と【下向きの足の象形】からきています。「夋」の部分は、周りよりもずば抜けて優秀なことを表すので、「駿」は秀でた馬を指す漢字として定着していきました。漢字を見たままに、走るのが速い馬を表していることがよく分かりますよね。

「駿」のイメージに、まさに馬を挙げる方も多いでしょう。ただ、それ以外にも駿河という言葉に使われる漢字だと想像する方も多いかと思います。現在でいう静岡県の一部を指す言葉で、昔から親しまれてきた漢字だともいえます。さらに、昔も今も駿河は栄えている印象も多く挙げられるのではないでしょうか。

「駿」を名前につける(名付け)時の思い・思いは?

馬に乗る偉人の銅像

「駿」を名付けに使う場合は、漢字の由来通り「爽やかでスピード感のある人に・運動神経抜群で人気者になれるような人に」と願いを込めると素敵です。また、「駿」のイメージ通り「社会発展の一員として貢献できる人に・古風で先祖や情緒を忘れない人に」との思いを込めてもいいですね。

「駿」を使った「しゅん」と読む男の子の名前・漢字一覧

爽やかに走る家族

「駿」を使った「しゅん」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして9個紹介します。「駿」1文字でも人気がありますが、先頭字にほかの漢字と組み合わせるとまた違った印象になりますよ。「駿」は、へんもつくりもだいたい同じの画数なので、どっしりと感じる止め字として活躍してくれるでしょう。



「しゅん」と読む男の子の名前・漢字|「駿」

真駿 史駿 志駿
紫駿 柊駿 新駿
朱駿 守駿 信駿

「俊」を使った「しゅん」と読む男の子の名前

「俊」の由来・意味・イメージは?

走っている男性

「俊」の漢字の由来は【人の象形】と【頭が良い人の象形】と【下向きの足の象形】からきています。先ほどの「駿」と、由来はほぼ同じだといえるでしょう。違う点といえば、馬ではなく人を表す漢字で何事にも秀でていることを指すというところです。俊才という言葉のように、頭の回転が速いことを表す時も使いますよね。

「俊」のイメージに、俊足という言葉を挙げる方も多いでしょう。日常的によく使う言葉なので、親しみがあるのです。実際はあらゆる分野で秀でていることを意味するのですが、何となく俊敏さやきびきびとした動きを想像してしまいますよね。このイメージは、おそらく一般的で多い考え方といえるでしょう。

「俊」を名前につける(名付け)時の思い・思いは?

子供用の靴

「俊」を名付けに使う場合は、漢字の由来通り「何事もそつなくこなせる人に・頭の回転が速く信頼される人に」と願いを込めると素敵です。また、「俊」のイメージ通り「機敏できびきびと仕事ができる人に・瞬発力と行動力がある人に」との思いを込めてもいいですね。

「俊」を使った「しゅん」と読む男の子の名前・漢字一覧

自慢の俊足で盗塁する男の子

「俊」を使った「しゅん」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして9個紹介します。「しゅん」と読む名前でも、よく使われる人気の漢字でしょう。漢字の画数は多すぎず、すっとした印象が抱けるのも特徴です。ただ、「とし」の読み方も定着しているのでその点は把握しておきましょう。

「しゅん」と読む男の子の名前・漢字|「俊」

朱俊 珠俊 守俊
修俊 柊俊 志俊
紫俊 詩俊 慎俊

「春」を使った「しゅん」と読む男の子の名前

「春」の由来・意味・イメージは?

春を感じる花

「春」の漢字の由来は【草の象形】と【髪を束ねた子供の象形】と【太陽の象形】からきています。髪を束ねるというのは、群がるということを意味しています。つまり、草が太陽の光を浴びて群がり生えている情景から、季節を表す春を意味する漢字として定着していきました。草花が芽を出して揺れる季節感を感じますよね。

「春」のイメージに、季節の春を挙げる方がほとんどでしょう。ただ、青春や人生の春という言葉もあるように、甘酸っぱさや人生の勢いなどを感じる方も少なくないはずです。初々しいフレッシュさや、人生で1番勢いのある盛んな時期を思い出すと、懐かしい気持ちが蘇る方もたくさんいることと思います。

「春」を名前につける(名付け)時の思い・思いは?



春を感じる情景

「春」を名付けに使う場合は、漢字の由来通り「春のようなあたたかい心を持つ人に・力強くどこまでも突き進んでいけるように」と願いを込めると素敵です。また、「春」のイメージ通り「いつまでも初々しさを和据えない素敵な人に・勢いがあり楽しい人生になるように」との思いを込めてもいいですね。

「春」を使った「しゅん」と読む男の子の名前・漢字一覧

春の日差しを感じる男の子とお父さん

「春」を使った「しゅん」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして9個紹介します。「春」1文字では、どうしても女の子らしい印象になってしまうと思う方も少なからずいるでしょう。そんな時は、ぜひほかの漢字と組み合わせて考えてみてください。縦に構成された漢字なので、相性が良い漢字ばかりですよ。

「しゅん」と読む男の子の名前・漢字|「春」

朱春 珠春 守春
柊春 真春 史春
士春 紫春 慎春

かっこいいイメージ・印象のする「しゅん」と読む男の子の名前

かっこいいイメージ・印象を与える漢字は?

かっこいい男性

かっこいいイメージ・印象を与える漢字1つ目は「隼」です。「何事にも素早く対応できる機敏さを持つ人に・1つの目標に向かって諦めずにやり遂げる人に」などと願いを込められるでしょう。まさに、男の子らしいかっこいい漢字だといえる「隼」で、今どきの赤ちゃんの名前にもぴったりな漢字ですよね。

かっこいいイメージ・印象を与える漢字2つ目は「准」です。「寛大な心を持つ優しい人に・誰にでも平等に接せる素敵な人に」などと願いを込められるでしょう。最近の名付けではよく見かける漢字なのではないでしょうか。おしゃれなかっこよさというよりも、スマートなかっこよさを感じられる漢字ですよね。

かっこいいイメージのする「しゅん」と読む名前・漢字一覧

かっこいい男の子とお母さん

かっこいいイメージのする「しゅん」と読む名前・漢字を一覧で10個紹介します。「隼」は「じゅん」だけでなく、「しゅん」の読み方も定着しているでしょう。縦に構成された漢字であり、すらっとした印象も感じられるのではないでしょうか。組み合わせる漢字もかっこいいイメージのものだと、より男の子らしくなりますよ。

また、「准」に関しては「しゅん」よりも「じゅん」の読み方のほうが定着しているように感じます。なのでその点では注意が必要ですが、最近の赤ちゃんの名付けでは「しゅん」の読み方も定着しつつあります。

「しゅん」と読む名前・漢字一覧|「隼・准」

真隼 朱隼 守隼 柊隼 志隼
慎准 紫准 修准 准武 准雲

スピード感あるイメージ・印象のする「しゅん」と読む男の子の名前

スピード感あるイメージ・印象を与える漢字は?

スピード感ある情景


かっこいいイメージ・印象を与える漢字1つ目は「瞬」です。「一瞬一瞬を大切に生きていける人に・スピード感のある人に」などと願いを込められるでしょう。一瞬や瞬間にも使われる漢字で、まさにスピード感の印象があるのではないでしょうか。

かっこいいイメージ・印象を与える漢字2つ目は「舜」です。「立派な人格を持つ人に・誰からも尊敬される立派な人に」などと願いを込められるでしょう。漢字の意味は全く違いますが、「舜」は「瞬」に似ている漢字なので、どことなくスピード感が感じられますよね。

スピード感あるイメージのする「しゅん」と読む名前・漢字一覧

爽やかにグッジョブポーズをする男の子とお母さん

かっこいいイメージのする「しゅん」と読む名前・漢字を一覧で9個紹介します。「瞬」にはもちろん「しゅん」の読み方が定着しています。画数が多くも感じますが、読みやすく書きやすい漢字なので「しゅん」と読む名前にはぴったり合うでしょう。どっしりと構えた字体が男の子らしさをも感じますよね。

また、「舜」に関しても「しゅん」の読み方が定着しているでしょう。先ほどの「瞬」と比べて、すっきりとした字体かつ画数が少ないので使い分けることができます。名字の画数に合わせて、「瞬」を使うか「舜」を使うかを決めてもいいかもしれませんね。

「しゅん」と読む名前・漢字一覧|「瞬・舜」

真瞬 士瞬 志瞬
朱瞬 新瞬 紫舜
詩舜 舜雲 舜武

「しゅん」と読む漢字で名前に使わない方が良い漢字

「しゅん」と読む漢字で名前に使わない方が良い漢字|「しゅん」編

外を見ながら考える女性

「しゅん」と読む漢字で名前に使わない方が良い漢字を、「しゅん」と読む漢字に絞って紹介します。「しゅん」と読みにくい漢字にも注意が必要でしょう。

    使わない方が良い漢字|「しゅん」編

  • 迅:「しゅん」とも読めるが「じん」の読み方が一般的なため
  • 筍:食べ物の「たけのこ」を想像してしまうため

「しゅん」と読む漢字で名前に使わない方が良い漢字|「し・しゅ」編

眉間にしわを寄せて悩む女性

「しゅん」と読む漢字で名前に使わない方が良い漢字を、「し・しゅん」と読む漢字に絞って紹介します。良くないイメージや縁起の悪い漢字も、避けた方が無難といえるでしょう。

    使わない方が良い漢字|「し・しゅ」編

  • 死:縁起の悪い漢字のため
  • 紙:ペラペラとした紙を想像してしまうため
  • 飼:名前向きの漢字ではないため
  • 酒:明らかにお酒を想像してしまうため
  • 腫:腫れるという言葉には良くないイメージがあるため
  • 首:生首などを想像してしまうため

「しゅん」は男の子らしいかっこいい名前!

検診を受ける妊婦さん

「しゅん」と読む男の子の名前を、少しではありますが幅広く紹介してきました。「しゅん」の響きは男の子にぴったりであり、呼びやすい名前ですよね。かっこいいイメージでも、スピード感あるイメージでも、もしくは別のイメージの漢字でも、名付けやすい「しゅん」と読む名前をぜひプレゼントしてあげてくださいね。

本記事では「しゅん」と読む名前を紹介してきましたが、基本的に漢字1文字でのイメージがあります。名字が3文字の方は、自然と1文字の名前をつけてしまいたくなるでしょう。そんな方にぜひ下記の記事もおすすめさせていただきます。「りゅう」と読む男の子の名前をたくさん紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

関連記事

男の子の名前|「りゅう」と読む漢字60選!意味・イメージは?名付け/一覧

男の子の名前で「りゅう」と読む漢字の48選です。「りゅう」と読む漢字を

Small thumb shutterstock 387986677


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード