Icon search 36px

色落ちしないシャンプーの選び方は?

色落ちしないシャンプーの選び方①ヘアカラーにも最適な洗浄力かどうか

水

色落ちしないシャンプーの選び方の1つ目は、ヘアカラーにも最適な洗浄力かどうかです。シャンプーの中には、洗浄力が高すぎるものもあるため、ヘアカラーがすぐに抜けることも少なくありません。おすすめは、アミノ酸系の優しい洗浄力タイプのシャンプーで、ヘアカラーをした後でも落ちづらいのが特徴です。

色落ちしないシャンプーの選び方②色が長持ちするケア成分が入っているか

ケア成分

色落ちしないシャンプーの選び方の2つ目は、色が長持ちするケア成分が入っているかです。ヘアカラーは、ダメージがきっかけで色落ちすることもあります。こうしたダメージから髪の毛を守るケア成分がしっかり入っていることが重要です。髪の毛を紫外線や乾燥から守ってくれる保護成分が入っているものがおすすめです。

色落ちしないシャンプーの選び方③頭皮と髪の毛の両方が保湿できるか

髪の毛が綺麗な人

色落ちしないシャンプーの選び方の3つ目は、頭皮と髪の毛の両方が保湿できるかです。とくに、白髪染めをする人は、髪の毛だけでなく頭皮環境も整えないとすぐに白髪が発生しやすくなります。そのため、髪の毛と頭皮の両方にしっかり潤いヴェールがないと、色も抜けやすくなるのです。

【前半】色落ちしないおすすめのシャンプー4選

色が落ちにくいシャンプー①ホーユー・プロマスターカラーケアリッチ

色が落ちにくいシャンプ―の1つ目は、ホーユーのプロマスターカラーケアリッチです。市販品としてドラッグストアでも手に入るこちらの色落ちしないシャンプーは、商品名からもわかる通り、ヘアカラーによるダメージケアを防ぐだけでなく、色抜けやヘアカラーの長持ちをサポートしてくれるシャンプーです。

こちらの色落ちしないシャンプーの特徴は、何といってもヘアカラーが髪の毛から流れ出すのを防いでくれる点です。そのため、ヘアカラーが抜けることのない長持ちしやすい環境に整えてくれます。また、紫外線などのダメージによる髪色の褐色化にも効果的に働きかけてくれるため、色が落ちにくいと評価も高いアイテムです。

また、こちらの色落ちしないシャンプーには天然由来のアボカドオイルが配合されており、洗いあがりの指通りがなめらかで、まとまりやすいヘアースタイルを作ることができます。また、保湿成分もたっぷり配合されていることから、スカルプケアにも最適なのが嬉しいポイントです。

色が落ちにくいシャンプー②ヴィダルサスーン・ビビッドカラーケア

色が落ちにくいシャンプ―の2つ目は、ヴィダルサスーンのビビッドカラーケアシャンプーです。カラーケアシャンプーと言えば、ヴィダルサスーンのイメージも強いですが、とくにイメージそのままにカラーケアができるのが、こちらのビビッドカラーケアです。

ヘアカラー後のデリケートな髪の毛を、1本1本保護してくれるため、髪の毛から色が抜けるのを防いでくれます。さらに、こちらのシャンプーは髪の毛にツヤを与えるコーティング成分を配合しているので、せっかくヘアカラーした色の発色をサポートしてくれるのも嬉しいポイントです。

ヴィダルサスーンのシャンプーもまた、ドラッグストアをはじめ様々なスーパーなどでも市販されているため、手頃なタイプの色落ちしないシャンプーだと言えます。髪の毛がきしみやすいとか、ヘアカラー後のダメージが気になるという人にとくにおすすめです。

色が落ちにくいシャンプー③アミノレスキューモイストシャンプー

色が落ちにくいシャンプ―の3つ目は、アミノレスキューモイストシャンプーです。こちらは、今人気のノンシリコンタイプのシャンプーで、洗浄成分にはアミノ酸系成分が使われています。アミノ酸系シャンプーは、洗浄パワーが強すぎないため、ヘアカラーが落ちにくいのが嬉しいポイントです。

さらにこちらは、アミノ酸による補修ケアも受けられるのが魅力の1つです。ダメージを受けた髪の毛1本1本を補修し、紫外線や感想などの刺激からも保護してくれます。ちなみに、髪色をもっと長持ちさせたい方は、シャンプーだけの使用ではなくトリートメントもラインで揃えるのがおすすめです。

アミノレスキューのトリートメントにも、アミノ酸が配合されているのですが、こちらははヘアカラーを長持ちさせるために独自に配合されたアミノ酸が使われているため、色落ちしないという口コミもとても多いのが特徴です。さらに、アミノ酸は地肌にも優しいのでスカルプケアにも最適なヘアケアでもあります。

色が落ちにくいシャンプー④KAMIKA・黒髪クリームシャンプー

色が落ちにくいシャンプ―の4つ目は、KAMIKAの黒髪クリームシャンプーです。KAMIKAは、日本人の黒髪の着目したシャンプーで、ヘアカラーの中でも白髪染めを行いたい人にとくにおすすめの色落ちしないシャンプーです。

髪色が抜けるそもそもの原因にアプローチをかける、ヘマチンやメリタンというヘアケア成分を配合しているため、ヘアカラーの退色や白髪が発生しづらい環境を作ってくれる、非常にありがたい色落ちしないシャンプーでもあるのです。

また、こちらのシャンプーは今話題のクリームシャンプーと言われるシャンプーで、泡が立たないのが特徴の1つです。髪の毛に余計な負担をかけずに、頭皮と髪の毛の両方を労わりながら洗えるので、毎日のシャンプーによるダメージも最小限にできるのが嬉しいポイントです。

【後半】色落ちしないおすすめのシャンプー4選

色が落ちにくいシャンプー⑤クレムドアン生クリームシャンプー

色が落ちにくいシャンプ―の5つ目は、クレムドアンの生クリームシャンプーです。こちらも、今話題のクリームタイプのシャンプーで、タレントの住谷杏奈さんがプロデュースされたことでも知られている、今売れまくっている色落ちしないシャンプーの1つです。

こちらのシャンプーの最大の特徴は、オーガニック系成分をたっぷり配合しているので、髪の毛だけでなく地肌にも優しいのが嬉しいポイントです。しかも、髪の毛と地肌の両方をたっぷり保湿してくれるので、乾燥や紫外線によるダメージを受けても退色しづらい強い髪と地肌を作ることができます。

また、クリームシャンプーのメリットはこれ以外のヘアケアがいらないという点です。トリートメントやコンディショナーがこれ1本で済むので、ラインで揃えないといけない高価なシャンプーよりも、ずっとコスパがいいのも魅力的なポイントです。

色が落ちにくいシャンプー⑥WEN・クレンジングコンディショナー

色が落ちにくいシャンプ―の6つ目は、WENのクレンジングコンディショナーです。こちらのシャンプーも、クリームタイプのシャンプーで、コンディショナーやトリートメント成分がたっぷり入ったオールインワンタイプのヘアケアアイテムです。

WENと言えば、ヘアカラーの色落ちを防ぐというテレビCMでもよく目にする話題の色落ちしないシャンプーです。しかも、こちらのシャンプーは、ブリーチを繰り返した頑固なダメージヘアでも、しっかりとツルツル・サラサラにしてくれるという実力派シャンプーの1つです。

髪色が抜けるのを防ぐだけでなく、頑固なパサつきやまとまらない髪の毛が、シャンプーした翌日でもしっかりまとめあげてくれるため、口コミ評価も非常に高いです。また、WENはラインナップも豊富なので、好きな香りなどから選べるのも嬉しいポイントです。

色が落ちにくいシャンプー⑦資生堂・ルミノジェニックシャンプー

色が落ちにくいシャンプ―の7つ目は、資生堂のルミノジェニックシャンプーです。ヘアカラーをする人のために作られたシャンプーで、サロンレベルの仕上がりが期待できると、口コミ評価も高い色落ちしないシャンプーの1つです。

保湿ケア成分をはじめ、保護成分などがたっぷり配合されているため、髪の毛からヘアカラー成分が抜けるのを防ぐほか、髪色の褐色化・退色を防ぐのにも役立ちます。さらに、紫外線や乾燥によってダメージを受けた髪の毛を補修し、潤いを与えてくれるので、いつでもうるツヤなサラサラヘアーが楽しめるのも魅力の1つです。

また、資生堂のルミノジェニックシャンプーは、ヘアカラー後の発色サポートをしてくれるのも選びたくなる理由の1つです。光の変化に機敏に反射してくれるコントロール成分配合で、髪の毛にツヤツヤとした印象を与えてくれる、機能性抜群なシャンプーです。

色が落ちにくいシャンプー⑧THROW・カラーシャンプー

色が落ちにくいシャンプ―の8つ目は、THROWのカラーシャンプーです。シャンプーによって色落ちしてしまうなら、シャンプーの度に色を入れてあげるという新発想のシャンプーです。シャンプーの色が黒いので、初めて使う人はびっくりすることもあります。

色を入れると聞くと、ちゃんと汚れは落ちるのかな?と心配になる人もいますが、アミノ酸系の洗浄成分が入った、れっきとしたシャンプーなので心配はいりません。また、ヘアケア後のダメージヘアーに対しても、きちんと対処してくれる成分が配合されています。

ボタニカルな天然由来のヘアケア成分をはじめ、保湿成分や補修成分などもたっぷり配合されているので、ヘアカラー後の綺麗な髪色はそのままに、髪の毛の傷みが気にならないうるうる、ツヤツヤ、サラサラのヘアーが楽しめるのも嬉しいポイントです。

シャンプー以外の髪色の色落ち対策は?

長持ち・色落ちしない対策①カラーはできるだけ市販ではなくプロに任せる

美容師によるヘアカラー

長持ち・色落ちしない対策の1つ目は、カラーはできるだけ市販ではなくプロに任せるということです。自分で行うと、時間がまばらになってしまうこともあるため、不要なダメージを髪の毛に与え、結果的にすぐに色が落ちてしまうこともあります。そうしたことがないよう、プロに任せるのがおすすめです。

長持ち・色落ちしない対策②ヘアカラーはできるだけカラートーンを落とす

黒髪

長持ち・色落ちしない対策の2つ目は、ヘアカラーはできるだけカラートーンを落とすことです。明るい色にヘアカラーをすればするほど、髪色が抜けるのが気になりやすくなります。できるだけ、落ちづらい色にするためには、色もトーンが暗いほうが万が一落ちてしまった時でも目立ちづらいです。

長持ち・色落ちしない対策③ドラッグストアでも手に入る保湿ヘアケアを使う

うるさらヘアー

長持ち・色落ちしない対策の3つ目は、ドラッグストアでも手に入る保湿ヘアケアを使うことです。特におすすめは、アウトバストリートメントと呼ばれる洗い流さないヘアケアで、ドラッグストアなどの市販品のプチプラでもいいので、使わないより使った方が髪の毛の色持ちがよくなります。

【番外編】色落ちがしにくい髪色は?

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色①ブラウン系

ブラウン系ヘアー

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色の1つ目は、ブラウン系です。日本人の髪の毛にもなじみがいい、落ち着いたブラウン系の髪色は、視覚的に色落ちや退色を感じさせない色味でもあります。そのため、万が一色が抜けてしまったとしても、髪色が綺麗なままであることも多いです。

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色②ブルー系

ブルー系ヘアー

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色の2つ目は、ブルー系です。日本人の黒髪にもしっかり馴染むブルー系のヘアカラーは、色の抜けが感じづらい色味でもあります。そのため、退色も気にならないのが嬉しいポイントです。

ちなみに、最近はイルミナカラー・オーシャンというブルー系のヘアカラーが人気です。次の記事では、トーン別のヘアカラーや色落ち具合についても調べてまとめてありますので、ぜひ併せてチェックし、ヘアカラーの際の参考にしてみてください。

関連記事

イルミナカラー・オーシャンの髪色レシピ5選!トーン別ヘアカラー&色落ちは?

イルミナカラーのオーシャンとは、青系統の髪色に仕上がるヘアカラーです。

Small thumb %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色③アッシュ系

アッシュ系ヘアー

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色の3つ目はアッシュ系です。グレーに近いアッシュは、おしゃれ度も高いですが、同時に一見すると落ち着いた髪色であるのが特徴です。日本人の髪色にもなじみがいいので、視覚的に色落ちを感じさせません。

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色④ピンク系

ピンク系ヘアー

色が抜ける・色落ち・退色しづらい髪色の4つ目は、ピンク系です。ピンク系もまた、日本人の髪色になじみやすい色で、柔らかい色味が髪の毛に抜け感を与えてくれます。また、ピンク系のヘアカラーは、色落ちしても差ほど退色感を与えないのが嬉しいポイントです。

色落ちしないシャンプーで綺麗な髪色を保とう!

髪色の素敵な女性

ヘアカラーをしている人は、ヘアカラー専用の色落ちしないシャンプーを使うのがおすすめです。最近は、ヘアカラーの色落ちを防ぐ成分を配合しているものはもちろん、新感覚のシャンプーの度に色をプラスしてくれるタイプもあります。ぜひみなさんも、色落ちしないシャンプーで発色の綺麗な髪色を長持ちさせましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード