Icon search 36px

日本編|1960年代に流行した女性ファッションの特徴は?

①ミニスカート

1つ目はミニスカートです。1960年代の女性ファッションに大きな革命をもたらしたのが、ミニスカートの存在です。それまで女性は脚を隠したつつましいファッションが主流でしたが、ミニスカートのブームで世界のトレンドが変わります。ヨーロッパ、アメリカから流行り日本にもやってきました。

イギリス出身の女優、ツイッギーはミニスカートの女王とも呼ばれ、来日したことから日本にミニスカートブームが起こりました。膝上丈で脚を大胆に露出するスタイルが特徴で、当時は賛否両論な反応でしたが世界的なトレンドの一つです。

なお、1950年代に流行した女性のファッションについては別の記事で詳しく紹介しています。60年代のファッションとは大きく異なるので、こちらも参考にしてみてくださいね!

関連記事

1950年代レディースファッションを解説!日本と海外における流行の特徴は?

1950年代は日本と海外でどのようなファッションが流行っていたのでしょ

Small thumb shutterstock 70657474

②みゆき族

2つ目はみゆき族です。みゆき族とは60年代に銀座のみゆき通り、並木通りなどに若者が集まるようになったことから、みゆき通りにちなんで名づけられたものです。日本版ヒッピーとも言える自由な思想を掲げた青年の集団で、単に集まるだけでなく、ファッションにも共通性がありました。

女性は白いブラウス、ぺたんこ靴、ロングスカート、バックで結んだリボンベルトが定番コーデです。更に頭には三角折りしたスカーフ、首にはネッカチーフを巻き、ファッションブランドVANの紙袋を持つスタイルが特徴です。

③サイケ族

3つ目はサイケ族です。60年代に新宿東口駅前広場では、みゆき族と同じように若者が集まっていました。ファッションの特徴は汚れたTシャツ、ジーンズ、素足にサンダルといった、非常にラフなスタイルです。

また、オーバーサイズのアイテムをユンセックスに着こなすのも、サイケ族のトレンドでした。サイケというとサイケデリックな色遣いやデザインと思いがちですが、どちらかというと古着風のラフなコーデが特徴です。

ヨーロッパ編|1960年代に流行した女性ファッションの特徴は?

①カラフルポップ

1つ目はカラフルポップです。60年代のヨーロッパで流行したファッションの傾向として、これまでよりも色遣いがカラフルになったことが挙げられます。柄やデザインもポップになり、派手で元気な印象のコーデがブームになりました。

ワンピースやミニスカート、上下のセットナップなども原色を使ったカラフルなデザインが多くなります。サイケデリックな色柄でも、女性的なワンピースなどシルエットが可愛い為、レトロでキュートなスタイルとなっています。ファッション文化をリードするヨーロッパの流行は、世界的にも発信されました。

②ジャンプスーツ

2つ目はジャンプスーツです。ジャンプスーツとはワンピースのように上下がつながったパンツスタイルのことで、オールインワン、コンビネゾンなどとも呼ばれます。元は男性向けファッションでしたが、女性のコーデにも取り入れられるようになりました。

60年代はまだまだパンツを取り入れる女性ファッションが少なめでしたが、ヨーロッパでは徐々にメンズライクなコーデも主流になってきました。男性的なジャンプスーツも、トレンドのカラフルポップな色柄でワンピースのように可愛く着こなすのが当時の流行です。

③マキシ丈スカート

3つ目はマキシ丈スカートです。60年代はヨーロッパ、アメリカ、日本と空前のミニスカートブームが起こりましたが、60年代後半になるとその反動か、マキシ丈スカートがトレンドとなります。

マキシ丈は足首まである長い丈が特徴で、ワンピースやスカートなど長い丈のアイテムを使うコーデが人気でした。マキシ丈のワンピースなどは、上品でお嬢様らしいコーデになりますね。ヨーロッパから世界にマキシ丈トレンドが広がっていきます。

マキシ丈スカートは現代でも人気のファッションアイテムですよね!別の記事ではマキシ丈スカートを取り入れたおすすめコーデを紹介しています。こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

関連記事

2019年春のマキシスカートコーデ28選!ロング丈やスウェット生地も

春コーデでは定番人気のロングスカートですが、2019年の春コーデでは長

Small thumb shutterstock 1217691724

アメリカ編|1960年代に流行した女性ファッションの特徴は?

①ヒッピーファッション

1つ目はヒッピーファッションです。ヒッピーとはアメリカで生まれた文化、思想のことで「愛・平和・自然」をテーマに規則にとらわれず自由に生きる人を指します。これをもとにしたのがヒッピーファッションです。

特徴は、エスニックやサイケデリックなど派手な色柄を取り入れつつも、どこか自然を感じるルーズな着こなしです。派手な色のTシャツにゆるいジーンズ、フォークロアなどを取り入れた自然な着こなしが流行しました。

②ベルボトム

2つ目はベルボトムです。ベルボトムとはパンツの一種で、腰から膝上にかけてはぴったりしており、裾にいくにつれて広がっていくデザインが特徴です。ベルの形に似ているのでベルボトムと呼ばれています。

日本でもトレンドになり、パンタロンやラッパズボンとも呼ばれていました。発祥はアメリカ海軍の制服です。ワンピースのように女性的なコーデが流行った50年代と違い、60年代はパンツスタイルのファッションもトレンドになりました。

③サイケデリック

3つ目はサイケデリックです。サイケデリックとは流動的で抽象的な柄、原色、蛍光カラーを使ったファッションが特徴で、アメリカ発祥のヒッピー文化とともにトレンドとなりました。派手でボヘミアンなデザインも流行したものです。

女性は原色などを使った派手な色遣いのワイドパンツなど、シルエットはラフでもへそ出しなど大胆なコーデがトレンドでした。アメリカ発祥のサイケデリック文化が、日本にも渡ってヒッピー、サイケ族などに繋がります。

1960年代に流行した女性ファッションで人気のブランドは?

①マリー・クヮント

1つ目はマリー・クヮントです。イギリス発祥のファッションブランドで、スウィンギング・ロンドンと呼ばれた1960年代に大きなブームを起こした存在です。1959年に、初めてミニスカートを発案したブランドでもあります。

これまでの長い丈のワンピースやスカートとは違い、大胆に丈を短くしたミニスカートはヨーロッパ、アメリカ、日本と世界中でヒットします。その後、丈の短いホットパンツも考案し、女性のファッション文化を大きく変えました。

②クレージュ

2つ目はクレージュです。フランスのブランドで、マリー・クヮントとほぼ同時期に膝上5cmのミニスカートを発案します。60年代の女性ファッションを代表するミニスカートは、マリー・クヮント、クレージュの2大ブランドが大きな影響を与えています。

その後も60年代に女性のパンタロンルック、ロングブーツ、ボディタイツといったファッションを多く生み出し、60年代のファッション文化を作っていきました。現在もミニスカートやロングブーツなどは、ブランドの人気アイテムです。

③イヴサンローラン

3つ目はイヴサンローランです。フランスのブランドで、シャネル、ディオールなどと並びファッション界の最先端を行くハイブランドです。イヴサンローランは、モンドリアンの絵画から着想を得たモンドリアン・ルックを発表しています。

ワンピースをキャンバスに見立てて、直線で区切り三原色を取り入れたアート風のデザインが特徴です。サイケデリックやカラフルポップなど、60年代の流行である派手な色遣いにもつながるファッションです。

1960年代に流行した女性ファッションをコーデに取り入れるコツは?

①原色は2色に絞る

1つ目は原色は2色に絞ることです。60年代のファッションといえば、とにかくポップでサイケデリックな原色使いが特徴です。派手な色遣いで全身統一することで、60年代風のレトロポップなコーデになりますよ!

ポイントは、全身コーデに使う色は2色に絞ることです。原色をたくさん使うと散らかった印象になって、コーデもまとまりにくくなります。赤とピンク、黄色とオレンジなど、相性のいい色を2色使うことで、統一感のあるレトロポップコーデに仕上がります!

②柄物を取り入れる

2つ目は柄物を取り入れることです。原色だけでなく大胆な柄物がブームになったのが、60年代のファッションです。ストライプ、ドット、大きめの花柄、幾何学模様など、はっきりとして大きめの柄を取り入れると60年代風になりますよ!

例えば春夏は大きい花柄を使ったボヘミアンなワンピースを一枚で着て、サングラスや帽子を合わせるのがおすすめです。秋冬はチェックや千鳥格子柄を全体に使ったコートを羽織れば、一気に60年代風のコーデになります。色は鮮やかなものを選んでくださいね!

③中間色を取り入れる

3つ目は中間色を取り入れることです。空前の原色、蛍光色ブームだった60年代ですが、人によってはどうしても原色系が似合わない場合もありますよね。そんな時は、少し再度を落とした中間色を使うとコーデしやすくなります。

イエベの人は蛍光イエローよりもレモンイエローを使ったり、少しだけ淡いペールオレンジなど少し優しいカラーを選んでみましょう。ブルベの人もラベンダーパープル、ミントグリーン、明るめのピンクなどを選ぶと、原色よりコーデしやすくなります。

1960年代に流行した女性のファッションをコーデに取り入れてみよう!

1960年代はこれまでのファッション文化から大きく流行が変化し、デザイン、色遣いなどもますます大胆になった時代です。時代を象徴するミニスカートは、ヨーロッパ、アメリカのみならず日本でも空前のブームとなりました。

それ以外にも、60年代はヒッピースタイルやサイケデリックファッションのように、社会の秩序に逆らい自由さをアピールするようなファッションがトレンドになります。

60年代に流行したファッションは、現代にも取り入れることのできるおしゃれでレトロポップな可愛さが特徴です。上手に取り入れて、レトロなコーデを楽しんでみてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード