Icon search 36px

【セブンイレブン】朱肉を売ってるコンビニ

値段・売り場

Putisyunikuindex

シャチハタ

プチ朱肉 20号

Amazonで詳細を見る

セブンイレブンでは多くの店舗で朱肉が販売されています。小さな店舗によっては売っていない場合もありますが、セブンイレブンはコンビニチェーン店の中でも、最も朱肉を売り場に並べている確率が高いでしょう。朱肉は文房具売り場で見つけることができます。

セブンイレブンで販売しているものは主に「プチ朱肉」(シャチハタ)で、値段は350円(税別)です。フタがパステルカラーのピンクやブルーなど、見た目が可愛らしいだけではなく、直径2.3cmとコンパクトサイズなので、携帯にも便利ですよ。

商品がなかった場合

ふでばこ

セブンイレブンの文房具売り場に朱肉が並んでいなければ、レジで店員さんに声をかけてみましょう。もし朱肉を販売していないセブンイレブンだったとしても、店舗の業務で朱肉を使用している場合は「朱肉を貸してください」とお願いして借りることができます。

まれに断られることもありますが、その場合は商品として朱肉を売っていることが原因です。店員さんに聞くと商品がどこにあるのか教えてもらえるので、購入しましょう。

【ファミリーマート】朱肉を売ってるコンビニ

値段・売り場

51wmofxzlvl. sl1000

マックス

瞬乾 朱肉 プレミオ

Amazonで詳細を見る

ファミリーマートも店舗によっては朱肉を販売しています。ファミリーマートで手に入る朱肉は、「瞬乾朱肉 プレミオ」(株式会社マックス)です。値段は700円(税別)です。丸型の黒いケースに収められた、誰もが役所や銀行などで一度は目にしたことがあるスタンダードなタイプの朱肉です。

ファミリーマートで朱肉が見つかるのは文房具売り場です。一緒にスタンプ用の赤いインクも並んでいるので、朱肉と間違えないようにしましょう。色は同じでも紙に押印したときの発色が大きく変わり、重要な書類にスタンプ用インクで押印すると、失敗する可能性があります。

ファミリーマートの朱肉の値段は、他のコンビニチェーン店と比較すると700円と高めです。急いでいる時に間に合わせで購入するには躊躇する値段ですが、インクの乾きが早く発色も良いです。長く使える良い品ですので、購入しておいて損はありません。

商品がなかった場合

インク

朱肉を販売していないファミリーマートであったとしても、レジで朱肉を借りることができます。借りる場合はレジで店員さんに声をかけましょう。

レジが混んでいる場合は、業務が一段落するのを見計らってから声をかけた方が、お互いに快く借りることができますよ。店員さんも忙しいと貸し出しに気を配る余裕がなくなっていますので、相手を思い遣る行動をとることが確実に借りることができるコツです。

【ローソン】朱肉を売ってるコンビニ

値段・売り場

315yxzycexl

ライオン事務器

スポンジ朱肉 スタンプエイド

Amazonで詳細を見る

ローソンでも朱肉を購入することが可能です。しかしセブンイレブンやファミリーマートと同じように、商品を入荷していない店舗もあります。朱肉は文房具売り場にあります。また店舗によっては、日用品などの生活雑貨と一緒に並んでいます。文房具売り場で見つからなくても、日用品売り場もチェックしてみて下さい。

ローソンで販売している朱肉は「スタンプエイド朱肉CS-122」(ライオン事務器)で、値段は150円(税別)です。ブックマッチ型の朱肉で、小さい上に厚みもほとんどなく、ペンケースや手帳にはさんで持ち歩くこともできます。

また同じローソンの店舗でも、「朱肉ユニくっきり乾一30号HSN-S30K」(三菱鉛筆)の場合もあります。黒く丸い容器に入った朱肉で、別売りの補充液もあるので長く使用できます。ローソンも他のコンビニチェーン店と同じように、各店舗のオーナーごとに仕入れ商品が変わるので、他の商品が並ぶこともあるのです。

商品がなかった場合

いろいろな文房具

朱肉のないローソンでも、業務で使用している場合は朱肉を借りることができます。借りたい旨をレジで伝えましょう。ただし店舗によっては使用することがないため朱肉が店頭になく、借りることができないところもあります。郵便局業務を代行しているローソンでは確実に借りられますが、それ以外では店舗次第です。

急いで書類を揃えなければならないとき、印鑑の朱肉以外にも切手が必要である場合もあります。コンビニで手に入る切手について詳しくはこちらの記事を参考にご覧下さい。

関連記事

【大手3社】コンビニで買える切手の種類は?購入前に知っておきたい注意点も!

身近なコンビニで郵便切手が買えるのをご存知ですか?混雑している郵便局へ

Small thumb shutterstock 94945555

大手3社以外の朱肉を売ってるコンビニ

①ミニストップ

交差点

ミニストップでは朱肉を売ってる店舗がありますが、中には置いていない店舗もあります。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートほどは取り扱い店舗数が多くありません。急いでいる場合、他社のコンビニも近くにあるのであればミニストップをチェックするのは後回しでもいいでしょう。

どんなメーカーの商品を仕入れるかはオーナーごとの判断によるので、販売する朱肉の種類は同じミニストップ同士でもバラバラです。多くはシャチハタや三菱鉛筆などの大手メーカーの商品が並んでいます。値段もメーカーによって違い、約140~700円の間の価格帯の朱肉です。

②デイリーヤマザキ

ベーグル

デイリーヤマザキも、店舗によっては朱肉を販売しているところがあります。デイリーヤマザキは、他のコンビニチェーン店よりもオーナーの自主性が重んじられる傾向にあるため、品揃えは各店舗で大きく変わります。来店前に電話で、朱肉を取り扱っているかどうかを問い合わせてみるのがおすすめです。

また宅配便の取り扱いサービスのあるデイリーヤマザキの店舗では、朱肉を仕入れていなくても店内で借りることができます。日用品売り場に朱肉がなくても、レジで店員さんに尋ねてみるといいでしょう。

③ポプラ

街並み

中国地方を中心に一部の地域で展開しているポプラでも、一部の店舗で朱肉を販売しています。店舗によって取り扱う朱肉の種類が違いますが、値段は約140~700円ほどです。大手コンビニ3社に比べると朱肉を取り扱っている店舗は少ないです。

またポプラでもレジで朱肉を借りることができます。会計の邪魔にならないように声をかけましょう。ポプラは病院など、押印が必要な書類が登場する立地に出店することが多いので、借りることができるのは非常時に便利です。

コンビニ以外で朱肉を売ってる身近な場所

場所①ホームセンター

工具類

ホームセンターには文房具・事務用品を販売する売り場があり、朱肉も並んでいます。コンビニよりも売ってる朱肉の種類は豊富なため、商品を自分で複数の中から選んで購入したい人向けです。

ただしホームセンターは店舗によって営業時間にばらつきがあるため、確実に手に入れたい場合は出かける前に営業時間を確認した方が手間取らずに済みます。

場所②本屋

本

本屋もお店によっては朱肉を売っています。特に文房具も一緒に販売している本屋であれば、高い確率で朱肉もあります。朱肉本体の他、朱肉補充用インクなどアフターケア商品も見つかります。また朱肉を使用する際にあると便利な下敷き(マット)や、携帯用の朱肉がセットされた印鑑ケースなども見つかりやすいです。

営業時間はコンビニに比べて短いため、利用するには注意が必要です。駅に隣接した大型商業施設に本屋がテナントとして出店していることもあり、移動の際についでに立ち寄りやすい場所でもあります。

場所③ドラッグストア

基礎化粧品

ドラッグストアのうち、日用雑貨を取り扱うお店は朱肉を売ってる店舗もあります。文房具コーナーにありますので確認してみましょう。

ドラッグストアも駅など利便性の高い場所に出店しているため出かけやすいですが、売り場面積の狭い店舗だと文房具売り場がないです。確実に朱肉が欲しい場合は、コンビニの方が便利です。

【番外編】印鑑やシャチハタを売ってる身近な場所

①ドン・キホーテ

人混み

ドン・キホーテでは文房具コーナーで印鑑やシャチハタを販売しています。さらに朱肉や補充用インク、マットなどの押印に必要な様々なグッズが揃います。

店舗によっては印鑑を自動で、最短10分から作成してくれる機械を設置している場所もあります。値段は500円以上ありますが、なかなか見つかりにくい苗字の方にはおすすめです。設置している店舗は公式ホームページから確認できるので、出かける前にチェックできます。

ドンキホーテは24時間営業店もあり、出勤前や夜中に印鑑が必要になった場合は心強い味方です。ただし店舗によっては朝10時から営業するなど、営業時間が違います。深夜に印鑑が必要になった場合、あらかじめ営業時間を調べてから出かけた方がいいでしょう。

②スーパー

レジで会計

文房具や事務用品コーナーを備えたスーパーの場合、印鑑やシャチハタを販売していることがあります。大型店舗ほど取り扱うアイテム数が増えるため印鑑も揃っています。しかしたとえ小さな店舗でも、役所や病院近くにある店舗では印鑑を売っていることが多いです。

スーパーで印鑑やシャチハタを販売しているかどうかは、店員に尋ねてみるのがおすすめです。ただしスーパーも営業時間が店舗ごとに違いますので、営業時間のチェックも忘れないようにしましょう。

③100円ショップ

硬貨

100円ショップでは、印鑑やシャチハタを販売している店舗が多いです。印鑑やシャチハタだけではなく、朱肉や印鑑ケースなど押印に必要なものは一通り揃っています。印鑑は文房具売り場だけではなく、レジの近くに陳列されていることもあります。見つからない場合は諦めずに店員さんに質問してみましょう。

契約書などの重要書類への押印の場合、シャチハタ以外と指定される傾向があります。急いで押印に必要なものを買いそろえる場合は、印鑑と朱肉を購入した方が無駄になることがないのでおすすめです。

シャチハタが使用できないとされるのは、浸透印ではインクが経年劣化しやすく後々トラブルの元になるためです。スタンプ用のインクも劣化しやすいので、必ず朱肉を用意するようにしておくと失敗しません。

急に朱肉が必要なときは身近なコンビニで解決しよう

急に朱肉が必要な時、手元になくてもコンビニで探せば手に入ります。特にセブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどの大手コンビニだと売っているお店が多いので近くにコンビニがあれば覗いてみてください。

またコンビニで朱肉を見つけることができない場合でも、レジで借りることができます。店外持ち出しはできませんので、必要な書類を持参してレジで朱肉を借りるといいでしょう。その他にも本屋やドラッグストアといった場所でも見つかる場合がありますが、営業時間が気になる時はコンビニが最も便利です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード