【人生の分岐点】30代で後悔しないためにやるべきこと9つ

19歳から20歳、29歳から30歳…と次の世代になるたびに、なんとなく心構えやこれから待ち受けているものが変わるのではないか?と期待と不安が入り混じってきますよね。その中でも20代から30代は、女性にとっては一番変わる時期なのではないかと思います。いわば、「人生の分岐点」。それが30代です。

そんな30代にこそやるべきことがあります。20代では見えてこなかったこと、40代だとちょっと遅いこと。9つ挙げてみました。

人生の分岐点でやるべき9つのこと

1.only oneになること

若いうちはたくさんの人に愛され、認められてこそ価値があると思うものですが、30代はその逆。だれかのonly oneになることが大切なのです。

阪神淡路大震災の時、私の友人には東京に遠距離恋愛をしている彼がいました。ライフラインや連絡手段も止まる中、彼女は「彼と連絡がとりたい。」とひたすら願っていました。その想いを組み、自衛隊の方が一人1本の電話をつないでくれたそうです。彼女はその電話で彼と連絡を取ることができ、自らの無事を知らせることができました。

彼女はそのときに悟ったのです。大事な人は、一人でいいと。

どんなにたくさんの友達やボーイフレンドがいても、その1本の電話の先に自分を思い浮かべてくれる人こそ、実は必要な人なんです。あなたは、その電話を誰にかけますか?

だれかのonly oneになること。それが30代では大事になります。

2.仕事の方向性を決めること

リスキーでもやりたい仕事を続けるのか、将来に向けて安定した仕事につくのか、雇用形態は正社員なのか、派遣やアルバイト、契約社員なのか、そもそも仕事を続けるのか。30代となれば仕事悩ましいところですよね。

仕事の方向性を決めるには、人生の方向性を決めなければなりません。人生の方向性を決めるとは、自分の人生で何に価値をおくのかを考えるということです。

・子供を産み、子育てに注力したいのか
・趣味に費やす時間を増やしたいのか
・男性に負けず、キャリアを積み上げていきたいのか

人生の何に価値を置くかによって、仕事の方向性は変わってくるはずです。
例えば、家庭や趣味を重視したい人は一日10時間以上働く外資系企業は向かないし、キャリアを重視する人は銀行の一般職で終われないですよね?

20代のころは仕事だけに打ち込み夢中に駆け抜けてきた人も、今一度人生の中での仕事の位置付けを確認することが大切です。

さらに、目の前のことだけでなく、10年後20年後、さらには老後の自分のことも考えて選択しなければなりません。

3.自分の健康を知り、維持すること

健康維持のために続けたい効果的な4つの方法

健康診断や歯科検診、乳がん検診を受けていま

すか?

健康診断を受け、身体のどこが悪いなどが顕著に現れるのはまだまだ先でのように思われるかもしれません。しかし、「異常」や「要注意」はなくとも、歯肉炎、血圧がやや高い、コレステロール値がやや高いなど、その「前兆」は十分見えるのが30代です。

それらの「前兆」は、40代、50代になると確実に現実化して自分の身に降りかかってきます。

まだまだ「要注意」にも引っかからないことでも、普段の自分の健康度合いを知ることで、未来に起こるかもしれない病気を防ぐことができます。

何をするにしても、やはり健康が第一です。30代になれば、自分の健康と向き合い始めてもいいのではないでしょうか?

4.お肌のお手入れをちゃんとすること

飲み会で疲れて、そのまま寝ちゃっても大丈夫だった20代。しかし、私自身も30を迎え、最近は徹夜が次の日に響く、飲みすぎると記憶が飛ぶ、なんてこともあります。20代の身体のつもりでいたら痛い目に遭いました。

そして、身体の変化を最も感じるのは肌です。肌は、30歳を過ぎてから急にターンオーバー(肌の新陳代謝)が悪くなります。ターンオーバーが悪くなると、くすみ、シワ、シミ、たるみ、毛穴が目立つ等のお肌トラブルが発生します。

当然、これらは一晩寝ただけでは元に戻りません。なので、30代からは肌の手入れが20代にも増して大切になります。この手入れの仕方次第で、30代以降のお肌状態が大いに違ってきます。

こちらのスキンケア大学の記事は、お肌のケアについて簡単にまとまって書いてあります。サクッと読める量なので、長文が苦手という人も、時間がない人にもおすすめです。http://www.skincare-univ.com/article/004634/

ぜひ、毎日のケアを大切に、いつまでも若くいましょう。

5.親との時間を作ること

「結婚して子供でもできたら、遊びに行って喜ばせてあげるから、しばらくは親元に帰らなくてもいいや」と思う女性へ。親がいつまでもいると思っていませんか?

ご両親が寂しい思いをしているから、たまには顔を出してあげてということではありません。

親もあなたと同様に歳をとります。今は会わなくていいやと思っていても、親がいつまでも元気でいてくれるとは限りません。「気づけば衰弱し、気づけば会えぬ人になってしまった」と後悔しないように、会えるときに会うことをおすすめします。

30代のあなたと今のご両親との時間を作ってください。

6.お金を貯めること

今まで、お金をあるだけ使ってしまい、貯金ができなかった方も、30代になると本気でお金を貯めるべき時期に入ってきます。

20代はなんだかんだ親に頼れますが、30代は経済的に完全自立のとき。

また、結婚して養ってもらえるかもわからないし、年金すらも将来ロクにもらえるかわからない時代に、まったく貯金をしないのはいくらなんでもリスキーすぎます。

貯金は簡単なようで、実は難しいんです。食べるのが大好きな人がダイエットに失敗してきたように、今まで散々浪費してきた人が貯金をするのは至難です。なので、まずは少額でかまいません。お金は長い目で考えればよいです。少しずつ、お金を使う量を減らしてみましょう。

・衝動買いをやめてみる
・服は一回写メを撮り、帰ってコーデを考えてみる
・いらないものは売る
・外食は安めに済ます
・飲みは週に1回まで

など、自分でルールを決め、達成できているかを確認するために表を作りましょう。現状を可視化することで、貯金ができている月、できていない月が明確にわかり、自分への戒めになります。

30代からは、きちんとお金の管理をしましょう。

7.一人旅に出ること

一人旅ならココ!〜女子旅おすすめスポット4選

女友達との旅行。夫との旅行。家族との旅行。どれも楽しいものです。

でも、一度は一人旅を計画してみませんか?行きたいところを考え、一人で調べて一人で行動します。責任は自分一人です。もちろん、小さな旅でかまいません。

30代で必要なのは、一人で行動することです。一人旅は、一人行動を最も簡単な体現にできるもの。

一人で行動することで、普段人の中にいて考えもしなかったことを考える機会にもなります。20代では感じることができなかった、感謝の気持ちや、自分の将来を見つめることもできるでしょう。

ぜひ一人旅&一人行動をしてみましょう。

8.友達を選ぶこと

TwitterやFacebookのフォロワーが1000人いても、連絡帳に2000人いても、あなたには本当に困った時に助けてくれる人はいますか?反対に、あなたはその人たちが本当に困っていたら全員助けてあげられますか?

キャロル・キングの「You got a friend」の歌詞に、「もしあなたが落ち込んで困っていたら、いつでも私を呼んでくれ、いつでも飛んでいくよ。君には友達がいるんだよ」というフレーズがあります。まさに、それこそが真の友達です。

毎回イイネ!してくれるのは、ただの「知り合い」かもしれません。20代までは、広い交友関係・人脈を作ることが大切ですが、30代は逆に深く付き合っていける人が必要です。

本当に大切な友達を愛し、愛し愛されるようなあなたを目指しましょう。

9.一般的な女性の幸せ論を捨てること

アメリカ・インドで学んだ!「自分の人生を生きる」コツ8つ

昔は10年後、20年後の世界が容易に想像ができました。小学生は卒業文集に書いたように「私は〇〇のお嫁さんになる!」みたいな素敵な夢が持てましたよね。

しかし、今はどうでしょうか?子供達が夢を持つ職業が将来なくなるかもしれない、そんな世の中を私たちは生きています。

「大学を出てちょっと働いて結婚して子供を産ぶのが幸せなんだ」という、これまで理想とされてきた”女性像”は未来にあるとは限りません。「夫の収入だけでやっていける専業主婦は勝ち組」「女性だからこうしろ、こうしたほうが幸せ」なんて、実はもう誰にもわからないことなのです。

ですが、30代になると、急に一般的な「女性の幸せ」に入るのが多くの女性。正直、そんな一般論は無意味です。結婚が幸せとは限らないし、仕事に生きたほうが楽しいかもしれません。

何が言いたいかというと、「今あなたが幸せなことを続けていく」ことを期待したいのです。これが女の幸せなんだと、根拠もない一般論に走ることなく、あなたにとっての幸せをもっと追い続けてください。

あなたにとっての本当の幸せを突き詰めた答えが「結婚」なら、それは素晴らしい選択だと思います。しかし、なんとなく周りの女性が結婚知っているからという安易な理由で、現在のあなたの生活を捨ててしまうのは勿体なさすぎます。

おわりに

以上、30代に女性がイキイキするためにやるべきことを9つ紹介しました。いかがでしょうか?

世間一般で言われている幸せがあなたにそのまま当てはまるかはわかりません。あくまで自分の人生は自分で切り開いていく。大切な価値観は何が何でも守る。そのようなあなたらしさを忘れずに、30代を楽しんでいってくださいね!