合コン大好き?日本一モテる商社マンの彼女になるノウハウはこれだ!

学歴・年収・身長の3高が高い男性が良い!という、「スペック重視」の恋愛は昔に比べたら確かに減りました。

一方、価値観や性格の一致など、スペックではなく、相手の魅力度でパートナーを選ぶ人が増えています。

しかし、依然として日本の『モテヒエラルキー』のトップに君臨していると言われる男たちがいます。それがそう、「商社マン」です。

そこで、世間で言われているように、本当に「商社マン=モテる」のか?という疑問のもと、今回は、日本において希少種である「30歳で1000万プレーヤー」の総合商社勤務の男性に、「ぶっちゃけ、商社マンはモテますか?」「彼女になるにはどうすればいいですか?」と質問してみました!

ゲストプロフィール

インタビューに応じてくれた人は、総合商社Mに勤務する笠井さん(仮)。簡単にプロフィールを掲載します。

※写真はイメージです。


photo by LGEPR

名前:笠井さん(仮)
性別:男性
学歴:早稲田卒
年齢:30歳
年収:1100万
結婚:してない
彼女:アリ
勤務地:東京

商社マンの仕事


photo by LGEPR

総合商社と言えば、なんとなく漠然とグローバル!かっこいい!とイメージしがちですが、実際にどんな仕事をしているのかあまり想像つかない人も多いと思います。

そこで、せっかくなので笠井さんに商社マンの仕事内容について伺ってみました。

私:総合商社勤務といえば、なんだかグローバルでかっこいいイメージがありますけど、実際にどんな仕事しているんですか?

笠井さん:ぼく個人の仕事はさておき、商社の仕事についてお話しますと、簡単に言えば輸出入ビジネス、すなわち「トレード」ですね。

私:トレード?

笠井さん:ええ。例えば、ポテトチップスを作りたいメーカーがあるとして、メーカーは自分で美味しいジャガイモを求めて世界中飛び回るのって非効率ですよね。その時間使ってポテトチップスを生産した方が断然良い。そこで商社が代わりに美味しいジャガイモを世界中の農家から見つけてきて、メーカーに卸売するんです。いわば、”物流の仲介役”ってところですかね。

私:シンプルでわかりやすい!さすが商社マンですね!(笑)トレードビジネス以外にも、投資などもやってますよね?

笠井さん:そうですね。近年の商社は「事業投資」にも積極的ですね。例えば技術はあるのにお金や資源のない企業に、モノやカネの援助(投資)をすることで、その会社が発展するきっかけを提供できる。そして投資先の企業が儲かれば、商社も儲かるって仕組みですね。時には経営に参画することもあり、スタートアップと一緒に仕事することもありますね。ものすごくざっくりですが投資はこんな感じですかね(笑)

私:相変わらずわかりやすい!(笑)

商社マン=合コン好き?

ねえ!仕事内容なんてどうでもよくて!商社マンってモテるの!?めっちゃ合コン行ってるの!?とそろそろ気になって痺れが切れそうな方も多いと思います。今日の本題ということで、ズバリ笠井さんに尋ねてみました!

私:そろそろ本題に入らせていただきます!いきなりお伺いします!商社マンって合コン大好きの”ヤリチン族”って本当ですか!

笠井さん:鉄板ネタですね。飲み会のたびに友達に聞かれてます(笑)しかし、答えは、「人による」としか言えません。期待してた方、ごめんなさい(笑)

私:人によると言いますと?

笠井さん:もちろん、体育会系が多いので、派手なこと・目立つことが好きな人は他の業界に比べて多いです。そういう意味で、「合コンや可愛い女の子が好きな人が多い」というのは正しいと思います。

私:やっぱり!(笑)毎晩合コンばっかなんじゃないですか?

笠井さん:そんなこともないんですよ。ご存知の通り、商社はいかんせん激務なので、平日夜7時から合コンできるなんて稀でしたね。ぼくも若い頃、早くて21時前の退社でした。しかも相当疲れている。なので合コン行くとしても土日でした。

私:土日に発散する感じですね?

笠井さん:それが発散できなくて(笑)僕が思うに、本当にいい女性って土日は彼氏とか他の男性といる確率が高くて、だからあんま合コンに乗り気じゃないんです。土日に合コンに来るのは、見た目は良いけど中身がイマイチな女性が多かったです。

私:なるほど…恋愛目的でないヤリチンは多いですか?

笠井さん:ヤリチンが多いかどうかも、どんな人と比較するかによると思います。定量的なデータはないので、ただの僕の肌感ですけど、商社の同期よりも、メガベンチャーとか若手起業家の方がヤリチンだった気がしますね。

私:たしかに、メガベンチャーや起業家は派手なイメージがありますね。渋谷・恵比寿でのギラつき方が尋常じゃないですよね(笑)

笠井さん:メガベンチャーの友達は遅めの合コンか二次会から参加して2,3回に1回はお持ち帰りしてましたよ(笑)また若手の起業家なんて金持ってるからもう遊びまくってますよ。起業って大変なことばかりなので、ストレスが溜まるのでしょうね。それに比べたら、ぼくも含め商社マンはマシだったと思います(笑)

商社マン=モテる?


photo by Vive la Palestina

私:ぶっちゃけ商社マンってモテますか?トーク上手なのでモテるイメージがありますが。

笠井さん:そこでいくと、それなりにはモテますね。やっぱりほら、女性ってお金好きじゃないですか(笑)僕たち、優秀かどうかはわからないけど年収は高いんですよ。嫌味とかじゃなくて本当に。あとは仕事で鍛えられているのもあり、総じてトークが上手いのもありますね。盛り上げ上手が多いイメージはありますね。

私:笠井さんはどうなんですか?

笠井さん:ぼくはメンバーによりますかね。商社の同期でもぼくよりイケイケな人が多ければ気遣いやフォローができるキャラでいきますし、メガベンチャーや代理店マン(広告代理店勤務)、外資マンでも同じですね。彼ら、コミュ力では勝てないのでうまく立ち回りました(笑)逆に上司と合コン行って上司に盛り上げてもらってたら申し訳ないので、イケイケキャラで攻めますね。

私:柔軟なところはさすがです!頭良すぎますよ。やらかした経験とかないんですか?

笠井さん:自然と身につきますよ(笑)一番やらかしたのは、イケイケメンバーで合コンしたときの相手の女の子が、別の上司と合コンしたときにもいたことですね。「笠井くん、そんなキャラだっけ?(笑)」って言われたときは、凍りましたね。

私:なるほど(笑)人間性豊かな笠井さんがモテる理由がわかりました!

モテるっちゃモテるけど…商社マンの意外な恋の悩み


photo by Casey David

私:それだけモテモテなら、彼女とか困らないんじゃないですか?

笠井さん:実は、そうでもないんですよね。

私:なんでですか!?

笠井さん:ぼくらって付き合っても、なかなか続かないんです。

私:なるほど。。それもなぜですか?

理由は2つあると思います。

ひとつは、単純に仕事に忙しくて彼女に会う時間がなかなか作れなかったりするんですよ。すると彼女に浮気を疑われて、そこから関係にヒビが入って最後はダメになります。

ふたつめは、事前の期待値が高いが故に、だらしなさを受け入れてもらえないことです。世間一般的に、商社マンっていわゆる「3高」のイメージが強いんですよね。そのぶん「きっと素晴らしい人なんだろう」と”事前期待値”が高くなりがちなんですよ。でもぼくらだってだらしないしダメなところはあります。事前期待値が高いぶん、負のギャップを彼女が感じた途端離れられますね。

私:その悩みは深いですね。ひとつめはともかく、ふたつめはどうしようもないですからね。。

笠井さん:そうなんですよね(笑)長く付き合っている人は、幼馴染とか大学の同期とかですね。商社マンになる前から付き合ってたら、期待値とか何もないじゃないですか(笑)

商社マンの彼女になるには?

私:商社マンの彼女になるにはどうすればいいですか?

笠井さん:彼女になるだけでしたら、合コンかどっかで商社マンを捕まれば簡単になれますので、本命(本当に愛されてうまくいく彼女)になるにはどうすればいいか?という観点でお話しますね。

私:お願いします!

笠井さん:まずぼくらは、周知の通り”激務”です。しかもクライアント業(お客様が命の商売)なので、平日夜に予定を組むのは難しいし、毎週ではありませんが土日も仕事関係の付き合いがあります。なので頻繁に会うことを求められたり、飲み会に行くと怒られたりするとしんどいです。いまどきの女性は働いているので、そのような心配はあまりありませんが(笑)

私:たしかに、激務、帰りが遅いイメージはありますね。。

笠井さん:あとは知的好奇心がある方がいいですね。商社マンには、頭が良くて知的好奇心旺盛な人が多いです。現実的な問題として、会話についていくには、ある程度の教養が必要だと思っています。

ある程度の教養がないと、身体目的の女性と割り切られてしまうおそれがあります。ガツガツしてるので、当然性欲が強い人もいますので。一度セフレになってしまうと、残念ながら彼女に格上げされることはほぼ難しいです。身体ではなく、会話で彼を楽しませることができないと、(本命の)彼女になることは難しいでしょう。商社マンの彼女にはそれなりの知的水準が求められます。

商社マンとはどこで出会える?

私:商社マンと付き合いたい女性は依然として多いと思われます。そんな女性たちは、商社マンとどこで出会えますか?

笠井さん:よく聞かれる質問ですね。私は、いつも8つあると答えてます。ただし、後に行くほど”遊び目的”なので、気をつけてくださいね(笑)頭のいい商社マンは、”目的”に応じて出会う”手段”を変えてきますので、手段から目的を見破って欲しいと思います。

婚活パーティー

笠井さん:まずは婚活パーティーですかね。「婚活」ですので、結婚に意欲のある商社マンが多くいます。

さらに、商社マンは結婚相手に一定の知的水準を求める傾向がありますので、医者や税理士、銀行員などハイクラス女子限定のパーティーに参加することもしばしばありますね。

職業はパーティーによって違いますので「婚活パーティー 職業」などでググってみてください(笑)もしご自身が該当する職業でしたら、参加してみると良いのではないでしょうか?

異業種交流パーティー

笠井さん:異業種交流には2つあります。ひとつめは異業種交流会。こちらはビジネス上の人脈を広げるために参加するもの。基本的には男性同士やキャリアウーマンの情報交換が多いイメージです。

もうひとつは異業種交流パーティー。こちらは職業が異なる男女が出会うことを目的としたものです。婚活パーティーと似ているように感じられますが、異業種交流パーティーの場合、立食形式で司会による仕切りが少ないのが特徴ですね。

ただし、婚活に比べると、今すぐ結婚したい!という結婚顕在層は少ないので、カジュアルに出会いたい人にはオススメできますよ。

結婚相談所

笠井さん:結婚相談所に登録する商社マンは、一般的に結婚願望が強いです。なんせ”結婚”相談所なので(笑)

商社マンの登録する結婚相談所はハイクラス層向けが多いです。医師や弁護士、外資系のサラリーマンが多く、年収1,000万以上なんてザラにいますね。

趣味・習い事

笠井さん:若者のゴルフ離れが叫ばれていますが、依然としてゴルフは商社マンの趣味として人気です。若いうちに接待向けにゴルフを学び、そのままゴルフが趣味となります。私もそうでした(今はほとんどやりませんが)。ゴルフ場での出会いはけっこうありますよ。女性でゴルフをする人は少ないので、競合も少ないので、意外と”穴場スポット”かもしれませんね。

また、お酒を飲む機会が多く、20代後半になると肥満を気にし出してジム通いする商社マンもいます。ジムでランニングしながら意気投合!なんてこともあるかもしれません。

高校や大学の同窓会

笠井さん:高校はともかくとして、大学の同窓会は2〜3年に一度は開催されます(多いコミュニティだと年1もある)。そこで商社に就職した同期と再会し、付き合うこともありでしょう。

高校が高偏差値のところであれば、商社に就職する同期もいるでしょうから、アプローチしてみるのも良いかもしれませんね。

合コン

笠井さん:先ほども紹介しましたが、商社は他の業界に比べて華やかなことが好きな男性が多いので、合コン好きも多いです。合コンは若手商社マンが中心です。だいたい23〜27,8くらいかな。

30歳手前になると、真剣交際→結婚と、一生遊び人ワンナイトを繰り返す商社マンに分岐していきます。30前後の”おっさん商社マン”が合コンに来ていたら、ワケあり欠陥男か遊び人の可能性が高いです。後のエリートとして、若手の商社マンを捕まえるには良いでしょう。

バー・居酒屋

笠井さん:バーや居酒屋も意外な穴場スポットです。コリドー街にあるバーは、都内有数のナンパスポット。新橋、銀座、有楽町は特に商社マンが多いですね。年齢層も30前後なので、ある程度の年収もあり狙い目ですよ。

逆に渋谷や恵比寿は若いIT社長やイケイケベンチャーマンが多いので、商社マンはそれほどいません。

ナンパ待ちするのでもいいですが、逆にこちらから商社マンを引き当てるまでアプローチをかけると良いでしょう。積極性のある女性はモテますよ(笑)

クラブ

笠井さん:クラブは若い層が多いです。かつワンナイト目的が多い。彼女を除いて、一度”ヤッた”女性には興味がなくなるのが男性。セフレからの昇格などは至難の業です。

ワンナイトでもいいから、若い商社マンを捕まえたい!という肉食の女の子は、クラブでナンパされにいってもいいですね(笑)

商社マンの彼女や妻になりたい人が守るべき五箇条

私:最後に商社マンと付き合う(彼女や妻になる)上で、知るべき五箇条を教えてください!

笠井さん:五箇条(笑)わかりました。

頻繁に会うことを期待しない

笠井さん:仕事が忙しい上、付き合いが多いので頻繁に会えることは期待しない方が良いです。

会えない→浮気or不倫→別れor離婚となるパターンも少なくありません。「忙しい彼を支えてあげている」と自負するくらいの気概でないと、精神的に持たないでしょう。

「会えない分、お金や時間を自己投資に使えるから別に大丈夫」「私自身も忙しいから、むしろ助かる」くらいに思っておけば大丈夫でしょう。

転勤は覚悟しておく

笠井さん:転勤で、いきなり地球の裏側に飛ばされる可能性もあるのが商社マンです。

来月から数年会えなくなるなんてこともザラにあります。その転勤の多さとトレードオフで収入が良いのが商社マンです。

「しばらく会えなくても大丈夫。」「向こうでも頑張って!」と思えないと、付き合って行くないしは結婚生活を維持することは難しいでしょう。

また、転勤について行く選択肢もありますので、そこはよく話し合うべきですね。

教養と知的好奇心を持つ

笠井さん:先ほども話した通りですが、商社マンには高学歴でエリートが多いです。癒してくれたり、聞き役になってくれるのは当たり前のことで、その上で彼女や妻に一定の知的水準が求められます。

例えば政治や経済について、「どう思う?」と尋ねられたら、自分の意見くらい言えないと終わりです。「社会のこと何も知らないんだね。。」と見切りをつけられてしまうでしょう。日々、知的好奇心を持って教養を身につけましょう!

商社マンは、ただの癒し役聞き役ではなく、ともに高め合えるパートナーを求めます

乗り換えられないよう努力する

笠井さん:商社マンは高年収でコミュ力も高い人が多いので、基本的にモテます。つまり、女性の競合が多いのです。さらに付き合いで他の女性と会う頻度も多いので、女性から口説かれる可能性は高めです。

あなたでないとダメな理由がないと、簡単に乗り換えられる可能性があります。彼(商社マン)の中で一番でいれるよう、よき理解者であり、ともに高め合える仲であるように努力しましょう!

飲み会などで帰らないことが多くてもある程度許容してあげる

笠井さん:付き合いで飲みや会員制クラブ、キャバクラ、合コンなど、夜遅くまで遊んでいる商社マンは依然として多いです(昔に比べると半分以下ですが、他の業界に比べて多いと言う意味です)。中には何日も家に帰らない人もいるでしょう。

寂しさを伝えることは良いことですが、行動を束縛したり浮気するのはNGです。寂しさから浮気や不倫に走ってバレた暁には、最悪の別れが待っているでしょう。

まとめ

今回は商社マンの取り巻く女性事情について、現役商社マンにお話をうかがいまとめてみました。いかがでしょうか?

いまだ女性の人気の衰えない商社マン。彼らと付き合ったり結婚できたら収入も社会的ステータスも手に入りますが、トレードオフとして数多くの困難もあります。

メリット・デメリットをしっかりと認識した上で、商社マンとお付き合いできるといいですね!