Icon search 36px

コンビニに売っている豆腐そうめんって一体何?

①麺が豆腐でできている

麺

豆腐そうめんとは、その名の通り、豆腐でできたそうめんの事です。コンビニやスーパーで購入することができます。さっぱりとした味わいで、普通のそうめんと同じように、麺つゆなどでおいしく食べることができます。コンビニで販売されているものは、麺つゆやゴマダレが付属しており、すぐに食べることができます。

②ダイエットに最適

体重計

豆腐そうめんは、ヘルシーな豆腐でできているので、一般的なそうめんに比べてカロリーは約5分の1、糖質は約13分の1に抑えられています。低カロリー・低糖質なので、ダイエットや食事制限をしている方には嬉しい食品です。豆腐の原材料は大豆ですので、タンパク質やイソフラボンを同時に摂取することもできます。

コンビニにはダイエットをサポートするプロテインも販売されています。豆腐そうめんなどのヘルシーな食事にプロテインをプラスすることで、不足しがちなたんぱく質やビタミンを摂取することができます。コンビニのプロテインを紹介している記事があるので、気になる方は是非こちらの記事もお読みください。

関連記事

コンビニのプロテイン商品一挙ご紹介!ダイエット中の女性におすすめなのは?

プロテイン商品は美味しくないと思っていませんか?コンビニでは、ダイエッ

Small thumb shutterstock 546629683

③水切りだけで食べられる

水

一般的なそうめんは乾麺で販売されていることが多く、一定時間茹でないと食べることができません。豆腐そうめんは、茹でずに、パッケージの中の水を切るだけで食べられるお手軽な食品です。食事を簡単に済ませたい時や、急いでいるときにも食べやすいですよ。

④温冷どちらでもアレンジ可能

キッチン

豆腐そうめんにはタレが付属していることが多いですが、オリジナルにアレンジすることでよりおいしく、飽きずに食べることができます。冷やした状態で食べるのがスタンダードですが、レンジで温めてかけそばのように食べるのもおすすめですよ。

コンビニの豆腐そうめんの値段やカロリーは?

①リーズナブルな値段

財布

豆腐そうめんは、セブン、ファミマ、ローソンのコンビニ3社共に税込198円で販売されています。コンビニに売っている一般的なそうめんやざるそばに比べると格段に安い値段で、お財布にも優しい食品となっています。

②満足感のある内容量

食事

カロリーや糖質がいくら低くても満足感が無いと意味がありませんよね。コンビニで購入できる豆腐そうめんは麺とつゆを合わせて約160gとたっぷり入っています。豆腐そうめんだけでもある程度の満腹感は得られるので、ダイエットしている人には嬉しい食品です。

②種類によってカロリー・糖質は違う

体重

コンビニで購入できる豆腐そうめんは、タレや種類によってカロリーや糖質が変わってくるので要注意です。麺つゆよりも胡麻だれの方がカロリー・糖質が高くなっています。麺が玉子豆腐でできている玉子豆腐そうめんは、カロリーや脂質は抑えられますが、糖質が最も高い数値となっています。

豆腐そうめん(1パックあたり) 種類別の栄養比較表

麺つゆ 胡麻だれ 玉子とうふ
エネルギー 101kcal 109kcal 87kcal
糖質 10.9g 9.2g 12.8g
たんぱく質 6.0g 6.1g 2.4g
脂質 3.2g 4.7g 2.4g
炭水化物 13.2g 11.8g 15.3g
食塩相当量 2.4g 2.5g 2.4g

豆腐そうめんはヘルシーに食べることができる食品ですが、ビタミンが不足しがちなのが難点です。コンビニでは、手軽に豊富なビタミンを摂取することができるグリーンスムージーが販売されています。こちらの記事で紹介されているので、栄養バランスが気になる方は是非参考にしてみてください。

関連記事

コンビニ【グリーンスムージー】おすすめ5選!人気商品の特徴を比較!

美味しくて健康にもいいスグリーンムージーは人気が高いですよね。最近では

Small thumb noimage

豆腐そうめんはどこのコンビニで買うのがベスト?

①コンビニ大手3社で購入可能

コンビニ

豆腐そうめんは、セブンイレブンやファミマ、ローソンなどのコンビニで購入することができます。お惣菜やサラダの売り場に陳列されていることが多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

②製造元は同じ

大豆

セブン、ファミマ、ローソン3社で販売されている豆腐そうめんの製造元は紀文です。紀文は、多くの大豆加工食品を販売している大手メーカーなので、安心の品質です。値段や内容量は変わらないので、どのコンビニで買ってもおいしく食べることができますよ。

③セブンのみ玉子豆腐そうめんがある

卵

セブン、ファミマ、ローソン共に、製造元は同じですがバリエーションが異なってきます。最もバリエーションが豊富なのはセブンです。麺つゆやゴマダレが付属している種類に加えて、玉子豆腐を麺にしたものも販売されています。玉子豆腐そうめんも他の2種類と同じ値段で購入することができます。

コンビニ別 豆腐そうめんのバリエーション

コンビニ 種類
セブンイレブン 本枯節入り めんつゆ/ごまつゆ/たまごとうふ(麺つゆ)
ファミリーマート 本枯節入り 麺つゆ/胡麻だれ
ローソン 麺つゆ

④ファミマには豆腐ヌードルも

冷麺

ファミマでは冷麺風にアレンジされているものも販売されています。豆腐で作られた麺と豆乳仕立てのスープが入っています。こちらも低カロリー・低糖質でダイエットにも良い食事をとることができます。

【番外編】ダイエット食にもなるコンビニの豆腐そうめんのアレンジ

実は豆腐そうめんは、コンビニで販売されている他の商品や食材との相性も抜群です。おすすめのアレンジ方法をご紹介いたします。アレンジすることでよりおいしく食べることができ、ダイエットも捗るので是非試してみてください。

①納豆

1つ目は豆腐そうめんに納豆をのせるだけのアレンジです。豆腐そうめんと納豆は大豆コンビで相性が良く、おいしく食べることができますよ。満腹感も高まるのでおすすめです。豆腐そうめんも納豆もダイエットに効果的な食費で、値段も安いので、体にもお財布にも優しくておすすめです。

②サラダチキン

サラダチキンは低カロリー・高たんぱく質で、ダイエットをしている方に大人気のコンビニ食です。このサラダチキンを割いて豆腐そうめんにのせると、チキンのうまみが合わさって食べ応えを感じることができます。鶏がらスープを作って合わせれば、低カロリーでおいしい鶏ラーメンを簡単に作ることができます。

③小ねぎ

豆腐そうめんに小ねぎをトッピングするという至ってシンプルなアレンジです。一般的なそうめんのつけつゆに小ねぎを入れるのと同じで、小ねぎが薬味となり、味に変化をもたらしてくれますよ。お好みで生姜を入れるのもおすすめです。

④カレー

カレーライスのごはんを豆腐そうめんに変えることで糖質やカロリーを大幅にカットすることができます。カレーの他にもとろろやパスタソースなどに合わせる炭水化物を豆腐そうめんに変えることで、よりヘルシーな食事にすることができますよ。簡単にできて満足感もあるので、ぜひ試してみて下さい。

豆腐そうめんでヘルシーな食事をしよう!

ファミマやセブンイレブン、ローソンなどのコンビニで販売されている豆腐そうめんは低カロリーで非常にヘルシーな食品です。ダイエットや食事制限をしている方も気軽に食べることができるので、是非試してみてくださいね。お手頃な値段で、自分の好みのアレンジをすることで、継続的に食べやすいのでおすすめです。

コンビニには豆腐そうめんの他にもダイエットや食事制限をしている方におすすめの食品がたくさん販売されています。こちらの記事では、お昼ごはんにおすすめのヘルシーなコンビニメニューをランキング形式でご紹介しています。是非こちらも併せて読んでくださいね。ダイエットにきっと役立ちますよ!

関連記事

【ダイエット】昼ごはんにおすすめのコンビニ食品TOP18!3社別に紹介!

手軽なコンビニ昼ごはんを利用する方も多いと思いますが、気になるのがカロ

Small thumb shutterstock 515921338

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード