Icon search 36px




おかず|中華丼に合わせたい献立3選!

①唐揚げ

美味しいからあげ

唐揚げは、子供にも大人気のおかずです。夕飯の主役になることも多いメニューですが、あえて中華丼の付け合わせとしてプラスするのもおすすめです。中華丼をより食べ進めやすくなるでしょう。レモンを絞れば、爽やかな風味になるので、夏にもぴったりです。人気の揚げ物を添えて、中華丼をグレードアップさせましょう。

中華丼は豚肉なので、鶏の唐揚げを合わせればバランスの良い食事になります。唐揚げを作るのが面倒な時は、市販のものを買うと良いでしょう。もう一品何か欲しいという時に、市販の唐揚げは便利です。もしくは、冷凍の唐揚げを買っておいて、適宜解凍して食卓に出すという方法もありますよ。

②ピーマンとナスの中華炒め

二つのピーマン

中華丼には、ピーマンとナスの中華炒めを合わせて、中華料理で統一するのもおすすめです。ピーマンとナスの中華炒めは、十分これ一つでも食卓の主役級クラスのおかずです。そんなおかずを付け合わせにすることで、中華料理をよりフルに楽しむことができますよ。中華だしの他に、味噌を使って味付けするのも良いですね。

こってりした味付けにしても、中華丼と合わせれば程よくバランスが取れます。しっかりと炒めて、野菜の栄養がたっぷりと取れる美味しいおかずに仕上げましょう。夏バテしがちな時期にも、野菜の栄養が摂れる中華炒めを合わせれば、元気に毎日を過ごすことができますよ。

③シュウマイ

綺麗なシュウマイ

中華料理の人気メニューの一つ、シュウマイは、おかずに合わせるのにぴったりです。中華丼を主役にした食卓の場合、おかずはなるべく主張しないものが良いという人もいるでしょう。そんな時、シュウマイは役に立ってくれます。さっぱりとした酢醤油につけて食べれば、中華丼以上に味の主張をしないおかずになります。

中華丼にエビが合うことからもわかるように、エビ入りのシュウマイは特に、付け合わせのおかずとしてぴったりです。魚介類の栄養も摂れるので、美味しく健康になれて一石二鳥ですよ。中華料理の好きなあなたは、ぜひ挑戦してみてくださいね。



次の関連記事には、シュウマイと合わせて食べたい献立が多数紹介されています。相性抜群の副菜や主食がたくさんまとめられているので、是非参考にしてみてください。中華丼の付け合わせにぴったりなシュウマイですが、それをメインにした時の献立のレパートリーも増やしておくことで、今よりもっと料理が好きになりますよ。

関連記事

シュウマイと合わせたい献立22選!相性抜群の副菜や主食がズラリ!

シュウマイを作るとき、何を付け合わせにしようか悩むことはありませんか?

Small thumb shutterstock 323107886

副菜|中華丼に合わせたい献立3選!

①冷奴

綺麗な冷奴

中華丼には、冷奴を合わせてみましょう。冷たいお豆腐は、箸休めにぴったりです。夏の献立に是非取り入れたい副菜と言えるでしょう。上にはシソや鰹節、醤油などをかけていただくのがおすすめです。色々なトッピングをした冷奴なら、最後まで飽きずに食べることができますね。しっかりと冷蔵庫で冷やすのがポイントです。

中華丼には、野菜の栄養も肉の栄養も含まれているので、あとは冷奴で大豆の栄養素を取り入れると、バランスがとれた食事になります。さらに、冷奴はトッピングを乗せるだけで完成するのでとても簡単です。忙しい日の副菜は、なるべく手間のかからないものが良いですよね。そんな時は、是非参考にしてみてください。

②ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたしといえば、付け合わせの中でも特に登場回数の多い副菜と言えるのではないでしょうか。そんな定番の副菜も、中華丼にはぴったりです。中華丼にほうれん草は含まれませんから、メインと副菜の野菜が被ってしまうということもなく、美味しくいただけます。

電子レンジを使えば、すぐに完成させられるのも、ほうれん草のおひたしの良いところと言えるでしょう。おかかや白ごまと会えると、より香ばしく美味しく仕上がりますよ。夏場は冷蔵庫でしっかりと冷やしてから、美味しく食べてくださいね。

③ささみときゅうりの和え物



和え物

鶏のささみときゅうりの和え物は、薄い味付けが特徴的な副菜です。中華丼のように味のしっかりとしたメインの丼ものの付け合わせにはぴったりと言えるでしょう。ピリッと辛い一味唐辛子をかけて食べるのもおすすめです。暑くて食欲がないときにも、ささみときゅうりの和え物は食べやすく、食欲を増進させてくれます。

何より、ささみは低価格で売られていることが多いので、財布に嬉しいのもポイントです。副菜は、なるべく手間とお金のかからないものが好ましいでしょう。それでいて、ささみは栄養素がたっぷり含まれている食材でもあるので、バランスもバッチリです。是非積極的に食卓に取り入れてみてください。

汁物|中華丼に合わせたい献立3選!

①かきたま汁

たまごのスープ

中華丼に合う汁物といえば、やはり中華風のスープでしょう。そこで、かきたま汁はいかがでしょうか。中華だしと水を入れて火にかけて、卵を入れて塩コショウで味を整えるだけなのでとっても簡単です。にも関わらず美味しく仕上がるので、是非料理のレパートリーに加えておきたいところです。

一度作り方を覚えておけば、朝食にはもちろんのこと、中華料理系の食事の時の汁物に、毎回応用できます。野菜などは必要なく卵のみで作れるので、冷蔵庫の備蓄に余裕がなくても安心です。たっぷり作っておけば、次の日の朝にも楽しむことができますよ。

次の関連記事には、コンビニのスープのお勧めが紹介されています。中華丼の付け合わせの汁物を作るのが面倒な時は、コンビニに頼ってみませんか?加熱するだけでそのまま食べられるコンビニのスープは、今大変な人気を集めています。時短になるだけでなく、栄養のとれるスープも販売されているので要チェックです。

関連記事

今アツい!コンビニの「スープ」おすすめTOP12!ダイエットにも人気!

コンビニのスープを食べたことはありますか?コンビニのスープは具だくさん

Small thumb shutterstock 553985692

②すりおろしレンコンのスープ

レンコンのスープ


すりおろしたれんこんを入れたスープは、ちょっぴり変わっているものの、人気のある汁物です。れんこんをすりおろしたものを入れるだけなので、とっても簡単に出来上がりますよ。野菜の栄養素をふんだんにとれる汁物です。子供にも人気のある味わいなので、野菜嫌いのお子さんにも、ぜひ飲ませてみてください。

③つみれ汁

シンプルなつみれ汁

つみれ汁は、汁物自体の味が薄めなので、中華丼にぴったりです。中華丼の味わいを邪魔しない汁物ですから、薄味が好きな人にも適しています。ネギとつみれ団子を入れるだけで、美味しい汁物に仕上がりますよ。魚介類の旨みをメインにした献立を立てたいときは、是非つみれ汁を汁物に付け加えてみてくださいね。

サラダ|中華丼に合わせたい献立3選!

①エビとブロッコリーとゆで卵のサラダ

エビと野菜のサラダ

エビにブロッコリー、ゆで卵を混ぜたサラダは、ちょっぴり手間がかかりますが、まるでお店のような味わいになるおすすめメニューです。人気のサラダは、ダイエット中の人からは主食として取り入れられることもあるほどです。彩りも良いので、食卓が一気に華やかになりますよ。エビが大好きな人にもおすすめです。

②冷しゃぶサラダ

冷しゃぶサラダ

冷しゃぶサラダは、中華丼と合わせると、豚肉の栄養をたっぷりととれる献立に仕上がります。トマトや水菜、レタスなどと合わせて食べてみてくださいね。ゴマだれドレッシングなどの和風のものはもちろんのこと、オニオンドレッシングやシーザードレッシング、イタリアンドレッシングまで、なんでも合いますよ。

③生春巻きのサラダ

生春巻きのサラダ

最近どんどん人気が上昇している生春巻きですが、実は中華丼の付け合わせとしてもおすすめなのです。エビやサーモンなどの魚介類はもちろんのこと、パクチーやレタスなどの葉物、人参などの野菜などを入れて、くるくると巻くことで、オリジナリティある生春巻きを作ることができます。

作る過程が楽しいのはもちろんのこと、バラエティに富む生春巻きを作ることで、食事の時間も楽しく演出できますよ。サラダ野菜と一緒に召し上がってください。

献立で基本の中華丼の作り方!

①材料

料理する人

中華丼の材料は、豚肉の他に、にんじん、玉ねぎに白菜が基本的な野菜類です。そのほかは、お好みで追加しましょう。例えば、しいたけやきくらげ、うずら卵、シーフードミックスなどです。好きなものを追加することで、オリジナリティあふれる中華丼が完成します。あとは、調味料を揃えておくだけで構いません。

    中華丼の材料

  • 豚肉200g
  • 塩コショウ少々
  • 酒大さじ1
  • おろし生姜一片分
  • にんじん1/2本
  • 玉ねぎ1/2本
  • 白菜3枚
  • しいたけ3~4個
  • きくらげ3個
  • うずら卵 6個
  • 生姜 一片分
  • ごま油適量
  • 以下、スープの材料
  • 水300cc
  • 中華あじ、酒、醤油 各大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • オイスターソース 大さじ1/2
  • 水溶き片栗粉 ともに大さじ1

②作り方

材料を切る

中華丼の作り方にてポイントにしたいのは、野菜類を常温に戻しておくことです。こうすることによって、出来上がりが水っぽくなってしまうのを防ぐことができます。また、豚肉は食べやすい大きさに切ったあと、塩コショウや酒、おろし生姜を揉み込んでおきましょう。お肉にしっかりと味がついて、美味しく仕上がります。

    中華丼の作り方

  1. 1野菜類を適当な大きさに切り、常温に戻しておく。豚肉は食べやすい大きさに切り、塩コショウ、酒、おろし生姜を揉み込み、常温に戻しておく。スープの材料を合わせておく。
  2. 2フライパンにサラダ油としょうがを入れて、火にかけます。豚肉を炒めて白っぽくなったら、固い野菜から順に炒め、全体に油が回ったら、スープを加える。
  3. 3沸騰したら、うずら玉子を加える。スープの味見をし、塩コショウで調える。水溶き片栗粉を加えて、トロミがついたらごま油を回し入れて出来上がり。

中華丼をメインに献立を組もう!

中華丼をメインに置いた献立は、バランスが取りやすく、人気があります。中華丼だけでも十分満足感が得られるので、それにプラスする付け合わせには、それほど神経質にならなくて良いでしょう。

同じ中華料理テイストの付け合わせでも良いですし、また違ったジャンルの料理を合わせてみても、面白いですよ。この記事を参考にしながら、中華丼をメインにした献立をうまく組んでみてくださいね!



商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事