Icon search 36px

明るめ編|赤のインナーカラーに合う色のベース3選

①ライトブラウン

1つ目はライトブラウンです。明るめのベースカラーに赤いインナーカラーを合わせると、全体的に明るい雰囲気になりますよ!定番のライトブラウンは、赤味や黄みを含むので赤いインナーカラーとも相性のいい色です。

インナーカラーの色もやや黄みの強い赤を選ぶと、バランスのいい色合いになりますよ!同じ赤でも青み系と黄み系があるので、ベースの色味に合わせるのがおすすめです。全体にブリーチをすると、明るめのベースもインナーカラーも綺麗に染まります。

②オレンジブラウン

2つ目はオレンジブラウンです。インナーカラーとの境目をあえてはっきりとさせず、全体的に赤みの強いカラーにしたい場合は、ベースの色を明るめのオレンジブラウンにするのがおすすめです。ブリーチをすると、より明るめに仕上がります。

オレンジブラウンはトレンドのテラコッタカラーのような温かみがあり、インナーカラーに赤を使っても馴染みます。明るめですが金髪のように激しいカラーにならず、オレンジの柔らかさが楽しめるのも特徴です。

③ライトグレージュ

3つ目はライトグレージュです。髪色の中でも王道の人気を誇るライトグレージュは、どんなインナーカラーにも合う色としておすすめできる万能カラーです。もちろん赤のインナーカラーとも、綺麗に馴染みますよ!

ライトグレージュと合わせる場合は、インナーカラーの赤もくすみカラーにするのがポイントです。若干くすんだような発色にするとインナーだけが浮かず、馴染みのいい合う色に仕上がりますよ!色味はくすみ系ですが、明るめにするにはブリーチありがおすすめです。

暗め編|赤のインナーカラーに合う色のベース3選

①黒髪

1つ目は黒髪です。インナーカラーの赤をしっかりと目立たせたい場合は、あえて元の髪色を生かした黒髪のベースがおすすめです。一見控えめですが、インナーカラーが見えると個性が際立つ暗めカラーとして人気ですよ!

ベースはブリーチなしなので、ダメージが気になる場合も安心です。インナーカラーの赤はどのような色も似合いますが、黒髪の場合は青み系のレッドがおすすめです。チェリーレッドのようにピンクがかったカラーだと、暗めの黒髪とも相性のいいカラーです。

なお、黒髪にも似合うインナーカラーについては別の記事でも紹介しています。今回は赤いインナーカラーを紹介していますが、そのほかにもおすすめカラーがあるのでこちらも参考にしてくださいね!

関連記事

黒髪にこそ似合うおすすめインナーカラー15選!レングス別の入れ方もチェック!

黒髪に似合うインナーカラーで、オシャレを楽しみませんか?この記事では、

Small thumb %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%98%e3%82%a2%e9%bb%92%e9%ab%aa%e5%b7%bb%e9%ab%aa

②ダークグレージュ

2つ目はダークグレージュです。何色にも合う色のグレージュは、明るめも暗めも両方楽しめます。トーンを控えめにすれば、黒髪に近いダークグレージュのベース髪に仕上がります。

ダークグレージュの特徴は一見黒髪に近い控えめなカラーですが、透明感と軽さがあることです。そのままの黒髪よりも髪に軽さが出るので、インナーカラーの赤をより綺麗に見せてくれます。ブリーチなしでもできる色なので、ダメージも控えられます。

③レッドブラウン

3つ目はレッドブラウンです。インナーカラーに赤を使う場合は、ベースの色も赤系を混ぜると馴染みがよくなります。暗めのレッドブラウンは、インナーカラーとのバランスがいいので合う色に仕上がりますよ!

ベースの髪はブリーチなしでレッドブラウンに染め、インナーカラーの部分だけブリーチをしてから赤くします。ベースが暗めなので、インナーカラーが派手でも控えめな髪色に見えます。

ヘアスタイル編|赤のインナーカラーに合う髪型3選

①ストレートショートボブ

1つ目はストレートショートボブです。ストレートの髪に赤いインナーカラーを合わせると、髪がサラッと揺れるたびインナーカラーが見える楽しみ方ができます。髪が短い方でもすぐに試せる、手軽なスタイルなのでおすすめですよ!

髪をおろしている状態だとインナーカラーがしっかりと隠れるので、控えめに見せたい方にもぴったりです。癖がある方は、ストレートアイロンで伸ばすようにするとより綺麗なシルエットに仕上がります。

②ロングパーマ

2つ目はロングパーマです。控えめなインナーカラーよりももっと色味をアピールしたいときは、ロングヘアがおすすめです。長さがある分、インナーカラーの色味を存分に楽しめますよ!

ロングヘアの場合はパーマをかけると、インナーカラーの部分をチラ見せできます。長い髪はその分ダメージも多いので、ベースはブリーチをせず暗めな色にするのがおすすめです。ダーク系で合う色を選んでみてくださいね。

③セミロングパーマ

3つ目はセミロングパーマです。ロングヘアほど髪を長く伸ばせないという方は、肩にかかるくらいのセミロングがおすすめです。ショートボブよりも長くロングヘアよりも短いので、扱いやすい長さですよ!

毛先の部分を中心にパーマをかけると、インナーカラーが見えやすくなります。ベースの部分を短めにしたレイヤーにすると、内側に隠れがちなインナーカラーがしっかりと表に出たアレンジが楽しめます。

ヘアアレンジ編|赤のインナーカラーに合う髪型4選

①編み込み

1つ目は編み込みです。ヘアアレンジの定番である編み込みは、インナーカラーを生かしたアレンジとしておすすめできます。色のついた部分が表面に出てくるので、インナーカラーの色をしっかりとアピールできますよ!

ある程度長さが必要になるので、髪の長さはロング、パーマで癖をつけた状態がおすすめです。かっちり編むのではなく、緩めにこなれ感を出すのがトレンドのアレンジにするポイントです。

    編み込みのやり方

  1. 1髪を三等分にします。
  2. 2右の毛束が上になるように、真ん中と右の毛束を交差させます。
  3. 3左の毛束を一番上に交差させます。
  4. 4右の毛束と右から新たに取った毛束を一緒に、一番上に重ねます。
  5. 5左も毛束と新しく取った毛束を一緒に重ねます。
  6. 6左右を交互に繰り返し一番下まで編み込んだら結んで完成です。

②ポニーテール

2つ目はポニーテールです。簡単に作れるヘアアレンジといえば、ポニーテールですよね。高めの位置でまとめた髪を結ぶだけの簡単なスタイルです。

今風に仕上げるポイントは、顔のサイドにおくれ毛を垂らしたり、無造作にまとめたりして抜け感を出すことです。また、ヘアアクセサリーの種類によってもアレンジの幅が広がりますよ!

    ポニーテールのやり方

  1. 1髪を巻きスタイリング剤を付けておきます。
  2. 2顎と耳の延長線上で手櫛で髪をまとめ、おくれ毛を出します。
  3. 3髪を結び、ヘアアクセサリーを付けて完成です。

③玉ねぎヘア

3つ目は玉ねぎヘアです。控えめなヘアアレンジよりも個性を出したいという方は、少し変わった玉ねぎヘアにチャレンジしてみましょう。

難しそうに見えますが、ポニーテールをベースにしているので簡単に作れます。アレンジが難しいストレートロングの方でも簡単に作れるスタイルです。

    玉ねぎヘアの作り方

  1. 1好きな位置でポニーテールを作ります。
  2. 2等間隔になるように、小さいゴムで髪を結びます。
  3. 3髪を引っ張り出すようにして、ふくらみを作って完成です。

④お団子

4つ目はお団子です。インナーカラーといえばチラ見せが定番ですが、控えめに見せるのではなくもっと大々的にアピールしたい場合は、髪を全部上げたお団子がおすすめです。

頭頂部で結ぶので、インナーカラーの部分が表面に出てしっかりと色をアピールできます。ベースが暗めでも、お団子にすればインナーカラー部分を表に出せます。

    お団子の作り方

  1. 1髪を頭頂部で結びます。
  2. 2毛束をねじり、結び目にグルグルと巻き付けていきます。
  3. 3毛先が出ないようにピンで止め、全体も崩れないようピンで固定したら完成です。

番外編|赤いインナーカラーに似合う服装は?

①ハード系アイテムを使ったコーデ

レザージャケットを着た女性

インナーカラーを赤くしたら、服装も合わせたいですよね。おすすめの1つ目はハード系アイテムを使ったコーデです。赤いインナーカラーは、パンク系やロック系などハードな印象のアイテムと相性抜群です。

あまり個性的すぎるハードなファッションはできないという方は、黒のレザージャケットやライダースとスカートを合わせた甘辛ミックスコーデがおすすめですよ!ハードでもガーリーで可愛いスタイルになります。

ハード系コーデの定番であるライダースを使ったコーデは、別の記事でも紹介しています。スカートやパンツなどライダースに合うファッションを楽しめば、赤いインナーカラーを更におしゃれに見せられます。

関連記事

2019年春のライダースコーデ24選!レディースに合うレザージャケットは?

季節の変わり目に人気のレザー素材のライダースジャケットは、春のレディー

Small thumb shutterstock 225535000

②黒いアイテムを使ったコーデ

黒服の女性

2つ目は黒いアイテムを使ったコーデです。インナーカラーを目立たせるには、なるべく服装の彩度を抑えるのがおすすめです。特に白よりも黒の方が合う色としておすすめできますよ!

はっきりとした黒い服装が、インナーカラーの赤を引き立ててくれます。レースを使ったガーリーなものやシンプルなものなど、どのようなデザインでも似合う点もおすすめの理由です。

③きれいめカジュアルのコーデ

グレーのコートの女性

3つ目はきれいめカジュアルのコーデです。シンプルでもおしゃれに見えるきれいめカジュアルは、どのようなヘアスタイルやカラーにも合う王道のファッションです。

赤いインナーカラーに合わせるポイントは、ファッションの中にも赤い色を取り入れることです。コーデに取り入れたり、アクセサリーや小物に赤を入れたりすると髪色にも合いますよ!

赤いインナーカラーで個性とおしゃれを楽しもう!

赤いインナーカラーを入れる際は、ベースの髪色に合う色を選ぶのがポイントです。ベースとインナーカラーのバランスがいいと、より垢抜けておしゃれな印象に仕上がりますよ!

今回は赤いインナーカラーに似合うベースの髪色として、ブリーチありの明るめカラーや控えめな暗めカラーなどを紹介しました。また、おすすめのヘアスタイルやアレンジ法も紹介したので、インナーカラーを赤くしたときには是非試してみてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード