Icon search 36px

【明るめ編】紫のインナーカラーに合うベースの色

①ピンク系

ピンク系のベースカラーは、パープルのインナーカラーとの相性が抜群です。もともと同じ系統の色なので、馴染みやすいです。また、ホワイト系の色味がかったピンクやパープルを選べば、透明感が出て可愛らしい印象の髪色になります。派手な色だけれど、可愛らしさが出るのが特徴です。

パープルもピンクも派手な色に思えますが、ブリーチなしを選べば暗めに発色するので、落ち着いた印象にすることもできます。ただ、似たような色同士なので、インナーカラーが分かりにくくなってしまいがちです。インナーカラーのパープルだけ明るめに発色させると変化も出ておすすめです。

②ベージュ系

ベージュ系のベースカラーは、パープルのインナーカラーに合う色です。パープルでもいくつか種類がありますが、ベージュ系ならどんなパープルともマッチしてくれます。ミルクティーベージュなど明るい色をベースに選ぶのであれば、ラベンダー系のパープルインナーが合う色としておすすめです。

逆に、オレンジ系のベージュをベースにするのであれば、バイオレットなど少し暗めのインナーカラーが合う色として相応しいでしょう。暗めのパープルでも明るめのパープルでも、ベージュベースだと綺麗に発色してくれます。

③ラベンダー系

ラベンダー系がベース髪色は、もちろんパープルインナーと合う色です。ただラベンダーと言ってもアッシュ系やベージュ系など種類がたくさんあります。ラベンダーベースにすることで、透明感が生まれ、外国人風の髪色になるのです。

そのため、同じ色であるパープルのインナーカラーを組み合わせても、インナーカラーが目立つようになります。特に、ラベンダーアッシュとラベンダーのインナーカラーは相性もいいですし、外国人のように透明感溢れる髪色になるのでおすすめです。

【暗め編】紫のインナーカラーに合うベースの色

①黒髪

黒髪は、パープルに合う色としては定番のカラーです。色の系統が同じなので、上手くマッチしてくれます。特に、オーソドックスなパープルとの相性がいいので、初めてパープルのインナーカラーにチャレンジする方におすすめです。パープル自体が派手な色なので、暗めの色でもばっちり目立ちますよ。

黒髪だけだと重たくなりすぎると感じた時に、パープルのインナーカラーをプラスすると透明感が出ます。インナーカラーは、普段分からないような場所に入れることもできるので、オフィスなどでインナーカラーを隠したい方は、黒髪と暗めのインナーカラーを後ろ側だけに入れましょう。

②グレージュ

グレージュは近年人気のある髪色です。名前の通り、ベージュとグレーを組み合わせたような髪色が特徴で、透明感のあるダークブラウンに発色します。もとの色が暗いので、パープルのインナーカラーを入れる場合は、ラベンダーなど明るめをチョイスしましょう。

グレージュは透明感のある髪色なので、おなじく透明感の強いパープルとの相性がいいのです。また、グレージュはブラウン系に見えますが、赤味が少ないのでパープルと組み合わせても不自然になる心配がありません。主にロングヘアの方におすすめの髪色です。

③ダーク茶髪

ダークな茶髪はバイオレット系のパープルインナーに合う色です。茶髪はオレンジや赤色の要素が強いので、パープルとの相性が悪く思えますが、ダーク系の茶髪であれば、パープルともマッチします。なるべく赤味を抑えた茶髪をチョイスしましょう。

バイオレットは、暗めのインナーカラーなので、ダークブラウンとマッチしやすいです。あまりインナーカラーを目立たせたくない方や、初めてインナーカラーにチャンレンジする方はやりやすい組み合わせなのでおすすめです。

紫のインナーカラーに似ている色がピンクです。派手な色ですが、明るめ暗めの調節で印象がガラッと変わります。また、女性らしく可愛らしい印象になるので人気も高い髪色です。以下の記事では、ピンクのインナーカラーについて似合う色のベースをまとめています。チェックしてみてください!

関連記事

ピンクのインナーカラーが似合うベース10選!明るめ暗めで印象が違うピンクを攻略!

ピンクのインナーカラーは可愛くてガーリーな印象がありますよね。しかし、

Small thumb %e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b82

【ボブ編】紫のインナーカラーに合う髪型3選

①内巻きボブ

ボブやショートの場合、インナーカラーを広めに入れて、内巻きにするのがおすすめです。パープルのインナーカラーは、黒髪との相性もいいので可愛らしいヘアスタイルにすると良さが際立ちますよ。おすすめは、ショートやボブの耳上からインナーカラーを入れる方法です。

正面やサイドから見た時にインナーカラーが目立ちますし、なにより2020年トレンドの入れ方です。黒髪ボブ・ショートとパープルインナーカラーならキュートな印象に見せられるので、耳上からインナーカラーを入れて特徴的にしましょう。

②毛先巻き

ショートやボブのように短い髪の毛は、毛先に動きをつける髪型がおすすめです。こうすると、動くたびにインナーカラーがチラ見えして可愛いです。黒髪でも、透明感のある髪色にすることで、パープルとの相性が良くなります。

伸びかけのボブでも、コテで毛先に動きをつけてあげるとこなれた印象になります。巻き髪のように思いっきり巻くのではなく、ウェーブ状に動きをつけてあげるのがポイントです。伸びてしまったボブのヘアアレンジに悩んでいる時にも、おすすめのアレンジ方法です。

③長めボブ

長めのボブスタイルの方は、毛先を軽くするスタイルにインナーカラーを組み合わせるのがおすすめです。ショートや短めボブなら、勝手にインナーカラーが目立ちますが、毛量の多い長めボブだと、せっかく入れたインナーカラーが分かりにくくなってしまいます。

毛先を梳いて軽くする事で、インナーカラーがちらっと見えて可愛らしいです。また、自分で外ハネスタイルにすると、インナーカラーが目立ちやすくなるのでおすすめですよ。明るめのパープルインナーでも暗めのパープルインナーにも適応させられるアレンジです。

【ミディアム編】紫のインナーカラーに合う髪型3選

①ワンカール

ミディアムヘアは、毛先をワンカールさせてあげることで、パープルインナーを効果的に強調させられます。特に、明るめのパープルインナーの場合は、あまりインナーカラーを目立たせない方がナチュラルになるので、ワンカールがちょうどいいです。

ミディアムであれば、ワンカールでも重たくなりすぎませんし、後ろ側にだけインナーカラーを入れている方にも効果的です。また、ベースが茶髪の方はワンカールがマッチしやすいのでおすすめですよ。

②ハーフアップ

インナーカラーを最も目立たせることのできる髪型がミディアムハーフアップです。ベースの髪の毛を全てまとめることで、ダウンスタイルがインナーカラーのみになり目立ちます。ミディアムくらいの長さが、ハーフアップに丁度いい長さなのでおすすめです。

明るめの茶髪で、パープルのインナーカラーが目立たない方でも、この髪型であればインナーカラーが強調されます。ハーフアップは、アレンジも無限大なのでその日の気分やファッションにあわせて、巻き髪や編み込みなどと組み合わせてみるのもおすすめですよ。

③外ハネ

ミディアムヘアの場合、ショートやボブに比べて髪の毛の毛量が多いという特徴があります。そのため、毛先をなるべく軽くするのがおすすめです。ミディアムの毛先を軽くすることで、インナーカラーが見えやすくなります。外ハネなら自分でも手軽にセットできて簡単ですね。

外ハネスタイルは、ミディアムやボブの長さでないと効果的ではありません。ロングヘアだと長すぎてしまいますし、ショートヘアだと長さが足りないからです。キュートな印象にできるので、パープルのインナーカラーが派手な人にもおすすめです。

【ロング編】紫のインナーカラーに合う髪型3選

①編み込み

インナーカラーは編み込みをすると、目立ちます。ミディアムやロングヘアの場合、編み込みをするのに十分な長さがあるので、髪の毛全体で編み込みをしてインナーカラーを目立たせましょう。編み込みなら、ゴージャスで華やかな雰囲気になりますし、アレンジも豊富です。

②ウェーブ

ロングヘアの場合、髪の毛の毛先にだけインナーカラーをいれているパターンも多いです。そんな時は、毛先のみウェーブにしましょう。ロングのように長い髪の毛は、ストレートよりもある程度動きをつけた方が効果的に見えます。カラフルなパープルでも上品にまとまるヘアスタイルです。

③ゆるウェーブ

ゆるいウェーブは茶髪やベージュ系のベースカラーの方におすすめです。ロングの場合、髪の毛にウェーブをかけるとインナーカラーがチラ見えして可愛らしいです。明るめの髪色にはかっちりとした巻き髪より、ゆるいウェーブの方がマッチしやすいですよ。

紫のインナーカラーの種類とは?

①パープル

王道のパープルは、紫の色味がしっかりと出るのが特徴です。ブリーチのありなしや調整によって、暗めや明るめなど変えられるのが魅力的です。インナーカラーだけでなく、ベースカラーとしても人気のある色となっています。特に、ボブやショートなどにおすすめの色です。

②ラベンダー

ラベンダーは、白っぽく発色するのが特徴の色です。ブリーチありの髪色ですが、黒髪との相性も良く、金髪やミルクティーベースの髪色にもマッチします。派手でありながらも、女性らしい可愛さが出るのが特徴の髪色です。主にロングヘアの方におすすめです。

③バイオレット

バイオレットは、3種類のパープル系髪色のなかで最も暗めのカラーです。そのため、合う色は黒髪や暗めの茶髪になります。紫に赤色を足したような色味が特徴で、比較的どんな髪の長さにもマッチしてくれます。ハイライトと組み合わせたり、オールマイティーな髪色です。

紫のインナーカラーを試してみよう!

紫のインナーカラーは、ショートヘア・ボブヘア・ロングヘアなどオールマイティーな髪型にマッチします。また、黒系や茶系など幅広いベースの色に合う色なので、誰でも気軽に試せるのが魅力的です。

パープルのように明るい髪色にチャレンジした方は、色落ちの心配があります。以下の記事では、色落ちしにくいシャンプーについてまとめているのでチェックしてみてください!

関連記事

色落ちしないシャンプー8選|髪色・ヘアカラーが長持ちする市販品は?

色落ちしないシャンプーをご存知ですか?ヘアカラー派の人は、シャンプーで

Small thumb shutterstock 1323025751

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード