Icon search 36px

タトゥーを入れる人の心理7選!

心理①愛情を表現したい

愛情

タトゥーを入れる心理として、強い愛情を表現したい、という気持ちがあります。タトゥーは一度彫ると、消そうとしない限りは消えません。そのため、永遠の愛を誓うためにタトゥーを入れる人が多いのです。愛するパートナーや子供の名前、記念日などをタトゥーに彫り、永遠に続く愛情を示していますよ。

また、自分の体にタトゥーを入れることで、大切な相手と深く繋がっている心理になるでしょう。より強い一体感を感じるためにタトゥーを入れる、という人も多いですよ。

心理②好きな人とお揃いにしたい

カップル

タトゥーを入れる心理として、好きな人とお揃いにしたい、というものもあります。付き合ったばかりの男性と女性や、結婚するカップルによくある心理です。お揃いのタトゥーの他、2つ組み合わせると絵柄が完成するペアタトゥーなどを共有するのです。

また絵や柄ではなく、記念日や相手の男性・女性の名前を入れる人もいます。好きな人と同じタトゥーを入れることで、相手と深く繋がりたい、と考えているのですよ。

心理③ファッションを楽しみたい

オシャレ

タトゥーを入れる人の中は、ファッションを楽しみたいという心理の人も多くいます。女性がヘアスタイルやネイルを楽しむ感覚で、タトゥーを彫ってもらうのです。ファッション感覚でタトゥーを入れる人は、その場の直感でタトゥーを彫ることを決めることが多いですよ。

ファッションを楽しむ感覚でタトゥーを入れる心理は、特に若い女性に多いと言われています。その場の雰囲気でタトゥーを彫るため、後から場所やデザインに後悔する女性も大勢いますよ。

心理④決意表明

決意

タトゥーを入れる心理としては、決意表明というものも挙げられるでしょう。タトゥーは、一度体に彫ると簡単に消せないものです。そのため、自分の中の強い決意や生き様を示すため、タトゥーを彫ろうとするのです。名言やセリフ、言葉などをタトゥーとして彫る人に多い心理ですよ。

タトゥーを入れることで決意表明をする他、物事を達成するための気合いを溜め込もう、とする人もいますよ。なりたい自分や高い理想がある、という心理が読み取れますね。

心理⑤自己表現がしたい

表現

自己表現がしたいという心理も、タトゥーを入れる理由の一つだと言われています。特に、タトゥーそのものを愛している人に多い心理状態でしょう。タトゥーを入れることによって、自分の個性や人間性を表現しようとしているのですよ。本人にとっては、好きなことで自己表現しているだけにすぎません。

心理⑥自分自信を変えたい

変わる

これまでの自分から卒業したいという心理も、タトゥーを入れる意味の一つです。後ろ向きな自分の性格や、今までの過去から脱却するために、タトゥーを入れるのです。自分自身や経歴、現状に自信が持てない女性に多い心理ですよ。タトゥーを入れることで、自分は変われると思っているのです。

心理⑦強く見られたい

つよい

タトゥーや刺青を入れる人の心理として、他人から強く見られたい、というものもあります。見た目で弱い人間だと判断されないよう、タトゥーを入れて強さをアピールしようとしていますよ。女性よりも男性に多い心理でしょう。「あの人は迫力がある」「威厳がある人だ」と思われたいのです。

またこちらに、精神的に強い人の特徴がまとめられている記事を載せておきます。精神力を鍛える方法なども紹介されていますよ。見た目だけでなく精神的に強くなりたい!と考えている人は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

精神的に強い人の特徴13選!弱い精神力を鉄のメンタルに変える方法7選も

世の中には精神的に強い人がいます。そのようなメンタル面がタフな人の特徴

Small thumb shutterstock 627271019

タトゥーを入れる理由3選!

理由①強い魅力を感じたから

魅力

タトゥーを入れる理由として、タトゥーそのものに強い魅力を感じた、というものがあります。タトゥーを入れる、最も多い理由だと言われていますよ。見た目のデザインに惹かれただけでなく、タトゥーを入れるという行為や、一生涯残るという性質に魅力を感じた、という人も多いです。

理由②傷跡をカバーするため

傷

タトゥーを入れる理由として、大きな傷を隠すため、というものもあります。日本だけでなく、海外でも多く見られる理由ですよ。怪我や手術などの傷の上からタトゥーを入れ、傷そのものをかっこよく見せようとしているのです。

大きな傷があると、他人からジロジロと見られてしまい、心に負担がかかることもあるでしょう。しかし傷の上にタトゥーを入れることで、ポジティブな気持ちを取り戻すことができるのです。傷を受け入れ、自信をつけるという意味合いがあるのですね。

理由③心の支えにしたいから

支え

タトゥーを入れる理由として、心の支えを作りたいというものもあります。特に、女性に多く見られる理由の一つでしょう。大切なものや出来事、人物などを刻み込み、「いつも側にいる」という安心感を得ようとしているのです。辛いときにタトゥーを見ることで、「頑張ろう」という気持ちを取り戻すことができるのですよ。

タトゥーを入れる人の印象とは?

印象①自分を持っている

自信家

タトゥーを入れている人の印象として、自分を持っているというものがあります。タトゥーは、確固たる意志を持っている人が入れるもの、というイメージが強いです。そのためタトゥーを彫る人は、自分というものを持っていると思われますよ。

印象②オシャレ

お洒落な女性

オシャレだというのも、タトゥーを入れている人への印象でしょう。タトゥーのデザインは、オシャレでカッコいいものが多いです。場所にもよりますが、さりげなく見えているタトゥーを「オシャレ」だと感じる人は多いですよ。

印象③世間体を気にしていない

自由

タトゥーを入れている人は、世間体をあまり気にしない人だ、という印象を抱かれることも多いです。タトゥーは、昔よりも受け入れられるようになってきた、と言われています。しかしまだまだ偏見は多いのが現状です。そのためタトゥーを入れている人は、そんな現状や世間体をを気にしない人、と思われるのです。

印象④怖い

怖い

タトゥーを入れている人に「怖い」「威圧的」という印象を持つ人も少なくないでしょう。特に、タトゥーを入れている男性が抱かれがちな印象でしょう。タトゥーは怖い人が入れるもの、というイメージがあるため、「タトゥーを入れている人はみんな怖い」と思われてしまうのです。

タトゥーを入れる場所ごとの意味とは?

耳の裏

耳

耳の裏の場所にあるタトゥーには、「自分を大切にしたい」という意味があると言われています。耳の後ろは、自分の内面を表現する場所だと言われています。誰かの意見に縛られるのではなく、自分の意志で生きていきたい、という意味が読み取れるでしょう。自分のことを大切にしたい人が、タトゥーを入れる場所でもあります。

手首

こちら側に向けた手首

手首の場所にタトゥーを入れる意味として、自分自身を制御したい、というものがあります。手首は自分の目に止まりやすい場所ですよね。よく見る場所にタトゥーを入れることで、タトゥーを入れたときの気持ちを思い出し、自分の律そうとしています。

腕を広げた女性

腕に入れられたタトゥーには、理想の自分になりたい、という意味が含まれていますよ。腕は、「内面に秘められている個性」という意味がある場所です。腕にタトゥーを入れることで、隠されている自分を表現しようとしているのです。

背中

背中を見せる女性

背中にタトゥーや入れ墨を入れる意味として、忘れたくない思い出がある、というものがあります。背中は、大切なものを背負う場所だと言われています。自分が大切にしたいものや言葉などを、背中にタトゥーとして入れておくのです。

胸周辺

胸を押さえる女性

胸付近にタトゥーを入れる意味として、重要なものを背負いたい、というものがあります。胸は心臓に近い部位なので、非常にデリケートな場所です。タトゥーを入れるときの痛みも強いでしょう。そんな場所にあえてタトゥーを入れるのは、それだけ大切にしたいものがある、という意味なのです。

首周辺

首

首の周辺にタトゥーを入れる意味として、「どんなことにも怖気付かない」というものがありますよ。首は服で隠れにくく、他人からタトゥーが見えやすい場所です。そんな場所にタトゥーを入れることで、周りにタトゥーを見せて「他人の評価に屈しない」とアピールしているのです。

タトゥーを入れる時後悔しないために注意することは?

注意点①デザインにこだわる

デザイン

タトゥーを入れて後悔しないために、デザインにはこだわるように注意してください。流行りのデザインをよく考えずに入れると、流行が過ぎ去った後に「古い」「ダサい」などと思われてしまいますよ。流行りに流されることなく、一生付き合うことができる絵柄やモチーフ、言葉などを検討してください。

注意点②簡単に消せないと理解する

禁止

タトゥーを入れて後悔しないためには、タトゥーは簡単に消せないと理解するようにしましょう。タトゥーは体に直接彫り込むものです。もし消したいと思っても、容易に削除することはできません。また消すことができても、タトゥーを入れるときよりも酷い痛みに耐えなくてはいけなくなります。

料金も、タトゥーを入れるときの倍以上の値段がかかってしまいます。その上、元の状態の綺麗な肌には戻ることができないと言われています。火傷の跡のような状態になり、皮膚の移植が必要になったり、という苦労も伴いますよ。このような現状があると知ることで、タトゥーを入れた後の後悔をなくすことができます。

注意点③彫り師は慎重に決める

彫り師

彫り師を慎重に選ぶということも、のちのち後悔しないために大切なことです。技術のない彫り師に当たってしまうと、タトゥーの仕上がりも悪くなりますし、時間や料金もかさんでしまいます。一人の彫り師に任せるのではなく、複数の彫り師を検討するように注意してくださいね。

注意点④慎重に考えてから入れる

考える

タトゥーは、後悔しないように慎重に考えてから入れるkとおが大切です。酔ってしまったときや、その場のノリで適当にタトゥーを入れてしまうと、非常に苦労しますよ。後悔しないためにも、本当にタトゥーが必要なのか、きちんと見極めるように注意してくださいね。

タトゥーを入れる心理や場所ごとの意味を知りましょう!

タトゥーを入れるという行為には、様々な心理や理由が込められています。なぜタトゥーを入れるのかわからない、という方は、是非今回の項目を参考にしてみてください。またタトゥーを入れたいと考えている女性は、後悔しないための注意点も意識してみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード