Icon search 36px

生活感のない部屋に住む人の心理5選!

心理①美意識が高い

美意識

生活感のない部屋に住む心理として、美意識が高いという特徴があるでしょう。誰が見ても「綺麗」と思ってもらえる部屋にしたい、と考えているのです。そのため必要最低限のものしか購入せず、少ないもので生活するようになりますよ。

美意識が高い人は、ただ物を置かないだけでなく、収納にもこだわるという特徴を持ちます。自分が使いやすい場所、美しく見える場所を考え、物を置くようにしていますよ。

心理②自分が納得できる部屋にしたい

綺麗な部屋

自分が納得できるような部屋にしたいという心理も、生活感のない部屋に住む人の特徴です。トレンドの家具やインテリアを取り入れるよりも、自分の世界観を重視した部屋を作りたいと考えているのです。人から見られることを想定しているのではなく、自分が住んでいて納得できる部屋を目指していますよ。

自分の理想を追求する人は、自分で家具を作ることも多いと言われています。「こんな棚が欲しい」と感じたら、自分でDIYを行います。自分の理想にピッタリ合うものを作ることで、物を少なくするという特徴がありますよ。

心理③訪問者をいつでも招けるようにしたい

訪問

生活感のない部屋に住む人の心理で、訪問者を招きたいと思うのもひとつの特徴でしょう。生活感のある散らかった部屋では、なかなか客人を招くことができませんよね。どんな時もすぐに誰かを招きたいという思いから、物を置かないようにして、スッキリした部屋を目指しているのです。

キッチンの調理器具がキチンと収納されていたり、玄関の手入れが行き届いている場合は、この心理である可能性が高いでしょう。自分の気持ちはあまり考えず、他人から見られることを前提としています。

心理④周りの意見に流されたくない

禁止

周りの意見に流されまいと、あえて生活感のない部屋で生活する人もいます。周りから「もっと生活感のある部屋がいいんじゃないか」と言われると、それに反発しようと物を置かないようになります。他人とは違うことがしたい、という人に多い心理的特徴でしょう。

心理⑤何もない部屋に住みたい

ルール

とにかく物が少ない、何もない部屋に住みたいという心理もあります。家具が多い部屋では落ち着かず、できる限り物の少ない部屋にしようとするのです。この心理の人は、物を捨てたい病にも近いと言われています。せっかく物を買っても、物が部屋にある状態が落ち着かず、すぐに捨ててしまうのです。

生活感のない部屋に住むメリット4選!

メリット①無駄遣いをふせぐことができる

お金

生活感のない部屋に住むメリットとして、無駄遣いが防げるということがあるでしょう。生活感のない部屋を作ろうとすると、必然的に物が減っていきます。本当に必要な物しか買わないようになるため、お金を使う機会も減りますよ。

また物を購入する前に熟考するようになります。後から「なんでこんな物を買ってしまったんだろう」などと、後悔するようなことも減るでしょう。節約したい、出費を抑えたいという人にとっては大きなメリットと言えます。

メリット②家具を選ぶのに時間がかからない

時間

家具を選ぶ時間が短縮できるのも、物が少ない部屋に住む大きなメリットでしょう。生活感のない部屋に住む人は、「ここにはこんな家具を置く」「家具はこの素材や色が良い」など、買うべきものを決めて買い物をします。そのため、家具を選ぶ時に時間がかかりません。

生活感のある部屋に住む人は、何も考えずに買い物を始めてしまいます。具体的な部屋のイメージがないため、家具の選択に時間がかかってしまいますよ。物を置かない、生活感のない部屋に住むことで、時間も労力も省くことができるのです。

メリット③探し物をする時間が減る

悩む

物が少ない・何もない部屋に住んでいれば、探し物をする時間も減るでしょう。物が多く整頓されていないと、すぐに物を見失ってしまいます。時間がない時に必要なものが見つからない、という事態にもなりかねません。一方、物が少ない部屋に住んでいれば、物をすぐに見つけることができます。

また「これはここに収納する」というルールが決まっているため、すぐに目的のものを見つけることができるでしょう。忙しい時に、すぐ必要なものを探し出すことができますよ。何もない部屋に住む、大きなメリットの一つです。

メリット④掃除が楽

掃除

物をほとんど置かない部屋は、掃除が楽にできるというメリットもありますよ。生活感のある部屋の場合、床に置いているものを片付けたり、洗濯物を畳んだりという作業が必要ですよね。部屋を掃除する前に、物を片付ける手間がかかってしまいます。また掃除をする際も、家具を退けたり移動させなければいけません。

一方生活感のない部屋は床にほとんど物がないため、掃除前の物の片付けが必要ありません。また家具も少ないので、家具をどかしながら掃除をする、という必要もないでしょう。そのため、一回の掃除の労力が大幅に低下するのです。隅々まで綺麗に掃除を行うこともできますよ。何もない部屋の大きなメリットの一つです。

生活感のない部屋を好むのはなぜ?

①自分の世界を確立したいから

自分の世界

物を置かない部屋を好む理由として、自分の世界を作り上げたい、というものがあります。恋人や友人の訪問のことは意識せず、自分のためだけの部屋を作りたい、という理由です。自分のためだけに家具や物を購入し、最も落ち着ける空間を作り出そうとしていますよ。プライベートを詮索されたくない、という人に多い理由です。

②センスの良い部屋を作りたいから

センス

生活感のない部屋を好む理由に、センスの良い部屋への憧れもあります。生活感のない部屋は、部屋自体がインテリアだと言われています。生活感がないのはお洒落な部屋の特徴でもあり、SNSなどでも話題を集めていますよ。このお洒落な部屋を再現することで、センスの良い部屋を作ろうとしているのです。

③爽快感を求めているから

爽快

毎日を爽快に過ごしたいというのも、生活感のない部屋を好む大きな理由の一つですよ。物が散乱している生活感のある部屋は、どうも落ち着きませんよね。掃除が行き届いていない部屋を見ると、気分も落ち込んでしまいます。部屋に住んでいるだけでストレスがたまる、ということにもなりかねません。

一方生活感のない部屋ならば、散らかる物や家具がないため、常に綺麗な部屋を保つことができます。掃除も楽に行えるでしょう。スッキリと片付いている部屋に住みたい、爽快な気分で過ごしたいという思いが、生活感のない部屋を好む理由になっているのです。

生活感のない部屋に住む人の性格とは?

①自信家

自信

何もない部屋に住む人には、自信家な性格が多いと言われています。物が少ない部屋を綺麗に保つことで、「自分は掃除ができる」「私生活がキチンとしている」と、自分を誇りに思うのです。自己肯定力の高い性格だとも言えるでしょう。

②人付き合いが嫌い

嫌い

生活感のない部屋を好む人は、人との付き合いを苦手としていることが多いです。誰かと関わっているより、自分の世界に没頭したいと考えています。そのため、物が少ない部屋に住んで視界から情報を遮断し、好きなことにのみ集中しようとしますよ。

③綺麗好き

潔癖

綺麗好きな性格も、生活感のない部屋に住む人の特徴だと言われています。生活感のない部屋には、無駄な家具や家電がありません。また物と物の空間が広いため、掃除も隅々まで行き届きます。常に綺麗な部屋に住みたい人は、物の少ない部屋を好むでしょう。

④完璧主義者

完璧

生活感のない部屋を好む人は、完璧主義な性格だと言われていますよ。何もない部屋を作ることで、少しの汚れやホコリ、物の散らかりを防ごうとしているのです。完璧な部屋を求めるあまり、物を極限まで減らそうとしているのですね。

生活感のない部屋の特徴とは?

①家具の質感や色味が統一されている

家具

生活感のない部屋の特徴として、家具のカラーや質感が揃っている、ということがあるでしょう。色味や質感が揃っていると、シンプルでスッキリまとまった印象になります。また生活感のない部屋には、ビビットカラーの家具は置かないです。グレーやブラウン、ホワイトなど、落ち着いた色味の家具が揃っていますよ。

②家具や物が少ない

もの

家具や物が極端に少ないのも、生活感のない部屋の特徴の一つです。生活感のない部屋を好む人は、基本必要なものしか買いません。絶対に生活に欠かせないアイテムしか購入しないため、家具や物がほとんどないのです。

③食器類の色が白

食器

お皿やコップ、茶碗などの食器類の色味が白で統一されているのも、生活感のない部屋の特徴です。白いシンプルな食器のみを使い、柄物やキャラクター物の食器は使用しません。食器の枚数も必要最低限で抑えられていますよ。

また生活感のない部屋に住む人は、購入した調味料をそのままの状態で使用することが少ないようです。調味料は、白や透明などのシンプルな容器に詰め替えて使用するのが特徴ですよ。

④目に見えるところに物を置かない

収納

目に見える場所に物が出ていないのも、生活感のない部屋の特徴でしょう。例えばティッシュがテーブルの上に出ていたり、リモコンが床にあったり、ということがありません。テーブルや棚の上など、目に見えるところには物を置かないのです。また、中身の見える透明な収納ケースも使いません。

生活感のない部屋では、扉のある棚や引き出しが使用されます。物を使わない時は戸を閉めており、目線に物が入ってこないという特徴がありますよ。

生活感のない部屋に住む心理を知りましょう!

何もない部屋に住む人には、様々なパターンの心理が考えられます。物を極力置きたくないという心理を理解することで、生活感のない部屋に住むメリットや、何もない部屋を好む人の特徴もわかりますよ。是非今回紹介した項目を参考にしてみてくださいね。

またこちらに、部屋が綺麗な人の特徴がまとめられている記事を載せておきます。物を片付けるコツなども解説されていますよ。日々の掃除を楽にしたい、快適に住みたいという人は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

【あなたも掃除上手に!】部屋が綺麗な人の特徴7選!片付けのコツも紹介!

部屋を綺麗にしたい、綺麗に保ちたいと思っていませんか?今回は、部屋が綺

Small thumb shutterstock 637114588

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード