Icon search 36px

電話が嫌いな人の心理5パターン!

①相手の顔が見えず不安になる

顔が見えない男性

一つ目の心理は、相手の顔が見えないという不安です。表情が見えないと、相手の感情を読み取れないので不安になってしまう人がいます。

例えば要件に対してイエスと答えるのでも、笑顔でするか、顔をしかめてするかによって相手の反応は異なります。こうした反応を見ながら話すことが出来ないので、電話をすると心理的に不安を抱いてしまうのです。

②焦って緊張する

電話で焦る女性

電話が嫌いな人は、焦って緊張することがあります。電話はいつ掛かってくるか分からないので、作業に集中している時に掛かってくると頭を切り替えることが出来ません。慌てて電話に出ると、焦って受け答えをすることになります。その結果、相手の要件を聞き取れなかったらどうしようと緊張してしまうのです。

③長電話が面倒

長電話が苦手な女性

長電話は時間がかかるものなので、面倒に感じる人もいます。その理由は、要件とは関係のない話をどのように切り上げたら良いか分からないからです。

例えば、通話相手が上司など自分より立場が上の人の場合、一方的に切ってしまうと失礼です。そのため電話を切ることが出来ず長電話になることがあり、面倒だと感じるのです。

④相手に申し訳ない気がする

申し訳ない気持ちの女性

相手に電話をかける時に、申し訳ない気がしてしまう人がいます。なぜなら、電話をかける時には相手の都合が分からないからです。

相手は休憩中かもしれないし、集中して作業しているかもしれません。そんな時に相手に電話に出てもらうのは、悪い気がしてしまうのです。こうした理由から、電話を掛けるときに申し訳ないという心理になってしまいます。

⑤即答できず困惑する

困惑する女性

電話で回答を求められた時に即答できず困惑してしまうのも、電話嫌いな人の心理です。その理由は、通話ではその場で分からないことがあっても、すぐに回答を迫られることがあるからです。

例えば、電話でスケジュールの変更を求められたとします。その際、チームのメンバーと相談してから決めたいことがあっても、場合によってはその場で決めなければならないこともあります。こうしたシチュエーションでは、即答できずに困惑してしまうのです。

電話嫌いを克服する方法は?

①電話を取る前に深呼吸をする

深呼吸する女性

一つ目の克服方法は、深呼吸をすることです。その理由は、深呼吸をすることで落ち着きを取り戻すことができるからです。深呼吸をするだけで克服できるか疑問に思うかもしれません。しかし、電話嫌いの特徴を持つ人は、焦って電話に出ていることが多いので、深呼吸をすることは効果的です。

着信音が聞こえて焦っていると感じた時は、深呼吸をしてから電話をとってください。気持ちが落ち着いて、冷静に通話ができるようになります。

②声のトーンを上げて明るい印象を作る

明るい声で話す女性

あなたの声のトーンを明るくすることは、電話相手の反応が怖くて苦手意識を持っている人にとって最適な克服方法です。意外な克服方法に思えるかもしれませんが、人は相手の反応を鏡のように自分に写してしまう傾向があるので、効果があります。

相手の声のトーンが暗いと感じた時に、声のトーンを明るくしましょう。イメージが難しい場合は、笑顔を作って話すようにしてください。すると、相手も自然に明るい声になります。

③電話対応の作法を覚える

作法を覚える女性

電話での作法を覚えることは、マナーや言葉遣いに苦手意識を持っている人におすすめの克服方法になります。その理由は、作法を覚えることで相手との通話がスムーズになるからです。

電話対応には「お電話ありがとうございます」「失礼ですが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」などの定型文があります。また、復唱して認識齟齬を防ぐなどの作法があります。こうした作法を繰り返し実践すると、自然と振る舞えるようになり、苦手を克服できます。

④あらかじめ電話メモを作成する

ノート

メモを取ることが苦手な人は、あらかじめ電話メモを作成することが対策となります。電話メモを作成しておくことで、メモをとるスピードが上がり、聞き逃しを防ぐことができるからです。

電話メモのカテゴリーには、相手の会社名、相手の氏名、要件、社内の担当者、期日などを明記すると使いやすいです。メモをストレスなく作成できると、電話嫌いも克服できます。

電話が嫌いな人の特徴は?

①折り返しの電話を後回しにする

折り返しを後回しにする女性

電話嫌いな人の1つ目の特徴は、折り返しの電話を後回しにすることです。相手に折り返さないといけないと知りつつも、電話をしたくない心理が出てしまうからです。例えば、相手に留守電を入れてから折り返しの電話が来ないとします。何度電話をかけても折り返しがない場合、その相手は電話嫌いな人と考えられます。

以下の記事では、電話に出ない人の心理を紹介しています。折り返しがないだけでなく、相手が電話に出ないことで悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

関連記事

電話に出ない人の心理11選!彼氏や彼女が携帯に出たくない理由は?

彼氏や彼女が携帯に出たくない理由とは一体、なんなのでしょうか。この記事

Small thumb shutterstock 583044775

②メールの使用頻度が高い

メールをする女性

電話を使わないでほとんどメールで連絡をする人は、電話嫌いな人です。このような人は、長電話や相手の反応を伺うことにストレスを感じやすい特徴があります。電話で伝えればすぐに済む要件を、メールやテキストメッセージを使用することも珍しくありません。そのため、メールの使用頻度が高くなります。

③マルチタスクが苦手

マルチタスクが苦手な女性

マルチタスクが苦手な人は、電話嫌いであることが多いです。その理由は、電話はマルチタスクが発生する場面が頻繁にあるからです。通話と同時メモをとったり、電話を繋いだままパソコンを操作をする場面があります。同時に行うとストレスを感じたり、注意が散漫したりしてミスを起こしやすくなります。

④切り際の振る舞い方がよく分からない

切り際が分からない女性

電話嫌いな人には、どのように電話を切ったらいいのかわからないという特徴があります。その理由は、自然な流れで失礼のないように振る舞う方法がわからないからです。相手が切り上げてくれない場合、話をうまく締めくくれないで話を続けてしまうことがあります。こうした特徴は、会話が苦手な人に多いです。

電話が嫌いな人の理由は?

①相手のリアクションが分からない

リアクションが分からない女性

電話が嫌いな理由の1つ目は、相手のリアクションが分からないことです。通話では相手の表情や仕草を見ることが出来ないため、相手の反応が分かりにくいことがあります。親しい相手であれば気兼ねなく話せても、付き合いの浅い人や初対面の人の場合は、声のトーンで相手の反応を見極めるのは難しいです。

②時間を拘束されたくない

拘束されたくない女性

電話が嫌いな理由の2つ目は、時間を拘束されたくないことです。電話は作業を中断しなければならないので、自分の時間を割かなければなりません。

貴重な休日や予定が立て込んでいる日に電話がかかってきて、長電話になってしまうと予定が狂ってしまいます。普段忙しい人や、仕事や趣味に集中して取り組みたい人にとっては、通話で時間を取られることは苦痛です。

③メモを取るのが苦手

失敗したメモ帳

電話嫌いの理由の3つ目は、メモを取ることに対する苦手意識です。その理由は、通話をしながらメモを取ることが苦手だからです。

電話はテキストで内容を残すことが出来ないので、メモを取らなければなりません。また、慌てて書いた字が後から読めないということもあります。こうした経験から、電話嫌いになってしまうのです。

④電話のマナーに自信がない

マナーが分からない女性

電話嫌いの4つ目の理由は、電話でのマナーや言葉遣いが分からないことです。電話のマナーや言葉遣いが分からないと、スムーズに受け答えができないからです。

会社によっては電話対応の講習を実施する場合もあります。しかし、指導や練習がないまま電話対応を始める会社も珍しくありません。マナーが分からないまま失敗経験を繰り返すと、電話嫌いに陥ってしまいます。

⑤エビデンスが残らない

電話内容を忘れた女性

電話嫌いの5つ目の理由は、エビデンスが残らないことです。電話は録音しない限り形に残すことが出来ないからです。例えば、クライアントから軽微な修正を電話で依頼されたとき、エビデンスを残すことが出来ません。依頼を受ける側にとっては、通達ミスの可能性があるので電話を嫌う傾向にあります。

電話が嫌いな相手と通話しなければならない時の対策は?

①ゆっくりと丁寧に話す

電話する女性

相手に電話嫌いの特徴がある場合は、ゆっくりと丁寧に話すことが対策になります。聞き取れないことや、話すスピードが速くてメモが取れないことは相手にとってストレスになるからです。

方法としては、抑揚をつけて句読点の位置で間を置くと話すスピードがゆっくりになります。つい早口になってしまう人は、繰り返し意識することが大切です。

②急ぎの場合は電話をすることを伝える

伝える男性

2つ目の対策は、緊急の場合は電話すると伝えることです。その理由は、あらかじめ知っておくことで、電話嫌いな人の緊張を軽減させストレスを減らすことができるからです。

電話嫌いな特徴のある相手でも、その日電話が来るかもしれないと分かっていたら予定を合わせることが出来ます。また、思わぬタイミングで着信が鳴っても、緊急の用事があることを理解して電話に出てくれるようになります。対策としてはシンプルで、実践しやすい方法です。

③通話後に要件をまとめてメールする

メールをする人

電話での要件をまとめたメールを送るのも対策の一つです。テキストとして残すことで、認識齟齬があった場合は修正ができるからです。

電話を切った後に要件をまとめて「このような認識で問題ないですか?」とメールを送るだけでも対策として十分です。メールとしてエビデンスが残るので、通話をしていない関係者とも共有することが可能です。

電話が嫌いな人の心理を知ろう!

電話が嫌いな方は、あなたが電話嫌いな理由を理解することができましたか?今回紹介した対策を参考に、克服してみてください。また周りに電話嫌いな特徴を持つ人がいる方は、彼らの心理を知ることができたのではないでしょうか。相手の心理や嫌いな理由を理解し、対策を参考にしてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード