Icon search 36px

付き合って2ヶ月のカップルってどんな時期?

付き合って2ヶ月カップルの特徴①ドキドキが止まらない!

ドキドキする女性

付き合って2ヶ月カップルの特徴1つ目は、ドキドキが止まらないことです。付き合って2ヶ月のカップルは、会う度にドキドキ…彼氏のことを考えるだけでドキドキします。交際2ヶ月のカップルは、交際1ヶ月の時以上にドキドキや幸福を感じる人が多い傾向にあります。

付き合って2ヶ月カップルの特徴②お互いが慣れ始める

ぎこちないカップル

付き合って2ヶ月カップルの特徴2つ目は、お互いが慣れ始めることです。付き合って2ヶ月のカップルは、付き合って1ヶ月の時と比べて恋人の性格や癖がわかるようになります。会う回数や連絡を取る回数を重ねることで、恋人との距離が縮まりお互いが慣れてきます。

付き合って2ヶ月カップルの特徴③喧嘩が増え始める

喧嘩するカップル

付き合って2ヶ月カップルの特徴3つ目は、喧嘩が増え始めることです。つきあって2ヶ月経つと、冷静になり彼氏の嫌な部分も見えてきます。意見が合わず、些細なことで喧嘩してしまうカップルもいるようです。交際1ヶ月では許せていたことも、慣れてくると我慢できなくなって喧嘩になるんですね。

付き合って2ヶ月のカップルの注意点は?

付き合って2ヶ月のカップルの注意点①束縛しすぎない

束縛する彼女

付き合って2ヶ月のカップルの注意点1つ目は、束縛しすぎないことです。付き合って2ヶ月経つと、彼氏のことが大好きで自分だけのものにしたいと考えてしまう女性が多いです。また、「彼氏が他の女性を好きになったら…」と不安に駆られて束縛したくなる女性もいます。

彼氏を束縛することで自分の気持ちは満たされますが、彼氏の気持ちが遠ざかるきっかけになってしまいます。付き合って2ヶ月で束縛されると、彼氏もあなたを重い女と思ってしまいます。ラブラブな交際を続けるためにも、過度な束縛は控えるようにしましょう。

付き合って2ヶ月のカップルの注意点②過度な嫉妬をしない

嫉妬する女性

付き合って2ヶ月のカップルの注意点2つ目は、過度な嫉妬をしないことです。彼氏が他の女性と話したり連絡を取ったりすると、ムッとしてしまう女性もいます。嫉妬して機嫌が悪くなり、彼氏を困らせてばかりではありませんか?

「職場の女性と話をしないで」「アドレスから女性全員の連絡先を消して」など過度な嫉妬をする女性もいます。少しの嫉妬なら彼氏も「可愛いな」と思うかもしれません。ですが、過度の嫉妬は、嫌われてしまう原因になります。彼氏に嫌われないためにも、彼氏を信じて嫉妬心を抑えることが大切です。

付き合って2ヶ月のカップルの注意点③ありのままの自分でいる

大笑いする女性

付き合って2ヶ月のカップルの注意点3つ目は、ありのままの自分でいることです。付き合って1ヶ月の頃は、緊張で素の自分を出せない人もます。緊張でありのままの自分を出せないと疲れてしまいますよね。

交際2ヶ月は、心にゆとりもできる頃です。ありのままの自分をさらけ出すことで、より彼氏と深い関係を築くことができます。下記の記事では、交際2年カップルの不安を解消する方法を紹介しています。こちらの記事と合わせてご覧ください。

関連記事

付き合って2年カップルの不安を解消!彼氏との交際記念日や別れ・結婚も

付き合って2年カップルの不安を解消するには、どうすれば良いのでしょうか

Small thub shutterstock 1050202859

付き合って2ヶ月のカップルの注意点④決め事を作りすぎない

機嫌が悪い女性

付き合って2ヶ月のカップルの注意点4つ目は、決め事を作りすぎないことです。付き合って2ヶ月経つと、彼氏に対する欲求も増えてきます。そこで、2人だけのルールを作るカップルもいると思いますが、守れないようなルールを作るのはNGです。

もし、彼氏がルールを破ったら、あなたは怒ったり機嫌が悪くなったりするはずです。守れないような決め事は、喧嘩の原因にもなります。決め事は最小限に抑えて、お互いが窮屈な思いをしないように心がけてください。

付き合って2ヶ月のカップルの注意点⑤結婚の話は控える

プロポーズする人

付き合って2ヶ月のカップルの注意点5つ目は、結婚の話は控えることです。友達から付き合いを始めたなら、交際2ヶ月で結婚の話をするのは止めておきましょう。まだお互いの知らない部分もありますし、彼氏にプレッシャーを与えることにもなります。

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐには?

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐ方法①イベントに行く

サッカー観戦

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐ方法1つ目は、イベントに行くことです。毎回デートのパターンが一緒でマンネリを感じている人は、イベントに参加することがおすすめです。大勢で参加できるイベントならお互いの友達を誘って参加するもの良いですね。

いつもと違うデートが楽しめますし、新たな発見があるかもしれません。また、友達と出かけることで彼氏の友達に対する接し方なども確認することができます。彼氏の友達にこっそり彼氏について聞いてみるのも良いですね。

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐ方法②同じ趣味を作る

陶芸する人

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐ方法2つ目は、同じ趣味を作ることです。付き合って2ヶ月で倦怠期に突入しないために、一緒に楽しめる趣味を作ってみてはいかがでしょうか?楽しい時間を共に過ごすことで、嫌なことも忘れます。会話にマンネリを抱いていた人も、楽しく会話ができるようになりますよ。

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐ方法③イメチェンする

イメチェンする女性

付き合って2ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を防ぐ方法3つ目は、イメチェンすることです。付き合って2ヶ月経ち、彼氏に慣れてくると身だしなみに手を抜く女性もいます。最近ドキドキが減ったという人は、服装や髪形を変えてみてください。

イメチェンをして雰囲気を変えると、気持ちも生まれ変わります。イメチェンしたあなたを見て、彼氏もドキドキ…付き合いたての頃のような気持ちになれますよ。

交際の2ヶ月記念日はどうする?

交際の2ヶ月記念日の過ごし方①日帰り旅行に行く

ドライブするカップル

交際の2ヶ月記念日の過ごし方1つ目は、日帰り旅行に行くことです。まだ遠出をしたことがないというカップルは、交際2ヶ月記念日に日帰り旅行をしてみてはいかがでしょうか?お泊まりではないのですっぴんを見られることもありませんし、交際2ヶ月記念日の思い出を作ることができます。

交際の2ヶ月記念日の過ごし方②ペアグッズを買う

ペアのマグカップ

交際の2ヶ月記念日の過ごし方2つ目は、ペアグッズを買うことです。交際2ヶ月の記念日にペアグッズを買うのがおすすめです。ペアグッズを見ただけで交際2ヶ月の記念日を思い出すこともできます。ペアグッズを選んでいる時も、彼氏との楽しい時間を過ごすことができます。

交際の2ヶ月記念日の過ごし方③お家デートしてみる

お家デートするカップル

交際の2ヶ月記念日の過ごし方3つ目は、お家デートしてみることです。いつも外でデートしている人や彼氏の家でしかデートしない人は、自分の家に招待してみてはいかがでしょうか?彼氏の為に料理を振る舞って、おもてなしするのもいいですね。彼氏の反応が見れたり、自分のことをもっと知ってもらうチャンスです。

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向は?

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向①性格が合わない

距離を置くカップル

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向1つ目は、性格が合わないことです。付き合って2ヶ月になると相手のことが少しわかるようになってきます。相手のことを知れば知るほど性格が合わないと思い、心がモヤモヤして別れてしまいます。

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向②自由になりたいと思う

別れるカップル

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向2つ目は、自由になりたいと思うことです。付き合い当初は、彼氏との毎日の電話やメールが楽しいですよね。しかし、束縛や嫉妬が増えてくると、何もかも恋人に制限されて嫌になってしまいます。次第に自由になりたいという気持ちが強くなり、付き合って2ヶ月で別れてしまうのです。

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向③進展がない

悩む女性

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向3つ目は、進展がないことです。付き合って2ヶ月になるのに手を繋いでから進展がないカップルは、別れやすい傾向にあります。

何もしない奥手な彼氏と付き合っていると「本当に愛されているのかな?」と不安でいっぱいになってしまいます。その感情に耐え切れなくなって、別れを選んでしまいます。

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向④彼氏に求めすぎる

悩む女性

付き合って2ヶ月で別れるカップルの傾向4つ目は、彼氏に求めすぎることです。付き合って2ヶ月になると、彼氏に○○してほしいという欲求が増えてきます。一方的に求めすぎると、彼氏はうんざりして気持ちが冷めてしまいます。

付き合って2ヶ月の不安を解消しよう!

手を繋ぐカップル

付き合って2ヶ月のカップルは、彼氏との関係にも慣れ始める反面、不安や悩みが出てくる時期でもあります。交際2ヶ月で倦怠期や別れることにならない為にも、デートの工夫や同じ趣味を見つけて乗り越えましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード