Icon search 36px

喋り方で分かる性格10選

喋り方で分かる性格①早口で喋る人は「頭がキレる人」

会議

喋り方で分かる性格1つ目は、早口で喋る人は「頭がキレる人」ということです。相手に飽きさせないために脳をフル回転させているため、脳と連動して口も饒舌になっています。相手からすればうるさい印象を受けますが、慣れれば一緒にいて楽しい存在になるでしょう。

関連記事

本当に頭が良い人の特徴10選!要領の良い人の考え方・あるある・悪い人も

成績や学歴ではなく本当に頭が良い人にはどんな特徴があるのでしょうか?こ

Small thumb shutterstock 531015667

喋り方で分かる性格②ゆっくりした話し方は「思慮深い人」

恋人

喋り方で分かる性格2つ目は、ゆっくりした話し方は「思慮深い人」なことです。物事を冷静に見定める思考と冷静に決断する判断力を持っているため、しっかりとした考え方を持っています。また、落ち着きのあるトーンが含まれているため、相手は安心して喋れるでしょう。

喋り方で分かる性格③心理学を利用したしゃべり方は「理解して欲しい人」

スピーチ

喋り方で分かる性格3つ目は、心理学を利用したしゃべり方は「理解して欲しい人」なことです。自分の理想や計画を相手にきちんと把握して欲しいという心理が働いているため、会話を引き込むために自分の話に間を入れて臨場感を煽っています。この相手を引き込む心理的用法は、演説やスピーチにも使われています。

喋り方で分かる性格④相槌をうまく入れる人は「聞き上手な人」

会話

喋り方で分かる性格4つ目は、相槌をうまく入れる人は「聞き上手な人」なことです。相手の話の合間にタイミングよく相槌を入れている人は、相手に「きちんと自分の話を聞いている」という安心感を与えます。そのため、友達や上司に気に入られて交流関係が広くなったり出世したりするでしょう。

喋り方で分かる性格⑤大声を出す話し方は「自己中心的な人」

自分をさらけ出す人

喋り方で分かる性格5つ目は、大声を出す話し方は「自己中心的な人」なことです。「聞いて欲しい」や「振り向いて欲しい」といった気持ちと自分の意見を押し通したいという心理が働いているため、声を大きくして周囲に話しかけます。

しかし、大抵の場合は内容が幼稚だったり中身がないといったものばかりで、ただ声が大きいだけなので、周囲はあまり相手にしないか軽くあしらうでしょう。

喋り方で分かる性格⑥小さい声を出す話し方は「気弱な人」

小心者

喋り方で分かる性格6つ目は、小さい声を出す話し方は「気弱な人」なことです。自分に自信がないのが声に現れているため、聞き取れないほど小さな声で喋ります。そのため、周囲からは「何をいっているのかよくわからない」と不満になる傾向があります。

喋り方で分かる性格⑦身振りを加えて話す人は「おしゃべりが好きな人」

電話

喋り方で分かる性格7つ目は、身振りを加えて話す人は「おしゃべりが好きな人」なことです。誰よりもポジティブで前向きな性格を持っているため、嫌われることを恐れずに積極的に話しかけてきます。しかし、批判されることは嫌いなため、嫌なことを言われても受け止めずに、自分を守るために言い返すでしょう。

喋り方で分かる性格⑧眉間にシワを寄せながら話す人は「気難しい人」

気難しい女性

喋り方で分かる性格8つ目は、眉間にシワを寄せながら話す人は「気難しい人」なことです。表情からして怒っているように見えますが、実際は話しながら考え事しているためにシワが寄っています。いつも思考を張り巡らせているのと相手にとって印象良くないことが相まって、そんな役割になりがちです。

喋り方で分かる性格⑨うざい含み笑いをする人は「見下している人」

上下関係

喋り方で分かる性格9つ目は、うざい含み笑いをする人は「見下している人」なことです。表向きは敬意を払っていても、その裏では相手の言動に対してバカにしたり否定している心理が働いているため、「自分はあなたより優れている」という意味で含み笑いをしています。そのため相手からしてみれば「嫌な人」と思うでしょう。

喋り方で分かる性格⑩しゃべり方に感情がない人は「感情を隠している人」

見せたくない気持ち

喋り方で分かる性格10個目は、しゃべり方に感情がない人は「感情を隠している人」なことです。相手は人間なのにまるで機械やAIと話しているような錯覚を覚える場合、感情を読み取られたくないために抑揚のない話し方をしている可能性があります。そのため、仲良くなるには時間がかかるタイプと言えます。

人を不快にさせる喋り方は?

人を不快にさせる喋り方①話をもったいぶる人間性が見える話し方

もったいぶっている人

人を不快にさせる喋り方1つ目は、話をもったいぶる人間性が見える話し方です。どんなに些細でしょうもないことでも、重要な情報のように扱って中々教えない人は大勢います。

そのような人と接している人からすれば、「中々口を割らないと思ったらどうでもいいことだった」や「重要そうに話したと思ったらしょうもなかった」という気持ちで溢れ、聞き出す時間を無駄にしたことや、期待を募らせていたことに対して、棒に振った感覚になるでしょう。

人を不快にさせる喋り方②相手によって態度を変える

フランク

人を不快にさせる喋り方2つ目は、相手によって態度を変えることです。自分よりも上の人はへりくだり、下の人には威圧的に接する人は、その人の性格の悪さが見えて周囲は不愉快になりがちです。これは、主に社内では中間管理職の立場に近い人に見られるものです。

例えば、上司と部下が同じ場所にいる場合、部下にパワハラのような威圧感を出しているのに対し、上司にゴマをする様に振舞っている状況が挙げられます。この様な人は、周囲に良い顔で対応しても中々信用を得ないでしょう。

人を不快にさせる喋り方③相手を追い詰めるような話し方をする

不安

人を不快にさせる喋り方3つ目は、相手を追い詰めるような話し方をすることです。気持ちに関係する情報を聞き出す時、相手に対して「何故××をしなかったのか」のような疑問を投げかける話し方をした場合、相手はそれを言い表せられないために混乱し、精神的に追い詰められます。最悪、トラウマになる可能性もあります。

理性では理解しても気持ちは動かない状態を、心理学的には「不一致」と呼び、これのせいで精神的に追い詰められた気持ちになるため、混乱状態に陥ります。相手の思いや気持ちを聞き出す時は「何故〜」という疑問は聞かないようにしましょう。

人を不快にさせる喋り方④恩着せがましく「せっかく」と言う

お礼

人を不快にさせる喋り方4つ目は、恩着せがましく「せっかく」と言うことです。お節介な気持ちが働いて、相手に物を押し付けたり勝手に作業を終わらせたにもかかわらず、相手から「必要ない」や「いらない」と言われた時に「せっかくしてあげたのに」などと反論すると、相手は不快な気持ちになります。

「せっかく」にはその人の親切心の押し売りや脅迫が含まれているため、言われた相手は反発心が働いて嫌になります。たとえ脅迫したつもりがなくても「せっかく」というフレーズは使わないようにしましょう。

人に好かれる喋り方をする方法5選

人に好かれる喋り方をする方法①聞き取りやすいようにはっきり喋る

接客

人に好かれる喋り方をする方法1つ目は、聞き取りやすいようにはっきり喋ることです。聞き返されないようにするには、声のトーンを意識するだけでなく、言葉の一つを明確に伝える必要があります。

声のトーンで言えば、男性なら低い声で、女性なら高めの声で喋ると好印象を与えます。そしてはっきりと喋るためには、顔を上げてゆっくりと話すことを意識すれば改善できます。

人に好かれる喋り方をする方法②「うざい」と思われるウザ絡みをしない

絡んでくる人

人に好かれる喋り方をする方法2つ目は、「うざい」と思われるようなウザ絡みをしないことです。人にとって「うざい」と思われる行為をとってしまうと、避けられてしまう可能性があります。

ウザ絡みの一例としては、話をまとめるのが下手で長くなりがちなことや、相手が話している最中に遮って自分の話を始めると言った行為が挙げられます。これらをやめるだけでうざいと思われずに好かれるようになるので、ウザ絡みを控えるようにしましょう。

人に好かれる喋り方をする方法③相手の話を最後まで聞く

対話

人に好かれる喋り方をする方法3つ目は、相手の話を最後まで聞くことです。相手が話している最中に自分の話を始めてしまうと、話している人だけでなく聞いている人も不快になります。最後まで喋りきったのを確認してから話すようにしましょう。

人に好かれる喋り方をする方法④相手の意見を否定しない

会議

人に好かれる喋り方をする方法4つ目は、相手の意見を否定しないことです。相談されたので解決策を出したのにもかかわらず、それに対して否定で返してしまうと相手はイライラします。意見が出たら一度受け止めて、良い部分と悪い部分を考えるようにしましょう。

人に好かれる喋り方をする方法⑤相手の反応を見て話す

会議

人に好かれる喋り方をする方法5つ目は、相手の反応を見て話すことです。周囲と会話を楽しむ時や多人数に演説する時など、状況を問わずに相手が理解しているか確認しながら喋ることで、聞き手側は話についていけます。一気に喋るのではなく、間を作って話すことを心掛けましょう。

喋り方で自分と相性の良い人が分かる?

喋り方が自分と似ている相手は心理学的にも相性が良い

仲良い友達

会話やチャットの中で自分と似た会話スタイルや文章を使う人は、お互いに好感を持ちやすいため、心理的に相性が良いと言われています。また、お互いの会話・文章スタイルが一致していないカップルは、恋愛関係が長続きしないと言われています。

自分にとって疲れる「ウザ絡み」を使った喋り方をする相手は相性が悪い

うるさい人

煩わしい話題や口調を使うためにうざいと思わせるようなウザ絡みをする人は、受け手側に不快感を与えてくるため相性が悪いと言われています。例えば、社内の恋愛事情に興味ないのに何度もリークしてくる同僚は合わないと言えるでしょう。

仲良くするなら喋り方に注意しよう!

早口や大声など、話し方によっては相手に与える雰囲気も違ってきます。なので、場合によってはその気でなくても相手に不安を与える可能性があります。もし気になる人と仲良くなりたいと考えるなら、相手を不愉快にさせるウザ絡みを控えて、まっすぐ相手を見て話すようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード