Icon search 36px




「りく」と読む男の子の名前について!漢字一覧も

「りく」という名前のイメージ

考える女性

みなさんは「りく」と聞いてどんなイメージを抱きますか?大半の方が、陸だったり大地だったりするのではないでしょうか。広大でどっしりと構えている陸や大地からは、男らしさだけでなく安心感でさえも感じてしまいますよね。また、昔から人気のある名前なので、親近感が湧くという方も多いかと思います。

「りく」と読む漢字!ランキングTOP10

家族

まずは「りく」と読む名前のランキングを見ていきましょう。みなさんが気になる名前もたくさんあるのではないでしょうか。どの名前も男の子らしくかっこいい名前ばかりですよね。「りく」と読む名前のイメージや雰囲気、人気の漢字を見て、ぜひ名前の参考にしてみてくださいね。

    「りく」と読む男の子の名前ランキング

  • 第10位:理玖(聡明で高貴な人に)
  • 第9位:凌久(どんな困難も乗り越える力を持つ人に)
  • 第8位:利空(どこでも活躍ができ富と財を築ける人に)
  • 第7位:莉久(いつまでも誰からも好かれる人に)
  • 第6位:凌空(前向きでどこまでも力強く羽ばたく人に)
  • 第5位:莉玖(高貴で愛らしい雰囲気のある人に)
  • 第4位:璃久(いつまでも透明感があり広い心を持つ人に)
  • 第3位:凛空(凛としていて大空に羽ばたける人に)
  • 第2位:璃空(のびのび育ち綺麗な心を持つ人に)
  • 第1位:陸(おおらかで心の広い人に)

「理」を使った「りく」と読む男の子の名前|15選

「理」の由来・意味・イメージは?

知的な男性

「理」の由来は、【3つの玉を縦に通した紐の象形】と【区分けされた耕地と柱状の土の象形】からきています。「王」の部分はいわゆる玉のことを意味し、「里」の部分は神様をまつる土地(筋を通すなど)のことを意味するのです。つまりは、玉の筋を綺麗に磨くとの意味で、整えるという意味ができました。

「理」のイメージには、知的さや賢さを挙げる方も多いのではないでしょうか。理性や理解力のある人になりたいと思う方も、たくさんいるはずです。ほかにも、「理」は様々な言葉にも使われる漢字ですよね。例えば義理や料理など、人として持っておくべき事項であったりもします。意外にも奥深い漢字だといえるでしょう。

「理」を名前につける(名付け)時の願い・思いは?

頭の良い男性

「理」を名付けに使う時は、漢字の由来通り「物事の道理を理解できる人に・何事も筋道を立てて考えられる人に」と願いが込められるでしょう。さらに、みなさんがイメージするように「知的で理性のある人に・理解力があり義理人情を重んじる人に」と思いを込めても素敵です。

「理」を使った「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧

子供とパパ

「理」を使った「りく」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして15個紹介します。「り」と読む漢字の中では、かなりの定番といえるのではないでしょうか。小さい頃から親しみのある漢字なので、「りく」と読む名前も読みやすい印象になりますよね。賢いスマートな男性という印象も強く、男の子らしい名前になるでしょう。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「理」

理功 理玖 理生 理矩 理貢
理公 理駆 理巧 理孔 理句
理紅 理恭 理駈 理九 理駒

「利」を使った「りく」と読む男の子の名前|15選

「利」の由来・意味・イメージは?

田んぼ

「利」の由来は、【穂先が伸び 垂れている稲の象形】と【鋭くとがった刃物の象形】からきています。単純に鋭いという意味もあるのです。ただ、稲を栽培しているようなイメージから、(農耕などで)役に立つという意味も持っています。確かに、便利や気が利くなどの言葉には「利」が使われていますよね。



「利」のイメージには、賢さ以外にもお金に関するものを挙げる方もいるのではないでしょうか。利口や勝利にも使われるように、聡明活発なイメージはもちろんありますが、利益や利子にも使われるようにお金に関する印象もあります。便利という意味から派生して、良い・順調などのお金に関する意味が付随してきました。

「利」を名前につける(名付け)時の願い・思いは?

お金を数える男性

「利」を名付けに使う時は、漢字の由来通り「気配りが上手な人に・人の役に立てるような人に」と願いが込められるでしょう。ほかにも、「利」のイメージ通り「聡明で愛される人に・富や財を築けるように」との思いを込めてもいいかもしれません。

「利」を使った「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧

鏡を見る男の子

「利」を使った「りく」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして15個紹介します。「理」と同様に、「利」も「り」をする読み方の漢字の中では定番だといえるでしょう。また、男の子らしい漢字だともいえるのではないでしょうか。古風で落ち着いた印象ではありますが、男らしくかっこいい雰囲気も感じてしまいますよね。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「利」

利功 利玖 利生 利矩 利貢
利公 利駆 利巧 利孔 利句
利紅 利恭 利駈 利九 利駒

「久」を使った「りく」と読む男の子の名前|15選

「久」の由来・意味・イメージは?

おじいちゃんとおばあちゃん

「久」の由来は、【横たわる人の背後からお灸をすえる象形】からきています。縁起が良くないようにも思えますが、時間が長いなどの意味になるのです。つまり、古くからという意味にを持ち、先祖を大切に思う気持ちや子孫繁栄を長く願うなど素敵な漢字だといえますよね。

「久」のイメージに、永久や持久などを挙げる方も多いでしょう。永久という言葉からは、長寿や健康などの印象も受け取れますし、持久という言葉からは諦めない精神やタフさを感じ取れます。漢字の画数が3画と少ないのにも関わらず、これだけたくさんの意味やイメージを持つのも珍しいのではないでしょうか。

「久」を名前につける(名付け)時の願い・思いは?

おばあちゃんと娘の手

「久」を名付けに使う時は、漢字の由来通り「親や祖先を大切にできる人に・子孫繁栄がいつまでも続くように」と願いを込めることができるでしょう。また、「久」のイメージのまま「いつまでも健康で長生きができるように・自分の道を諦めずに進めるように」と思いを込めるのも素敵です。

「久」を使った「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧

可愛らしい男の子と女の子

「久」を使った「りく」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして15個紹介します。「ひさ」という読み方が本来ではありますが、「く」の読み方もかなり定着しているのではないでしょうか。先述したように、漢字の画数も少ないので、様々な漢字と組み合わせやすいのも特徴です。どれも男の子らしくかっこいい名前ですよね。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「久」

哩久 琳久 浬久 里久 李久
陸久 怜久 凛久 俐久 吏久
梨久 理久 力久 龍久 麗久

かっこいいイメージ・印象のする「りく」と読む男の子の名前|25選

かっこいいイメージ・印象を与える漢字は?

竜


かっこいいイメージ・印象を与える漢字1つ目は「竜」です。まさに、かっこいい漢字だといえるのではないでしょうか。「龍」よりも漢字の画数が少なく、名前に使いやすいのも特徴です。また、「りゅう」の読み方から「り」と読むのも難しくはないでしょう。「りく」と読む名前に、新しい風を吹かせてくれる漢字ですよね。

かっこいいイメージ・印象を与える漢字2つ目は「琥」です。琥珀などの言葉に使われ、透明感や輝きを意味する漢字でもあります。ただ、「王・虎」の漢字が含まれているので、男の子にぴったりでかっこいい印象にもしてくれます。今どきの漢字で、「こ」の読み方だけでなく「く」の読み方も定番になりつつあるでしょう。

かっこいいイメージのする「りく」と読む名前・漢字一覧

かっこいい家族

「竜」を使ったかっこいいイメージのする「りく」と読む名前・漢字を一覧にして15個紹介します。「勇気があり勇敢な人に・優れた知性や感性を持つ人に」と願いを込めることができるでしょう。名前の読み方が、少し今どきなようにも感じますが、男の子らしさでいえばピカイチではないでしょうか。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「竜」

竜功 竜玖 竜生 竜矩 竜貢
竜公 竜駆 竜巧 竜孔 竜句
竜紅 竜恭 竜駈 竜九 竜駒

「琥」を使ったかっこいいイメージのする「りく」と読む名前・漢字を一覧にして10個紹介します。「清らかで輝かしい人に・虎のように強くしなやかな人に」と願いを込めることができるでしょう。漢字の画数が多少多いですが、優美で個性的な名前になっているのではないでしょうか。こちらも今どきの男の子らしい印象です。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「琥」

莉琥 琳琥 里琥 李琥 璃琥
凛琥 俐琥 吏琥 怜琥 力琥

さわやかなイメージ・印象のする「りく」と読む男の子の名前|25選

さわやかなイメージ・印象を与える漢字は?

シーサー

さわやかなイメージ・印象を与える漢字1つ目は「涼」です。涼しいという言葉は、さわやかでフレッシュな印象がありますよね。冬というよりは夏のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。涼を感じられる素敵な漢字です。また、「りょう」という読み方があるので、「り」の読み方ももちろんできます。

さわやかなイメージ・印象を与える漢字2つ目は「空」です。青く澄み渡っている空は、晴れやかな気分にさせてくれ、さわやかな印象を抱きますよね。夕方でも夜でも、空気の色が変化しているかのようで不思議な感覚になります。そして「りく」と読む名前では、かなり人気のある漢字だともいえるでしょう。

さわやかといえば、夏の季節感がぴったりですよね。もうすぐ訪れる7月にちなんだ名前をたくさん紹介していますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事

7月生まれの男の子・女の子の名前150選!古風/漢字/夏

7月生まれの男の子・女の子の名前150選をご紹介します。暑くなり、太陽

Small thumb shutterstock 650948668

さわやかなイメージのする「りく」と読む名前・漢字一覧

楽しそうな家族

「涼」を使ったさわやかなイメージのする「りく」と読む名前・漢字を一覧にして15個紹介します。「清涼感があり誰からも好かれる人に・純粋で表現力のある人に」と願いを込めることができるでしょう。単純な組み合わせの漢字であるからこそ、名前に個性さがプラスされます。どの名前からもさわやかさを感じますよね。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「涼」

涼功 涼琥 涼久 涼玖 涼矩
涼貢 涼公 涼駆 涼巧 涼孔
涼句 涼紅 涼恭 涼駈 涼九

「空」を使ったさわやかなイメージのする「りく」と読む名前・漢字を一覧にして10個紹介します。「大空に羽ばたくように活躍できる人に・のびのびと成長できるように」と願いを込めることができるでしょう。「りく」と読む名前では、かなり人気のある漢字です。おしゃれでさわやかな名前になること間違いなしですよ。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「空」

莉空 哩空 琳空 浬空 里空
李空 陸空 怜空 俐空 吏空

おしゃれなイメージ・印象のする「りく」と読む男の子の名前|25選

おしゃれなイメージ・印象を与える漢字は?



おしゃれな男性

おしゃれなイメージ・印象を与える漢字1つ目は「凌」です。名付けではよく見かける漢字ではありますが、普段はあまり目にすることのない漢字ですよね。だからこそおしゃれなのではないでしょうか。ほどよい個性を発揮できる漢字だといえます。さらに「りょう」の読み方から、「り」と読むのも簡単に理解できますね。

おしゃれなイメージ・印象を与える漢字2つ目は「來」です。もともと「来」の旧字体だったので、古風なイメージもありました。ただ、旧字体の中でも名前におしゃれさや新鮮さが加わる、貴重な漢字ですよね。最近は「來」を使った名前をよく見かけます。また、「く」の読み方も定着しているので、使いやすい漢字でしょう。

おしゃれなイメージのする「りく」と読む名前・漢字一覧

おしゃれなパパと子供

「凌」を使ったおしゃれなイメージのする「りく」と読む名前・漢字を一覧にして10個紹介します。「心も体も強い人に・どんな壁も乗り越えられる力のある人に」と願いを込めることができるでしょう。どの名前も、おしゃれで新鮮な名前ばかりです。意外に漢字の画数も少ないので、書きやすいところが特徴です。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「凌」

凌巧 凌琥 凌玖 凌矩 凌貢
凌公 凌紅 凌九 凌孔 凌駆

「來」を使ったおしゃれなイメージのする「りく」と読む名前・漢字を一覧にして15個紹介します。「明るく元気のある人に・喜びや期待を素直に感じられる人に」と願いを込めることができるでしょう。「来」とはまた違った味が出るのも素敵ですよね。おしゃれで古風な雰囲気を感じる、素晴らしい名前になることでしょう。

「りく」と読む男の子の名前・漢字一覧|「來」

凌來 莉來 哩來 琳來 浬來
利來 里來 李來 涼來 陸來
怜來 璃來 凛來 俐來 吏來

「りく」と読む名前に使わない方が良い漢字

「りく」と読む名前に使わない方が良い漢字|「り」と読む漢字

考えている女性

「りく」と読む名前に使わない方が良い漢字を、「り」と読む漢字から紹介します。「痢・離・狸」などは避けた方がいいかもしれません。明らかに名前に向かないものや、名前ではあまり見かけない漢字ばかりなので注意しましょう。

    「り」と読む名前に使わない方が良い漢字

  • 「痢」|下痢などを連想してしまうため
  • 「離」|離れるというイメージは縁起が悪いため
  • 「狸」|たぬきそのものを連想してしまうため

「りく」と読む名前に使わない方が良い漢字|「く」と読む漢字

考える女性

次に「りく」と読む名前に使わない方が良い漢字を、「く」と読む漢字から紹介します。「苦・狗・躯」などは避けた方がいいかもしれません。縁起の良くない漢字は、名前の印象を暗くしてしまうので注意が必要です。

    「く」と読む名前に使わない方が良い漢字

  • 「苦」|苦しいというワードを連想してしまうため
  • 「狗」|天狗のイメージがあるため
  • 「躯」|胴体のない体を指す言葉でもあり 縁起が悪いため

「りく」と読む名前は男の子に人気なかっこいい名前!

妊婦

「りく」と読む名前には、陸や大地の印象だけでなく、知性や賢さをイメージするものもあることが分かりました。古風な雰囲気も残しつつ、おしゃれで新鮮な名前になる「りく」と読む名前を、ぜひ大切な赤ちゃんのために検討してみてくださいね。

今回は「りく」と読む名前を紹介しましたが、少しだけ雰囲気を変えて「ゆいと」と読む名前もぜひ見てみてください。こちらの記事では、かっこよさの中にも可愛らしさがある名前もたくさんあるので、きっとお気に入りの漢字が見つかりますよ。

関連記事

男の子の名前|「ゆいと」と読む漢字190選!意味・イメージは?名付け/一覧

「ゆいと」と読む男の子の名前を名付けたいという方も多いのではないでしょ

Small thumb shutterstock 447066424


商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード