Icon search 36px

気温2度の服装を選ぶ時のポイントは?

気温2度の服装を選ぶポイント①レディースコーデはバランスに気を付ける

ばらんす

気温2度の服装のポイント一つ目はアウターとボトムとのメリハリをつけることです。例えばボアコートやダウンや、オーバーサイズの大きめのコートなど暖かいボリューミーなアウターを着る際は、タイトスカートやスキニーパンツなど、すっきりとしたものを合わせます。

逆にショート丈のコンパクトなコートやジャケットの時は、フレアスカートやワイドパンツなど広がったボトムに合わせると、スタイルアップして見え、ボトムも映えます。マンネリ化しやすいアウターとのコーデはバランスを考えると楽しくおしゃれできます。

気温2度の服装を選ぶポイント②防寒アイテムを内側か外側に必ず

気温2度の服装のポイント二つ目は内側に着るコーディネートに合わせて、防寒を忘れずにすることです。例えば足がでるスカートにはミドル丈やロング丈のアウターで腰回りやおしりを冷やさないようにしたり、タイツに靴下をプラスで重ね履きするのもおすすめです。首元の空いたニットの時はマフラーやスヌードが必須です。

晴れの日|冬の気温2度の服装5選

冬の気温2度の服装①レディースコーデならではの足元お洒落

晴れの日の冬の気温2度の服装一つ目はパンプスを使ったコーデです。足元も軽やかに過ごせ、靴に縛られない晴れの日は、せっかくなので、パンプスで足首や足の甲を見せて女性らしさを忘れないコーデがおすすめです。どんなアウターやボトムでもパンプスをチョイスすることでフェミニンな印象にできます。

冬の気温2度の服装②ショート丈のアウターで野暮ったさをクリア

晴れの日の冬の気温2度の服装二つ目は、ショート丈のアウターを使ったコーディネートです。晴れの日は気温は2度のままでも、曇りや雨の日に比べ日が当たるので体感温度が少し高いです。

そのため防寒も少しだけ軽くできるので、せっかくの晴れの日はショート丈のコートでスタイルアップするのがおすすめです。スカートやワンピースに合わせるとすらっとして女性らしい印象になり、スキニーなどに合わせると足長にも見えてスタイルアップできますよ。腰回りの冷えが心配な時は発熱タイツや腹巻もおすすめです。

冬の気温2度の服装②ロング丈ボトムが活躍!

晴れの日の冬の気温2度の服装三つ目はロング丈のスカートやワンピースを着ることです。足元の悪い日には履きづらいロング丈を活用しましょう。

アウターで防寒するとどうしてもルーズなシルエットや太ってみえてしまいがちなロング丈のワンピースなどを履くと冬もフェミニンな印象になります。ドレッシーなロング丈のスカートやワンピースをショートダウンなどでカジュアルダウンするのも可愛いです。

冬の気温2度の服装④超ロングアウターを着よう!

晴れの日の冬の気温2度の服装四つ目は超ロング丈のアウターの着用です。くるぶし丈ギリギリくらいのハンサムな超ロングアウターもスカートやワンピース同様、裾が汚れてしまう恐れがあるので足元の悪い雨の日には向いていません。お気に入りのアウターも汚さず安心して着られる晴れの日にぴったりです。

冬の気温2度の服装⑤ワイドパンツを使ったコーデ

腹の日の冬の気温2度の服装五つ目はワイドパンツを使ったコーデです。長めの丈のふわっとしたワイドパンツもスカート同様足元の悪い天候の日は汚れやすく、なかなか着れません。晴れでも気温の低い2度の日は空気が入って寒いので、下にタイツやストッキングを重ねばきするのが、おすすめです。

雨・曇りの日|冬の気温2度の服装5選

雨|冬の気温2度の服装①レディースコーデの特権!ショート丈ボトム

雨の冬の気温2度の服装一つ目は、ショートパンツやミニ丈のスカートを使用したコーディネートです。晴れの日に履けるロング丈のボトムは雨の日には向かないので、思い切って歩きやすいショートパンツやミニスカートで女性らしさを出すのがおすすめです。ただ、足下は冷えるので、タイツや靴下の重履きがおすすめです。

雨|冬の気温2度の服装②足元におしゃれを

雨の日の冬の気温2度の服装二つ目は、雨の日に合わせたブーツインのコーディネートです。レインブーツやロングブーツにパンツをインすれば裾が濡れる心配もありません。小物を同一カラーで統一すると、おしゃれ度UP間違いなしです。また、雨の日対応の防水ムートンで季節感を取り入れるのもおすすめですよ。

雨|冬の気温2度の服装③ショート丈のアウター

雨の日の冬の気温2度の服装三つ目はショート丈のアウターを使ったコーディネートです。ロング丈のアウターは暖かいですが雨の日には裾が濡れてしまい。汚れや、かえって冷えてしまう可能性もあります。ショート丈のボアブルゾンやダウンなどで動きやすくし、腰回りの冷える時は腹巻きや発熱タイツもおすすめですよ。

曇り|冬の気温2度の服装①寒い日はやっぱりダウンが最強

曇りの日の2度の気温2度の服装一つ目はダウンジャケットやコートの着用です。やはり防寒アウターの王様は羽毛を使用し、空気で発熱するダウンアウターといえます。日が出ない曇りの日は晴れの日より体感温度を低く感じるため、ダウンでぱっちり防寒するのがおすすめです。

関連記事

冬の気温0度の服装24選!最低・最高気温レディースコーデも

冬の気温0度の服装はどのようなコーデがベストなのでしょうか。おすすめの

Small thumb shutterstock 496348018

曇り|冬の気温2度の服装②飽きるときはインナーダウンを

曇りの日の冬の気温2度の服装二つ目はインナーダウンの使用です。防寒にはやはりダウンのアウターが最強ですが、かといって毎日の様に着るのも飽きてしまいます。そんな時はコートの下にも着ることができる、インナーダウンがとっても便利です。どんなアウターでも一枚よりぐっと防寒性がアップしますよ。

最低気温2度の服装・レディースコーデ3選

最低気温2度の服装①コートをすっきりと着る

最低気温2度の服装一つ目はコートをすっきりと綺麗に着るコーディネートです。最高気温が少し上がる最低気温2度の日は少し暖かいため日中はストールやマフラーが必要ない場合もあります。こんなせっかくの日は、思い切って首元を出したり飽きの広いニットでデコルテを出して女性らしさを演出するのがおすすめです。

最低気温2度の服装②ボアコートにワンピース

最低気温2度の服装二つ目はボアコートを使ったコーディネートです。つい触れたくなる様なボアコートは見た目もシーズン感満載です。合わせ方を間違えると、野暮ったい印象になるので、ドレッシーな花柄やロング丈のワンピースに合わせるのがおすすめです。冷える時はトレンドのニットレギンスと合わせても可愛いですよ。

最低気温2度の服装③カシミヤニットで薄着でもあったかく

冬の最低気温2度の服装三つ目は優秀なカシミヤニットを使ったコーディネートです。最高気温の上がる最低気温2度の日に、軽いアウターをチョイスした時は、夜の気温低下が心配になりますよね。そんな時に活躍するのが薄くて暖かいカシミヤニットです。

カシミヤニットは薄いですが実用性ばっちりの暖かさなので、日中外に出たりして重ね着や厚着をしすぎるとムレが心配な最低気温2度の日はかさばらずに暖かさを保ってくれるのでおすすめです。すっきりとしたレディな印象にも仕上がりますよ。

最高気温2度の服装レディースコーデ5選

最高気温2度の服装①オーバーサイズのコートで重ね着もばっちり

最高気温2度の服装一つ目はオーバーサイズのコートの着用です。最高気温2度の日は1日を通してかなり冷えるので、できるだけ重ね着して防寒したいところです。オーバーサイズのコートは胴回りも腕周り肩幅も全体的にゆったりとしているので、中にざっくりとした厚目のニットを着てばっちり防寒できます。

最高気温2度の服装②可愛くて実用性もあるざっくりタートルニット

最高気温2度の日の服装二つ目はざっくりとしたタートルニットのコーディネートです。かなり冷え込む最高気温2度の日はアウターだけでなく、インナーのトップスもしっかりと着込むことも重要です。ざっくりとしたタートルネックのニットは防寒性もばっちりあり、見た目もとても女の子らしく可愛い優秀アイテムです。

最高気温2度の服装③内側の防寒も忘れずに

最高気温2度の服装三つ目は内側にしっかり防寒アイテムを忍ばせるというコーデです。アウターに防寒対策をして、スッキリ度にかけてしまう時は、いつものコーデでもインナーに力を入れるだけでも暖かく過ごすことができます。ニットの下に発熱昨日のインナーを着たり、腹巻きやタイツやレギンスを履くのがおすすめです。

最高気温2度の服装④ストールが主役の防寒コーデ

最高気温2度の服装四つ目は存在感のある大判ストールでしっかりと首回りを防寒したコーディネートです。首回りを暖めるだけで体感温度はぐっと変わります。最高気温2度のとても冷える日は、ストールでコートでは寒い日も乗り越えましょう。ぼわっと見えてしまう時は髪を束ねて大ぶりのピアスをすると女性らしさも出ます。

最高気温2度の服装⑤靴下でお洒落を楽しむ

最高気温2度の服装五つ目はトレンドの靴下で遊び心をプラスしたコーディネートです。とても冷える最高気温の日もたまにはスカートやワンピースは着たいものです。そんな日は発熱機能があるタイツに靴下を重ね履きしてスニーカーを履くのがおすすめです。赤や白のさし色を靴下に持っていくのが今年のトレンドでもあります。

コーデ別!気温2度の服装6選!大人/カジュアル/シンプル

大人コーデ|気温2度の服装①ガウンコート

気温2度の服装一つ目はガウンコートの大人コーデです。ガウンコートはルーズなサイズ感でもさらっとしたのシルエットで、綺麗に仕上がる優秀アウターです。カジュアルなコーデでも上にガウンコートを着るだけで綺麗目な大人コーデが完成します。またオフィスカジュアルにも必須の冬アウターです。

大人コーデ|気温2度の服装②ダウンコートを綺麗に着こなす

気温2度の服装二つ目はダウンコートを綺麗目なアイテムと合わせる大人コーデです。メンズライクな少し大きめなダウンコートはとても暖かく気温の低い日に大活躍します。カジュアルに見えるアイテムでも細身のスキニーやパンプスと合わせるとぐっと大人な綺麗目コーデになります。足が細く見えるコンビでもあります。

カジュアル|気温2度の服装③カラーコンバースではずしコーデ

気温2度の服装三つ目はコンバースを使ったカジュアルコーデです。落ち着いたシンプルなコーデに黄色や赤などの鮮やかなコンバースをさし色として使うことでお洒落なはずしコーデが完成です。またロングコートもカジュアルダウンすることができかっちりすぎずカジュアルすぎないワンランク上のコーデが完成します。

カジュアル|気温2度の服装④ショートダウンをカラーで楽しむ

気温2度の服装四つ目はショートダウンを取り入れたカジュアルコーデです。去年末あたりから大流行したレディースのショートダウンですが意外と合わせ方の難しいアイテムです。黒などのベーシックカラーも合わせ方を間違えると少し色気のないコーディネートになってしまいます。

体型に合わせてレディースらしいピンクや白など淡い色やパステルのダウンを選んだり、内側のトップスに明るい色を選び沈まないように注意しましょう。

シンプル|気温2度の服装⑤白のケーブルニット

気温2度の服装五つ目はケーブルニットのシンプルコーデです。ざっくりとしたニットの編み目がおしゃれなケーブルニットはシンプルでも柄が映えてお洒落なアイテムです。特に白は洗練されたシンプルコーデに仕上げてくれます。ケーブルの柄と白というカラーは冬の代名詞といえるほどシーズン感もたっぷりのアイテムです。

シンプル|気温2度の服装⑥ブラックコーデ

気温2度の日の服装六つ目はブラックで統一したシンプルコーデです。ハンサムな印象の黒のオーバーサイズのコートに黒のストールや黒のショートブーツやローファー、フラットシューズなど、また黒のタイトスカートやスキニーなど、小物やボトムも思い切って黒に統一するモードな着こなしがおすすめです。

レディースコーデで去年からトレンドのブラックコーデは厚着になりがちな冬でもすっきりとした印象になり、とても大人っぽい清潔感のある洗練された都会的なシンプルコーデに仕上がります。フラットシューズやローファーなど足の甲が見える靴の時は白靴下をポイントとして取り入れるのもお洒落です。

気温2度の時の必須アイテムは?NGアイテムも

気温2度の時の必須アイテム①大きめのボリュームストール

気温2度の時の必須アイテム一つ目は大きめのストールです。たっぷりボリュームのあるストールは首回りをしっかり覆ってくれて、寒さを凌いでくれます。多少身軽なアウターでもこれがあるだけで大違いで、首元を温めるとぐっと体温が暖かく保たれますよ。レディースのストールコーデは見た目も可愛くモテ度アップです。

気温2度の時の必須アイテム②インナーダウン

気温2度の時の必須アイテム二つ目はインナーダウンです。やはり冬に一番防寒になる羽毛であるダウンはどんな寒さにも対応でき、2度の時は必須アイテムです。コートやブルゾンの下でも対応でき、どんなアウターでも暖かさをアップしてくれる万能アイテムで、昼夜の寒暖差がある時も携帯できて便利です。

気温2度の時のNGアイテム①プチプラのコート

気温2度の時のNGアイテム一つ目はプチプラのアウターです。ファストファッション系レディースブランドやティーン向けのレディースブランドなど、昨今ではとても手頃な値段でコートなどのアウターが購入できます。見た目はとても可愛いですが、注意しなくてはならないのは素材です。

安価で買えるものはやはり、ダウンやウールなどの動物性の防寒素材を使っているものは極めて少なく、ポリエステル、アクリルなどの化学繊維のものが多いです。秋口から冬初旬10度くらいの日にはまだよいですが、2度の寒い日には実用性にかけます。使える時期が短く、かえって損をすることもあるので注意しましょう。

気温2度の時のNGアイテム②プチプラのニット

気温2度の時のNGアイテム二つ目はレディースには多く売っているプチプラのニットです。こちらもプチプラアウター同様、見た目が可愛いものもたくさんありますが、気温2度の時は素材をしっかりチェックするのを忘れないようにしましょう。

アクリルのニットは、丈夫ですが、2度の真冬にはコートを着ても保温性に欠けてしまいます。ウールやカシミヤなどのニットにするだけで、同じアウターでもグッと温かさが違います。さらにタートルネックは首も保温性ばっちりで薄着でも体感温度がとても高く保てます。

気温2度の底冷えの冬もお洒落を楽しもう

冬はアウターを常に用し、ついつい同じコーデになりがちで飽きてしまいます。同じアウターでも合わせ方や小物使いを楽しんだり、着ぶくれしないように防寒を工夫すれば、2度まで冷えるつらい日もお洒落なレディースコーデが完成します。最低気温最高気温それぞれの日に合わせてぴったりの服装を楽しみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード