Icon search 36px

明るめ編|ピンクのインナーカラーに合う色3選

①ピンクブラウン

1つ目はピンクブラウンです。インナーカラーをピンクにするときは、ベースの髪色もピンク系にすると相性のいい組み合わせになります。明るめのブラウンにもピンクを混ぜて、インナーカラーとバランスのいい仕上がりにするのが人気です。

ポイントは、ベースの髪色とインナーカラーの髪色を同じ明るさに統一することです。インナーカラーだけを明るめにするより、ベースの色と同じくらいの明度にした方が、ベースとインナーが浮かない仕上がりになっておすすめですよ!

②ショコラグレージュ

2つ目はショコラグレージュです。人気のグレージュにショコラ系のブラウンを加えたカラーで、明るめですがくすみ系の発色なので大人っぽく仕上がります。ブリーチありの明るめカラーでも、シックな印象が人気です。

グレージュ系のベースカラーにする場合は、インナーカラーのピンクもくすみ系にするのがポイントです。少しグレーやベージュを混ぜたようなくすみピンクにすると、大人っぽい雰囲気にも仕上がる組み合わせになります。

③ライトベージュ

3つ目はライトベージュです。明るめカラーのライトベージュは、黄みを含んでいるのでインナーカラーのピンクも黄み系のピンクにする組み合わせがおすすめです。全体を明るめにすると、可愛い印象に仕上がりますよ!

ライトベージュのベースは、ハイライトを使い表面を明るくするとより立体感がある仕上がりになります。インナーカラーのピンクは少しくすみ系にすると、ベージュのベースカラーとも馴染みやすくなります。

暗め編|ピンクのインナーカラーに合う色4選

①黒髪

1つ目は黒髪です。インナーカラーの色だけを楽しみたい場合は、あえてベースカラーに何も色を使わない暗めの黒髪がおすすめです。日本人の黒髪は、自然のままだと赤みが強い色だと言われています。

赤み系のブラックは、ピンクとも相性のいい組み合わせなのでそのままでも大丈夫ですが、気になる場合はアッシュで染めるのがおすすめです。色味がなくなり自然な黒になるので、暗めの髪がよりインナーのピンクを引き立ててくれます。

黒髪はどのようなインナーカラーも似合う、万能のベースカラーです。インナーカラーの色味を邪魔しないので、何色でも楽しめますよ!ピンク以外でもおすすめのインナーカラーがあるので、別の記事も参考にしてくださいね。

関連記事

黒髪にこそ似合うおすすめインナーカラー15選!レングス別の入れ方もチェック!

黒髪に似合うインナーカラーで、オシャレを楽しみませんか?この記事では、

Small thumb %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%98%e3%82%a2%e9%bb%92%e9%ab%aa%e5%b7%bb%e9%ab%aa

②ダークブラウン

2つ目はダークブラウンです。暗めのベースカラーで黒髪よりは色を楽しみたい場合は、ダークブラウンがおすすめです。大人女子にも似合う落ち着いた暗めカラーで、ピンクにも合う色として人気です。

ダークブラウンを使った組み合わせの場合、あえてインナーのピンクは派手な発色にするのもおすすめです。表面は暗めですがインナーの鮮やかな色を楽しめるスタイルは、可愛いカラーと大人っぽさを両方楽しめます。

③ナチュラルブラウン

3つ目はナチュラルブラウンです。ダークブラウンよりも少し明るめですが、ブリーチなしで出来る暗めのブラウンです。何色にも合う色なので、ピンクのインナーカラーと組み合わせても可愛い仕上がりになります。

見た目はナチュラルなブラウンですが、インナーカラーのピンクにグラデーションを使うと個性的な仕上がりになります。ピンクとパープルを組み合わせたグラデーションカラーは、可愛いだけでなく個性も演出できますよ!

④チョコレートブラウン

4つ目はチョコレートブラウンです。ダークチョコレートのような焦げ茶色は、暗めの髪色ですが可愛い印象に仕上がると人気の高いカラーです。ピンクのインナーにも似合いますよ!

おすすめの組み合わせは、チョコレートブラウンのベースにベリーピンクのインナーカラーです。青みのあるベリーピンクは、まるでベリー系のチョコのようで、スイーツのような可愛さですよ!

ハイトーン編|ピンクのインナーカラーに合う色3選

①ピンクベージュ

1つ目はピンクベージュです。インナーカラーをする場合、ベースを暗めにするパターンが人気ですが、あえてベースを明るめにするパターンもあります。ブリーチありのハイトーンカラーならではの可愛い発色が人気です。

全体をしっかりとブリーチした髪に、桜色のようなピンクベージュのカラーを使っています。インナーカラーはあえてベースよりワントーン暗めのピンクを使うことで、同じピンクでも違った色味の組み合わせにしています。

②ゴールドブラウン

2つ目はゴールドブラウンです。金髪と茶髪の間くらいの発色をしたゴールドブラウンは、華やかでゴージャスな色が好きな方に人気です。ピンクのインナーカラーは、黄み寄りのカラーにすると、よりベースに合う色となります。

全体を同じゴールドブラウンで染めるのではなく、ハイライトやローライトを使って立体感を出すのがポイントです。可愛いイメージのピンクですが、ベースにゴールド系を使えば大人っぽくセクシーな印象になります。

③オレンジブラウン

3つ目はオレンジブラウンです。外国人の赤毛のように明るいオレンジブラウンは、同じ暖色系なのでピンクにも合う色ですよ!可愛い仕上がりになるので、全体をガーリーなイメージにしたい方におすすめです。

ベースのオレンジブラウンとインナーのピンクは、同じくらいの彩度でまとめると、綺麗な仕上がりになります。ハイトーンですが少しだけくすませたような色合いにすると、程よくナチュラルさもある発色になります。

ピンクのインナーカラーにおすすめの髪形3選

①ストレートボブ

1つ目はストレートボブです。毛先や前髪をぱっつん状態にしたストレートボブは、インナーカラーのピンクをナチュラルにアピールすることができます。黒髪、明るめなどベースの髪色も合う色が多く、便利なスタイルですよ!

ベースを明るめにすれば、可愛い印象になります。ベースを黒髪など暗めにすれば、ミステリアスでクールな印象になります。同じピンクのインナーカラーでも、髪色によって違った印象になる点も人気の理由です。

②レイヤーショートボブ

2つ目はレイヤーショートボブです。ストレートよりも髪に動きがある方が好きという方は、毛先をレイヤー状にした髪型がおすすめです。ヘアアレンジも簡単にできるので、さっとスタイリングするだけでも整うお手軽スタイルです。

襟足の部分に段差を作ることで、よりインナーカラーが見えやすくなっています。パーマは強すぎず、くしゃっとしたラフな癖を出すくらいナチュラルなスタイルでも可愛く見える髪型です。

③ロングパーマ

3つ目はロングパーマです。インナーカラーの色味を思い切り楽しみたいなら、ボリュームのあるロングがおすすめです。ストレートよりパーマをかけた方が、インナーカラーが表に出るので色が楽しめますよ!

パーマをかけると髪にうねりが出るので、ベースの暗い色とインナーカラーの色が自然に馴染みます。アレンジが苦手でも、パーマをかければスタイリング剤で整えるだけでも十分可愛いスタイルになります。

ピンクのインナーカラーにおすすめのヘアアレンジ3選

①編み込みポニーテール

1つ目は編み込みポニーテールです。インナーカラーを生かしたヘアアレンジの場合、編み込みや三つ編みのように髪を編むスタイルがおすすめです。ベースとインナーカラーが自然に交互するので、髪色の変化が楽しめますよ!

頭頂部から途中まで編み込みにして、それ以降はポニーテールにしたアレンジは、ざっくりラフにするのがポイントです。まとめるのは手櫛だけにして、あえて髪をくしゃくしゃな状態でまとめた方がナチュラルなアレンジになります。

    編み込みポニーテールのやり方

  1. 1髪の根元から癖をつけるように、全体をアイロンで巻いておきます。
  2. 2スタイリング剤を付け、手櫛で髪をまとめます。
  3. 3頭頂部の髪を三等分にして、右の毛束と真ん中の毛束を交差します。
  4. 4左の毛束とその下にある髪を一緒に取り、毛束の真ん中に交差します。
  5. 5右の毛束とその下にある髪を一緒に取り、毛束の真ん中に交差します。
  6. 6何度か繰り返し、髪の毛の半分くらいまで編み込みにします。
  7. 7耳の少し上あたりの高さで結び、ポニーテールになるように整えて完成です。

②無造作ポニーテール

2つ目は無造作ポニーテールです。編み込みは難しくてできないという方は、まとめて結ぶだけの簡単なポニーテールアレンジがおすすめです。さっとまとめて結ぶだけなので、誰でも簡単にできますよ!

ポイントは、パーマをかけていない場合事前にアイロンで巻いておくことです。あらかじめ髪に癖をつけておくと、ストレートの状態で結ぶよりラフな仕上がりが自然に見えますよ!

    無造作ポニーテールのやり方

  1. 1髪の根元から癖をつけるように、全体をアイロンで巻いておきます。
  2. 2スタイリング剤を付け、手櫛で髪をまとめます。
  3. 3顎、耳のラインを結んだ先あたりの高い位置で、ポニーテールの場所を決めます。
  4. 4顔のサイドにおくれ毛を出します。
  5. 5③で決めた位置で髪を結びます。このとき、襟足から髪が落ちてもラフなアレンジになるので大丈夫です。

③くるりんぱハーフアップ

3つ目はくるりんぱハーフアップです。最近人気のアレンジ、くるりんぱを使えば簡単なのにおしゃれなスタイルが完成します。見た目ほど難しくないので、初めてという方でも安心して試せますよ!

ハーフアップはシンプルですが上品で大人っぽいため、どのようなときでも使える万能スタイルです。髪の下半分が表に出るので、インナーカラーの色もしっかりとアピールできるアレンジになります。

    くるりんぱハーフアップのやり方

  1. 1髪の毛の下半分あたりを、アイロンで巻いておきます。
  2. 2髪を上下に分割し、上半分を後頭部の低めの位置でハーフアップにします。
  3. 3ゴムで結んだ部分より上の髪の毛を、左右に割くように分割します。
  4. 4ゴムで結んだ部分より下の毛先を、③で割った髪の毛の間に入れ、くるりんぱにして完成です。

ピンクのインナーカラーでガーリーなヘアスタイルにしよう!

ピンクのインナーカラーは可愛いイメージですが、色味やベースカラーとの組み合わせによっては大人っぽいスタイルも楽しめます。明るいピンクやくすみ系のピンクなど、お気に入りのカラーを探してみてくださいね。

今回紹介したピンクのインナーカラーに合う色を使えば、より可愛くておしゃれな組み合わせが楽しめます。更におすすめのアレンジをすればより髪型を楽しめるので、チャレンジしてみましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード