Icon search 36px

怒鳴る男の男性心理・理由7選

怒鳴る男の男性心理や理由①イライラが溜まっている

怒る人

怒鳴る男の男性心理や理由一つ目は、イライラが溜まっているということです。男性が怒鳴るのは、フラストレーションが溜まってしまっていることが主な原因であるといえます。日頃から鬱憤を溜め込みがちな男性は、ふとしたことで感情が爆発してしまい、つい怒鳴ることになってしまうのです。

怒鳴る男の男性心理や理由②相手が悪いように感じる

嫌がる女性

怒鳴る男の男性心理や理由二つ目は、相手が悪いように感じるからです。怒鳴る男性は、基本的に相手が悪いと思い込んでいます。たとえ自分が悪いことであったとしても、他人に責任転嫁をして大声で怒鳴ることがあります。つまりすぐに怒鳴る人は、他人に押し付けをすることに抵抗感がないのです。

怒鳴る男の男性心理や理由③自分の思い通りにしたい

喧嘩する男女

怒鳴る男の男性心理や理由三つ目は、自分の思い通りにしたいというものです。他人に怒鳴る男性は、大声を出すことによって全てを自分の意のままにしようとしています。怒鳴ることによって相手が怯み、自分の有利なように物事が進むのではないかと考えているのです。彼らは力技のように怒鳴ることで相手を黙らせます。

怒鳴る男の男性心理や理由④相手を萎縮させたい

言い争い

怒鳴る男の男性心理や理由四つ目は、相手を萎縮させたいからです。大声で怒鳴る人は、相手のことを怯ませて萎縮させることを目的としています。自分が怒鳴ったことによってひるんでいる相手を見るのが面白く、愉快に感じるのです。また、萎縮させることによって精神的に優位に立ったような気になり鬱憤晴らしにもなります。

怒鳴る男の男性心理や理由⑤自分は強いというアピール

睨み合う人

怒鳴る男の男性心理や理由五つ目は、自分は強いというアピールです。男性は大声で怒鳴ることで、自分の存在をアピールしようとしているのです。また、存在をアピールするというだけではなく、周りの人間よりも強いということを相手にわからせようとする目的もあります。

怒鳴る男の男性心理や理由⑥話し合うのが面倒

冷めた女性

怒鳴る男の男性心理や理由六つ目は、話し合うのが面倒だというものです。相手と話し合いをすることによって問題解決するのが面倒だと感じている男性にとって、怒鳴るというのは便利な手段なのです。コミュニケーションを取らずとも、怒鳴るだけで簡単に相手との話し合いを終わらせることができる為それに頼ってしまいます。

ただ、それを相手が良いと感じているかというと、決してそうではありません。怒鳴っている本人はそれが最も良い解決方法であると思っていても、怒鳴られている相手からすると腑に落ちない結果に終わることがほとんどなのです。結局、話し合いが無事終わったと思い込んでいるのは怒鳴っている張本人だけです。

怒鳴る男の男性心理や理由⑦怒鳴っている自覚がない

激しく喧嘩

怒鳴る男の男性心理や理由七つ目は、怒鳴っている自覚がないというものです。討論をしていて気がつけば声が大きくなってしまっているというだけで、怒鳴っているという自覚そのものはない人もいます。知らないうちに声が大きくなって怒鳴っているということに気がつき、やめたいと思った頃には手遅れということもあります。

このタイプの人は、後から怒鳴っていたことに自分で気がつき、後悔する傾向にあります。本当は怒鳴ったりしたくないと思っているのに、ついついその手段に出てしまっている自分に気がついて自己嫌悪に陥ってしまうこともあるでしょう。

すぐに怒鳴る人の内面の特徴6選

すぐに怒鳴る人の内面の特徴①気を遣うことができない

怒る男性

すぐに怒鳴る人の内面の特徴一つ目は、気を遣うことができないということです。すぐに他人に怒鳴る人は、気遣いをすることができません。もし周りに気遣いのできる男性だったなら、誰もが聞いていて不快になるような怒号を発することなどないはずだからです。気を遣うということを知らないからこそ怒鳴ってしまうのです。

すぐに怒鳴る人の内面の特徴②自己中心的

うんざりする女性

すぐに怒鳴る人の内面の特徴二つ目は、自己中心的であるということです。すぐに怒鳴る人は、自己中心的な考え方をしています。自分さえ良ければそれで良いという考えを持っているため、他人がどう思おうが関係ないと言わんばかりに大声で怒鳴りつけたりするのです。それによって場の空気が悪くなろうと御構いなしです。

すぐに怒鳴る人の内面の特徴③短気

覗きこむ男性

すぐに怒鳴る人の内面の特徴三つ目は、短気であるということです。他人に対して怒鳴る人は、短気ですぐに怒る傾向にあります。普通の人がなんとも思わないようなことですぐにイライラする彼らは、怒鳴ることで高ぶる気持ちを発散しようとします。怒りやすい人ほどすぐに怒鳴るという性質を持っています。

すぐに怒鳴る人の内面の特徴④プライドが高い

パワハラを受ける人

すぐに怒鳴る人の内面の特徴四つ目は、プライドが高いというものです。プライドが高い人は、怒鳴ることによって自尊心を保とうとすることがあります。他人を怒鳴ることで自分は強いという演出をしたいのです。大きな声を出せば、周りのことを怯ませることができ、一時的にでも自分に誇りを持ったままでいることができます。

プライドの高い人にとっては、一瞬でも周りに見下されるのは堪え難いことなのです。常に勝ち誇った状態の自分でいたいからこそ、彼らは怒鳴ることで自分自身にある種の箔をつけようとします。怒鳴ることで簡単に威厳を放てるため、プライドの高い人はついそれに頼ってしまいがちなのです。

すぐに怒鳴る人の内面の特徴⑤精神的に未熟

怒る男性

すぐに怒鳴る人の内面の特徴五つ目は、精神的に未熟であるということです。他人に怒鳴ることで感情を発散させようとする人は、精神的に未熟だというほかありません。精神的に成熟しきっている大人は、わざわざ他人に怒鳴ったりすることはないはずです。

怒鳴ることでなんとかなると思っているからこそ、人は他人に対して大声で怒鳴るのです。しっかりと論理的に話すのではなく怒鳴ることに頼るコミュニケーションを選ぶという時点で、すぐに怒鳴る人は精神的に未熟だと言えるでしょう。

すぐに怒鳴る人の内面の特徴⑥コンプレックスがある

暴力を振るう

すぐに怒鳴る人の内面の特徴六つ目は、コンプレックスがあるというものです。すぐ他人に怒鳴る人は、自分にコンプレックスを持っているということができます。自分に自信を持つことのできない彼らは、他人の些細な言動が気になって仕方がないのです。結果、人よりも怒りに達する沸点が低く怒鳴ることとなってしまいます。

すぐに怒鳴る男になってしまった原因は?

すぐに怒鳴る男になってしまった原因①甘やかされて育ってきた

楽しそうな男性

すぐに怒鳴る男になってしまった原因一つ目は、甘やかされて育ってきたからです。小さい頃から甘やかされて育ってきた男性は、我慢するということを覚えないままに成長してしまいます。そして、大人になってもそのくせが抜けないまま周りに迷惑をかけてしまうこととなるのです。

普通は感情をセーブするような場面でも平気で怒鳴ったり不機嫌になり、それによって自分のわがままを全て押し通そうとします。その姿はまるで小さな子供のようにも見えることでしょう。周りの人に甘やかされて育った人は、怒鳴る人になりやすいのです。

すぐに怒鳴る男になってしまった原因②怒鳴ることでうまくいく例を見た

交換する人

すぐに怒鳴る男になってしまった原因二つ目は、怒鳴ることでうまくいく例を見たからです。自分以外の第三者が怒鳴っている場面を目撃し、それによってうまく物事が運んでいるのを見たことがきっかけで、怒鳴るようになったという人もいます。

また、自分自身がイライラして初めて怒鳴ったときうまくいったのをきっかけにして、以降気に入らないことがあればすぐに怒鳴るようになったという人もいます。どちらにしても、一度成功例を見てしまっているので、なかなか怒鳴る癖をやめることができないのです。

怖い怒鳴る男への対処法は?

怖い怒鳴る男への対処法①ストレートにやめてほしいという

怒る女性

怖い怒鳴る男への対処法一つ目は、ストレートにやめてほしいということです。はっきりやめてほしいと伝えることで、怒鳴る男性といえど、悪かったと反省するでしょう。ただ、人によってはやめてほしいと言ったところでなお怒鳴り続ける可能性があるので、その場合は相手との距離をとるなど別の対策をとるべきです。

怖い怒鳴る男への対処法②相手にしない

無視する女性

怖い怒鳴る男への対処法二つ目は、相手にしないようにすることです。怒鳴る男性は、相手にすればするほどつけあがって大声で怒鳴るようになります。これ以上エスカレートされることを避けたいのであれば、なるべく相手にしないようにしましょう。怖くても、ひるんだ様子を見せるのはNGです。

一瞬でもひるんだ様子を見せてしまったり、何か反応をしてしまうと、怒鳴る男性はそこにつけこもうとします。より拍車をかけて相手を威圧しようとするので、注意してください。

怖い怒鳴る男への対処法③第三者に恥ずかしいことだと注意してもらう

注意する人

怖い怒鳴る男への対処法三つ目は、第三者に恥ずかしいことだと注意してもらうことです。直接本人に文句を言ったり注意するのが怖いという人は、第三者に手伝ってもらいましょう。「すぐに怒鳴ることは恥ずかしいことだ」という一般的な認識を持ってもらうべく、自分に代わって注意してもらうのがオススメです。

そもそも、大声で怒鳴りがちな人は、それを恥ずかしいことであるとは微塵も感じていない傾向にあります。むしろ、大声で怒鳴ることがカッコ良いことだと勘違いしているよなこともあるほどです。そんな相手にその性格をなおしてもらうには、間違った認識を正すしかありません。

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法は?

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法①ストレス発散方法を見つける

カラオケする男性

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法一つ目は、ストレス発散方法を見つけることです。すぐに怒鳴る人は、ストレスが溜まってしまっていることが原因としてかんがえられます。そこで、ストレス発散方法を身につけておくことがオススメです。周りに迷惑をかけることなくできるストレス発散方法を探してみましょう。

例えば運動をする習慣をつけたり、カラオケを趣味にして定期的に大声を出すことで鬱憤を晴らしておいたりすることは、非常に有効な対策方法であると言えます。大声で怒鳴る人も、自分なりの対処策を編み出しておけば周りに迷惑をかけることがなくなるでしょう。

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法②どなる前に一旦冷静になる

仕事する男性

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法二つ目は、どなる前に一旦冷静になることです。どなることがやめられない人は、感情が昂ぶるとそのまま表出させてしまっているということができます。そこには微塵の冷静さも見受けられません。そんな自分を変えたいのであれば、まずは冷静になることを覚えましょう。

感情が昂ぶってしまいそうな片鱗が見受けられた時は、速やかに気分転換となる行動に移るなどして、感情をセーブできるように心がけてください。その日常の小さな心がけが、大切な場面であなたを冷静にしてくれるはずです。

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法③他人の話に耳を傾けるようにする

談笑する男女

大声で怒鳴ることをやめたい人の対処法三つ目は、他人の話に耳を傾けるようにすることです。怒鳴る人は、どんな場面においても自分本位になってしまっている傾向にあります。そのくせを直すためにも、常に他人の話に耳を傾けるように心がけましょう。注意して他人の話を聞くようにすれば、話し合いで解決できるはずです。

トラブルが起きた時に怒鳴ることに頼ってしまうのは、話し合いをする能力が低いからです。それはつまり、他人の話を聞くことができていないということでもあります。そんな自分から抜け出したいというのであれば、まずは身近にいる人の興味を持てる話を聞いて、他人の話に耳を傾ける訓練としてみましょう。

以下に関連記事として、寝る前に無性にイライラするときの謎についてまとめられているものがあります。なぜか無性にイライラしてついつい大声で怒鳴りたくなるというあなたは必見です。これを読めば、無性にイライラするときの原因が自律神経の乱れによるものなのかどうか、判明すること間違いありません。

関連記事

寝る前に無性にイライラする!原因は自律神経の乱れかも?

ベッドにもぐりこんだものの、「あれ?どうしたのかしら?なんだかイライラ

Thumb no image

怒鳴る男とは上手に向き合おう

すぐに怒鳴る男性が周りにいると、怖くて落ち着きませんよね。そんな時は、この記事に紹介したような方法で、彼らとうまく向き合うようにしましょう。怒鳴る男性の心理について知ることができたら、どう対処すれば良いのか、自然とわかるようになるはずです。

また、自分自身がつい怒鳴りがちだという人は、ここ挙げたような方法で、そのくせをやめられるように努力しましょう。一度怒鳴るくせがついてしまうとなかなか抜けにくいものですが、意識をすれば自分を変えることは可能です。怒鳴らない自分になって、自分にとっても周りにとってもストレスフリーな毎日を送りましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード