Icon search 36px

蝶が持つ本来の意味とメッセージ

蝶が持つ本来の意味は「変容」

自ら変わるとき

蝶が持つ本来のスピリチュアルな意味は「変容(へんよう)」です。変容とは、姿や形が大きく変わることを言います。蝶が幼虫からさなぎ、そして美しい蝶へと姿を変態することから、このようなスピリチュアルな意味を持つようになりました。蝶をみたり、蝶が出てくる夢は変化が近いことを表していると言われています。

風水では「美容」や「恋愛」を表すスピリチュアルなメッセージ

美容や恋愛を表す

蝶は風水では「美容」や「恋愛」を表すスピリチュアルなメッセージとも言われています。それは蝶が九星気学の「四緑木星(しろくもくせい)」をの象徴だとされているからだそうです。九星気学では人とのかかわり方や恋愛運について表すときに、四緑木星の蝶を用いることがあります。

そのため蝶をモチーフにしたアイテムを持つことで、人とのかかわり方や恋愛運が上昇するのだと言われています。蝶は見るだけでなく、モチーフとして持ちあるくことでも幸運をもたらしてくれる縁起の良い生き物なのだと言われています。運勢の上昇を求める人は、蝶のモチーフを何か持ち歩いてみても良いですね。

神様の使いとしての蝶とスピリチュアルな意味

神様の使い

蝶は神様の使いと言われることがあります。それはひらひらとはかなげな蝶の姿が、天使や魂などのはかなげなイメージと似ているからだそうです。神様の使いとして人々の前に現るとも言われています。占いやスピリチュアルな考えでは、蝶はあの世とこの世をつなぐ乗り物のような役割をしていると考えることもあるそうです。

蝶を見たときのスピリチュアルなメッセージとは?

ポジティブな意味をもつ変化が近いというメッセージ

良い印象を感じるときは良い意味

蝶を見たときのスピリチュアルなメッセージの多くは「ポジティブな意味を持つ変化が近いというメッセージ」だと言われています。自分自身や周りの環境、どのようなものがポジティブな意味を持って変化するのかは、はっきりとは分かりませんが、良い意味で変化する前触れなのだそうです。

現実で蝶を見たとき・夢の中で蝶を見たとき、どちらも共通してこのような意味を持っているのだそうです。ただし、蝶を見たときに胸がざわついたり、謎の恐怖感を感じたときには、よくない知らせが舞い込んできたり、トラブルが起こる前兆だと言われています。どのような印象を持ったかで、異なるメッセージになります。

神仏からの歓迎を表すスピリチュアルメッセージ

神様や仏様からの歓迎

蝶を神社・仏閣などで見たときには、神様や仏様などの神仏が訪れを歓迎してくれているのだと考えられています。蝶は、ふわりとしたはかなげな印象が、神様の使いや魂を想像させるためそのように言われるのでしょう。神社・仏閣などの神様がいらっしゃる場所で蝶を見かけたときには、しっかりとお参りしたいですね。

また、お墓詣りなどで蝶をみたときには、お墓で眠っている人達が、お墓詣りに来たことを喜んでいるのだともいわれています。お盆の時期などに蝶を見かけることがあれば、ご先祖様を思って手を合わせてみても良いかもしれません。蝶は姿の見えない神様や魂などからのメッセージを伝えてくれているのだそうです。

蝶を見るのは幸運のジンクス

現実で蝶を見たときの幸運のジンクス

幸せのサイン

現実で蝶を見たときの幸運のジンクスを紹介します。どのような状態で蝶を見たのかによっても異なる意味を持つ幸運の訪れなのだと言われています。自分自身が蝶を見たときの状態や状況がどのようなものだったのかを思い出してみましょう。蝶が運んできたスピリチュアルなメッセージをしっかりと受け止められると良いですね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード