Icon search 36px

イルミナカラーをセルフで染めるやり方・手順とは?

やり方①薬剤を混ぜる

混ぜる

まず最初に、染めたいイルミナカラーの薬剤を配合します。イルミナカラー1剤と2剤を用意し、それぞれ同じ割合で配合します。一度薬剤を混ぜると科学反応が開始されますので、なるべく素早く髪の毛に塗布するようにしてください。作り置きはできませんので注意しましょう。

やり方②髪の毛をブロッキングする

ゴム

イルミナカラーを髪の毛に塗る手順として大切なのが、髪の毛のブロッキング作業です。髪の毛が長い方や髪の毛の量が多い方は、しっかりと髪を分けておきましょう。上の方の髪の毛を留め、襟足に近い髪を出しておくといいですよ。

やり方③イルミナカラーを塗る

ハケ

髪の毛のブロッキングが完了したら、イルミナカラーを髪に塗っていきましょう。ハケを使ってイルミナカラーを取って髪に塗り広げていきます。薬剤を乗せすぎると色ムラが出てしまい、まばらな仕上がりになってしまいます。必ず均等に薬剤を塗ってくださいね。

手順としては、まず根元の髪にイルミナカラーを塗り、毛先に向けて塗り広げていくのがコツです。根元に薬剤がつきすぎないよう、ハケを髪の毛と垂直にして塗ると良いですよ。毛先に近づくにつれてハケを寝かせていけば、ムラなく均等に色を乗せることができます。是非このやり方を意識してみてください。

やり方④髪の毛を放置する

時間を置く

髪の毛にイルミナカラーを塗り終わったら、一定時間その状態で放置します。時間を置くことでイルミナカラーの薬剤が髪に浸透し、似合う色へと染まっていきますよ。また希望の色に近づけるために、薬剤を乳化させるのもおすすめです。やり方は簡単で、少量のお湯を髪につけるだけで完了です。

乳化をしっかりと行うことでカラーが髪に馴染み、綺麗な仕上がりになりますよ。美容室やサロンなどでも乳化の手順には時間をかけると言われています。セルフでイルミナカラーを行う時も、乳化の手順は丁寧にやるようにしてくださいね。

やり方⑤カラー剤を流す

流す

乳化をして髪の毛にカラー剤が浸透したら、薬剤を洗い流していきましょう。ただ水やお湯で流すのではなく、シャンプーを使って行うやり方がおすすめですよ。またシャンプーは2回行なってください。1回目では全体的に薬剤を落とし、2回目は細部まで丁寧に流しましょう。その後、リンスで仕上げて手順は完了です。

イルミナカラーをセルフで上手く使うコツ3選!

コツ①髪を濡らしてから行う

濡らす

似合う色へ髪を綺麗に染めたいのなら、髪は湿らせておくことをおすすめします。イルミナカラーの薬剤は、髪の毛が濡れている状態の方がムラになりにくく、綺麗に仕上がると言われています。水がビシャビシャと滴るほど濡らすのではなく、しっとり湿らせるのがコツです。

セルフでイルミナカラーを行う場合、どうしても色がまだらになってしまうでしょう。しかし髪を湿らせておけば、初心者の方でも綺麗に仕上げることができます。初めてセルフイルミナカラーを行う方や、塗布技術に自信がない方は、是非髪を濡らしてカラーリングを行なってみてくださいね。

コツ②たっぷりと薬剤を使う

たっぷり

イルミナカラーを綺麗に仕上げるコツとして、たっぷり薬剤を使うことがあります。イルミナカラーの薬剤は、少量では綺麗に発色してくれません。地毛が薄い状態で濃いカラーを入れる、という時は特に注意が必要です。「もったいない」と思われる方もいるでしょうが、しっかりと薬剤は塗布しましょう。

またイルミナカラーの1剤と2剤はきちんと量を測って配合しましょう。薬剤は化学反応なので、目分量で配合すると似合う色に染まらなくなります。必ず手順やレシピに従い、カラー剤を配合してくださいね。

コツ③放置時間を守る

時間

セルフイルミナカラーを成功させるコツとして、塗布時間を守ることが重要です。イルミナカラーの放置時間は30分程度だと言われています。この時間の中で髪にカラーが入っていくのです。30分待たずに薬剤を流してしまうと、イルミナカラーの色がきちんと髪に移りません。似合う色に仕上がらなくなる危険もありますよ。

セルフでイルミナカラーを行う時に必要なものとは?

①イルミナカラー剤

カラー剤

セルフイルミナカラーで欠かせないのが、イルミナカラー本体の薬剤です。イルミナカラーはサロンや美容室専用の薬剤ですが、インターネット等を使えば手軽に購入することができます。自分に似合う色のカラー剤を探してみてくださいね。ショートヘアの場合は1本、それ以上の方は2本以上用意してください。

②オキシ

脱色

「オキシ」は、2剤とも呼ばれる薬剤の一種です。髪の毛の色を落とし、カラー剤を綺麗に発色してくれる効果がありますよ。こちらはロングヘアの方でも1本あればOKです。小さな御子様が間違って口にしないよう、手の届かない場所で保管してくださいね。

③ハケ

ハケ

ハケも、セルフイルミナカラーを行う時の必需品です。髪へ均等に薬剤を塗布し、満遍なく色を乗せるために使います。選び方としては、コームが付いているものをチョイスするといいでしょう。髪の絡まりを取ることができるため、綺麗に仕上がりやすいと言われています。

④ダッカール

そめる

髪の毛をムラなく染めるために必要なものが、この「ダッカール」です。ダッカールとは髪の毛を分けてまとめることができるアイテムです。髪の毛量が多い方に人気のアイテムですよ。大きめのヘアピンや使い捨てのヘアゴムなどでも代用可能です。

髪の毛をムラなく染めるために必要なものが、この「ダッカール」です。ダッカールとは髪の毛を分けてまとめることができるアイテムです。髪の毛量が多い方に人気のアイテムですよ。大きめのヘアピンや使い捨てのヘアゴムなどでも代用可能です。

⑤手袋

手袋

イルミナカラーで使用する薬剤が手につくと荒れてしまうため、ゴム手袋も欠かせません。100均ショップなどで手軽に購入できますよ。

⑥汚れても良い服装

OK

セルフイルミナカラーの際には汚れてもいい服を身につけましょう。どんなに手順ややり方に気をつけても、服は汚れてしまいます。捨てる予定の服や、ビニール袋などを使ってください。また捨てても良いタオルを3枚程度準備しておくのもおすすめです。

セルフイルミナカラーの人気配合レシピ3選!

①オーシャンフォレスト

「オーシャンフォレスト」は、ブルー系の色味にグリーンが混ざったカラーです。可愛らしい雰囲気になり、特にボブやミディアムスタイルの方に似合う色だとされています。ふんわりとしたショートさんにも似合う色ですよ。単色では出せない深みが楽しめる人気レシピです。

またこちらに、オーシャンの髪色人気レシピが紹介されている記事を載せておきます。トーン別の人気カラーや似合う色の選び方、配合の手順などが紹介されていますよ。オーシャン系の人気配合レシピももっと知りたい!という方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

イルミナカラー・オーシャンの髪色レシピ5選!トーン別ヘアカラー&色落ちは?

イルミナカラーのオーシャンとは、青系統の髪色に仕上がるヘアカラーです。

Small thumb %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

②グレージュアッシュ

「グレージュアッシュ」は、透き通るような美しいカラーだと人気の配合レシピです。外国人女性のようなツヤ感や透明感が実現できますよ。どんな髪型にも似合う色だとされており、使いやすいレシピでもあります。ブリーチなしでも綺麗に色が入るため、色落ちや色ムラの心配もほとんどありません。

基本的にはグレージュとアッシュを1対1で配合するといいでしょう。元気なイメージにしたいのなら明るいカラーを、気品があるイメージにしたいのなら暗いトーンを選ぶのがコツです。

③トワイライトコーラル

「トワイライトコーラル」は、華やかな印象になると人気の配合レシピです。トワイライトのピンクにコーラルが入ったカラーで、単色よりもナチュラルな仕上がりになりますよ。女性らしい雰囲気を出したい!という方に人気の配合レシピです。

またこちらに、イルミナカラーのトワイライトの配合レシピが紹介されている記事を載せておきます。トーン別に見るヘアカラーなども解説されていますよ。気になる方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

関連記事

イルミナカラー・トワイライトの髪色レシピ5選!トーン別ヘアカラー&色落ちは?

イルミナカラートワイライトとは、ピンクパープルの美しいヘアカラーです。

Small thumb shutterstock 534963766

セルフでイルミナカラーを使う時の注意点とは?

注意①寒いところでカラーをしない

寒い

セルフでイルミナカラーをする際は、部屋の温度に注意してください。夏場ならば特に問題はないのですが、冬場に寒い部屋でイルミナカラーを行うのはNGです。室温が低い状態では綺麗にカラーが発色せず、色ムラが出来てしまいますよ。なるべく部屋を暖かくするよう注意してくださいね。

また髪の毛付近を温かくするためにも、イルミナカラー塗布後はラップを巻くことをおすすめします。こうすることで髪の毛の温度が一定に保たれ、色ムラが少なくなるでしょう。専用のラップでなくても、普段使っている調理用のラップで代用可能です。是非使ってみてくださいね。

②明るいカラーは傷みやすい

傷む

明るいカラーを使用する時は髪の傷みに注意しましょう。ヘアカラーを明るいトーンにすればするほど髪への負担は大きくなります。特にイルミナカラーは髪の毛へのダメージが大きい薬剤だと言われています。髪への負担が気になる方は、暗めのカラーを選ぶようにするといいですよ。

③縮毛矯正やパーマとは相性が合わない

禁止

髪の毛にパーマや縮毛矯正を当てている方は、イルミナカラーを使う時に注意が必要です。パーマなどのケミカル処方を髪の毛に行なっている場合、表面には出ないダメージが髪の毛に蓄積されています。その状態でイルミナカラーを行なっても綺麗に色が出なかったり、髪質が悪化する恐れがあります。注意してください。

セルフイルミナカラーで綺麗な髪色を手に入れましょう!

セルフイルミナカラーを行えば、自分の好みの色に髪の毛を染めることができます。手順やコツなどをしっかり抑えれば誰でも綺麗に色を入れることができますよ。今回紹介した手順や注意点、配合レシピなどを参考にして、髪の毛を似合う色に染めてみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード