Icon search 36px

時短おかず編|塩サバに合う人気の献立メニュー4選!

①菜っ葉のお浸し

お浸し

サッと作れる時短おかずとして、菜っ葉のお浸しがおすすめです。季節の菜っ葉を茹で、醤油や出汁で味を整えた料理です。菜っ葉は栄養価も高くヘルシーなので、どんな方にも喜ばれる野菜です。季節ごとの旬の野菜を使ってお浸しにするのも良いですね。

菜っ葉は野菜独特の苦味や風味がなく、クセも少ないです。そのため、野菜が苦手な子供でもパクパクと食べられますよ。塩サバと同じ和食なので献立のバランスも良いですね。是非菜っ葉のお浸しを付け合わせてみてください。

②ほうれん草の胡麻和え

ほうれん草

野菜のおすすめ付け合わせとして、ほうれん草の胡麻和えも人気です。茹でたほうれん草に白ごまを振りかけ、醤油などで味を整えた料理ですよ。手軽に栄養を摂ることができるおかずとして、様々な場面で活躍してくれる副菜です。

あっさりとした味付けですので、塩サバのシンプルな風味を邪魔することがありません。くるみなどを入れてアレンジするのも良いですね。栄養価の高い副菜が欲しい時は、是非ほうれん草の胡麻和えを作ってみてください。

③ネギの卵焼き

卵焼き

野菜のネギを入れ込んだ卵焼きも、塩サバの付け合わせとして人気の高いおかずです。通常の卵焼きに、小口切りにしたネギを加えてアレンジした副菜ですよ。普通の卵焼きでは味わうことのできないシャキシャキ感が癖になります。食感に変化が出るため飽きずに食べられる、というのも嬉しいですね。栄養も摂れます。

④根菜きんぴら

きんぴら

和風の付け合わせとして、根菜きんぴらも人気ですよ。根菜である人参や蓮根を使って作られることが多いです。野菜を食べやすい大きさに薄切りにし、ごま油で炒めて味付けをしたおかずです。食感を柔らかくしたいのなら野菜を薄くカットしましょう。サクサク感を楽しみたい場合は、野菜を厚めに切るといいですよ。

蓮根や人参だけでなく、ゴボウや大根などでもアレンジできる万能レシピです。醤油やごま油の芳醇な香りで、塩サバのシンプルな味わいを引き立ててくれますよ。栄養価も高いので、是非作ってみてください。

主食編|塩サバに合う人気の献立メニュー4選!

①山かけ丼

とろろ

山かけ丼は、すりおろした長芋に出汁を混ぜ、ご飯にかけた料理です。長芋のとろみでご飯がどんどん進んでいきます。癖のない味わいですので、塩サバの味付けを邪魔しませんよ。長芋の栄養もバッチリ摂れます。生卵やわさび、海苔などを入れてアレンジするのもおすすめです。

②かき揚げそば

天ぷらそば

満腹感を感じられる主食が欲しい時には、かき揚げそばを付け合わせてみてはいかがでしょうか。ゴボウや紫蘇、玉ねぎなどの野菜を細切りにして揚げ、蕎麦の上に乗せた料理です。かき揚げ自体に味がないため、重たくならずに食べ進めることができるでしょう。塩サバにも合います。

③親子丼

丼

和風のご飯ものが食べたい時におすすめしたいのが、親子丼です。一口サイズにカットした鳥モモ肉と玉ねぎをフライパンで炒め、出汁と卵でとじた料理です。上に三つ葉を乗せれば彩りもアップしますよ。出汁の旨味でご飯がどんどん進むことでしょう。塩サバでは摂れない栄養も摂取することが可能です。

④炊き込みご飯

炊き込みご飯

出汁や醤油、みりんなどで味付けした炊き込みご飯も、塩サバによく合いますよ。シンプルな味付けなので、塩サバのさっぱりとした味わいとマッチします。鶏肉やしいたけ、タケノコなどの具材を入れてアレンジするのもおすすめです。

メイン編|塩サバに合う人気の献立メニュー4選!

①唐揚げ

唐揚げ

唐揚げは、がっつりと副菜が食べたい!という時に活躍してくれる料理です。鶏肉を一口サイズに切り分け、醤油やにんにく、生姜などで味付けし、衣をつけて揚げれば完成です。しっかりと味が付いており、ジューシーなので満足感が非常に高いですよ。食べ盛りの子供にも大人気の料理です。アレンジの幅も広い副菜です。

またこちらに、唐揚げに合わせやすい献立メニューが紹介されている記事を載せておきます。唐揚げとの相性が良い付け合わせやもう一品メニューが15種類解説されていますよ。是非こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事

唐揚げと合わせたい献立15選!人気の副菜や相性良しのサラダはコレ!

唐揚げを作る際、どんな献立にするのが良いだろう、と迷うことはありません

Small thumb shutterstock 1561160465

②八宝菜

野菜

中華料理である八宝菜も、塩サバとの相性が良い料理ですよ。玉ねぎやイカ、シイタケ、エビ、人参などを炒め、オイスターソースや醤油で味を整えた料理です。水溶き片栗粉を入れることでとろみがつき、子供でも食べやすくなっていますよ。たっぷりと野菜が取れるため、栄養バランスが良い料理です。

見た目にもカラフルですので、献立が華やかに見え食事も進むでしょう。基本の具材だけでなく、他の野菜や肉類などでアレンジすることも可能ですよ。中華風の優しい味なので、塩サバとはまた違う味を楽しめます。

③よだれどり

鶏

中国の鶏肉料理として人気が高いよだれどりも、塩サバとの相性が良いです。「ヨダレが出るほど美味しい」ということからこの名前がつけられました。中国の四川地方で生まれた料理で、日本でも大変人気の高い副菜ですね。電子レンジで簡単に調理することができますので、急いでいる時にも役立ちますよ。

④エビの天ぷら

天ぷら

魚介類のおかずをプラスしたい時には、エビの天ぷらがおすすめです。エビをまっすぐに伸ばし、衣をつけてカラッと揚げた料理です。塩サバのさっぱり感とエビのジューシー感がマッチし、どんどん箸が進んで行くことでしょう。エビだけでなくアジやキスなどの具材でアレンジするのもおすすめですよ。

汁物編|塩サバに合う人気の献立メニュー4選!

①お麩の味噌汁

味噌汁

塩サバには、シンプルな味わいのお麩の味噌汁などの汁物が合いますよ。ほっこりとした味わいのお麩を入れることで、ホッコリとする味わいになります。お麩はあらかじめ水で戻し、水気を切ってから味噌汁の中に入れてください。こうすることで味噌汁が美味しく仕上がります。汁物には是非お麩の味噌汁を作ってみてください。

②みぞれ汁

スープ

塩サバに合う汁物として、みぞれ汁も人気です。出汁の中に大根おろしを入れることで、さっぱりと仕上げた汁物ですよ。味付けがシンプルなので、塩サバと味を邪魔しあうことがありません。食欲がない時にも食べやすい汁物ですよ。ナメコなどのキノコ類を入れてアレンジするのもおすすめです。

③粕汁

粕汁

塩サバに合うおすすめの汁物として、粕汁もおすすめです。出汁や味噌で大根、こんにゃく、人参などを茹で、酒粕を加えた汁物です。酒粕の効果で体が温められますよ。特に寒い季節にはぴったりの汁物と言えるでしょう。また独特の苦味もあり、塩サバを食べる手が進むとも言われています。

人参や大根などの基本の野菜だけでなく、さつまいもやベーコン、生姜などを加えてアレンジするのも良いですね。是非様々な組み合わせを考えてみてください。

④カレースープ

スープ

洋風の味付けであるカレースープは、意外にも塩サバに合う汁物です。キャベツやじゃがいもなどの野菜を出汁で茹で、カレー粉で味付けをした汁物ですよ。スパイシーな香りで食欲が湧いてきます。寒い時だけでなく、暑い時にもおすすめしたい汁物ですよ。好きな具材でアレンジしても良いですね。

サラダ編|塩サバに合う人気の献立メニュー4選!

①アスパラサラダ

アスパラ

アスパラガスやエビなどを使ったサラダは、塩サバへの付け合わせにもってこいの一品です。アスパラガスの独特な苦味と風味が、塩サバにはない刺激を与えてくれますよ。どちらもお互いの味を打ち消し合うことがなく、お箸が進むこと間違いなしです。是非アスパラサラダを塩サバに付け合わせてみてください。

②チョレギサラダ

サラダ

韓国の人気サラダであるチョレギサラダも、塩サバに合わせやすい副菜メニューです。レタスやトマト、パプリカなどの野菜に、ごま油で作ったドレッシングをかけたら完成です。韓国海苔やワカメなどを入れることで、サバでは補えないミネラルなどの栄養も取れるでしょう。ごま油の香りでお箸が進むメニューですよ。

③大根サラダ

大根

和風のおかずである大根サラダも、塩サバに合わせやすいおかずです。細切りにして水気を絞った大根に、和風のドレッシングをかければ完成ですよ。水菜や揚げ玉ねぎ、ハムなどを合わせてアレンジするのも良いでしょう。子供人気も高いサラダですので、是非作ってみてください。

④コールスローサラダ

コールスロー

さっぱりとした味わいが楽しめるコールスローサラダは、塩サバと非常に相性が良いサラダです。キャベツやコーン、きゅうりなどの野菜を、マヨネーズなどで仕上げたサラダとなっています。塩サバにはない酸味が感じられ、美味しく食べられることでしょう。味付けの手間もかからない優秀な副菜ですよ。

塩サバの基本のレシピや作り方のコツとは?

基本レシピ

焼き

塩サバは、鯖に塩を揉み込んでフライパン等で焼いた料理です。脂を含んでふっくらとした身が非常に美味で、ご飯が進むメニューと言われていますよ。栄養価も高い料理です。

    塩サバの材料

  • サバ 3切れ
  • 塩 適量

    塩サバの作り方

  1. 1サバを洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  2. 2塩を揉み込み、20分ほど放置します。
  3. 3フライパンで焼き上げて完成です。

コツ①クッキングシートを使って焼く

シート

塩サバを作る時は、クッキングシートを使って焼くことをおすすめします。クッキングシートをフライパンに敷き、その上にサバを乗せて焼きましょう。こうすることでサバの身がフライパンにこびりつくのを防ぐことができますよ。

コツ②ふたはせずに焼く

フライパン

塩サバをフライパンで焼く時は、蓋をせずに焼くことをおすすめします。蓋を閉めて蒸し焼きにすると、サバの皮がパリパリになりません。蓋は閉めず、オープンにしたまま焼いてくださいね。

塩サバに合う人気のおかずで献立を考えましょう!

塩サバに合うおかずを作ることで、バランスの良い献立に仕上がりますよ。今回紹介したおすすめの付け合わせや汁物、副菜などを参考にして、満足感の高い献立メニューを考えてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード