Icon search 36px

【おかず編】親子丼に合わせたい献立3選!

①筑前煮

人気の筑前煮

筑前煮は、人気のある煮物料理です。ごぼうやレンコン、ニンジンなど根菜をたっぷり使うので、栄養価も高いおかずです。筑前煮の具材には、鶏肉を使います。親子丼の鶏肉を取り分ければOKなので、材料費もおさえることができますよ。

また筑前煮には、出し汁を使用しません。野菜の旨味と醤油をきかせれば、十分に味が染み込み、美味しく仕上がります。素材本来の味わいを楽しむことができ、満足感も得ることができるでしょう。こんにゃくや高野豆腐を加えて、ボリュームアップするのもおすすめです。

②あさりの酒蒸し

あさりの料理

あさりの酒蒸しは素材の味を存分に味わえる、おすすめのおかずです。あさりは貝類の中でも、ミネラルが豊富に含まれています。親子丼にはない栄養素なので、ぜひ付け合わせに取り入れたいですね。調味料はシンプルに酒と醤油でも美味しいですが、バターを足すとコクが、ニンニクを合わせると香ばしさが加わります。

また仕上げにネギや三つ葉を散らせば、彩りも良くなりますよ。映える人気の一品なので、お酒のおつまみや、おもてなし料理にもおすすめです。フライパンではなく、電子レンジでも簡単に作れるので、初めてあさり料理にチャレンジする方にも良いでしょう。あさりは年間を通して価格も安定しているので、ぜひお試しください。

③ちくわの磯辺揚げ

揚げ物の料理

親子丼に揚げ物のおかずを用意するなら、ちくわの磯辺揚げがおすすめです。男性や食べ盛りのお子さんがいるご家庭では、付け合わせに揚げ物を一品用意することが多いですが、お肉を使ったメニューだと重たく感じます。ちくわの磯辺揚げならサクッと軽い食感に揚げることができ、青のりもアクセントになって美味しいですよ。

また磯辺揚げは少ない油で揚げ焼きできるので、カロリーが気になる方でも安心して食べられます。お弁当のおかずや、お酒のアテにもぴったりですよ。

【副菜編】親子丼に合わせたい献立3選!

①三つ葉のナムル

新鮮な野菜

親子丼の仕上げには三つ葉を散らしますが、余ってしまうことが多いですよね。そんな時におすすめの副菜が、三つ葉のナムルです。ごま油と和えることで三つ葉の苦みがなくなり、食べやすくなりますよ。三つ葉のシャキシャキとした食感を残すために、茹でる時間は短時間にしてください。

三つ葉1束では足りない美味しさで、お酒のおつまみにもおすすめです。三つ葉がリーズナブルに、大量に手に入ったら、たくさん作ってみてくださいね!

②ナスの煮浸し

なすのおかず

ナスの煮浸しは、電子レンジで簡単に作れる副菜です。忙しい時でもサッと作れる時短レシピなので、親子丼の用意をしながら用意しましょう。ナスに切り込みを入れると、よく味が染み込みます。深くまで切り込みを入れると、ナスが崩れてしまうので注意してくださいね。

ナスの煮浸しはそのままでも美味しいですが、トッピングをのせても美味しいです。大根おろしや、刻んだミョウガや大葉をのせるとサッパリしますよ。親子丼以外の副菜としても活躍するので、ぜひお試しくださいね。

③お浸し

ほうれん草のお浸し

お浸しは、定番の付け合わせの副菜です。味付けに麺つゆを使えば、料理が苦手な方でも失敗することがありません。お浸しに使う野菜を茹でる時は、塩を一つまみ入れてください。野菜の色が鮮やかになり、きれいなグリーンカラーになりますよ。栄養のある副菜なので、親子丼にぜひ合わせたいですね。

【付け合わせ編】親子丼に合わせたい献立3選!

①即席漬け

簡単な即席漬け

即席漬けは、簡単に作れる付け合わせです。甘辛い親子丼には、お口直しになる副菜があると良いでしょう。即席漬けはポリ袋で作ることができるので、洗い物が少なく済みますよ。キャベツや白菜をざく切りしてポリ袋に入れ、調味料を入れて揉み込みます。冷蔵庫で約40分寝かせれば、できあがりです。

即席漬けを寝かせている間に親子丼が作れるので、効率良く献立を用意できるでしょう。日持ちする副菜なので、作り置きしておくことをおすすめします。

②冷奴

冷たい冷奴

冷奴は、人気の付け合わせです。親子丼を食べていると口の中がこってりするので、冷奴があるとサッパリするでしょう。ネギや大葉など好きなトッピングをのせれば、見た目もさみしくなりません。冷奴はすぐに用意できるおかずなので、冷蔵庫に豆腐を常備しておくことをおすすめします。

③揚げ出し豆腐

美味しい揚げ出し豆腐

親子丼にご馳走感のある一品を用意するなら、揚げ出し豆腐がおすすめです。外側はカリッと、中はふんわりした食感で美味しく、食卓にあると嬉しい人気のおかずです。出し汁には麺つゆを使えば、失敗なく仕上げることができますよ。片栗粉を使って、とろみをつけるのもグッドです。

【汁物編】親子丼に合わせたい献立3選!

①味噌汁

温かい味噌汁

味噌汁は和食のメニューに欠かせない、定番の汁物です。親子丼にはどんな具材でも合うので、冷蔵庫にあるものを上手に活用して作りましょう。味噌汁の具材がマンネリ化してしまうなら、味噌の種類を変えると良いですよ。汁物の味がガラッと変わるので、毎日飽きることなく、美味しくいただくことができるでしょう。

②お吸い物

上品なお吸い物

具沢山の親子丼には、上品なお吸い物が良く合います。出汁の旨味がきいている汁物なので、具材がなくても満足できるでしょう。顆粒だしを使えばアッという間に作れますが、時間がある時は昆布やかつお節から、丁寧にだしを取ることをおすすめします。風味も味わいも、格段にアップした汁物になるでしょう。

③わかめスープ

温かいわかめスープ

わかめスープは、栄養のある人気の汁物です。親子丼にはない海藻なので、栄養バランスの良い付け合わせになるでしょう。わかめスープには、刻んだネギやごまをちらすと美味しさがアップします。また仕上げにごま油を入れると、香ばしさも加わりますよ。

【野菜・サラダ編】親子丼に合わせたい献立3選!

①和風コールスロー

美味しいサラダ

和風コールスローは、野菜を美味しくたっぷり食べられるサラダです。コールスローと言えば洋食の定番のサラダで、キャベツやコーンを使って仕上げます。和風コールスローは、使う野菜を白菜やもやし、大葉など和風の野菜に置き換えて作ります。調味料に和風だしを少量プラスすることで、全体が和テイストにまとまりますよ。

作り置きができるサラダなので、あらかじめ多めに作っておくと良いでしょう。おかずがもう一品欲しい時に役立ち、献立に彩りも添えてくれます。野菜にツナやひじきを加えて、栄養価をアップしても良いですね。

②温野菜

ホットサラダ

ホットサラダは、身体に優しい人気の付け合わせです。親子丼は温かい料理なので、付け合わせを温かいメニューで揃えるのも良いでしょう。ホットサラダは身体が温まり、代謝をアップさせることができますよ。また蒸して調理するので、素材の栄養素が流れません。素材の美味しさと、栄養をダイレクトに摂取できる一品です。

③ポテトサラダ

人気のポテトサラダ

ポテトサラダは、幅広い世代に人気のあるサラダです。親子丼にはジャガイモを使ったおかずがあると、嬉しくなりますよね。ポテトサラダは下味をしっかりつけておけば、マヨネーズが少量でも美味しく仕上がります。お好みでマスターズを加えてピリ辛にしたり、生クリームを足してリッチな味わいにしてください。

ポテトサラダは、ご家庭の食卓に登場することが多いメニューです。下記の記事では、ポテトサラダに合う献立を紹介しています。相性抜群の副菜や汁物、人気のおかずを知って、料理のレパートリーを増やしましょう!

関連記事

ポテトサラダと一緒に食べたい献立19選!相性抜群のメインやおかずが勢揃い!

ポテトサラダに合う付け合わせや副菜に悩んだことはありませんか?そんな時

Small thumb 363333156 b9f4d4e324 o

基本の親子丼の作り方とコツ

ここまでは親子丼に合うおかずや副菜、汁物を紹介しましたが、定番の親子丼の作り方も押さえておきましょう!卵の混ぜ方や入れるタイミングを守れば、誰でも簡単にふんわりと美味しい親子丼を作ることができます。コツも参考にして、レシピにチャレンジしてくださいね!

定番の親子丼の作り方

美味しい親子丼

親子丼とは、丼物料理の一種です。割り下で煮込んだ鶏肉に、卵をとじてご飯の上にのせます。あまじょっぱい味わいで食が進み、子供から大人まで人気のあるメニューです。仕上げに彩りとして三つ葉をちらすことが多いですが、刻みのりやカイワレ大根にしても構いません。卵の固まり具合は、お好みで調整してください。

    定番の親子丼の材料(2人分)

  • ご飯        茶わん2杯分
  • 鶏もも肉      150g
  • 玉ねぎ       1個
  • 卵         3個
  • 三つ葉       適量
  • 【割り下】
  • 醤油・みりん・酒  各大さじ2
  • 砂糖        大さじ1
  • 和風だし      小さじ1

    定番の親子丼の作り方

  1. 1玉ねぎを薄切りに、三つ葉は食べやすい長さに切ります。
  2. 2鶏肉を一口サイズにカットします。
  3. 3ボウルに卵を割り入れて、溶きます。
  4. 4フライパンに割り下の材料と玉ねぎ、②を入れて、火をつけます。
  5. 5具材に火が通ったら、③の2/3を流し入れます。
  6. 6半熟になったら③の残りを入れてフタをし、火からおろします。
  7. 7ご飯の上に⑦をのせて、三つ葉をちらして完成です。

コツ①具材は火をつける前に鍋に入れる

料理をする女性

親子丼に使う玉ねぎと鶏肉は、割り下と一緒に火をつける前に鍋に入れてください。最初に入れることで具材の旨味を引き出すことができ、味もしっかりと染み込みます。火加減は最初は強火で、煮立ったら中火にしてください。温度が低いと卵はふんわりしません。卵を入れるまでは、グツグツしている状態をキープしましょう。

コツ②卵は2回に分けて流し入れる

新鮮な卵

卵は2回に分けて入れることで、ふわとろの状態に仕上げることができます。最初は卵の2/3の量を流し入れ、外側が固まり始めたら2回目の卵を入れます。ひらがなの「の」を書くように流し入れると、卵がきれいに馴染みますよ。

親子丼に合う献立を知って栄養バランスの良い食事にしよう!

親子丼は単品で食べても満足するメニューですが、副菜や汁物があるとバランスの良い献立になります。また親子丼自体がサッと作れる時短メニューなので、付け合わせもすぐに用意できるものが良いでしょう。ご紹介したレシピは、料理初心者さんでも簡単に作れるものばかりです。気になる献立があれば、ぜひお試しくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード